うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1640日 】 2018年09月26日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1640 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   野原 豆 きつねこプロジェクト

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 Y川 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 都会的装いとして磁気定期券をSuicaに変更する日

Y川 心 2 音 3
2016年06月13日『都会』

 逆さまのテレビに映る甲子園青い空へと落ちていく球

Y川 心 1 音 4
2016年06月12日『逆』

 似たような印象を持つ曲たちに耳を塞ぐと食えない牛丼

Y川 心 0 音 6
2016年06月11日『印象』

 シリアルを食べてるうちに世界ごと再起動した もう十時半

Y川 心 1 音 8
2016年06月10日『自由詠』

 飲み過ぎた薬の瓶が落ちてきて砕け散っても夢は覚めない

Y川 心 0 音 7
2016年06月09日『薬』

 素晴らしい国でステキな人生を送る1億2000万人

Y川 心 1 音 10
2016年06月08日『嘘八百を並べてください』

 めでたしで終わる話とその土地の偉人の伝記しかない図書室

Y川 心 3 音 8
2016年06月06日『図』

 何度でも待ち合わせようあの日からもう進まない時計の下で

Y川 心 0 音 8
2016年06月05日『進』

 捨てたいと考えていたものだけに囲まれたまま終わっていく春

Y川 心 2 音 9
2016年06月04日『捨』

 シマヘビに溶かされてゆくヒキガエル見ながら食べる昼飯の味

Y川 心 0 音 3
2016年06月03日『蛙』

 怖くない、怖くないぞと言いながら大きい方の箱を選んだ

Y川 心 3 音 15
2016年06月02日『箱』

 それぞれの理由によって集まった人が並んで制裁を待つ

Y川 心 0 音 5
2016年06月01日『理由』

 虫捕りの少年たちも心では世界平和を願い続ける

Y川 心 0 音 3
2016年05月31日『虫』

 非常時を知らせる音を聞きながら深い眠りにまた落ちていく

Y川 心 1 音 5
2016年05月30日『常』

 今日あった嫌なことだけ書き留めたノートを五冊まとめて燃やす

Y川 心 1 音 7
2016年05月29日『書』

 生前は類まれなる才能で知られた彼も肉屋に並ぶ

Y川 心 1 音 3
2016年05月28日『鳥』

 山道で拾ったこどもを丁寧にさばいて今日の晩飯とする

Y川 心 1 音 3
2016年05月27日『山』

 錆びかけたやかんを火にかける夜中あなたのことは思い出さない

Y川 心 0 音 3
2016年05月26日『火』

 二十三回忌のために来た故郷(まち)に戦車の数がまた増えている

Y川 心 0 音 3
2016年05月25日『車』

 中村は二階の窓から飛び出してそのまま歩いて帰っていった

Y川 心 4 音 7
2016年05月24日『歩』

 コンビニの跡地にできたコンビニにかわいい人が一人もいない

Y川 心 3 音 7
2016年05月23日『コンビニ』

 「起立、礼……」 級長の姿掻き消えて三十余人立ち尽くす教室(へや)

Y川 心 3 音 1
2016年05月22日『席』

 夕暮れの飛行機雲を辿りつつ母が生まれた町を彷徨う

Y川 心 2 音 6
2016年05月21日『飛』

 聖堂にオルガンの音満ちていきこの魂は逃れられない

Y川 心 0 音 4
2016年05月20日『楽器』

 19時のニュースだ今日もひどい目に遭ってしまった人がこんなに

Y川 心 2 音 7
2016年05月19日『19時』

 ほら今日も元気でいるの黙祷のことなど全部忘れちまって

Y川 心 0 音 3
2016年05月18日『元』

 ドラマ化はされないくらいの人生を送る人らが動かす社会

Y川 心 3 音 19
2016年05月17日『ドラマ』

 今週も平均すれば死んでおり浮かび上がって金曜の夜

Y川 心 2 音 10
2016年05月16日『金』

 ビル街を歩けばいつも死んでいる人たちの声だけが聞こえる

Y川 心 0 音 1
2016年05月15日『声』

 校庭の遊具が錆びていく様を背の順に並び児童らは見る

Y川 心 0 音 10
2016年05月14日『遊』

 縦向きの力を加え縮めれば五人くらいはケースに入る

Y川 心 0 音 4
2016年05月13日『縦』

 あの人は今日もどこかで泣いてるよその弁当は腐っているよ

Y川 心 0 音 3
2016年05月12日『当』

 引力を喰らい尽くして浮き上がるイルカの背びれで星が瞬く

Y川 心 1 音 3
2016年05月11日『引力』

 孤独死の部屋のラジオが粛々と明日の天気を予報していく

Y川 心 4 音 16
2016年05月10日『自由詠』

 1組の教室の窓砕け散り2組3組拍手喝采

Y川 心 1 音 4
2016年05月09日『学校』

 これまでに出会った人のほとんどに俺とは違う父母がいる

Y川 心 3 音 6
2016年05月08日『母』

 皿を割る音をBGMとして続く夫婦の格闘ゲーム

Y川 心 0 音 4
2016年05月07日『皿』

 文字化けを起こし始めたその街は誰も入れず出られず死ねず

Y川 心 0 音 8
2016年05月06日『文』

 「だいいっかいぜんこくままごとせんしゅけん」出場園児大募集中

Y川 心 0 音 6
2016年05月05日『子』

 これまでの殺害数や方法をExcelで管理してる殺し屋

Y川 心 0 音 6
2016年05月04日『数』

 呼び鈴を鳴らし続ける男たち思い思いの凶器握って

Y川 心 2 音 6
2016年05月03日『鈴』

 またしても猫たちが旅立っていく炬燵の中の宇宙空間

Y川 心 2 音 10
2016年05月02日『中』

 寝返りを打つことすらも難しく顔だけ動かし横の死体を、

Y川 心 1 音 3
2016年05月01日『難』

 アメリカにやや大きめの穴が空き日本は削れて読めぬ地球儀

Y川 心 3 音 1
2016年04月30日『球』

 一定の力以上で殴ったらわりと容易く死ぬ人間は

Y川 心 1 音 3
2016年04月29日『割』

 神様はいつも死角に立っておりたまには足を引っ掛けてくる

Y川 心 1 音 12
2016年04月28日『角』

 凄まじき吹き矢によって敵国の要人五名を葬るスパイ

Y川 心 0 音 5
2016年04月27日『吹』

 押し入れを開ければ隣の世界から来た青年が昼寝している

Y川 心 1 音 6
2016年04月26日『世界』

 整理券持たぬ僕らは自殺者の列からさえもはじき出される

Y川 心 2 音 9
2016年04月25日『券』

 包丁で刺された男と向かい合いパフェを食べ続けている女

Y川 心 2 音 6
2016年04月24日『パフェ』

 謎のない世界になって片隅で怯え続ける君がいるだけ

Y川 心 0 音 0
2016年04月23日『謎』

 来客の一人一人を平等に殴る権利を持っている家

Y川 心 1 音 4
2016年04月22日『客』

 仮に犬だったとしてもばあちゃんが食われちゃったし捨ててきなさい

Y川 心 5 音 3
2016年04月21日『仮』

 最適な味のうまい棒を求める旅はいよいよ五年目になる

Y川 心 1 音 2
2016年04月20日『駄菓子』

 鏡から無数に伸びる手の甲にいちいちキスして今日も出かける

Y川 心 0 音 4
2016年04月19日『鏡』

 やってくる爆撃機たち 降ってくる日本中を眠らせる雨

Y川 心 1 音 1
2016年04月18日『爆』

 なにもかも拒絶し帰る我が家では押しボタン式両親が待つ

Y川 心 0 音 7
2016年04月17日『ボタン』

 完璧に誂えられた服を着たあの日私は灰色だった

Y川 心 0 音 8
2016年04月16日『灰』

 三年間で最高の手応えの打球でライトゴロに倒れる

Y川 心 1 音 8
2016年04月15日『右』

 人たまの俺は人術学園で人になるため6年学ぶ

Y川 心 6 音 4
2016年04月14日『Eテレの番組』

 「東京で最強に濃いラーメン」を甘く見たのがまずかったのだ

Y川 心 1 音 0
2016年04月13日『濃い』

 この距離も全速力で移動するあなたの後をもたもた歩く

Y川 心 1 音 3
2016年04月12日『距離』

 夜がきてひどく老いたる子供らが町の外れに集まってくる

Y川 心 1 音 9
2016年04月11日『夜』

 殴る蹴る刺す撃つ絞める今ならばよりどり2つで割引します

Y川 心 2 音 4
2016年04月10日『自由詠』

 いっせいに飛びつく子らを支えうる鍛え抜かれたあなたの両手

Y川 心 0 音 5
2016年04月09日『支』

 大空へつぎつぎ放つ風船をつぎつぎ鳥が破壊していく

Y川 心 3 音 7
2016年04月08日『風船』

 指たちは夜の間に話し合い手から独立することにした

Y川 心 2 音 4
2016年04月07日『指』

 ため息に乗って逃げ出す幸せを虫取り網で捕らえる仕事

Y川 心 4 音 5
2016年04月06日『ため息』

 無機質な朝のラッシュに揺られつつ思い浮かべる架空の家族

Y川 心 3 音 7
2016年04月05日『家族』

 シーソーの反対側へ座る人待つふりをして微動だにせず

Y川 心 1 音 6
2016年04月04日『公園』

 猫たちの率いた大群攻め寄せて次々更地にされていく町

Y川 心 1 音 2
2016年04月03日『率』

 晴れすぎた日の太陽で融けだした車の群れは海へと走る

Y川 心 1 音 7
2016年04月02日『晴れ』

 新しい身体に馴染んでいくまでは暗いところでじっとしている

Y川 心 3 音 8
2016年04月01日『新』

 丸まった人が転がる荒れた道四角いままで歩いていこう

Y川 心 1 音 2
2016年03月31日『丸』

 いくらでも湧き出る水を飲み続けむなしく死んでいった者たち

Y川 心 0 音 2
2016年03月30日『いくら』

 オペラ歌手両眼爛々輝いて空気震わす準備整う

Y川 心 0 音 4
2016年03月29日『空気』

 つつがなく愛し愛され生きるため虫歯一本こしらえている

Y川 心 3 音 6
2016年03月28日『虫歯』

 唐揚げになるため生まれたニワトリと生まれた理由(わけ)がわからない俺

Y川 心 9 音 16
2016年03月27日『唐揚げ』

 いくつもの昨日が積み上がっていきやがて崩れ落ちるのを見てる

Y川 心 4 音 2
2016年03月26日『昨日』

 何者も介在できぬ場としての交響楽団(オーケストラ)に聴き入る夕べ

Y川 心 0 音 5
2016年03月25日『響』

 中吊りの求人広告眺めればみんな笑顔でガッツポーズだ

Y川 心 4 音 11
2016年03月24日『みんな』

 山奥の床屋入れば現れたバルタン星人手にはカミソリ

Y川 心 1 音 2
2016年03月23日『せい』

 12色入りサインペンで描き出す昨日の虹はぼんやり光る

Y川 心 0 音 1
2016年03月22日『ペン』

 往年の三冠王の打ち上げしファールフライは力なく落つ

Y川 心 4 音 8
2016年03月21日『フライ』

 「今年こそ卒業すると決めたんだ!」 その後彼を見た者はいない

Y川 心 0 音 4
2016年03月20日『卒業』

 「何度でも立ち上がれ!」 だが一撃で死ぬ失敗も多々あるんだぞ

Y川 心 1 音 5
2016年03月19日『失敗』

 雲に乗り霞を食べて生きるには少しやかましすぎる世の中

Y川 心 2 音 3
2016年03月18日『雲』

 もし突如1億円手に入ったらポテトチップス無限に食べる

Y川 心 2 音 7
2016年03月17日『芋』

 寸分の誤差なく並んだメガホンからほとばしり出る黄色い声が

Y川 心 1 音 5
2016年03月16日『イエロー』

 計画に一枚噛んでいた俺が哀れ最初の捨て駒となる

Y川 心 3 音 5
2016年03月15日『噛む』

 特別じゃない日に突如不意打ちでプレゼントするほうが効くのだ

Y川 心 0 音 5
2016年03月14日『贈る』

 この世界半分貴様にくれてやる 魔王は誘う猫なで声で

Y川 心 1 音 4
2016年03月13日『王』

 長髪の方が格好良かったね 病室の君微笑んで言う

Y川 心 1 音 9
2016年03月12日『長』

 田園を外車と並び疾駆するレンタカーにも五分の魂

Y川 心 0 音 4
2016年03月11日『道』

 カラスらの声のとりわけやかましい ヒトが滅びた次の日の朝

Y川 心 0 音 4
2016年03月10日『自由詠』

 けがれなき君への殺意内に秘めまじわるときに唄は生まれる

Y川 心 0 音 2
2016年03月09日『内』

 8月の沖縄 雪が積りけり 今日は月すら東へ沈む

Y川 心 0 音 6
2016年03月08日『月』

 人生に疲れた者に画面越し微笑む要潤の白い歯

Y川 心 1 音 6
2016年03月07日『要』

 「エビスだよ」「いやモルツだ」と争いし友を眺めつつ梅酒を飲めり

Y川 心 0 音 3
2016年03月06日『梅』

 今日もまた彼と話しに来てしまう昨年逝った親父の墓前

Y川 心 0 音 1
2016年03月05日『墓』


1 ~ 100件を表示

1


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 09 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30