うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1574日 】 2018年07月22日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1574 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 ヤシロー 花 暁

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 森下裕隆 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←

2016年07月10日 『 自由詠 』

じゃあきみはカレーパンから掻き出したカレーをご飯にかけて喰いなよ

ハナゾウきつね有櫛由之清水ゆんもりのさと淡海わこ

どんな話をしていたらこんなセリフが出てきたのか想像しちゃいます。
きつね

不思議な雰囲気と破壊力にどきっとさせられました。こう言われたら、私は何も言い返せないと思います。

一度はやっておかないと、と思ってしまいました。
有櫛由之

すごい発想ですね。どんなシーンで発せられた言葉か想像が膨らみました。
清水ゆん


2016年07月09日 『 日本史 』

華やかで儚い夏の恋でした安土桃山時代みたいに

森下裕隆

5 4+1

ササキ アンヨルナクひの夕雅朝倉洋一

安土桃山時代の文化は華やかで素晴らしいですよね!戦国の世にあれだけの文化的な華が開いたのは凄い時代だなぁと思います。
太郎

信長と秀吉は派手できらびやかなイメージがありますね。
江戸時代の長さと対比されると、いっそう儚さが伝わってきます。
ハの音をはじめとしてア段の音の多さにも明るさがありますね。

太田青磁

みじかかったのですね。戦国時代は季節でいうと日本史における夏、というところでしょうか。燃えるような恋だったのでしょうね。
朝倉洋一


2016年07月08日 『  』

どちらかといえば生きたい 騒がしい屋形船だが乗るしかないか

森下裕隆

2 1+1

久哲

船頭になるって道もありますよ^^💛
久哲


2016年07月07日 『  』

サルバドール・ダリよ海星(ひとで)の裏側に奇想の彼岸が見えていたのか

森下裕隆

1 1

村田馨

海星のルビ(ひとで)はややくどいか。海星の裏側に彼岸。これは何かのエピソードなのか、それとも作者の創作か。いずれにしても驚いた。
村田馨


2016年07月06日 『 小説の一節を入れた短歌 』

《愛撫しあうか暴力沙汰か》しかなくて この《路地》は余りにも深すぎる

森下裕隆

1 0+1 星


2016年07月05日 『 ピーマン 』

熱帯夜むぉんむぉんとピーマンの空洞(うつろ)が増えてゆく音がする

森下裕隆

2 1+1 星

さはらや

「むぉんむぉん」のオノマトペがおもしろいです。「熱帯夜」というのも、「ピーマンの空洞(うつろ)が増えてゆく」という不思議な現象に、妙にマッチしているとおもいました。寝苦しい夜に、増えてゆくピーマンの空洞(うつろ)、悪夢的ですね。
西村曜


2016年07月04日 『  』

にんげんに向いてないのさ靴下の片っぽうだけ毛玉まみれさ

森下裕隆

2 1+1

西村湯呑

靴下の片っ方だけ毛玉まみれにできるなんてとても器用な方。確かに、人間業ではありませんね。
清水ゆん


2016年07月03日 『 椅子 』

うっすらと埃を纏(まと)い籐椅子は祖母の不在を語り続ける

森下裕隆

7 6+1

詩音 藤井光涙あかね天使きらりルナク雨宮 司

籐椅子というところが、いかにも老人の好みそうな雰囲気がしてよい。埃が哀れを誘います。
雨宮 司

いちばんよかったです。こんな繊細な歌も詠まれるんですね。
詩音 

椅子は「不在」とワンセット。例えば「かたはらにおく幻の椅子一つあくがれて待つ夜もなし今は」(大西民子)という歌もある。本作。祖母の不在が他界なのか入院なのかはわからないけれが、籐という(これまたよく使われる)素材と埃をうまく組み合わせて心にしみいります。定番であっても、使い方次第ではうまくまとまる好例かと思います。
村田馨


2016年07月02日 『  』

傘はいい、煙草が欲しい。室外機の傍(かたわ)らにうずくまって吸うから

森下裕隆

1 0+1


2016年07月01日 『  』

はつなつの計画倒れ かまわないよ、倒れたままで 海へ行こうよ

森下裕隆

5 4+1

五條ひくいち太郎久哲StarLighter

いいですね。こういう拘りのない明るさが人生を明るくするんだと思います。いい歌ですね。
太郎

三句目の よ 私は技ありとして💛
久哲

計画倒れ→倒れたままで、という流れが斬新で素敵です。
StarLighter


2016年06月30日 『  』

十本の指でゆっくり記憶する。あなたの頭蓋骨のかたちを

森下裕隆

4 3+1 星

詩音 望(ぼう)

頭蓋骨の形、素敵ですね。深い愛が伝わってきます。

頭のマッサージをしている設定なのでしょうか。頭蓋骨の形はよくわかるでしょうね。うまいと思います。
太郎

明さん
太郎さん
ありがとうございます。

森下裕隆


2016年06月29日 『 OK 』

JOKERをJOKERで刺すようにしてきみを全肯定してあげる

森下裕隆

4 3+1 星

ササキ アンヨ松木秀だゆう

ジョーカーをジョーカーで相殺することで逆に肯定することになるという、いわばあなたに歩幅を合わせてあげる的な歌でおもしろかったです。
安西大樹

安西大樹さん
ありがとうございます。
頂いた評、勉強になります。

森下裕隆


2016年06月28日 『 仕事 』

親指がやけに鋭利なGood Job!だ。おれが無職とばれているのか?

森下裕隆

3 2+1 星

ミルトン加賀田優子

なにかしらほめられているのに、ヒッ、となっているところ、そしてそのヒッとなるポイントが、親指の鋭利さ、なのが面白かったです。あと、親指が鋭利なグッジョブ、は、なさそうでありそうで、丁度な感じだなあと思いました。そのまま親指で頬の肉とかを抉られそうなのかな、というあたりまで想像しました。
加賀田優子


2016年06月27日 『  』

青と赤、蛇口の栓が逆やねん。泣きたいときに笑てまうねん。

森下裕隆

6 5+1 星

吉川みほ西村曜西村湯呑さはらやしま・しましま

関西弁のセリフ調が効いていますね。この歌自体も、きっと泣きたくなりながら、でも笑って言ってるんだろうなあ、と。「蛇口の栓が逆」という比喩? から、「泣きたいときに笑てまう」が導きだされるのが見事です。
西村曜

声に出して読んだ時に大阪弁の抑揚がきれいでやわらかくはまっていて、とても魅力的だなあとおもいました。蛇口の栓が逆である事と主体の行動との連携もするっと読み手に伝わって、泣き笑いの入り交じっているところが人間らしくてすてきです。
吉川みほ


2016年06月26日 『  』

たい焼きをリュックいっぱい詰め込んで逢いにいきます(背中が熱い!)

城ももよ天使きらり祐鈴

溢れ出るワクワク感とテンションの高さが伝わってきました。
金子りさ

熱々すぎるたい焼きをリュックいっぱい、誰にあげるんだろう……お腹を空かせた孤児院の子たちかな?
三田たたみ

この無邪気さが魅力なんでしょうか。と、簡単に騙されてしまった気もしますが。
雀來豆

カッコは過剰かと思いましたが、たい焼き好きに会いに行く心構えが面白い!
こりけケリ子


2016年06月25日 『  』

偶然に利害が一致したことを愛と呼びたきゃ呼んでもいいよ

森下裕隆

8 7+1

終栗夢さはらやえんどうけいこネネネ冬桜西村湯呑都草

呼ばせていただきますとも。ポップな調子なのになんか切ない。軽い感じなのにどこか深い。そういう不思議な魅力がある作品でした。
シュンイチ

ブラックですが、よくあることかもしれません。
はじまりはそうでも、本当に愛し合える関係に発展できるといいですね。

えんどうけいこ


2016年06月24日 『 破調 』

おいしい。しか言えなくなり彼女は、例えばね、朝焼けを舐めて しぃぃぃぃ と泣くんだ

森下裕隆

5 4+1 星

ナイス害文屋亮宮本背水坊斎

強烈。このポエジーを歌うのは枠に収まった形ではできないことで、ギリギリの意味性と壊れたリズムが溢れるほどの悲哀を読む者に伝えてきます。
宮本背水

破調の歌、といわれて、見事な大破調をやってのけ、ラップのような飛躍をこなしているところにひかれました。
意味などわかりませんがしいぃぃぃにとてもひかれました。ここにはありったけの感情があると思います。

文屋亮


2016年06月23日 『 人名 』

がりれお?とたまに軋めばがりれい!と応(こた)えてふたごの探査機はゆく

森下裕隆

5 4+1 星

萩野聡加賀田優子けら秋軸ざきこ。

天文学の父、ガリレオ・ガリレイが探査機のオノマトペになっていて、おもしろいです。とてもキュートな一首だと思いました。
萩野聡

声に出して読むとますますリズムがよくて、冒険の雰囲気、なかよしな雰囲気がとてもたのしい歌だなあと思いました。
加賀田優子

ガリレオガリレイの、名前のリズムの良さ! ありますよねー
秋軸ざきこ。


2016年06月22日 『  』

馬鹿だから笑うしかない 墓穴(ぼけつ)でもふたりで掘れば寂しくなくて

森下裕隆

5 4+1 星

終栗夢ササキ アンヨかっちゃんだゆう

皆さま、読んでいただきありがとうございます。
『掘』ではなくて『堀』でしたね。素で間違えてました。すみませんm(_ _)m

森下裕隆


2016年06月21日 『  』

青年は手紙のように痩せていて、読むべきでない手紙もあって

森下裕隆

5 4+1


2016年06月20日 『 従兄弟 』

斎場で黙礼を交わす 豚の仔のようにくすぐりあった従兄と

森下裕隆

4 3+1 星


2016年06月19日 『 下ネタ 』

愛シタイン博士がやさしく教えるヨ。『下ネタで解(わか)る!相対性理論』

森下裕隆

2 1+1 星

静ジャック

かなりキャッチーな歌で、どのフレーズにも目を惹かせるようになっていますね。とりわけ自分は、「ヨ。」の一字に惹かれました。この一字に愛シタイン博士のキャラクターが強烈に表れていますね。
宮本背水

「愛シタイン博士」に爆笑してしまいました。このくだらなさこそ下ネタの真髄ですよね…!「教えるヨ」もお茶目でいいなあ。
朝倉洋一


2016年06月18日 『 5分 』

40秒?ちょっと無理っす5分あっ10分くらい貰えませんか?

森下裕隆

1 0+1


2016年06月17日 『  』

詩語として文語の森へ放たれた百舌鳥(もず)よもう良い還っておいで

森下裕隆

2 1+1 星

七緒

もずってたしかによく短詩に詠まれる鳥の一つって思います。
一旦放したこの鳥を「還っておいで」というところ、色々と深読みしたくなるうたでした。

しま・しましま


2016年06月16日 『  』

わたしにはわたしの水脈(みお)があるのです 時折汽笛も鳴らしますから

森下裕隆

5 4+1

多香子衣未(みみ)坊斎早乙女まあり

水脈だから、汽笛だといいのか悪いのか分らないけれど、自分の水路を通そうと言う思いに魅かれた。
多香子


2016年06月15日 『  』

割り箸でプリンを食べる 人生の意味とかはまあ、また考える

森下裕隆

10 9+1 星 秀歌

あみーハナゾウものかルナク天田銀河千歳ちと天使きらり根本博基久哲

箸プリン、気が合いますな。
こりけケリ子

うん。これはいい。この作りでごっつい深い。勉強になりました💛
久哲

こりけケリ子さん
久哲さん
ありがとうございます。

森下裕隆


2016年06月14日 『 かたつむり 』

人間が見ていなければ二足歩行してるしそりゃあ煙草だって吸いますよ。

森下裕隆

1 0+1


2016年06月13日 『 都会 』

泣かないで自販機も蹴らないでほら、町田市は東京都だって思い出して

森下裕隆

3 2+1

シュンイチミルトン

上句と下句のちぐはぐさが好きです。なぜ、町田が神奈川県ではなく東京都だということをわざわざ思い出さなきゃいけないのかはわかりませんでしたが、何となく、言ってもしょうがない人に言ってもしょうがないことを言い聞かせている感じなのかなあと思いました。
シュンイチ


2016年06月12日 『  』

不条理にも可不可(カフカ)という名を付けられて仔猫は教授にしか懐かない

森下裕隆

2 1+1 星

雨宮 司

これはブラックユーモアが効いているわぁ。カフカだけでも不条理が好きだと知れるのに、「可・不可」という漢字をわざわざ充てますか。この教授、生徒には慕われなくても仔猫になつかれればそれで充分という考えの持ち主の様です。この手の人格の持ち主は特定の相手に過剰な愛情を注ぐ傾向もあるのですが、猫はそれを敏感に察して教授にしかなつかない。どっちもどっちですね。
雨宮 司

可不可になつかれたいです。
ねむけ


2016年06月11日 『 17時 』

土曜日の17時とか無敵だしチョコパイも二個食べてしまおう

森下裕隆

5 4+1 星

下弦ひぞのゆうこいずみ 美帆きつね

チョコパイ二個っていうのが現実味があっていいですね。楽しい歌。
えんどうけいこ

体も休まりまだ時間もある、強気のゴールデンエンゼルタイム!
下弦

チョコパイは美味しいから17時過ぎても食べちゃえ。
別腹別腹。

天使きらり


2016年06月10日 『 自由詠 』

君のためなるべくぴゃんと咲きますとテッポウユリから手紙が届く

森下裕隆

2 1+1 星

ひの夕雅

ぴゃんと咲くって言い方がかわいいです。そんな手紙が届いたら毎日朝夕覗きに行ってしまいそう。
たちばな

「ぴゃん」としたテッポウユリの美しい姿が鮮やかに想像できました。「ぴゃん」のお陰で♪
ひの夕雅


2016年06月09日 『 SEX 』

もう十日。救助は来ない。砂浜のS.E.Xエス・イー・エックス消えかけている

森下裕隆

2 1+1

平民c

不覚にも爆笑してしまいました。そりゃ救助来るわけないですよね。
大橋春人

素直に笑いました。
宮本背水


2016年06月08日 『 嘘八百を並べてください 』

刃(やいば)にもなり得た嘘を短歌(うた)というきらきらにして並べてくんだ

森下裕隆

1 0+1 星

言葉は使い方次第で刃ともなり得ますが、その照り返る光を傷つけるための刃にするのではなく、きらきらと輝く短歌にできたらいいですね。
終栗夢

並べていくんだ、でも大丈夫だと思います。8音の方が強い意志を感じます。
ナイス害


2016年06月07日 『  』

谷崎を旅に開けばはつなつのイスタンブールに降る細雪(ささめゆき)

森下裕隆

4 3+1

七緒麗子指田うまい

谷崎をイスタンブールでよむ!すさまじい組み合わせの発見だと思います。
このうたを体感するためだけにイスタンブールに行きたくなるほどです。

指田うまい


2016年06月06日 『 ドラゴン 』

臆病なドラゴン旅に出る。勇者とかそういうのがいない世界へ

森下裕隆

4 3+1


2016年06月05日 『 ピエロ 』

国王の見苦しかりし最期など枇杷齧(かじ)りつつ道化は語る

森下裕隆

1 0+1


2016年06月04日 『 豆腐 』

豆腐屋のらつぱがじやうず過ぎて厭。夏の魔物を呼んでるやうで

森下裕隆

2 1+1 星

といじま

なんとなく漂う雰囲気が通りの様子まで見せてくれるようでいいと思います。ただ、「夏の魔物」は夏という季節が作り出す大胆さのことだと記憶しています。
太郎

全体の雰囲気が大好きです。漢字の選び方や読点の使い方もすごくうまいなぁと思いました。大好きなんですけど、世代の所為か、読んだ瞬間に頭の中で スピッツの夏の魔物が豆腐屋のラッパ音で再生されてしまったので、♪にしました。この夏の魔物はスピッツを意識しているのでしょうか。
中山とりこ

和風で古風な妖怪が出そうです。この豆腐屋さんに会いたいです。
といじま

自分も、ラッパを聞くと1日の終わりが来るようで、嫌いでした。

太郎さん
中山とりこさん
といじまさん
仄さん
ありがとうございます。
ご指摘の通り、「夏の魔物」はスピッツ由来です。普段使わない口語旧かなを使ったり、かなり趣味に走った歌です(^^)

森下裕隆


2016年06月03日 『 作文 』

タカハシは父兄を泣かす『三びきのこぶた』の読書感想文で

森下裕隆

5 4+1 星

樫本らむ祐鈴亀山真実だゆう

脳内の再生画像の原画が吉田戦車でした。
祐鈴

誰やねん!と一応突っ込まさせていただきます。それにしてもたいしたヤツですね。タカハシという男。兄弟愛を突いたのかな?といろいろ想像させてくれる面白味がありますね。
太郎

“父兄を泣かす”に意外性があります。しかも、題材にしたのが『三びきのこぶた』というのに驚きます。誰もが知っている寓話をもとに、タカハシ君は何を書いたのか。歌の広がりが面白いと思います。
亀山真実

見逃せませんでした。。。
たかはしみさお

タカハシという固有名詞がどれだけ読者の心に響くかが問われる。
村田馨

祐鈴さん
太郎さん
亀山真実さん
たかはしみさおさん
村田馨さん
ありがとうございます。
タカハシは母の旧姓です。

森下裕隆

若い頃のお母さんを作中主体にするつもりなら、その意図は伝わったとはいえない。事実は事実として置いておくとして、読者に好きなように想像しともらうつもりなら、これもアリかもしれない。
村田馨

村田馨さん
ありがとうございます。
実は「タカハシ」が読み手にどう響くか、はあまり考えていなくて…(スミマセン)
むしろ詠み手である僕の都合で、「短歌に登場させる戯画化された自分の分身」の名称として、母の旧姓ぐらいの距離感の名前がちょうど良い、という理由で「タカハシ」を使っています。この歌の場合、もうちょっと珍しい感じの苗字にした方が目を引くかも知れませんね。

森下裕隆


2016年06月02日 『  』

また恋に落ちたのだろう箱男ワレモノ注意のシールが増えた

森下裕隆

2 1+1 星


2016年06月01日 『 理由 』

俺アーティストだから。とかガチで思ってそう 指先だけの握手を交わす

森下裕隆

1 0+1 星


2016年05月31日 『  』

〈ちしゅ〉という可憐な音も持つのだね。朝蜘蛛ならば逃したのだが

森下裕隆

4 3+1


2016年05月30日 『 やっぱり 』

走っても遅刻に変わりは無いんだし。と一瞬思ってやっぱり走る

森下裕隆

3 2+1 星

夏井晴哲暴走鮫特急

かわいい!!!すごく情景が浮かびました。
いつだって一生懸命な子、やっぱりすてきです。

ネネネ

「。」が効いてますね。つっかえたようなリズムになるのが、走り出す様子のように思えます。
終栗夢

根がイイヒトの発想ですねw ワタシもイイヒトなので(当社比)、たぶん走ってしまうと思います。こういうとき堂々と歩いていられる人が羨ましい……。
三田たたみ


2016年05月29日 『  』

「狼は男性性の比喩」なんてホムラヒロシの前でも言える?

森下裕隆

3 2+1 星

ネネネ桜枝巧

笑いましたw 昨今、男性も草食化が進んでいますものね。あえてカタカナなのは固有名詞を普通名詞的に扱って「ホムラヒロシ」に草食化した一般男性を指す役割を与えている、と読みました。
真香

真香さん
ありがとうございます。
ちなみに、手元にある穂村さんの歌集(『手紙魔まみ』と『ラインマーカーズ』)をざっと読み返したところ、動物を詠み込んだ歌(兎、象など)は多かったのですが、狼を詠んだ歌は一首もありませんでした。

森下裕隆


2016年05月28日 『  』

この街のすべての風見鶏たちが北北西へ飛び立つ朝だ

森下裕隆

4 3+1 星

遠木音吉川みほぽつり

この街に何が起こるのでしょう。物語の一場面のようで、いいなと思いました。
遠木音

遠木音さん
ありがとうございます。

森下裕隆


2016年05月27日 『  』

間違って買ったマウントレーニアのノンシュガー、でもちゃんと飲み干す

森下裕隆

1 0+1 星


2016年05月26日 『  』

歩道橋たまに渡るとすこしだけ死んでるような気持ちになれる

森下裕隆

5 4+1 星

秋子七子藤原頼良宮本背水下弦

交差点を俯瞰することなんてないですからね。死んで見ているという感じしますね。素敵な感受性ですね。
九乃

たまに なのだから、例えば小学生が登下校で使うための大人はあまり使わない歩道橋をイメージしました。日中でも、夜中でも、誰も渡っていない歩道橋の上は異空間に感じます。死んでしまいたい気持ちが作中の主体に少しだけあって、それが浮き上がってきたんだろうなと解釈しました。
秋子七子

九乃さん
秋子七子さん
ありがとうございます。
あんまり手入れされていない古い歩道橋とかが好きで、たまに用もないのに渡ったりします。

森下裕隆


2016年05月25日 『  』

「車輪付き炊飯器とか便利だろ」今のは寝言? それとも本音?

森下裕隆

2 1+1


2016年05月24日 『  』

▲7六歩、△3四歩、(今日はいつもより元気そうだね。なら)▲7五歩

森下裕隆

2 1+1

宮本背水

こういうネタはあるかなって思ってました。いつもより元気そうだから石田流っていうのはわかる気がします。勢いのある戦型ですし。短歌としては、軽妙な会話がどことなく笹井宏之を思い起こさせてステキだなと思いました。
シュンイチ

たぶん将棋をご存じない方には雰囲気しか伝わらないと思うのですが、「石田流」という選択が素晴らしいですね。「いつもより元気そう」というのが対局者を指すという認識が正しい読みかはわかりませんが、対局を通じて対話している感じ、その結果としての、奇襲に近い▲7五歩というものの駒組みの美しさが(しかもその理由が「いつもより元気そう」だからというのが)楽しい一種だと思います。
宮本背水

ハイコンテクストすぎて歌自体は僕はよくわからなかったのですが、評を読むとわかるひとにはわかるらしく、特にこのみっつの駒の動き方(?)だけで「石田流(?)」なる流派がわかるというのは、これは自分の知らないところにとんでもない世界があると思いました
大椿野渡


2016年05月23日 『  』

絹ごしと木綿の壁に挟まれて今かつてなく醤油が欲しい

かーむら月丘ナイル

「今かつてなく醤油が欲しい」のインパクトよ!
紆夜曲雪

自分が豆腐に挟まれたらどんな感想をもつか、という歌なんだろうか。
村田馨

紆夜曲雪さん
村田馨さん
ありがとうございます。

森下裕隆


2016年05月22日 『  』

ヤマザキのスイートブールを分け合おう宮崎アニメっぽいイメージで

森下裕隆

2 1+1

月花

スイートブールは確かにジブリっぽいですね。ぐりとぐらとか。
温子


2016年05月21日 『  』

鳥が好き。飛べない鳥はもっと好き。鳥を飛べなくするのはきらい

冬桜スコヲプけら宮本背水亀山真実紆夜曲雪nu_ko

下句でどきっとさせる歌ですね。「鳥を飛べなくする」とは、なんだか不穏です。鳥かごで鳥を飼うことも、かんがえてみれば「鳥を飛べなくする」ことですが、なにやらもっとおそろしいことなのでしょうか……。
西村曜

似たような言葉で全く違う意味になっている点を面白く思います。“飛べない鳥”は県民の習性で反射的にヤンバルクイナを想像しました。よく考えるとひよことか鶏とかエミューとかダチョウとかいろいろ考えられますね。“鳥を飛べなくする”のは鳥を鳥籠の中に閉じ込めること、もしくは鳥を撃ち殺すことなどでしょうか。結句が開かれていることで、無垢な主体が想像されます。言葉遣いが可愛らしいところが好きです。
亀山真実

動物園で飼育されている鳥なんかは、風切り羽を切ってしまうことで飛べないようにしていると聞いたことがあります。まあそんな事実は別にして、飛べない鳥がうつくしいのは飛べないという宿命を自らが選び取ったからなんですよね。だからこそ人はダチョウやペンギンのような鳥に共感するのだろう。軽妙な一首ながら扱っている内容は軽くない。
塾カレー

語感とリズムがとても良いと思いました。
nu_ko

西村曜さん
亀山真実さん
塾カレーさん
nu_koさん
ありがとうございます。

森下裕隆


2016年05月20日 『 風呂 』

朝風呂をそろり浴びたし年老いた無翼天使の群れに混じりて

森下裕隆

3 2+1 星

有櫛由之こたきひろし

無翼天使の群れ、という語句のおもしろさが、もう、素敵ですね。そろりと浴びる、というのも、またいい。きっとマナーが悪いと天使が…
宮本背水

無翼天使というのがすばらしいです。すごく上手い短歌だと思います。
詩穂Prado


2016年05月19日 『 21時 』

パイプ椅子整列しをり午後九時の健康食品販売店に

森下裕隆

1 0+1


2016年05月18日 『  』

元カノの呪いだろうかちんちんの正しい位置がもう分からない

森下裕隆

3 2+1 星

松木秀紆夜曲雪

くだらない、非常にくだらないのですが(すみません……)、非常にすきです 笑 わたしにはそのつらさがわからないのですけど(つらいのですかね?)、地味にいやな呪いですね……。
西村曜

雪舟えまさんにもちんちんの位置を詠んだ歌がありましたが、ちんちんの位置の正しさって難しい問題なのだと思います。正しい位置、そもそもあるんでしょうか、わからなくなりそうです(確か旧日本軍では正しい収納の仕方が決められていたと思います、大西巨人の『神聖喜劇』にそんな記述があった気がします)。
紆夜曲雪

すげーくだらないですね。好きです。
Y川

西村曜さん
紆夜曲雪さん
Y川さん
こんなしょーもない、くだらない歌でも好きだと言ってくださって、評をくださってありがとうございます! たまにこういう歌を詠みたくなるんです。

森下裕隆


2016年05月17日 『  』

みんなみんなペンギンなんだと環状線あさのホームの混雑をゆく

森下裕隆

3 2+1

つん西村湯呑

確かに、ペンギンのようによたよたとホームを歩く姿が目に浮かびます。ちなみに、電車内での痴漢冤罪を避けるためには、必ずつり革をつかむか両手を挙げて乗ることだそうです。
つん

ペンギンの見たて。ありそうでなかったような。
村田馨


2016年05月16日 『  』

金印を見つけたお百姓さんの名前いますぐ思い出してよ

森下裕隆

2 1+1

黒井真砂

なんだが彼女が彼氏にせがんでいるような様子を思い浮かべました。
和也

言われてみると、歴史的大発見をしたのはそのお百姓さんなのに、その方の名前は私たちまで伝わって来ませんね…。
○○大学の偉い教授、とかだったら後世に名前まで残りやすいのに。

黒井真砂


2016年05月15日 『  』

田植え機のうまい機嫌の取り方を肴に父の晩酌すすむ

森下裕隆

6 5+1 星

衣未(みみ)南瑠夏サリーB西村湯呑静ジャック

農業に誇りを持ち、稲作を一生懸命にやっておられる上機嫌なお父様、素敵ですね。
衣未(みみ)

田植え機の機嫌の取り方、というのが斬新でした。田植え機を扱う方は、そういうふうにおっしゃるのでしょうか。使い方ではなく、機嫌の取り方というのが、いかにも仕事の相棒といったかんじでいいですね。
西村曜

衣未(みみ)さん
西村曜さん
ありがとうございます。
田植え機は、水場で使うからか故障しやすいのです。

森下裕隆


2016年05月14日 『  』

この地球(ほし)の夢の浅瀬で遊ぼうよ三葉虫は踏まぬようにね

森下裕隆

2 1+1


2016年05月13日 『 相撲 』

おすもうが終(しま)いまで観られへんからとデイサービスを祖母は嫌がる

森下裕隆

3 2+1

下弦遠井海

病院での相撲の歌があったが、こちらは介護施設の歌。デイに行かないときは日がな相撲を見ているのだろう。介護する側、される側、そして働く側といろいろな苦労が垣間見える。「おすもう」というひらがな表記がいい。
村田馨


2016年05月12日 『 モデル 』

真夜中のモデルハウスで繰り返す「できればボクがスミタイデスヨ」

森下裕隆

1 0+1 星

初読ではセールスマンのトークなのかと思ったら、真夜中という場面設定があってわからなくなった。誰が喋っているのだろうか。
村田馨


2016年05月11日 『 引力 』

旅に出よう 吸引力の変わらないダイソンにあとふたり乗れるよ

森下裕隆

4 3+1 星

月丘ナイル焼きみかん三田たたみ

ダイソンの強力掃除機を旅の乗り物と見立てた点が本当に見事。今回の詠草では吸引力ネタが思いの外多かったのですが、皆さん、そんなにTVショッピングを観ておられるのですか? 何だか寝不足になりそうですが。乗り物自体が嘘なんですが、この場合は作品を豊穣にする嘘だから、気にするにはあたりません。「あとふたり」がもっともらしくて味があるなぁ。
雨宮 司

ワタシもダイソンで旅に出てみたいですw しかし、あとふたりは誰を乗せよう……ひとりじゃなく皆で和気藹々なところがいい感じ。
三田たたみ

雨宮 司さん
三田たたみさん
ありがとうございます。
ダイソンは頑張れば5人くらいは乗れます。

森下裕隆


2016年05月10日 『 自由詠 』

見慣れない船だあなたに関わりのないひとたちがしあわせそうだ

森下裕隆

11 10+1 星 秀歌

傘なし荻森美帆萩野聡久哲nu_koつん岡本真帆秋本こゆび葵の助小川けいと

具体が無いし茫洋としているが、それが魅力で💛
久哲

なんとなく、最近の自分の状況を見ているようでハートにしました。
つん

見慣れない船を見ているのは主体だが見ている以外にこちらへと主張してこない。「あなた」主体の存在感が意図的に薄められているのでは。「しあわせそうだ」はよいことなのに、寂しさや孤独を感じさせる、不思議なつくりの歌に魅かれました。
きむろみ

そのしあわせそうなひとたちが乗ってる見慣れない船、ワタシもよく見かけます。逆に向こうからもそう見られているのかもしれませんが……。
三田たたみ

きりっと整った歌だなと思いました。すごく好きです。
小川けいと

久哲さん
つんさん
きむろみさん
三田たたみさん
小川けいとさん
ありがとうございます。
実は一年以上前にリアルの歌会で出した過去作です。今回また日の目を見ることができてうれしいです。

森下裕隆


2016年05月09日 『  』

退屈だ。きみが築いたトランプのお城に奇襲でもかけようか

森下裕隆

4 3+1


2016年05月08日 『  』

髭をソレたばこはヤメロとメールでは命令形しか話さぬ母だ

森下裕隆

3 2+1

えんどうけいこ静ジャック

きっとお母様のメールだからこそ、命令形でもムッとしないのでしょうね。
えんどうけいこ

息子がいくつになっても親は親。赤ん坊のころと扱いは変わらない。親になればわかること。「母」の気持ちがよくわかる。
村田馨


2016年05月07日 『  』

つらいときつらいと言えるひとになるきみの寝癖は勇気をくれる

森下裕隆

2 1+1


2016年05月06日 『  』

焚き火って静かなんだね文明がはじまる前の夜みたいだね

森下裕隆

10 9+1 星 秀歌

nu_ko下弦紆夜曲雪しま・しましま朝倉洋一吉川みほ薄荷。嫉妬林檎東風めかり

火を見つめているといつの間にやら原始に戻った錯覚を覚えます。きっと昔々の記憶がそうさせているのだと思っていました。文明前夜の静けさ、いいですね。
九乃九作

九乃九作さん
ありがとうございます。
焚き火は薪の燃える匂いもいいですね。

森下裕隆


2016年05月05日 『  』

あまがへる握りつぶししをさなごへ小(ち)さきものへの作法教へつ

森下裕隆

3 3

シュンイチきつね秋本こゆび

「小さきものへの作法」を教えているこの主体にも、「小さきもの」をひとりの人間として尊重するような姿勢、つまり「作法」が見え隠れしている。こういう大人はカッコいい。僕もこんな優しい大人になりたいと思う。
シュンイチ

こどもの無邪気な残酷さがよく読み取れる歌です。文語体が散りばめられているのも一歩引いたところから読める感じがしていいですね。
秋本こゆび


2016年05月04日 『 イニシャル 』

好きな花より嫌いな花をみな咲かせたがる深夜のイニシャルトーク

森下裕隆

2 1+1 星

しま・しましま

ちょっと韻律が乱れすぎてるかな
すみ


2016年05月03日 『  』

モーチョーを切ったんだよと病棟の一人ひとりに誇る四歳

森下裕隆

4 3+1

たかだ牛道衣未(みみ)木原ねこ

お家の人に頑張りを褒められて、少しヒーロー気分なのかな。可愛いです。
衣未(みみ)

傷跡を誇るのは歴戦の勇者みたいで楽しいですね。
「げんきなマドレーヌ」も手術のあとを自慢していました。

太田青磁

手術をした四歳にとっては、自分のこととして軽く見られるのだろうか。「モーチョー」というカタカナ表記からは、幼さだけでなく、その無知さもうかがえる。誰か一人の大人にそれをいうと、相手は憐れみと驚きの言葉をかけてくれ、褒めてくれる。それに味をしめて、他の大人たちにも伝える。褒められる。伝える。褒められる……。病院の友だちにいっても理解してもらえない。ひたすら大人たちに対して語り、自らを誇らしく思う。四歳の子のけなげで、純真な様子が一首から立ち上ってきた。
高岡恵

盲腸。正確な名称は虫垂炎。まあ、細かな用語はどうでもいい。大事なのは、四歳の児童にとって、盲腸炎は特筆すべき一大事件であり、それを腹中から摘出するという、これまた驚天動地の出来事を同時に体験しているということだ。幼児はとかく自己中心的に物事を考えるから、その大きな出来事を皆に伝えたくてたまらない。だから逐一語るのだ。微笑ましい光景ではないか。
雨宮 司

かわいい。ひたすらかわいい。大冒険をしたんだからね。
九乃九作

「モーチョー」と「病棟」で一首が締まっている。
塾カレー


2016年05月02日 『 訛り 』

やっとかめだなもぉと歌うようにして南瓜(かぼちゃ)抱えた婆ちゃんが来る

森下裕隆

1 0+1 星

どちらのお国言葉かわかりませんが、おばあちゃんが歌うように話すのを聞きたいと思いました。かぼちゃはさぞ重たいことでしょう。
久乃九作

やっとかめ!愛知の方ですね!
淡海わこ


2016年05月01日 『 東京 vs 大阪 』

今日もまた遭難者数を競い合う新宿ダンジョン・梅田ダンジョン

森下裕隆

6 5+1 星

久哲月花朝倉洋一堂那灼風小宮子々

実景で💛、新宿は知らないが梅田地下は慣れればどこへでも行けます^^
ただし、東通りとか地上ダンジョンもありますがw

久哲

久哲さん
ありがとうございます。
僕も梅田ダンジョンは日常的に通ります。複雑さで言ったら新宿の方が上かも知れません。

森下裕隆


2016年04月30日 『  』

すこしだけズルをしようよ頬っぺたを電球みたいに光らせながら

森下裕隆

4 3+1

ともしど大葉れい森雅彦

子供っぽい口調に、わけのわからなさを納得させる力を感じて好きです。電球の頬っぺたは、眩しく光るというよりも温かくて丸くて優しいイメージ。いたずらを共有するような親密なわくわくがあります。
大葉れい


2016年04月29日 『  』

この染みはたぶん血だけど公園のベンチの下の百万拾う

森下裕隆

2 1+1


2016年04月28日 『  』

むらさきの舌は怖がらなくていい キリンの角に触れてごらんよ

森下裕隆

2 1+1

といじま

見る前に誰かにコレを言ってもらいたかった。子供の時トラウマになりました。
といじま


2016年04月27日 『  』

勉強はできる子でした。押入れの奥に篭ってよく泣きました

森下裕隆

3 2+1 星

桔梗秋本こゆび

何かわからないけどグッと胸を打たれる句でした。最初の句の最後にだけ句点があるのもポイントかもしれませんね。
秋本こゆび

秋本こゆびさん
ありがとうございます。
わからないけど胸を打たれるとのお言葉、うれしいです!

森下裕隆


2016年04月26日 『 世界 』

五月って逢いに行きたいひとばかり増えてゆくんだ躑躅(つつじ)の世界

森下裕隆

2 1+1


2016年04月25日 『 カラオケ 』

ふと君は寺山修司を口遊(くちずさ)む歌の途絶えた未明の部屋で

森下裕隆

2 1+1 星

あべせつ

なぜ、寺山。カラオケはどこに。「時には母のない子のように」か?
村田馨

カッコよすぎて選びたくなかったんですけどねえ(笑)カッコイイんだなあ、この歌。
藤田美香

歌の途絶えた未明の部屋、と言うのはカラオケボックスのことなのだろう。
所謂カラオケオールと言うやつだと思われるが、未明になるとだんだん皆疲れてしまう。
そんな時にふと寺山の短歌を「君」は呟いたのだろう。寺山修司と言う名が、気だるげな場の空気にいかにも合っている様に思える。渋いけれども格好いい一首だと思う。

塾カレー

追記:「君」が呟いた(おそらく)短歌が寺山の作だと知っている主体もまた、気だるげな空気を共有しているんですよね。そういうところも良いなあと思います。
以上、長々と失礼しました。

塾カレー


2016年04月24日 『  』

今日からは7×7=48(しちしちはしじゅうはち)になり世界は少し正気に戻る

森下裕隆

2 1+1 星

ニキタ・フユ

お誕生日おめでとうございます。この頃は正気に戻ることが多くてつまらない気がします(笑)
ニキタ・フユ


2016年04月23日 『  』

ありふれた世界を謎に変えてゆく三十一音節の呪文で

森下裕隆

1 0+1 星

短歌とはそれだけ不思議な魅力を持っているものです。
村田馨


2016年04月22日 『 人生 』

5年後のきみは短歌を詠んでると言ったらボクはへんな顔した

森下裕隆

3 2+1 星

宇野なずき秋本こゆび

おもしろい歌ですね。わたしもたぶんへんな顔するとおもいます……。
西村曜

素直に納得できる歌です。五年前の自分にとって、今の自分とは想像もつかないことをやらかしている……でもそれが人生ってことなのでしょう。
三田たたみ


2016年04月21日 『  』

波都波流(はつはる)と万葉仮名で書かれしを椿の海の都かと思ふ

森下裕隆

1 1


2016年04月20日 『  』

(若白髪増えちゃったなあ)まじまじと君のつむじを見る二人乗り

森下裕隆

3 2+1

樂々月花

バイク?自転車?若白髪であるかぎり若いはずなんだが。
村田馨


2016年04月19日 『  』

ミニ四駆ひとりで走らせ続けてたベイブレードの輪から離れて

森下裕隆

4 3+1 星

サリーBなべとびすこタオル春巻き

歌題『駆』でミニ四駆が出てくるのがすごいなあ、と。ミニ四駆もベイブレードも懐かしいです。子どもの流行ははやいですものね。
西村曜

西村曜さん
ありがとうございます。
ブームが過ぎた後もミニ四駆で遊んでいたら、友達に「まだやってるの?」とあきれられた思い出があります。

森下裕隆


2016年04月18日 『  』

祖母はよく口真似をした焼夷弾が落とされるときの風切音を

森下裕隆

1 0+1 おとの日

ずしんと重たい歌です。私も以前、原爆の語り部というイベントに参加したことがあり、そのときのおばあさんの流暢な語りを思い出しました。今目の前でそれが起きているかのような……。
三田たたみ


2016年04月17日 『 ボタン 』

押していいボタンばかりが増えていき世界は次第に閉ざされていく

森下裕隆

3 2+1


2016年04月16日 『 レモン 』

国王の老いた指からきざはしへ転がり落ちる黄金こがねの檸檬

森下裕隆

2 1+1


2016年04月15日 『  』

〈説明会は地下5階です〉濃紺のあかるい闇が集まってくる

森下裕隆

4 3+1

もりのさとひぞのゆうこ深影コトハ

就活生ですね!フレッシュなんだけど底知れぬ重苦しさを抱えたような彼らの姿、濃紺のあかるい闇という表現がぴったりだと思います。
深影コトハ

就活の一場面。地下5階がいかにも不穏です。あかるい闇とは色合いだけでなく、就活生の外面と内心の対比でもあるのでしょう。
もりのさと


2016年04月14日 『 望遠鏡 』

星ばかり覗くきみへの当てつけに天動説を信じたくなる

森下裕隆

1 0+1 星

気持ちはわかりますが、そうしたら彼はますます離れていってしまうと思いますよ。多分彼は理系だろうし。
笠和ささね

彼女の拗ねてる感じがかわいいですw きっと天文部(部員2名)の活動中なのでしょう。ガチな部長男子と、彼を追ってきた女の子の二人組……という設定だけできゅんときますね。もう「天動説」信じちゃってもいいとおもうな!
三田たたみ


2016年04月13日 『 期待 』

サイコロも振れば必ず6が出るわけじゃないでしょ期待しないで

森下裕隆

1 0+1 星


2016年04月12日 『  』

踏めば踏み抜けそうな春の青空だ、だが差し当たり医院へ急ぐ

森下裕隆

1 0+1


2016年04月11日 『 ベランダ 』

ベランダで君はさらりと嘘をつく妙に明るい雨ふりの日に

森下裕隆

4 3+1 星

ルイドリツコつん太田青磁

「妙に明るい雨ふり」という軽妙な場面設定に、うまくはぐらかされてしまうような感じがあります。
太田青磁


2016年04月10日 『 自由詠 』

椿ではなく山茶花(さざんか)とひとひらを拾いあげつつ教えてくれた

森下裕隆

1 0+1 星


2016年04月09日 『 朝焼け 』

(始発って案外混むね)朝焼けに背中を向けてふたりは座る

森下裕隆

4 3+1 星

ナタカうにがわえりもきつね

始発って、期待したほど空いていなかったりしますよね。乗客がたくさんいるその中で二人でいられることのささやかな幸せ、のような感じが伝わってきて良いなと思いました。「」ではなく()であるのは、朝早い時間だからなんとなく遠慮して小声で話していることを表現しているのかもしれないと考えると、かわいらしい二人だなと思います。
ナタカ

穂村弘の「降りますボタン」に似た空気感。なんとなーく、事実そのままではないかと思われる雰囲気があります。
あかり


2016年04月08日 『  』

にせものの縄文土器を焼いているにせものなりに誠意を込めて

森下裕隆

2 2


2016年04月07日 『  』

チャンバラを始めようやと祖父が指す△6五銀の刃のひかり

森下裕隆

3 2+1 星

三田たたみきつね

チャンバラ好きなじぃじカッコイイです。そうしてしらずと英才教育を受けて育った少年が棋士になる、という王道少年漫画が読みたくなってきますね。
三田たたみ

対振り飛車急戦に対する玉頭銀でしょうか。
もりのさと

三田たたみさん
もりのさとさん
ありがとうございます。
どちらかといったらじぃじの方が居飛車で急戦を仕掛けてる、みたいなイメージで詠んでました。だとしたら、6五銀はおかしいのかも。将棋はもう二年くらい指していないのですが、たまに無性にやりたくなります。

森下裕隆


2016年04月06日 『  』

人類が滅びなかった七月に一度だけした繁殖行為

森下裕隆

3 2+1 星

うにがわえりも前田沙耶子

ノストラダムスですね。
「繁殖行為」という表現から、人間とはいえ単なる生物でしかないのだ、という思いが感じられる。

塾カレー


2016年04月05日 『 家族 』

ぷよぷよをすごい連鎖で消していく母さん少しこわい顔して

森下裕隆

4 3+1


2016年04月04日 『  』

平凡が一番と笑う父の名は「唯一(ゆいいち)」今年、古希を迎える

森下裕隆

1 0+1 星


2016年04月03日 『 ライオン 』

春の日のぶたぶたこぶたよもう起きなさい


2016年04月02日 『 晴れ 』

晴れてるしあなたを刺しに行こうかなわざと一駅歩いたりして

森下裕隆

5 4+1 星

那須ジョン秋本こゆびこりけケリ子嫉妬林檎

明るい文体で内容が怖いところがいいです。一駅歩く計画性も怖さを補強しています。
那須ジョン


1 ~ 100件を表示

1 2


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 07 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31