うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1660日 】 2018年10月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1660 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 下弦 ネネネ 資料請求

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 雀來豆 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 空耳か郵便ポストを見返れば笑い仏のようなくちもと

雀來豆 心 2 音 4
2016年01月13日『ポスト』

 こんなにも魚が降ってくる日には山の寿司屋になろう、ふたりで

雀來豆 心 2 音 5
2016年01月12日『寿司』

 東雲の空を見るたびなぜ夢が現われるのか二十歳の頃の

雀來豆 心 3 音 5
2016年01月11日『二十歳』

 氷上に描いた円に囚われて踊り続ける少年と靴

雀來豆 心 1 音 5
2016年01月10日『円』

 弓始め兄に挑まれいきり立つ弟の手に持たすぜんざい

雀來豆 心 0 音 4
2016年01月09日『弓』

 さよならとそのさみしさのどちらかはせめて焼き消す「半分作戦」

雀來豆 心 0 音 2
2016年01月08日『焼』

 今頃は「センチメンタル・ジャーニー」を歌っているかUFOたちは

雀來豆 心 1 音 1
2016年01月07日『UFO』

 シャラポワと見紛うほどの声を上げ弾きまくるあのピアニストを撃て!

雀來豆 心 0 音 5
2016年01月06日『音』

 いつ見ても「準備中」の札がある蕎麦屋の軒に来る初明り

雀來豆 心 0 音 7
2016年01月05日『準』

 おめでとう、声を掛けるとSiriもまた挨拶をして少し笑った

雀來豆 心 3 音 8
2016年01月04日『コンピューター』

 悩んでもキリンビールの中瓶を飲んでるうちに世界は変わる

雀來豆 心 1 音 8
2016年01月03日『中くらいのもの』

 古きゆめ新しきゆめ積み込んで宝船ゆく、初春の海

雀來豆 心 1 音 1
2016年01月02日『宝』

 ながいひかりが射しこんでくる冬の日に猫になろうとわたしは思う

雀來豆 心 3 音 3
2016年01月01日『平成二八年の抱負』

 冬の陽が射しこんできた居間で読む母の遺した「大つごもり」を

雀來豆 心 2 音 6
2015年12月31日『大晦日』

 一度だけ夕日に向かって駆けろとか言いたかったと笑う担任

雀來豆 心 3 音 4
2015年12月30日『一番印象に残ってる先生』

 さよならルビー・チューズデイ きみと地球は動き出し僕は僕にも取り残される

雀來豆 心 1 音 0
2015年12月29日『チュ』

 婆ちゃんの魔法は年に一度だけ晦日に作るあんこのお餅

雀來豆 心 2 音 2
2015年12月28日『魔』

 「別姓」の話しの筈がいつか子の名の話しへと変わりゆく夜

雀來豆 心 2 音 7
2015年12月27日『名』

 「餌」と云ひ「食事」と云ふがほぼ同じご飯を猫と分け合つてゐる

雀來豆 心 3 音 6
2015年12月26日『餌』

 まだ暗い海に飛び立つ燕らにチャントを贈る玩具の笛で

雀來豆 心 2 音 1
2015年12月25日『おもちゃ』

 誕生日、二度来て欲しいと言う子らに贈りたいもの、残したいもの

雀來豆 心 1 音 4
2015年12月24日『年に一度』

 (静かな静かな里の秋) 歌おう居間に有りもせぬ囲炉裏がきっと現れるから

雀來豆 心 0 音 1
2015年12月23日『静』

 いいわけを考えている間にも恋が始まる地球が終わる

雀來豆 心 0 音 2
2015年12月22日『遅刻』

 イブの夜がリモコンたちの反乱でリアル・サイレント・ナイトに変わる

雀來豆 心 1 音 3
2015年12月21日『リモコン』

 そのむかし西行法師を見たという砂場の横の山桜の木

雀來豆 心 1 音 7
2015年12月20日『近くの公園でいちばん大きな樹』

 ころころと温泉たまご年の瀬の賑はふ街を転げてゆきぬ

雀來豆 心 1 音 7
2015年12月19日『温泉』

 あの頃と座る姿は同じでも「煙草は止めた」と静かに笑う

雀來豆 心 2 音 10
2015年12月18日『ヤンキー』

 ただ夢を編んでいるだけ醒めた眼でわたしを見ないでわたしを生かして

雀來豆 心 1 音 4
2015年12月17日『編』

 雨降れば昼澄みゆきぬ白鳥は真冬の虹を見つめ羽搏く

雀來豆 心 0 音 1
2015年12月16日『白』

 「The」を取れば売れるだろうかCDが売れぬバンドの改名論議

雀來豆 心 0 音 4
2015年12月15日『THE』

 駅裏で5円で買ったステップで朝までダンス・ダンス・ダンスを

雀來豆 心 2 音 2
2015年12月14日『ダンス』

 「合理的、抜け目がない」と書いてふと長所の意味がわからなくなる

雀來豆 心 3 音 13
2015年12月13日『的』

 「俺俺」とだけしか言わぬ人だけど騙しているのはいつも私だ

雀來豆 心 1 音 6
2015年12月12日『俺』

 喜劇だとわかっていても失えばジョークのように涙が落ちる

雀來豆 心 1 音 4
2015年12月11日『劇』

 久々に訪ねた友の住所には空き地の札と影があるのみ

雀來豆 心 1 音 2
2015年12月10日『住所』

 摩訶不思議二十万余の遺伝子が三十一の文字(もんじ)を紡ぐ

雀來豆 心 1 音 2
2015年12月09日『DNA』

 横暴な文具屋店主、分度器の代わりに落ちた半月を売る

雀來豆 心 1 音 8
2015年12月08日『定規』

 オハヨウのおまけのように名を呼んでそれでわたしを落とすと言うの?

雀來豆 心 0 音 3
2015年12月07日『おまけ』

 残されし本のページのをちこちにきみの証が笑つてをりぬ

雀來豆 心 0 音 5
2015年12月06日『ページ』

 気のせいかカレの下着を入れてから笑い続けている洗濯機

雀來豆 心 5 音 6
2015年12月05日『洗』

 あなたには選ぶ権利はないと押し付けられる愛 いいものでしょう?

雀來豆 心 0 音 3
2015年12月04日『選』

 1DK押入れ付きの青春を天井裏で見ている天使

雀來豆 心 0 音 1
2015年12月03日『天井』

 縁日の金魚は今は爺ちゃんにキンタと呼ばれ鍋で飼われる

雀來豆 心 0 音 6
2015年12月02日『鍋』

 日が暮れて置き去りにしたブランコがまだ揺れている、冬を見つめて

雀來豆 心 0 音 5
2015年12月01日『冬』

 一人いてもう一人いてそれでいて二人になれぬ些細なけんか

雀來豆 心 1 音 4
2015年11月30日『計算』

 ぜひ一度この術式で男性の受胎体験してみませんか

雀來豆 心 0 音 3
2015年11月29日『術』

 しょぼくれたフリマに並ぶピノキオになれずじまいの人形の群れ

雀來豆 心 1 音 2
2015年11月28日『半濁音』

 なぜそんな場所に隠れているのだろうぼくらの昔の写真ってやつは

雀來豆 心 0 音 2
2015年11月27日『昔』

 瓶のなかカットライムを押し込めば夜が俄かに泡立ってゆく

雀來豆 心 2 音 10
2015年11月26日『瓶』

 真っ白な部屋は夜中も白いまま 眼を閉じたなら塗りたくれ、虹

雀來豆 心 0 音 2
2015年11月25日『病院』

 ほんとうに自棄で言ってるわけじゃない ボタンになって父さんを継ぐ

雀來豆 心 1 音 4
2015年11月24日『貝』

 スノードームに閉じ込められた金髪の少女のように輝ける謎

雀來豆 心 0 音 1
2015年11月23日『謎』

 夜が明ける頃には捨ててしまうから明日もゴートフードは不要

雀來豆 心 0 音 2
2015年11月22日『ラブレター』

 忘れてはいけないことは君たちが九月には千名いたことだ

雀來豆 心 0 音 11
2015年11月21日『全校生徒600名の前で一首』

 オゴポゴを探している間にみずうみを静かに侵す秋の夕焼け

雀來豆 心 0 音 4
2015年11月20日『架空の動物』

 黄金虫より金持ちで黄金虫並に短い足の人、ラブ

雀來豆 心 0 音 0
2015年11月19日『虫』

 その白は冬の日の朝立ち出でる霧としての人生を生きる

雀來豆 心 0 音 1
2015年11月18日『出』

 さっきからぼくのお尻を突っついて笑ってるのは フリッパーかよ

雀來豆 心 0 音 1
2015年11月17日『イルカ』

 いつもより早く夕日は落ちかけて鳥が慌てる紺青の空

雀來豆 心 0 音 0
2015年11月16日『紺』

 短歌など消える定めと言う奴に決めろ!ドラゴンスープレックス

雀來豆 心 1 音 5
2015年11月15日『スープ』

 冬空にレンズを向ける少年に微笑み返す「小さな王子」

雀來豆 心 0 音 4
2015年11月14日『本のタイトル』

 水面で骨を咥えた顔こそが僕の愛するポートレートだ

雀來豆 心 3 音 5
2015年11月13日『ナルシスト』

 なぜだろうロードレースを走るたび新種の蝶を見つけてしまう

雀來豆 心 6 音 4
2015年11月12日『マラソン』

 安孫子さんからお手紙着いたあの世では藤本さんたら、やっぱり読んだ

雀來豆 心 2 音 1
2015年11月11日『藤子不二雄』

 疎まれて追われた「夏」を労って酒酌み交わす月夜の宴で

雀來豆 心 0 音 0
2015年11月10日『いい人』

 ありったけ注いでくれよ退屈とおなじ量だけ飲み干してやる

雀來豆 心 0 音 4
2015年11月09日『酒』

 森の端で踊る銀杏を見かけたら覚えておこう月の仕業と

雀來豆 心 0 音 4
2015年11月08日『端』

 さやうならふたつ並びし町のごと悲しき距離が埋めれぬ恋に

雀來豆 心 0 音 3
2015年11月07日『並』

 僕がつく百もの嘘を千の眼で暴き出すきみ、深みゆく夜

雀來豆 心 2 音 3
2015年11月06日『百』

 もういっそ恋占いに縋りたい 古い上着を捨てられぬ秋

雀來豆 心 0 音 2
2015年11月05日『占』

 よく見ればゼンマイ仕掛けの首だったいつも頷くばかりの僕の

雀來豆 心 2 音 9
2015年11月04日『首』

 古ぼけたページの上の「船」の字に残る堀口大學の夢

雀來豆 心 1 音 3
2015年11月03日『大学』

 そこのけと邪険にされた雀の子たすけてやれば今日は秋晴れ

雀來豆 心 0 音 1
2015年11月02日『助』

 河べりで犬が見ている夕焼けは世界の終わり二度とない赤

雀來豆 心 0 音 0
2015年11月01日『犬』

 煩悩も馬鹿な男も没歌も魔女のスープで煮込めば消える

雀來豆 心 0 音 2
2015年10月31日『ハロウィン』

 そのときをこらえたりする必要が無いっていいね別れたあとは

雀來豆 心 0 音 2
2015年10月30日『エロ』

 裏窓のほこりの上に指で書く梯子をのぼれ弟ねずみ

雀來豆 心 1 音 1
2015年10月29日『はしご』

 片方が残されてしまう運命を受け止められず手袋は泣く

雀來豆 心 1 音 3
2015年10月28日『命』

 たましいは守ったけれどくるぶしを失くしてしまう恋物語

雀來豆 心 1 音 1
2015年10月27日『くるぶし』

 秋めく日、参観に行くあの頃のきみに似た子が歌っておりぬ

雀來豆 心 1 音 5
2015年10月26日『同級生』

 馬鹿笑いしながら飛びたいときがある天使(エンゼル)のみが飛び得る空を

雀來豆 心 0 音 3
2015年10月25日『笑』

 遠くから嫁ぎし君が歌うのは太陽系外縁天体(ティ・エヌ・オー)の子守歌か

雀來豆 心 0 音 1
2015年10月24日『思い出の一曲』

 日めくりをパラパラ漫画に見立てればあっというまに今日も満月

雀來豆 心 4 音 3
2015年10月23日『カレンダー』

 つまらない嘘で固めた人生を最後は生きるふりして終える

雀來豆 心 0 音 1
2015年10月22日『つまらない』

 剃り跡がむずむずとする消しきれぬlogが幾つか残っていたか

雀來豆 心 0 音 1
2015年10月21日『ひげ』

 いつまでも起きぬ背中にポケットを布用ボンドで貼りつけてみた

雀來豆 心 0 音 0
2015年10月20日『ポケット』

 旨ければいいが夕餉の煮かぼちゃは宇宙と同じく僕が創った

雀來豆 心 1 音 7
2015年10月19日『かぼちゃ』

 宛先と差出人の名ではなく自分の名前が欲しい封筒

雀來豆 心 0 音 2
2015年10月18日『封筒』

 空と星、虫鳥獣や夢を見て銀杏は生きる遥か千年

雀來豆 心 1 音 0
2015年10月17日『見』

 森に来て栗や柿より欲しいもの 古樹の記憶を若木の夢を

雀來豆 心 1 音 0
2015年10月16日『栗』

 焚書の日、何を持ち出すこともなくただ自らの手で焼き尽くす

雀來豆 心 0 音 2
2015年10月15日『書』

 午前二時ドードー鳥に誘(いざな)われドジソン講師はキャロルに変わる

雀來豆 心 3 音 0
2015年10月14日『ドジ』

 告げられて外を歩けば海からの風にしぼんだ芙蓉が揺れる

雀來豆 心 1 音 2
2015年10月13日『外』

 初めてだ、パパがアーチをかけたのもぼくがお空を飛んでみたのも

雀來豆 心 0 音 1
2015年10月12日『ホームラン』

 青いひかりがちりばめられた駅灯は信号手からきみへの合図

雀來豆 心 1 音 0
2015年10月11日『信号』

 感情が汚れっちまった後でさえ筋肉は無垢であり続けるか

雀來豆 心 0 音 4
2015年10月10日『筋肉』

 家よりもなんだかここが落ち着くわ 画面の中で少女は思う

雀來豆 心 0 音 2
2015年10月09日『画面』

 謝っても謝っても開かぬドア 天岩戸か煉瓦のお家

雀來豆 心 0 音 1
2015年10月08日『比喩』

 花より男子のたとえもあるさ女子ならば嵐、嵐、嵐に生きる

雀來豆 心 0 音 2
2015年10月07日『嵐』

 誰もみな物欲しげな秋 水面に映った顔が骨を咥える

雀來豆 心 3 音 4
2015年10月06日『誰』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 10 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31