うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1239日 】 2017年08月21日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1239 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 流川透明 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 好きすぎてつらい一緒のゴミ捨てもつまらなそうにするのに必死

流川透明 心 8 音 11
2016年03月08日『つまらない』

 天辺に座る私に見降ろされジャングルジムは記憶の要塞

流川透明 心 2 音 9
2016年03月07日『要』

 朝の陽がタオルケットを透け届くサナギほどいて蝶食にしよう

流川透明 心 1 音 3
2016年03月06日『蝶』

 見送った背を指す「一方通行」の標識 解ってるし追わないし

流川透明 心 0 音 5
2016年03月05日『標識』

 嵐山にハイヒールで来るような娘がいいとかよく解らないけど無理

流川透明 心 1 音 6
2016年03月04日『センス』

 前途ある少年かどうか知らないが刺せば死ぬとかたぶん知ってた

流川透明 心 0 音 7
2016年03月03日『刺す』

 耳に穴あけない方の人生を選んだ私でいいならいいよ

流川透明 心 1 音 9
2016年03月02日『イヤリング』

 無意識に右折レーンに変えていた引き寄せられて湖畔に降りる

流川透明 心 3 音 4
2016年03月01日『変』

 私たち時のはざまにいるみたい 思い出のキスするなら今だ

流川透明 心 0 音 6
2016年02月29日『うるう日』

 お散歩のいつもの道を逸れてみる 初めましてと吠えられてみる

流川透明 心 2 音 9
2016年02月28日『いつもの』

 花魁に憧れてたの水割りに教養を入れても溶けないわ

流川透明 心 2 音 3
2016年02月27日『ホステス』

 放課後のピアノで遊ぶ僕たちにショパンもバッハも視線をそらす

流川透明 心 3 音 4
2016年02月26日『音楽室』

 読書好きならば当然読んだはずであろう本をフェアに乗じて

流川透明 心 2 音 3
2016年02月25日『今更』

 震度2で怪我するわけがないでしょう? もう電話しない約束でしょう?

流川透明 心 1 音 8
2016年02月24日『絶交』

 屋根裏のアトリエ「頭上注意」だと貼られた梁に読みつつゴチン

流川透明 心 0 音 1
2016年02月23日『火花』

 星空に眼鏡をはずす滲みだし迫るはひとつひとつの光年

流川透明 心 1 音 3
2016年02月22日『3D』

 幸福の小さな亀をお財布に入れて邪魔だとイラつく不幸

流川透明 心 0 音 6
2016年02月21日『亀』

 眠ってる爪に私の色を塗るこれを頼りにまた見つけてね

流川透明 心 0 音 2
2016年02月20日『マニキュア』

 暗い道ナイフのように握る鍵 寄らば目玉に鍵穴あくぞ 

流川透明 心 0 音 1
2016年02月19日『穴』

 今日を過去に洗い流して湯船から吾をリユース、多少キズあり

流川透明 心 0 音 3
2016年02月18日『湯』

 「カイジュウじゃなくてキョウリュウだよ!」なんて怒られ笑う祖母である母

流川透明 心 0 音 0
2016年02月17日『怪獣』

 切なさをあんずタルトに予知されて少しすっぱい君の返信

流川透明 心 0 音 3
2016年02月16日『杏』

 加速する事態に科学者は焦るnの値は恋のみぞ知る

流川透明 心 0 音 1
2016年02月15日『科学』

 愛しいと口にしたなら終わるから春を拒んだ蕾の硬度

流川透明 心 1 音 8
2016年02月14日『愛』

 駐車場までの一分人生をスキップできませんか土砂降り

流川透明 心 2 音 2
2016年02月13日『スキップ』

 サンダルが脱げて素足で土に触れしっとりとした息吹きの予感

流川透明 心 1 音 3
2016年02月12日『素』

 未来から来ました、かばんに入ってます、塔におります、うそでほんとう。

流川透明 心 0 音 5
2016年02月11日『未来』

 爪に毒を飾ろう最後に抱き合えば背に食い込んでこの恋は死ぬ

流川透明 心 2 音 2
2016年02月10日『飾り』

 降りそそぐ天使のはしご(のぼりますか?)ひとつは天国のこりは「生きろ」

流川透明 心 0 音 1
2016年02月09日『縞』

 復活の呪文は樹々が知っているゆっくり春が立ちあがる音

流川透明 心 5 音 6
2016年02月08日『復活』

 ささやかな保険は無事に終え食べる賞味期限の切れたカンパン

流川透明 心 0 音 4
2016年02月07日『缶』

 「昆虫がたくさん住んでるむらはどこ?」答えのほうに耳が向いてる

流川透明 心 0 音 2
2016年02月06日『村』

 ただ君に触れて欲しくて教室で回した手紙 御守りにするから

流川透明 心 0 音 1
2016年02月05日『紙』

 夕焼けに焙られにじみ出すどこを向いても君の面影は西

流川透明 心 1 音 0
2016年02月04日『西』

 お茶碗が右でなくっちゃ落ちつかないカレーはルーが右なんだけど

流川透明 心 1 音 6
2016年02月03日『右』

 あなたいま誰かといるの静かなのに離れる足音微かに聞こえ

流川透明 心 0 音 2
2016年02月02日『電話』

 正論を盾にし人を傷つける前によく見て自分の顔を

流川透明 心 0 音 3
2016年02月01日『盾』

 ここからはすべて緩やかな下り坂 そうだね丸い地球の上で

流川透明 心 0 音 4
2016年01月31日『斜』

 きまぐれな君の約束メモしつつ横に落書きするキリトリ線

流川透明 心 1 音 2
2016年01月30日『線』

 泣いている君の横では泣けなくて慰めながらそっと、もろとも

流川透明 心 0 音 4
2016年01月29日『君』

 いまさらはさらにかさなる大切にしすぎて使わなかった便箋

流川透明 心 1 音 6
2016年01月28日『切』

 白線に並んでヨーイドンならばいいのにゴールイン済みなんて

流川透明 心 0 音 1
2016年01月27日『並』

 自転車の背中のシャツが膨らんで初夏の空へと君の出航

流川透明 心 0 音 9
2016年01月26日『シャツ』

 パンケーキのふわふわの日々とろけてくわたしはバター君はハチミツ

流川透明 心 0 音 1
2016年01月25日『はちみつ』

 平凡に生きられるのは奇跡だと知らない若い退屈の贅

流川透明 心 1 音 3
2016年01月24日『平凡』

 仰向けの空のレンズに炙られて煙にしたい胸に棲む人

流川透明 心 0 音 4
2016年01月23日『レンズ』

 励ましというほど粋じゃないけれど横浜行ってチュロス食べよう

流川透明 心 2 音 3
2016年01月22日『横』

 ベランダの手すりを平均台にしてまんまと君は慌てふためく

流川透明 心 0 音 1
2016年01月21日『平気』

 初めての永遠をする相手なら君しかいないと悟る一瞬

流川透明 心 0 音 2
2016年01月20日『ずっと』

 鈍感になれない胸を射す光あなたのいない朝を始める

流川透明 心 1 音 4
2016年01月19日『感』


1 ~ 50件を表示

1


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2017 08 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31