うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1638日 】 2018年09月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1638 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 森下裕隆 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 東大は卒業してないことにしてコンビニバイトの履歴書を書く

森下裕隆 心 2 音 10
2016年04月01日『嘘』

 婆ちゃんは今年が最後の桜だと五年くらいは言い続けてた

森下裕隆 心 2 音 12
2016年03月31日『年』

 無情だ!って舞う痴態(猫なりなコネ…)いたち・馬「手伝うよ事務」

森下裕隆 心 0 音 8
2016年03月30日『回文』

 均等に分けてみせると兄さんはいちご大福睨みつけてる

森下裕隆 心 2 音 6
2016年03月29日『分』

 僕たちはチキンレースを強いられて今日も誰かが電車を止める

森下裕隆 心 2 音 9
2016年03月28日『競争』

 パサパサでとんがっている王将の唐揚げみたいなやつだな君は

森下裕隆 心 0 音 7
2016年03月27日『唐揚げ』

 昨日見た花の話をしてあげる(花など咲いていなかったけど)

森下裕隆 心 0 音 7
2016年03月26日『昨日』

 みずからの遠心力に堪えかねて頽(くずお)れてゆく大観覧車

森下裕隆 心 1 音 9
2016年03月25日『大』

 「逃げていい」言える強さは持てなくて鬱病(うつや)む君を駅へ見送る

森下裕隆 心 3 音 7
2016年03月24日『逃』

 嘘つきはすぐに分かるよ夕暮れの影が一瞬 ぐょん と伸びて

森下裕隆 心 1 音 7
2016年03月23日『影』

 先生が a pen を紛失してしまい英語の授業が始められない

森下裕隆 心 1 音 6
2016年03月22日『ペン』

 春祭り 産廃建設反対の幟(のぼり)も今日は片付けられて

森下裕隆 心 0 音 6
2016年03月21日『春』

 僕たちはその日巣立った 地下鉄にサリンがばら撒かれた世界へ

森下裕隆 心 1 音 6
2016年03月20日『卒業』

 タカハシは上手く着こなす中学校指定のウィンドブレーカーさえ

森下裕隆 心 2 音 10
2016年03月19日『学』

 倒したら自分で起こす 陸上部たったひとりのハードル選手

森下裕隆 心 5 音 11
2016年03月18日『ハードル』

 とりあえずビール、にはまだ早いから芋の湯割りを黒霧島を

森下裕隆 心 0 音 2
2016年03月17日『芋』

 ドドメイロ、なんて響きで損してる こんなに深くうつくしいのに

森下裕隆 心 2 音 4
2016年03月16日『どどめ色』

 シリアルに注ぐ牛乳さやさやと昨夜の悪夢を振り切るように

森下裕隆 心 3 音 12
2016年03月15日『牛乳』

 男なら泣くなと祖母に叱られし微かな記憶として昭和あり

森下裕隆 心 3 音 9
2016年03月14日『男』

 路地裏の帝王だった片耳のクロの最期を知るものは無い

森下裕隆 心 4 音 9
2016年03月13日『王』

 最優秀無個性賞に選ばれて受賞の言葉をか、か、噛みまくる

森下裕隆 心 2 音 13
2016年03月12日『優』

 どの道を歩いてゆけばGoogleの知らない場所に辿り着くだろう

森下裕隆 心 5 音 14
2016年03月11日『道』

 作歌上の都合ででっちあげられた妹たちは花野に歌う

森下裕隆 心 0 音 13
2016年03月10日『自由詠』

 虚無僧が空を見たいと泣いたから籠にサンルーフを付けてやる

森下裕隆 心 3 音 5
2016年03月09日『泣』

 つまらない歌は出せない 歌会はやはり闘いなのだと思う

森下裕隆 心 0 音 4
2016年03月08日『つまらない』

 黄緑のレゴブロックがいもうとの偏愛歴のはじまりにある

森下裕隆 心 7 音 12
2016年03月07日『ある』

 あなたまで辿り着けない 蝶を追うときのこころで惑わなければ

森下裕隆 心 1 音 5
2016年03月06日『蝶』

 さくらばな七たび舞って祖父の名は祖母の隣に刻まれている

森下裕隆 心 1 音 6
2016年03月05日『墓』

 窓の外ばかり見てるね片想い専用車両に君は揺られて

森下裕隆 心 5 音 9
2016年03月04日『片想い』

 少しだけ道を違(たが)えただけなのに無数の指が背に突き刺さる

森下裕隆 心 1 音 7
2016年03月03日『刺す』

 ありがとうコンビニエンスお姉さん紺青の闇にぼくは消えます

森下裕隆 心 0 音 1
2016年03月02日『挨拶』

 恐竜ももう滅んだし間違いの多い図鑑はとうに捨てたよ

森下裕隆 心 3 音 4
2016年03月01日『間』

 すごいなあグレゴリオくん僕なんて年じゅう辻褄(つじつま)合わせばかりだ

森下裕隆 心 3 音 24
2016年02月29日『うるう日』

 そのひとと知らずに俺はそのひとを三十九回鞭打ったのだ

森下裕隆 心 1 音 7
2016年02月28日『鞭』

 消えかけの宇宙刑事のイラストの青いコップはおばあちゃん用

森下裕隆 心 1 音 7
2016年02月27日『コップ』

 それぞれが決めるしかない夕暮れに忍び込むべき貨物列車を

森下裕隆 心 2 音 2
2016年02月26日『それぞれ』

 みんな僕が「養豚場の子」だってこと知ってる 僕は臭いだろうか

森下裕隆 心 1 音 6
2016年02月25日『豚』

 親友に「死ね」と放った口のまま5限で朗読する『春と修羅』

森下裕隆 心 2 音 7
2016年02月24日『絶交』

 雪の日に借りた傘なら雪の日に返さなければ 冬よ終わるな

森下裕隆 心 1 音 9
2016年02月23日『傘』

 俺以外全員舞妓ということもあり得るのかよ京阪(けいはん)電車

森下裕隆 心 2 音 10
2016年02月22日『電車』

 (還らなきゃ)(何処へ?) おそらくご先祖の誰かがうみがめを食べている

森下裕隆 心 1 音 3
2016年02月21日『亀』

 二回目を終えてあなたは素裸(すはだか)でスロットマシンのチェリーを狙う

森下裕隆 心 4 音 4
2016年02月20日『ラブホテル』

 くすりよ、と嘘つき少女は紫のしずくを垂らす少年の眼に

森下裕隆 心 2 音 7
2016年02月19日『薬』

 母さんに似ているようで二度見する そんなわけないか  電話をかける

森下裕隆 心 0 音 3
2016年02月18日『二度見』

 怪獣に性(セックス)はないあれはただ一瞬後背位に見えただけ

森下裕隆 心 1 音 2
2016年02月17日『怪獣』

 たとえれば赤いクコの実ゆびさきで杏仁豆腐に沈める気持ち

森下裕隆 心 4 音 5
2016年02月16日『杏』

 らららまだ僕ら科学の子なのかな 満月がプルトニウムみたいだ

森下裕隆 心 1 音 5
2016年02月15日『科学』

 振り向いて(青鷺の眼だ)愛想ももう尽きたよと君は飛び立つ

森下裕隆 心 2 音 6
2016年02月14日『愛』

 スキップのしかたで前世占います。あんたとあんたはアントワネット

森下裕隆 心 0 音 6
2016年02月13日『スキップ』

 味噌汁はいつもやさしい具がすべて底に沈んで見えない日でも

森下裕隆 心 5 音 3
2016年02月12日『味』

 ミライって『未(ま)だ来ない』からいつまでも待ってられると思ってたんだ

森下裕隆 心 1 音 0
2016年02月11日『未来』

 水鳥をそっと湖面に抱きおろす眼鏡を外すときの仕草で

森下裕隆 心 4 音 6
2016年02月10日『眼鏡』

 自転車はもう無いけれど自転車のへんなかたちの鍵ならあげる

森下裕隆 心 6 音 2
2016年02月09日『鍵』

 1UPキノコの音が脳内で止まらなくなり逃げ場など無い

森下裕隆 心 2 音 4
2016年02月08日『復活』

 あの鴉、名前は〈博士(はかせ)〉大学を去ったあなたが可愛がってた

森下裕隆 心 1 音 3
2016年02月07日『カラス』

 薄氷はむしろ踏み抜くべきである 友の独自の恋愛理論

森下裕隆 心 4 音 7
2016年02月06日『氷』

 今日もまたやさしいひとは自販機のココアの缶で手を温める

森下裕隆 心 2 音 5
2016年02月05日『ココア』

 簡潔に退学届を書き終えて少し西日に照らされている

森下裕隆 心 2 音 6
2016年02月04日『西』

 伸びた髪、石川五右衛門みたいって母によくかき混ぜられたっけ

森下裕隆 心 1 音 8
2016年02月03日『右』

 ふるさとの番号押せば黒電話湖底に震えつづけるだろう

森下裕隆 心 7 音 10
2016年02月02日『電話』

 抱き合うか牙剥き合うかしかなくて我ら 剣歯虎(サーベルタイガー)の裔(すえ)

森下裕隆 心 1 音 2
2016年02月01日『剣』

 よく見れば電信柱まっすぐに立ってるやつの方が少ない

森下裕隆 心 2 音 8
2016年01月31日『斜』

 (面接の結果は言わなくてもいいよ)ホットミルクをゆっくり飲みな

森下裕隆 心 1 音 10
2016年01月30日『駄目』

 そんなに寂しげに笑うんだ来年は海へ行こうと話せば鬼魅(きみ)は

森下裕隆 心 1 音 1
2016年01月29日『君』

 一切の比喩を知らない少女その瞳の世界うつくしくあれ

森下裕隆 心 1 音 6
2016年01月28日『切』

 ぼくはもう虚無僧(こむそう)になる。似てなくてごめんなさいと影武者(きみ)が泣くから

森下裕隆 心 1 音 0
2016年01月27日『偽』

 紫のネオンサインを吸い込んだ深夜のシャツをそっと取り込む

森下裕隆 心 2 音 6
2016年01月26日『シャツ』

 揚げパンとソフト麺食べた回数が僕には致命的に足りない

森下裕隆 心 2 音 1
2016年01月25日『うどん』

 眉のある犬に生まれて人に振る尻尾は持たぬまっすぐにゆく

森下裕隆 心 2 音 4
2016年01月24日『眉』

 にんげんのこえで呼ぶから玄関の魚眼レンズを覗き込めない

森下裕隆 心 1 音 6
2016年01月23日『レンズ』

 気をつけて横断歩道のほんとうは白い部分が地獄だからね

森下裕隆 心 7 音 10
2016年01月22日『横』

 小学生にもわかる反語(アイロニー)講座 今日は『平気』の使い方です

森下裕隆 心 0 音 1
2016年01月21日『平気』

 階段も自転車のまま駆け下りて今よりずっと遠くへ行けた

森下裕隆 心 1 音 9
2016年01月20日『ずっと』

 感傷に浸りたいとき海鳥もさんかく座りするのでしょうか

森下裕隆 心 2 音 4
2016年01月19日『感』

 耳だけのパンを発明したひとよノーベル平和賞をあげよう

森下裕隆 心 1 音 3
2016年01月18日『耳』

 25時、トラックは発つ 夜明けには眼(まなこ)抜かれる生き馬を載せ

森下裕隆 心 1 音 5
2016年01月17日『ことわざ』

 人生で空がいちばん蒼い日もたぶんそれほど気にせず過ごす

森下裕隆 心 1 音 6
2016年01月16日『蒼』

 刺し違える覚悟だったらある。つもり。掃除機の首しゅらっと伸ばす

森下裕隆 心 0 音 7
2016年01月15日『違』

 もういいの、だいじょうぶ、って明滅の赤信号の下で伝える

森下裕隆 心 3 音 7
2016年01月14日『明』

 四人ともオレがゆうしゃというつもり《アワダチソウの森の冒険》

森下裕隆 心 1 音 6
2016年01月13日『泡』

 国家的(ナショナルの)助六寿司をぶら下げて 宇宙広場(コスモスクエア)ゆきへ乗り込む

森下裕隆 心 1 音 3
2016年01月12日『寿司』

 永遠(とわ)という訓(よ)みを覚えてあの頃の僕ら安請け合いしてばかり

森下裕隆 心 1 音 7
2016年01月11日『約束』

 きっと今日。円広志とめぐり逢う。天神橋筋商店街で

森下裕隆 心 3 音 6
2016年01月10日『円』

 「弓道部、廃部だってさ」童貞のほうの吉田に教えてもらう

森下裕隆 心 1 音 7
2016年01月09日『弓』

 長旅の終わり 流れるナトリウムランプばかりが眼に焼き付いた

森下裕隆 心 0 音 9
2016年01月08日『焼』

 「(どう見ても飛行機だけどUFOときみが言い張るのなら)そうだね」

森下裕隆 心 6 音 15
2016年01月07日『UFO』

 非常ベル誤報ののちの夕暮れに曖昧な笑み交わす僕らは

森下裕隆 心 4 音 9
2016年01月06日『音』

 理科準備室を理科の準備をする部屋と思ってたのかい? 純粋だね

森下裕隆 心 0 音 6
2016年01月05日『準』

 10円玉2コ足りなくて少年は少年ジャンプを買えず佇(たたず)む

森下裕隆 心 1 音 8
2016年01月04日『漫画』

 新しい実家にぼくの部屋があり、中くらいになった両親がいる

森下裕隆 心 2 音 8
2016年01月03日『中くらいのもの』

 夜勤明けの電車の窓から見た今年二度目の日の出はうつくしかった

森下裕隆 心 1 音 8
2016年01月02日『東』

  放(ほ)っとけば強張(こわば)るばかりの顔だからたまにあなたに変顔見せる

森下裕隆 心 0 音 7
2016年01月01日『平成二八年の抱負』

 去年今年(こぞことし)撃ち抜くgunの如きものくださいお年玉で払います

森下裕隆 心 0 音 3
2015年12月31日『大晦日』

 あの借家まだあるんだね。山田三番町のほら、青い瓦の

森下裕隆 心 0 音 1
2015年12月30日『山田』

 究極の豚の角煮をつくります。という理由で有給を取る

森下裕隆 心 2 音 8
2015年12月29日『肉』

 右半身はまだ人間で、だからかな、余計に魔物扱いされる

森下裕隆 心 1 音 6
2015年12月28日『魔』

 名を問えばロール・カリフォルニアと言い回転寿司を頬張るおんな

森下裕隆 心 1 音 5
2015年12月27日『名』

 脳みその代わりにサイコロ入れてます。たいていそれで間に合いますね。

森下裕隆 心 7 音 6
2015年12月26日『サイコロ』

 終電のひかりを浴びて前世と来世のあわいにいま揺れている

森下裕隆 心 1 音 4
2015年12月24日『前』

 新古今和歌集にぼくの歌がない! 千年遅刻したばっかりに

森下裕隆 心 2 音 7
2015年12月22日『遅刻』


101 ~ 200件を表示

1 2


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 09 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30