うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1638日 】 2018年09月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1638 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 門脇篤史 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 五段階評価でいへば三ほどの我の歩みてゐる物語

門脇篤史 心 5 音 2
2016年04月17日『物語』

 燃え尽きて灰となりたるハイライト祖父と見上げし四月のさくら

門脇篤史 心 7 音 7
2016年04月16日『灰』

 この街にあなたがゐないといふ説の信憑性と冷たいビール

門脇篤史 心 4 音 3
2016年04月15日『説』

 除光液のにほひに満ちたリビングで妻はゆつくり自分をほどく

門脇篤史 心 2 音 8
2016年02月20日『マニキュア』

 毛穴から零るる汗をベタつかせ真夜のオフィスで食ふカップ麺

門脇篤史 心 0 音 4
2016年02月19日『穴』

 あなたから貰つた飴を噛み砕くここにゐるよと知らせるやうに

門脇篤史 心 3 音 5
2016年02月16日『飴』

 空想と科学のあはひに川があり釣り針垂らすアインシュタイン

門脇篤史 心 2 音 4
2016年02月15日『科学』

 「桃色の片想ひ」けふも流れをり画面にはるな愛を映して

門脇篤史 心 0 音 3
2016年02月14日『愛』

 異界へと通ずるやうに夕焼けてバス・ストップはくれなゐを帯ぶ

門脇篤史 心 4 音 6
2016年02月13日『ストップ』

 眠れない真夜に漫画を取り出してペンギン村に移住してゐる

門脇篤史 心 0 音 3
2016年02月06日『村』

 暗闇の増した世界に散会の合図のやうに降り出した雨

門脇篤史 心 2 音 3
2016年02月04日『会』

 僕たちはグーグルマップに導かれ明るいはずのガストを目指す

門脇篤史 心 3 音 13
2016年02月03日『目』

 冬の陽に照らされてゐる盤面に父の香車は金となりたり

門脇篤史 心 2 音 10
2016年02月02日『香』

 敬称に斜線を引けばその黒は世界にあわせはつか歪みぬ

門脇篤史 心 0 音 3
2016年01月30日『線』

 記憶から零るる露に濡れはじむ水切りをするきみを思へば

門脇篤史 心 1 音 3
2016年01月28日『切』

 偽造したきみへの思ひを握りしめ触るることなく帰路につきたり

門脇篤史 心 1 音 1
2016年01月27日『偽』

 素うどんをあなたのために作りをりそつと浮かべるねぎのさみどり

門脇篤史 心 0 音 5
2016年01月25日『うどん』

 眉に汗ためつつ食らふラーメンに自傷のやうに辛味を足せり

門脇篤史 心 0 音 10
2016年01月24日『眉』

 逃げ道のないほど甘きティラミスに昏きココアの雪を降らせる

門脇篤史 心 1 音 8
2016年01月17日『ココア』

 殺意しか持たざる夜にすくひとるふるふる揺るる黒ごまプリン

門脇篤史 心 3 音 4
2016年01月16日『黒』

 後半へ続くことすらできないで静まり返ったキートン山田

門脇篤史 心 0 音 7
2015年12月30日『山田』

 一駅を僕らの家まで歩かうと言ひ合ひし日の夜は短し

門脇篤史 心 0 音 4
2015年12月10日『デート』

 折れさうな日に巻くために購ひしはつかに派手な柄のネクタイ

門脇篤史 心 2 音 2
2015年12月08日『柄』

 ひとりでも鍋は食べれてしまふからこんなに寒く温まりをり

門脇篤史 心 1 音 6
2015年12月02日『鍋』

 ハヒフヘホ生き続ければバビブベボしづかに目指してゐるパピプペポ

門脇篤史 心 4 音 4
2015年11月28日『半濁音』

 引き出しに凶器のやうにしのばせたはつかに溶けしブラックサンダー

門脇篤史 心 0 音 2
2015年11月25日『凶器』

 一年はもうすぐ終はる見上げれば飛行機雲に区切られし空

門脇篤史 心 0 音 5
2015年11月18日『飛行機』

 紺色のあの日着てゐしブレザーの右ポケットに残りたる春

門脇篤史 心 2 音 8
2015年11月16日『紺』

 透き通るスープに味のあるゆへに臓腑のうちにほどけゆく冬

門脇篤史 心 4 音 4
2015年11月15日『スープ』

 遠き日にせし過ちを思ひ出す罪と罰より闇したたれば

門脇篤史 心 0 音 5
2015年11月14日『本のタイトル』

 くれなゐの毛糸のやうに紡がれてはつかにダサく生きてゆくのだ

門脇篤史 心 0 音 4
2015年11月06日『毛糸』

 この部屋をオセロのやうに取りあへばミッキーグッズに占拠されたり

門脇篤史 心 1 音 5
2015年11月05日『占』

 音もなく近づいてきた憂鬱が僕の手首をそつと掴みぬ

門脇篤史 心 2 音 5
2015年11月04日『首』

 窓といふ窓を閉ざして五線譜に乗りきらぬほどの音符を鳴らす

門脇篤史 心 2 音 10
2015年11月03日『窓』

 甘茶など飲むことのなき僕たちは異国の盆に群がりてをり

門脇篤史 心 0 音 1
2015年10月31日『ハロウィン』

 人生を振り返りをりイエローの蛍光ペンを右手に持つて

門脇篤史 心 2 音 4
2015年10月30日『エロ』

 台風は余暇を生み出す町中のTSUTAYAの棚から消えた名作

門脇篤史 心 0 音 9
2015年10月12日『暇』

 帰省する我を阻むはそこここに新たに生えし信号の赤

門脇篤史 心 0 音 3
2015年10月11日『信号』

 朝食は食べねばならぬといふ声に屈して吸つたゼリーの甘さ

門脇篤史 心 1 音 1
2015年10月06日『声』

 いまさらになって気がつくきみの言うなんでもいいはパスタのサイン

門脇篤史 心 4 音 12
2015年10月05日『でも』

 簡易版呪術のやうに三角に折られてトイレットペーパーのあり

門脇篤史 心 5 音 5
2015年10月04日『折』

 思ひ出を休符にかへて廃校のピアノはけふも奏で続ける

門脇篤史 心 5 音 6
2015年10月03日『ピアノ』

 重力にあらがふやうに風に舞ふフラワーシャワーの中を歩みき

門脇篤史 心 1 音 6
2015年10月01日『重力』

 一本のPeaceが燃え尽きてゆくを我らしづかに眺めてをりぬ

門脇篤史 心 2 音 7
2015年09月30日『煙草』

 食パンをくわえて走れ地の文はきみをはげましているはずだから

門脇篤史 心 3 音 0
2015年09月29日『遅刻』

 ぬいぐるみに名前をつけるひととゐて吾はさんづけで呼ばれてをりぬ

門脇篤史 心 3 音 6
2015年09月28日『ぬいぐるみ』

 夕闇に包まれてゆく炊事場の電子レンジに湧く不信感

門脇篤史 心 1 音 5
2015年09月27日『料理』

 なにひとつ希望を持てぬゆふぐれに食べる種なしぶだうぞ甘き

門脇篤史 心 2 音 3
2015年09月26日『ぶどう』

 魂が飛び出すやうな溜息を キープされたるボトルぞあをき

門脇篤史 心 0 音 0
2015年09月24日『キー』

 「死にたい」を死語にするため詩をよめばうちなる海のさざなみきこゆ

門脇篤史 心 2 音 2
2015年09月23日『死語』

 彼方からもれくるひかりに顔を向けスイカの種を飛ばすゆふぐれ

門脇篤史 心 2 音 2
2015年09月20日『彼』

 爆発物処理班のやうな面持ちでやりがいのある飲み会に行く

門脇篤史 心 3 音 7
2015年09月19日『爆』

 嫌悪感 煮込めば溶けてどろどろとごはんにかけてあなたに食はす

門脇篤史 心 3 音 0
2015年09月18日『嫌』

 世界から隔絶されたこの場所でジェットタオルの風に吹かれて

門脇篤史 心 4 音 5
2015年09月17日『風』

 あすひとひやり過ごして迎へ打つレモンイエローのやうな連休

門脇篤史 心 1 音 1
2015年09月16日『レモン』

 少しだけ凝つた料理が現れてぼくの味蕾はためされてゐる

門脇篤史 心 3 音 4
2015年09月14日『味』

 この広く昏き宇宙のかたすみで風にうなずく白き秋桜

門脇篤史 心 2 音 6
2015年09月13日『秋』

 きみといふ支柱をひとつ立てながら週末までの距離を思へり

門脇篤史 心 4 音 3
2015年09月12日『まで』

 どこにでも行ける切符を手に入れて職場と家を行き来してゐる

門脇篤史 心 2 音 10
2015年09月11日『自由』

 午前4時ちいさな世界のはじっこで孤独な僕が見るYouTube

門脇篤史 心 1 音 3
2015年09月10日『YouTube』

 痛みから逃れるやうに詩をよめばさし込むひかりは小さくゆれて

門脇篤史 心 2 音 7
2015年09月09日『痛』

 幾千の切符をひとひに吸ひ込みてときどき定期券を吐き出す

門脇篤史 心 1 音 1
2015年09月06日『改札』

 そんな目で見ないでおくれ 塩焼のカマスのそばで滴るカボス

門脇篤史 心 1 音 6
2015年09月05日『ボス』

 ごみ箱の底ひにしづむコンタクトレンズの死骸の見てゐる景色

門脇篤史 心 4 音 7
2015年09月03日『箱』

 配点のやたら大きい問3に国語教師の似顔絵を描く

門脇篤史 心 1 音 6
2015年09月02日『配』

 一枚の付箋をけふに貼りながらセブンスターに火を着けてゐる

門脇篤史 心 5 音 4
2015年08月27日『7』

 飼つてゐたうさぎを食ふのを楽しみにしていた祖父に供へるバナナ

門脇篤史 心 3 音 6
2015年08月26日『うさぎ』

 文語からしたたり落ちる詩をすくひ我をすくひてひとひを終へる

門脇篤史 心 4 音 2
2015年08月25日『文語』

 真っ白な壁紙に取り囲まれてカップうどんの汁を飲み干す

門脇篤史 心 0 音 3
2015年08月22日『壁』

 出てるからみてねと言われみはじめりゃ娘っておまえ娘。のことかよ

門脇篤史 心 0 音 5
2015年08月20日『 。』

 灰色の僕らを乗せてゆくバスを糖衣のやうに朝日はくるむ

門脇篤史 心 1 音 9
2015年08月18日『バス』

 ゆふまぐれ駄目でしたって報告を種無しスイカ食みつつ聞けり

門脇篤史 心 1 音 5
2015年08月16日『でした』

 転送を繰り返されて磨耗したチェーンメールの淋しい狂気

門脇篤史 心 1 音 8
2015年08月15日『送』

 納豆を何度も混ぜて粘らせてけふ1日の無事を祈りつ

門脇篤史 心 3 音 2
2015年08月14日『粘る』

 楽しげに迷路で遊ぶ幼子の行く手に潜む巨大な迷路

門脇篤史 心 0 音 7
2015年08月12日『迷』

 全クリを目前にしたルイージがクッパの前でバグって止まる

門脇篤史 心 0 音 2
2015年08月10日『クリア』

 天体に触れたるやうなしづけさでボイルドエッグを剥く朝のあり

門脇篤史 心 9 音 5
2015年08月09日『天』

 真夜中の渇きを癒すくれなゐの午後の紅茶のストレートティー

門脇篤史 心 0 音 2
2015年08月08日『午後』

 事故として処理されさうな人体の山村紅葉を求める気持ち

門脇篤史 心 3 音 1
2015年08月07日『事故』

 返球は間に合はざれど茫々とミットの中で夏は更けゆく

門脇篤史 心 3 音 4
2015年08月06日『返』

 袋とじ解き放つやうな輝きを高2の夏に忘れてきたり

門脇篤史 心 1 音 7
2015年08月05日『雑誌』

 女性専用車両いう名の罠がありときに白い目で見られたりする

門脇篤史 心 1 音 4
2015年08月02日『両』

 この国の止まぬ喧騒 朝顔はしづかにしづかにまなこを開く

門脇篤史 心 1 音 6
2015年08月01日『顔』

 凍らせたペットボトルのお茶さへもとけきる前に夜は来にけり

門脇篤史 心 0 音 4
2015年07月31日『夜』

 さういへば夢も希望もなかりけり夜更けにひとり啜る素うどん

門脇篤史 心 2 音 6
2015年07月29日『素』

 軸足をすこしずらしつ薄暗き朝の電車で涙をこらえ

門脇篤史 心 1 音 4
2015年07月26日『軸』

 スイカバーの種を吐き出すおさなごに教えることは何ひとつない

門脇篤史 心 2 音 11
2015年07月24日『カバ』

 鍵盤に散らばるひかり初夏のメジャーコードは陰を帯びたり

門脇篤史 心 6 音 10
2015年07月23日『鍵』

 夏だから、かすむ世界の片隅で濡れる自由を楽しんでいる

門脇篤史 心 0 音 2
2015年07月21日『だから』

 飛び跳ねし子は着陸する瞬間に影とひとつになってしまった

門脇篤史 心 3 音 2
2015年07月20日『陸』

 十七度 設定温度を下げたあと三十六度を感じて眠る

門脇篤史 心 4 音 4
2015年07月19日『温』

 名前だけやたらと綺麗に書いてゐるここからいつか抜け出すために

門脇篤史 心 1 音 2
2015年07月17日『からい』

 仕事場は樹海のやうでふかみどりふかみどりつてコピー機の言ふ

門脇篤史 心 5 音 4
2015年07月16日『深緑』

 淋しさのまんなかあたりに住んでゐてときどき肘をついて喋る

門脇篤史 心 1 音 9
2015年07月14日『肘』

 ふつうに生きていきたいだけときみはいう真っ赤になるまで七味を振って

門脇篤史 心 1 音 10
2015年07月12日『普通』

 忙しい、忙しいって楽しげに糠床なんかかき混ぜている

門脇篤史 心 11 音 9
2015年07月11日『忙』

 廊下にも夏は満ちきぬ隅にある消火器の中も夏なのだらう

門脇篤史 心 5 音 11
2015年07月10日『廊下』

 中流といふ幻想におおはれて乾いて回る百円の寿司

門脇篤史 心 0 音 10
2015年07月09日『中』

 問題は積りて解けず夕闇にゆつくり放つ打ち上げ花火

門脇篤史 心 2 音 4
2015年07月08日『問』

 種としての淋しさ抱へぬばたまの夜更けに食べる星型のピノ

門脇篤史 心 2 音 11
2015年07月07日『星』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 09 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30