うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1570日 】 2018年07月18日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1570 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 木蓮 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 霧けむる山の雫に魅せられた君が白馬と同化してゆく

木蓮 心 3 音 3
2016年08月01日『雫』

 また空にジャンプする夢みてるだろうか天に昇ったイルカのフジは

木蓮 心 1 音 2
2016年07月31日『イルカ』

 あの夏の主役務めたビニールプール想い出まとい屋根裏ひそり

木蓮 心 0 音 3
2016年07月30日『プール』

 胎内のキミをはじめて見たパパがくしゃみしてたと笑って言うの

木蓮 心 0 音 3
2016年07月29日『子宮』

 砂浜は子宮のようだ ウミガメの卵を守り命をつなぐ

木蓮 心 1 音 7
2016年07月28日『砂』

 その前にシャワーと言いだすタイミング今でも少し悩んだりする

木蓮 心 2 音 2
2016年07月27日『シャワー』

 ねえあなた「ごめん」をいつから「仕事だ」の枕詞にしてしまったの

木蓮 心 5 音 14
2016年07月26日『ごめん』

 私は今も生きている ヒマワリを君にたむける役割がある

木蓮 心 1 音 0
2016年07月25日『ヒマワリ』

 お散歩は三歩下がってついて行く古風じゃなくて背中フェチなの

木蓮 心 1 音 4
2016年07月24日『散歩』

 ここだけのお話ですが海老蔵も斎藤さんもかなり好きです

木蓮 心 3 音 0
2016年07月23日『禿』

 お疲れ様 準備してます炭酸湯「あ」の濁音をのばして浸かって

木蓮 心 0 音 3
2016年07月22日『炭酸』

 君は今どこにいますか 笑ってますか 私は思い出になりましたか

木蓮 心 0 音 5
2016年07月21日『どこ』

 もし君が地球は誰かの涙だと言っても信じるふりくらいする

木蓮 心 1 音 7
2016年07月20日『涙』

 その昔君は両手を握りしめ 小さな宇宙を離さぬように

木蓮 心 1 音 7
2016年07月19日『昔』

 絶対と言われると絶対無理な気がする ひねた私でごめん

木蓮 心 0 音 2
2016年07月18日『絶対』

 この中に犯人はいる ひと夜ごと心を奪う歌を詠んでいる

木蓮 心 1 音 12
2016年07月17日『犯人』

 青空を連れて散歩に出かけよう ひとりじゃないから寂しくないし

木蓮 心 0 音 4
2016年07月16日『青』

 私達タイムスリップできるよね 会えばすぐさまあの日あの時

木蓮 心 0 音 4
2016年07月15日『友達』

 飲み干したラムネ瓶夜空にかざし 青いお星をひとつ増やした

木蓮 心 2 音 4
2016年07月14日『ビー玉』

 ふと開けた手紙箱から飛び出した君も私もあのころのまま

木蓮 心 2 音 3
2016年07月13日『手紙』

 バカじゃなく馬鹿でもなくて莫迦という響きで「莫迦だなあ」という彼(ひと)

木蓮 心 3 音 6
2016年07月12日『バカ』

 真っ白な紙まっすぐな線 君の生き方のようにただまっすぐに引く

木蓮 心 1 音 3
2016年07月11日『定規』

 ああ急に解き放たれた大空に翼の行方定まらずおり

木蓮 心 0 音 6
2016年07月10日『自由詠』

 渇水は私の心におきてます 落ちる涙ももうありません

木蓮 心 1 音 3
2016年07月09日『落』

 生きるって辛いもんだと分かってた だから泣いてた生まれた時も

木蓮 心 1 音 3
2016年07月08日『生』

 一年に一度は逢える織姫がうらやましくて見上げた星斗

木蓮 心 0 音 5
2016年07月07日『七夕』

 一人でも平気と言った帰り道イヤフォンごしにさびしさは鳴る

木蓮 心 1 音 5
2016年07月06日『小説の一節を入れた短歌』

 美術展ゴッホ名作向日葵(ひまわり)を「タンポポきれい!」と叫んだわが子

木蓮 心 1 音 6
2016年07月05日『向』

 ベガ星の修学旅行の行き先は青く輝く地球だそうです

木蓮 心 6 音 6
2016年07月04日『UFO』

 ブルガリとモーゼルの赤が好きだった 思いだすのはそれだけの彼(ひと)

木蓮 心 0 音 3
2016年07月03日『ワイン』

 じゃんけんの最初はグーでチョキを出すうちの母ちゃんかなり天然

木蓮 心 3 音 5
2016年07月02日『じゃんけん』

 玉の緒を散りばめるごと美らの海永遠(とわ)に在りてと祈る文月

木蓮 心 0 音 4
2016年07月01日『美』

 仄白きやわらなその身に口づけし骨まで愛した 鮎の甘露煮

木蓮 心 0 音 4
2016年06月30日『骨』

 松竹梅とあれば結局竹選ぶそんなあなたで私は松で

木蓮 心 0 音 4
2016年06月29日『竹』

 唇の熱を封じて消す灯りほのかに香る雪肌(せっき)の君の

木蓮 心 0 音 5
2016年06月28日『肌』

 どうしても捨てられないのその時のあなたの記憶が映る制服

木蓮 心 0 音 2
2016年06月27日『制服』

 初デートおとなのふりをしたくってアイスコーヒー飲むガムシロぬいて

木蓮 心 0 音 2
2016年06月26日『ガム』

 毎朝のジョグと筋トレいいけれど鏡の前でポーズはやめてね

木蓮 心 2 音 3
2016年06月25日『筋肉』

 凛々と野に咲く花はどこかしら君に似ていて野で咲きたがる

木蓮 心 0 音 3
2016年06月24日『の』

 もし君がいればイチローのライバルとなってただろう 上杉和也

木蓮 心 0 音 3
2016年06月23日『人名』

 眠れぬ夜アルファ波がでる音よりもアナタの呼吸の中にさらって

木蓮 心 0 音 8
2016年06月22日『波』

 ただいまが聞きたくてでも聞けなくなってもうどれくらい涙も枯れて

木蓮 心 1 音 3
2016年06月21日『ただいま』

 試合の朝息子に握るおむすびは海苔を巻くにも気合いが入る

木蓮 心 0 音 7
2016年06月20日『海苔』

 箸おきを丁寧に折る指先に恋をしました刹那の恋を

木蓮 心 0 音 5
2016年06月19日『箸』

 八百万(やおよろず)神々つどう大社さんどうかそろそろご縁結んで

木蓮 心 0 音 4
2016年06月18日『神社』

 知りたいの二人の間の見えぬ壁何度叩けば壊れるのかを

木蓮 心 1 音 2
2016年06月17日『叩く』

 虹を見て赤橙黄緑青藍紫(せきとうおうりょくせいらんし)つぶやく彼が私の初恋

木蓮 心 2 音 7
2016年06月16日『虹』

 キミが撮る野に咲く花も草も木もはじけるような笑顔見せてる

木蓮 心 2 音 8
2016年06月15日『顔』

 忘れないあの日あなたが作ったあのたまごサンドの優しい甘さ

木蓮 心 1 音 1
2016年06月14日『サンドイッチ』

 母になる資格が私にあるのかと問うたとつきのいと懐かしき

木蓮 心 4 音 10
2016年06月13日『資格』

 わたしとの&で繋がるキミへ告ぐそろそろ奪いにきてもよいのよ。

木蓮 心 0 音 0
2016年06月09日『&』


1 ~ 51件を表示

1


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 07 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31