うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1298日 】 2017年10月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1298 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 薄荷。 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 喧嘩中お腹の中の雲よりもベッドの広さに戸惑っている

薄荷。 心 1 音 3
2016年10月12日『ベッド』

 この先も出会うことは無いだろうクマさんに勝つシュミレーションする

薄荷。 心 0 音 0
2016年10月11日『ゆらさんの写真』

 カリカリのバゲットにのせるあんずジャム背徳香る十六時半

薄荷。 心 0 音 7
2016年10月10日『自由詠』

 大袈裟な音を立てつつ今日もまた机の角と戦っている

薄荷。 心 5 音 7
2016年10月09日『ドジ』

 女子高生のわたしに会いに行くためにバスに乗りこむ七時二十分

薄荷。 心 1 音 4
2016年10月08日『バス』

 笑顔しか思い出せないけどあの人は香水変えるタイプじゃなかった

薄荷。 心 0 音 2
2016年10月07日『香水』

 来年は豆ご飯にして食べようね丸い背中の祖母が種まく

薄荷。 心 1 音 3
2016年10月06日『畑』

 文末を省略できる気軽さに甘えていました、プリンをどうぞ

薄荷。 心 1 音 8
2016年10月05日『略』

 「幻に終わった『夏の計画』の反省するから海に集合」

薄荷。 心 2 音 7
2016年10月04日『幻』

 真ん丸のドロップ舌で転がしてコロカラコロリ夜は減らない

薄荷。 心 0 音 6
2016年10月03日『減』

 飛び回る雀に挨拶するように刈田の畔に揺れるコスモス

薄荷。 心 3 音 4
2016年10月02日『揺』

 霧雨にしとしとしとと撫でられた九月の傷跡、蜘蛛の巣揺れる

薄荷。 心 0 音 2
2016年10月01日『傷』

 咳をする胸の痛みに慣れたのにひとりで寝るのはまだまだ寂しい

薄荷。 心 0 音 4
2016年09月30日『咳』

 庭先で遊ぶスズメを眺めつつわたしは元気と呟いている

薄荷。 心 2 音 6
2016年09月29日『元気』

 窓を打つ短い跡も風になり新幹線から雨を眺める

薄荷。 心 2 音 3
2016年09月28日『短』

 美術展のポストカードが増えるたび世界で一番偉い気になる

薄荷。 心 1 音 5
2016年09月27日『偉』

 魂に色があるならシャガールの夜空彩るラズライトだらう

薄荷。 心 1 音 1
2016年09月26日『魂』

 一等星以上に光る目の奥に針先ほどの淋しさがいる

薄荷。 心 2 音 6
2016年09月25日『以上』

 チャグチャグと鈴の音高く響かせて誇らしげなる馬コの瞳

薄荷。 心 1 音 3
2016年09月24日『馬』

 芸術の秋だからねと君が言う「泣く女」似のわたしの似顔絵

薄荷。 心 0 音 4
2016年09月23日『芸術』

 枕元優しい顔のクマさんは姉妹喧嘩の行方を見守る

薄荷。 心 0 音 2
2016年09月22日『喧嘩』

 おじいちゃんの好きな黄色を選んでは仏壇にあげるポンポンマムを

薄荷。 心 1 音 1
2016年09月21日『菊』

 運命は三度扉を叩くから君が来たのはきっと運命

薄荷。 心 0 音 3
2016年09月20日『命』

 いつもより私の目線が高いこと気付いて欲しくて踵を鳴らす

薄荷。 心 1 音 7
2016年09月19日『ハイヒール』

 ちょっとだけ焦るあなたが見たいから「何を食べるかもう決めちゃった」

薄荷。 心 0 音 3
2016年09月18日『決』

 ラベルがない缶詰開けたら虹が出て空に飛んでく夢を見ました

薄荷。 心 1 音 3
2016年09月17日『缶』

 新月の夜には星を眺めつつ誰もが文語で会話するべし

薄荷。 心 0 音 8
2016年09月16日『憲法第900条で定めたいこと』

 あの時と同じピアスをしてるからあの時と同じ笑顔で褒めて

薄荷。 心 1 音 6
2016年09月15日『同』

 はじまりの一歩が重く自転車の補助輪にまた甘えてみたい

薄荷。 心 0 音 11
2016年09月14日『助』

 つま先でザクザク描いた校庭の「へのへのもへじ」もちょっと泣いてる

薄荷。 心 0 音 5
2016年09月13日『へ』

 カーテンを開けてひんやり喉の奥べっ甲色の朝日が染み込む

薄荷。 心 0 音 3
2016年09月12日『喉』

 何処からかヨーロッパ色の風が吹き君の革靴つるりと撫でる

薄荷。 心 2 音 4
2016年09月11日『ヨーロッパ』

 真夜中にかさり存在感を増す部屋の隅に隠れたこおろぎ

薄荷。 心 0 音 2
2016年09月10日『自由詠』

 丸まった鉛筆の先優しくて百合に鹿の子の模様を描く

薄荷。 心 3 音 4
2016年09月09日『鉛筆』

 秋空に交通整理は必要で踏切の上トンボが通る

薄荷。 心 3 音 4
2016年09月08日『踏切』

 雨粒が鬼灯ランタンつつくからピアノポロロン秋空ロンド

薄荷。 心 0 音 1
2016年09月07日『ピアノ』

 聴音に通い始めた女の子信号待ちは「うんうんうんうん」

薄荷。 心 0 音 1
2016年09月06日『うん』

 「ゴメンナサイ」国語の教科書読むような声で誰かに謝っている

薄荷。 心 2 音 4
2016年09月05日『国語』

 べに色の小さな帽子をふるわせてどんどこどこどこきのこの行進

薄荷。 心 1 音 6
2016年09月04日『きのこ』

 ポケットにこっそり隠したお月さま 銀の光を独り占めする

薄荷。 心 0 音 1
2016年09月03日『月』

 目印は右から二番目の星で一番強く輝いている

薄荷。 心 0 音 5
2016年09月02日『印』

 野球帽振り回しながらトンボ追う少年の耳の産毛は金いろ

薄荷。 心 1 音 4
2016年09月01日『少年』

 台風が残していった宿題で八月晦日はこんなに暑い

薄荷。 心 0 音 4
2016年08月31日『宿題』

 台風が通った後の散歩道木の葉のパズル散らばったまま

薄荷。 心 1 音 0
2016年08月30日『パズル』

 子どもならだれでも自分の森を持ちかわいいクマの友だちもいる

薄荷。 心 2 音 3
2016年08月29日『森』

 新聞で台風の行方見る祖母はインターネットを信用しない

薄荷。 心 0 音 6
2016年08月28日『新聞』

 ふたりならどんな景色も鮮やかで今日もきみに初恋をする

薄荷。 心 0 音 3
2016年08月27日『初恋』

 むせ返る化粧の香りに包まれて鏡の奥に見慣れぬわたし

薄荷。 心 0 音 6
2016年08月26日『化粧』

 何かから隠れるように葉の裏で静かに熟れる黄色のトマト

薄荷。 心 0 音 10
2016年08月25日『トマト』

 注意したときに限って破裂するヨーグルトにも笑われている

薄荷。 心 1 音 3
2016年08月24日『ダメ』

 どんな夢見ているだろう大の字できみは地球を蹴飛ばしている

薄荷。 心 1 音 10
2016年08月23日『地球』

 ほっぺたに泥んこつけたシンデレラ小さな腕にカボチャ抱えて

薄荷。 心 0 音 4
2016年08月22日『腕』

 天鵞絨の翅を広げた黒鳳蝶小菊の枝に微風運ぶ

薄荷。 心 2 音 0
2016年08月21日『枝』

 新品のスニーカーに靴紐をするっと結び新学期待つ

薄荷。 心 0 音 1
2016年08月20日『紐』

 昔から本音隠すの下手だから今日のカレーはごめんねの味

薄荷。 心 3 音 6
2016年08月19日『本音』

 満月はわたしの祈りを聞かぬふり気球のようにぽっかり浮かぶ

薄荷。 心 1 音 9
2016年08月18日『気球』

 真夜中にペットボトルの水を飲む 涙の素が染み込んでいく

薄荷。 心 0 音 5
2016年08月17日『ペットボトル』

 大粒の雨に打たれて草の実がぶるんと震えまた夏が行く

薄荷。 心 3 音 3
2016年08月16日『草』

 大切な願い事をするように長い髪の毛結い上げている

薄荷。 心 1 音 4
2016年08月15日『願』

 洗いたて青い小鳥のワンピース夏の終わりの空にはばたく

薄荷。 心 2 音 5
2016年08月14日『ワンピース』

 立ちのぼる線香の煙揺らす風盆灯籠はさらさらまわる

薄荷。 心 0 音 2
2016年08月13日『さらさら』

 言い訳を花から花へ伝えながらしかししかしと蜜蜂は飛ぶ

薄荷。 心 3 音 7
2016年08月12日『しかし』

 エアコンが効きすぎている部屋の隅ふたりは仔犬の眠りを貪る

薄荷。 心 1 音 3
2016年08月11日『自由詠』

 足音と弾けるような笑い声響かせて夏は走り抜けていく

薄荷。 心 0 音 2
2016年08月10日『走』

 寄り道が長すぎたので流星は帰るべき場所見つけられない

薄荷。 心 0 音 4
2016年08月09日『寄り道』

 ふらふらと暮色が迫る八月の空をさまよう迷子蝙蝠

薄荷。 心 1 音 5
2016年08月08日『八』

 金色の五時に輝くベランダで洗濯物は小さく揺れる

薄荷。 心 1 音 4
2016年08月07日『ベランダ』

 気がつくときみの印を探してる市松模様のリュックサック

薄荷。 心 0 音 3
2016年08月06日『様』

 どこまでも底が見えない青空にしんしん沁みる蝉の鼻歌

薄荷。 心 1 音 5
2016年08月05日『鼻歌』

 歓声を夜の器に注ぎ込み光の花を浮かべている、夏

薄荷。 心 1 音 2
2016年08月04日『注』

 傷跡が薄くなったら痛みにも慣れて優しくなるのでしょうか

薄荷。 心 1 音 6
2016年08月03日『痛』

 I was happy. 過去形でしか語られぬ昨日をそっと噛みしめている

薄荷。 心 0 音 3
2016年08月02日『過去』

 雨の日は雫の形に結ばれたおにぎりひとつ持って出掛ける

薄荷。 心 2 音 5
2016年08月01日『雫』

 母さんに言えないことが増えた日のヨーグルトにはジャムをかけない

薄荷。 心 8 音 5
2016年07月31日『ヨーグルト』

 二枚貝の形に左手つながれて深海のような眠りに落ちる

薄荷。 心 3 音 4
2016年07月30日『左』

 浴室の鏡の上の水滴をつるりなぞれば微笑の形

薄荷。 心 1 音 5
2016年07月29日『笑』

 寂しさに慣れることなどできなくて薄荷キャンディがりりとかじる

薄荷。 心 0 音 8
2016年07月28日『薄』

 にわか雨のシャワーを浴びてひまわりは両手をぐんと天に広げる

薄荷。 心 1 音 8
2016年07月27日『シャワー』

 欄干の上で鳴かない烏たちこの世の果てを瞳に映す

薄荷。 心 1 音 1
2016年07月26日『果』

 誰よりも不思議なことに敏感で遠くの空を眺めてばかり

薄荷。 心 0 音 6
2016年07月25日『不思議』

 工場で大量生産されている言葉を検品するお仕事です

薄荷。 心 1 音 3
2016年07月24日『工場』

 ぴかり「いち、に、さん…」ごろごろ 問題です、わたしと君の距離を求めよ

薄荷。 心 0 音 3
2016年07月23日『雷』

 夕闇に染まっていった天井でゆらゆら泳ぐイルカモビール

薄荷。 心 1 音 7
2016年07月22日『天井』

 体育の授業がプールになる印 風にはためく真っ白な旗

薄荷。 心 2 音 6
2016年07月21日『旗』

 しらしらと夜が明けていくキッチンの隅でアサリは潮を吹き出す

薄荷。 心 2 音 16
2016年07月20日『朝』

 穏やかに話すあなたの低い声鼓膜の底に閉じ込めておく

薄荷。 心 1 音 9
2016年07月19日『閉』

 ぜいたくに味わう休日 柔らかなバナナの曲線ゆっくりたどる

薄荷。 心 1 音 4
2016年07月18日『バナナ』

 風に乗り気持ちは一途に海辺まで白い自転車ぐんぐん走る

薄荷。 心 0 音 2
2016年07月17日『転』

 ぐんぐんとゆうべの雨を吸い込んできゅうりの色は濃い緑色

薄荷。 心 3 音 12
2016年07月16日『緑』

 街中を飲み込んでいく夕焼けにじりじり赤く焼かれる鉄棒

薄荷。 心 3 音 5
2016年07月15日『鉄』

 冒険に連れて行ってくれそうな白いうさぎを追いかけてみる

薄荷。 心 0 音 8
2016年07月14日『追』

 若い頃バンドやってたおじさんが歌う演歌はハードコア風

薄荷。 心 0 音 1
2016年07月13日『演歌』

 ほろほろと君がギターを爪弾いて四分音符が夜空に溶ける

薄荷。 心 2 音 12
2016年07月12日『爪』

 ふにゃふにゃとわたしの手の中すり抜けて君の気持ちは定規で測れぬ

薄荷。 心 0 音 2
2016年07月11日『定規』

 戯れて君の腕に触れるとき筋肉の熱きうねりを感じる

薄荷。 心 0 音 1
2016年07月10日『自由詠』

 お風呂場で羽ばたくことを許されずラバーダックは溺れかけてる

薄荷。 心 1 音 7
2016年07月09日『溺』

 つま先でスイッチ入れた罰なのかそっぽを向いている扇風機

薄荷。 心 2 音 6
2016年07月08日『扇風機』

 ビル街に幼児の歓声響きをり一際大きく噴水踊る

薄荷。 心 3 音 3
2016年07月07日『噴水』

 ハンカチできれいに磨いた願い石「そうれ、天竺まで飛んでゆけ。」

薄荷。 心 1 音 4
2016年07月06日『小説の一節を入れた短歌』

 大鴉と書き物机の共通点見つからぬままコルブス眺む

薄荷。 心 0 音 0
2016年07月05日『机』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4 5 6


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2017 10 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31