うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1602日 】 2018年08月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1602 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 田村穂隆 なまたまごかけごはん

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 秋本こゆび 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 アリさんはみきちゃんのいろみずのなかたのしそうにおよいでいました

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年07月09日『溺』

 いなくてもいいかのように振るまって立つ灯台と夜のゆびきり

秋本こゆび 心 1 音 7
2016年07月08日『灯台』

 掃除機に星を詰まらす ああこれはあの日あなたが教えてくれた、

秋本こゆび 心 2 音 5
2016年07月07日『星』

 まだ裏の裏がオモテであったころほんものだったレゴの街並み

秋本こゆび 心 3 音 6
2016年07月06日『裏』

 重力を失いやすい睡眠に子に飲ませたるポカリスエット

秋本こゆび 心 0 音 7
2016年07月05日『汗』

 あの日からカーブはずっと曲がらない。きみの肩甲骨がさびしい

秋本こゆび 心 2 音 7
2016年07月04日『肩』

 この空の囚人なりて煙突が着せられているだんだら模様

秋本こゆび 心 2 音 8
2016年07月03日『模様』

 このたびの林檎の腐蝕に天の川銀河はなにも関与しません

秋本こゆび 心 1 音 2
2016年07月02日『林檎』

 気を抜くとうっかり噛みつかれそうな問10のグラフに牙が住む

秋本こゆび 心 1 音 4
2016年07月01日『牙』

 3分で事足りている日常を剥がしてしたるような水滴

秋本こゆび 心 0 音 10
2016年06月30日『カップラーメン』

 竹馬に乗れた日知った地面から15センチのささやかな空

秋本こゆび 心 4 音 9
2016年06月29日『竹』

 君の手の仕事のいたく美しく花を身籠る麻のキャンバス

秋本こゆび 心 3 音 2
2016年06月28日『仕事』

 この度の失恋につきスポ根の漫画タッチの顔立ちとなる

秋本こゆび 心 2 音 4
2016年06月27日『根性』

 ひとんちのダウニー香る週明けの給食袋に変なまぼろし

秋本こゆび 心 2 音 5
2016年06月26日『袋』

 強ばった筋肉がほどかれゆきてぼくだけのコメディアンは踊る

秋本こゆび 心 2 音 2
2016年06月25日『筋肉』

 ルール破ってまで君に言うことがあるから言うね「好きです。とてもとても」

秋本こゆび 心 0 音 3
2016年06月24日『破調』

 来世また太古の海で会いましょう、耳にプールのにおいを詰めて

秋本こゆび 心 4 音 5
2016年06月23日『太』

 むずがゆき否定の夜のまぼろしにサンタのひげを掴む子どもら

秋本こゆび 心 0 音 4
2016年06月22日『髭』

 楽園と呼ぼうあなたのハミングがひとしく僕に降るこの場所を

秋本こゆび 心 3 音 10
2016年06月21日『園』

 しゅぱーんとミット笑わす風だった君はフライがとれなくて、でも

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年06月20日『野球』

 抱きしめた時にもつともやはらかな弧よぼくたちの接線となれ

秋本こゆび 心 1 音 8
2016年06月19日『接』

 今はまだ誰のものでもない黄身の見る透明な夢まで5分

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年06月18日『5分』

 夏の味覚に衣替えしたべろにホロリ冷たく溶けゆくアイス

秋本こゆび 心 0 音 2
2016年06月17日『舌』

 王国は確かにあった 風の音を百葉箱で聞いてしまった

秋本こゆび 心 3 音 4
2016年06月16日『葉』

 ショーケースごしに聞こえる雨音に生を夢見る卵の化石

秋本こゆび 心 0 音 6
2016年06月15日『梅雨』

 指先のかたちは違うけどコーラ缶におんなじゴロンを言わす

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年06月14日『自販機』

 さいごまで負け組なのか天国の試験に落ちて星になれない

秋本こゆび 心 2 音 5
2016年06月13日『資格』

  机には動かぬ時の朽ち「我等友情永久不滅」もろいね

秋本こゆび 心 2 音 2
2016年06月12日『不』

 何もかも選ばれなかった人生で飛び交う星に選ばれてしぬ

秋本こゆび 心 0 音 10
2016年06月11日『蛍』

 いいことがあった日だから鯛焼きもあたまから食べたっていいよね?

秋本こゆび 心 0 音 7
2016年06月10日『自由詠』

 剥きかけのリンゴをころがしたままで暗転。後は誰も知らない

秋本こゆび 心 0 音 5
2016年06月09日『SEX』

 知ってたよぜんぶ嘘だろ?じいちゃんが海賊なのもしんじゃったのも

秋本こゆび 心 0 音 16
2016年06月08日『嘘八百を並べてください』

 バスタブで眠った夜のこと君じゃない人とするキスで目覚める

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年06月07日『船』

 作図したよう生真面目な君のこの背骨に触れるためにある指

秋本こゆび 心 1 音 8
2016年06月06日『図』

 肩までは伸ばすと決めた髪だって切る(君のこと好きだったのか)

秋本こゆび 心 0 音 6
2016年06月05日『ショートヘア』

 せめてもの捨て台詞のかわりとして裏返しのままで畳むシャツ

秋本こゆび 心 3 音 5
2016年06月04日『捨』

 キスをする勇気もなくて投げ捨てたともだちごめん、ごめんごめんね

秋本こゆび 心 0 音 0
2016年06月03日『蛙』

 コーネルの箱に似たればたくさんのかなしみを積み電車は走る

秋本こゆび 心 0 音 10
2016年06月02日『箱』

 アイロンをかければわかる五年目の擦りきれ 肘をつく君の癖

秋本こゆび 心 3 音 7
2016年06月01日『肘』

 細胞を虫眼鏡にてみる限り虹のみどりはラ・フランスです

秋本こゆび 心 0 音 5
2016年05月31日『虫』

 エリーゼのため君のため僕のためやっぱりやめる世界征服

秋本こゆび 心 3 音 10
2016年05月30日『やっぱり』

 飛べないの?飛べないことがかなしいの?この泣き顔にひなげしの問い

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年05月29日『Q』

 飛び回る君のコトノハついばんでわたしには今くちばしがある

秋本こゆび 心 1 音 1
2016年05月28日『鳥』

 あおぞらを飲み干すようなくちびるでふれあうことが二人のマナー

秋本こゆび 心 1 音 4
2016年05月27日『マナー』

 つくりもの味のときめき噛むほどにコーラグミから逃げたがる恋

秋本こゆび 心 2 音 3
2016年05月26日『コーラ』

 かなしみが南下してくる三月に観測されたピアノ前線

秋本こゆび 心 1 音 5
2016年05月25日『南』

 ハイカラな街やと言われて居住まいを正して見ゆる神戸の鳩

秋本こゆび 心 0 音 2
2016年05月24日『おしゃれ』

 むつかしく考えている ほんとうは星はうつくしすぎる菱形

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年05月23日『菱』

 食卓の不穏な空気なべぞこにあまいカレーを隠し持ち泣く

秋本こゆび 心 0 音 5
2016年05月22日『甘』

 パイプオルガンより出でつ「ソラ」の音に驚き蝶は花に戻りぬ

秋本こゆび 心 2 音 5
2016年05月21日『飛』

 好きだ うん お金貸してよ うんいくら? (愛の代価に二万は高い)

秋本こゆび 心 0 音 2
2016年05月20日『万』

 夕飯か、お風呂が先か訊ねてもネクタイだけが手に添えられて

秋本こゆび 心 0 音 3
2016年05月19日『20時』

 数式は罫線をいやがってまた群がってわたしに悪さする

秋本こゆび 心 2 音 3
2016年05月18日『敵』

 キスだけで子が生まれると信じてた頃のテレビが映す駆け落ち

秋本こゆび 心 1 音 5
2016年05月17日『ドラマ』

 この星が湯船につかる体積でどどうとこぼれっ放しの銀河

秋本こゆび 心 6 音 10
2016年05月16日『銀』

 あめんぼを目で追う君にかく言ひし ここがおこめのうまれるところ

秋本こゆび 心 1 音 2
2016年05月15日『田』

 ぼくという笑いの種に水あげてきみという花が咲けばいいや

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年05月14日『種』

 グラビアとお相撲さんはぼぼ一緒だと言う君の脳を知りたい

秋本こゆび 心 0 音 0
2016年05月13日『相撲』

 ほんとうはみんながみんな寂しがり屋なので当たり屋もさびしがり

秋本こゆび 心 0 音 5
2016年05月12日『当』

 ほらごらん、あれは五月の風になるアコーディオンの皮膚のざらざら

秋本こゆび 心 1 音 9
2016年05月11日『五月』

 白猫が横切ると凶。旅立ちの夜に千切った魔女のジンクス

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年05月10日『自由詠』

 CO2削減だやれ節電だ …なんとなくマカロニで吸う息

秋本こゆび 心 0 音 6
2016年05月09日『パスタ』

 君の発つという部屋から見えますか 風に抱かれた花の身投げが

秋本こゆび 心 1 音 6
2016年05月08日『花』

 やはらかなあなたの髪にたつ寝癖(かなしい嘘をついているのね)

秋本こゆび 心 1 音 6
2016年05月07日『癖』

 残業は朝まで続き事務的に終えられそうなあなたとのコト

秋本こゆび 心 0 音 8
2016年05月06日『事』

 あの星をとってとってとごねる子にやさしく告げる世界の摂理

秋本こゆび 心 1 音 9
2016年05月05日『子』

 誰からも邪魔されないよ ぼくたちは素数で素敵にうんと似ている

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年05月04日『数』

 タマシイも燃える素材でにんげんは不燃ごみにはなれない運命(さだめ)

秋本こゆび 心 2 音 7
2016年05月03日『ゴミ』

 どこからの風か知らんがしゃべってもええよ 絶対ぼくは笑わん

秋本こゆび 心 1 音 0
2016年05月02日『訛り』

 はじめからまぶたを持たぬおさかなのよう 君は目を閉じずねむった

秋本こゆび 心 0 音 4
2016年05月01日『まぶた』

 星座って劇団なのね きらきらの演出もあたし気に入ったわ

秋本こゆび 心 0 音 2
2016年04月30日『星座』

 星月夜 大さじ2杯でつくられた水割りは夜明けの味がする

秋本こゆび 心 2 音 4
2016年04月29日『割』

 強くなるためには角が要るそうで、なるべくやさしい角くれますか?

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年04月28日『角』

 泣きじゃくるピアノに強く手を引かれ 3小節もはやいお別れ

秋本こゆび 心 0 音 2
2016年04月27日『強』

 可愛いはつくれる そうゆうことにしてサンドイッチにしずめるトマト

秋本こゆび 心 4 音 7
2016年04月26日『可』

 ゆふぐれに街の名ひとつ吐き出した券売機 まだ春を知らない

秋本こゆび 心 6 音 5
2016年04月25日『券』

 知ってたらバックアップをしてたのに、君を離しやしなかったのに。

秋本こゆび 心 0 音 4
2016年04月24日『戻』

 ばあちゃんが毎年ちっちゃくなっていくのはなんでだろ、なんでだろうね

秋本こゆび 心 1 音 1
2016年04月23日『謎』

 人として生きる決意をした矢先アースジェットの粒子に負ける

秋本こゆび 心 2 音 6
2016年04月22日『人生』

 パーセント表示が変だ、生まれたら死ぬ確率が100パーなんて

秋本こゆび 心 0 音 2
2016年04月21日『%』

 十円をみっつ集めて知りました 青1号に味があること

秋本こゆび 心 2 音 2
2016年04月20日『駄菓子』

 鏡字に置いてきたのにかなしみが ぼくの姿にすくすく育つ

秋本こゆび 心 0 音 5
2016年04月19日『鏡』

 星ひとつ消し去るくらいささやかな爆撃機どこかで見てません?

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年04月18日『爆』

 君の手が離れなべなべそーこぬけ そこがぬけても帰れないぼく

秋本こゆび 心 0 音 7
2016年04月17日『底』

 コンクリートの吸い殻に埋もれてもガラスの靴は持ち主を待つ

秋本こゆび 心 1 音 0
2016年04月16日『灰』

 (逃げられたコオロギ、実はコオロギじゃなくて逃がしたの私なんだ!)

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年04月15日『言えないままのこと』

 遠い日を望むあなたに向けているこれは星をほろぼすバズーカ

秋本こゆび 心 2 音 6
2016年04月14日『望遠鏡』

 傷口にリボン結びを添えるためモンシロチョウは公園勤務

秋本こゆび 心 1 音 5
2016年04月13日『リボン』

 TIME SALEにて売られるユニクロのシャツに宿りし虹のたましい

秋本こゆび 心 0 音 3
2016年04月12日『Tシャツ』

 この夜をひろげてつくる展開図 星よぱらぱら△になれ

秋本こゆび 心 2 音 6
2016年04月11日『夜』

 この空を誘拐しようと企てるあなた すべてはわたしのために

秋本こゆび 心 0 音 5
2016年04月10日『自由詠』

 早起きが苦手なかみさま今日もまたフライパンに焦がす朝焼け

秋本こゆび 心 3 音 5
2016年04月09日『朝焼け』

 (夢のない方がふれると危険です‼)器は楽しみを所持してる

秋本こゆび 心 0 音 1
2016年04月08日『器』

 町中に魔力の香りのたちこめて五月雨が解く人魚ののろい

秋本こゆび 心 1 音 3
2016年04月07日『雨』

 もし十字架と呼べるなら祈ります 戸籍のバツにいるかみさまに

秋本こゆび 心 4 音 6
2016年04月06日『十字架』

 遺言としてさくら散る しぬときがいちばんきれいだといわれたの

秋本こゆび 心 0 音 3
2016年04月05日『桜』

 ただの星、だけど唯一の光です つきのふね漕ぐ船乗りたちの

秋本こゆび 心 1 音 6
2016年04月04日『唯』

 ライオンとしての前世を忘れてもまた人はゼブラゾーンを渡る

秋本こゆび 心 0 音 7
2016年04月03日『ライオン』

 星を売る市場でひとは思い出す切れかけた電球etc...

秋本こゆび 心 0 音 0
2016年04月02日『市』

 「バカボンドやっぱいいよな」名作もあほになりける君のまちがい

秋本こゆび 心 0 音 4
2016年04月01日『バカ』


1 ~ 100件を表示

1


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 08 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31