うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1660日 】 2018年10月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1660 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 下弦 ネネネ 資料請求

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 月丘ナイル 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 さて置き、と置いておかれたものたちが集まる夜の公園がある

月丘ナイル 心 5 音 11
2017年09月14日『さて』

 のどいっぱい水色の空吸いこんでどこまでもゆく鯉のぼりたち

月丘ナイル 心 4 音 6
2017年09月13日『喉』

 もうだいぶ痩せてしまった日めくりにまだこれからと返して九月

月丘ナイル 心 4 音 11
2017年09月10日『自由詠』

 勢いよく顔を洗えば飛ぶしぶき銀の鱗の魚となって

月丘ナイル 心 0 音 1
2017年09月09日『鱗』

 くり返し振ってもコーンが出てこないきみのLINEは帰ってこない

月丘ナイル 心 0 音 3
2017年09月08日『未練』

 疑いのように突然広がって世界を覆ってしまう夕焼け

月丘ナイル 心 1 音 9
2017年09月07日『疑』

 伸び過ぎてしまった爪を切るときのティッシュの上に積もる三日月

月丘ナイル 心 2 音 5
2017年09月06日『三日月』

 瓶の底で乾いてしまったマニキュアと君に話せぬことのいくつか

月丘ナイル 心 7 音 7
2017年09月05日『マニキュア』

 飲めや歌えで晴らせぬ憂さも粋もどエロもこの中に

月丘ナイル 心 1 音 13
2017年02月03日『都々逸』

 心配性なあなたの横で生きるからミイラみたいに愛に巻かれて

月丘ナイル 心 0 音 3
2017年01月03日『ミイラ』

 以下にある問題文をよく読んで「ヤバい」の意味を文語に直せ。

月丘ナイル 心 6 音 11
2017年01月02日『文語』

 一日一歩三日で三歩進むごと三百六十五首を詠むこと

月丘ナイル 心 1 音 4
2017年01月01日『平成二九年の抱負』

 紅白を見てる間はそれなりに家族のような顔をしていた

月丘ナイル 心 6 音 11
2016年12月31日『歌』

 似たような明日しか来ないことを知り「々」の形に縮まって寝る

月丘ナイル 心 5 音 8
2016年12月30日『々』

 憧れたアイドルがヒガシだけになりしんと寂しいカウコンを見る

月丘ナイル 心 0 音 2
2016年12月28日『アイドル』

 ゴージャスなカリフラワーだと信じてたスーパーだから超ゴージャスな

月丘ナイル 心 0 音 2
2016年12月27日『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』

 罪の名を授けられてもただ生きているよ明日もハリセンボンは

月丘ナイル 心 0 音 24
2016年12月25日『せん』

 今もまだ地雷が眠る最寄り駅寂れたパン屋で買うブドウパン

月丘ナイル 心 3 音 3
2016年12月14日『最寄り駅』

 首すじをきゅっと縮めて鳩眠る冬のベンチは揺らめくボート

月丘ナイル 心 2 音 3
2016年12月13日『ベンチ』

 わたししか出来ないことがしたいのよ平行線を引くように生く

月丘ナイル 心 1 音 4
2016年12月12日『平行』

 晴天の飛行機雲だ君の手がルーズリーフに書く筆記体

月丘ナイル 心 3 音 4
2016年12月09日『英語』

 詠むよりも詠まれてみたい青空を染めるさくらを愛おしむごと

月丘ナイル 心 0 音 2
2016年08月26日『挽歌』

 この星が滅びるまでは抱かれようあなたの声のボーカロイドに

月丘ナイル 心 1 音 5
2016年08月17日『ボーカロイド』

 ドラゴンも星も売られる夜市なら始めてもいい冒険の旅

月丘ナイル 心 2 音 3
2016年08月03日『売』

 なんとなく仲良くみえる干したてのあなたのパンツわたしのパンツ

月丘ナイル 心 1 音 13
2016年08月02日『パンツ』

 大鍋におでんをつくるはんぺんは味が染むほどなにかに似てる

月丘ナイル 心 0 音 1
2016年08月01日『おっぱい』

 風下に立てばごくごく控えめなあなたの翅が僕に触れます

月丘ナイル 心 1 音 5
2016年07月28日『薄』

 風に乗る天才だから道端で揺れて歌って笑うタンポポ

月丘ナイル 心 1 音 5
2016年07月27日『天才』

 塩味の歯磨き粉から匂いたつ海の気配とあなたの記憶

月丘ナイル 心 1 音 4
2016年07月20日『海』

 今までに最も殺した生き物は蟻だと思う 意識もせずに

月丘ナイル 心 0 音 2
2016年07月19日『蟻』

 もう二十年前なのだと気がついたあなたと相合傘をしたのは

月丘ナイル 心 1 音 1
2016年07月18日『高校1年』

 はいはいをする子のすもももものうち宝物ってここにあるよね

月丘ナイル 心 1 音 2
2016年07月16日『桃』

 満タンのおべんと箱がにこにこと君を待ってるテーブルの上

月丘ナイル 心 0 音 6
2016年07月15日『テーブル』

 スカートとおんなじ柄の羽根ひろげぼくから去ってしまうね君は

月丘ナイル 心 0 音 6
2016年07月14日『スカート』

 懐かしい唸りが胸に残るから津軽海峡はいつも冬だよ

月丘ナイル 心 1 音 5
2016年07月13日『演歌』

 キンコンとタイムアップの鐘が鳴る残念ぼくは死んでしまった

月丘ナイル 心 1 音 1
2016年07月12日『ゲーム』

 繰り返し洗ってるシャツわたしもうあなたの汗の匂い覚えた

月丘ナイル 心 0 音 4
2016年07月05日『汗』

 少しずつ根を張りいつか花が咲くそんな画鋲にわたしはなりたい

月丘ナイル 心 1 音 1
2016年07月01日『画』

 人はまだ空を知らない椎骨のひとつひとつは羽を持つのに

月丘ナイル 心 5 音 10
2016年06月30日『骨』

 長谷寺の六月の雨は優しくて滴るようにひらく紫陽花

月丘ナイル 心 2 音 5
2016年06月28日『寺』

 オシャレ着も家着も自分のためだけどいつかあなたのための白無垢

月丘ナイル 心 0 音 6
2016年06月27日『格好』

 また今日も海の夢だね潮騒もいびきも淡き濁音を持つ

月丘ナイル 心 2 音 3
2016年06月26日『濁音』

 ねえなんて書いているのか当ててみて笑いつつ書くへのへのもへじ

月丘ナイル 心 0 音 1
2016年06月24日『の』

 髭を剃る君が鏡に映るのを猫が見ている月曜の朝

月丘ナイル 心 2 音 10
2016年06月22日『髭』

 不自由のなかの自由だライオンは動物園の陽に寝ころんで

月丘ナイル 心 3 音 6
2016年06月21日『園』

 ゴミ出しを忘れ電車を乗り過ごし喜劇としての伏線を張る

月丘ナイル 心 3 音 14
2016年06月17日『喜劇』

 この花が咲かない国で藤色はなんと呼ばれているのだろうか

月丘ナイル 心 1 音 14
2016年06月16日『藤』

 Tシャツの下でホックを外す時まだ目を開けぬ君が羽化する

月丘ナイル 心 1 音 6
2016年06月15日『脱』

 足裏を刺して去りたる蚊の憎さ乗せて満員電車は進む

月丘ナイル 心 0 音 6
2016年06月13日『蚊』

 君の目に宿る嵐の激しさに見惚れたままで息ができない

月丘ナイル 心 3 音 2
2016年06月12日『嵐』

 もう俺にしときなよって言ったのに減らないままのYes & No

月丘ナイル 心 0 音 3
2016年06月09日『&』

 とびきりの嘘をひとつと大根を八百屋で買ってひたすら煮込む

月丘ナイル 心 0 音 23
2016年06月08日『嘘八百を並べてください』

 年の差を数えて泣いたお祝いの図書カードすら憎くなるほど

月丘ナイル 心 2 音 5
2016年06月06日『図』

 誰よりもカッコ悪い転びかたで笑われている君はヒーロー

月丘ナイル 心 1 音 3
2016年06月05日『ピエロ』

 新宿でおんなじシャツとすれ違いピピピと感じるユニクロパシー

月丘ナイル 心 0 音 6
2016年06月04日『ユニクロ』

 少しずつあなたの方に傾いて平衡感覚なくした世界

月丘ナイル 心 5 音 2
2016年06月03日『感覚』

 いつまでも一緒にいようと言う君に「運命のひと」とルビを振りたい

月丘ナイル 心 0 音 3
2016年06月02日『ルビ』

 肘でなく膝であるらしカニ爪の関節に刺すキッチンバサミ

月丘ナイル 心 1 音 6
2016年06月01日『肘』

 系統樹たどれば君に繋がっているはずなのに浮かぶ雨粒

月丘ナイル 心 0 音 3
2016年05月31日『系』

 君に寄り添うときわたし世界一みどりまばゆいパセリの気持ち

月丘ナイル 心 4 音 2
2016年05月30日『パセリ』

 上下する心臓の位置に手をあててQRコードそっと読み込む

月丘ナイル 心 0 音 8
2016年05月29日『Q』

 広島は茜色の国おばさんが山ほどくれた紅葉まんじゅう

月丘ナイル 心 3 音 6
2016年05月27日『広島』

 愚痴なども積もれば悪し水底で南海トラフはまだ静もりて

月丘ナイル 心 0 音 4
2016年05月25日『南』

 オオサンショウウオは川辺の夢を見おり水族館に空は在らねば

月丘ナイル 心 1 音 2
2016年05月24日『サンショウウオ』

 ドラム式のように回ればバリウムが胃壁のかたち描き出しおり

月丘ナイル 心 1 音 7
2016年05月23日『壁』

 さよならは受理されましたきっともう触れることのない左手を見る

月丘ナイル 心 5 音 9
2016年05月22日『受』

 ラーメンはその身のうちを晒しおり万有引力届かぬ場所で

月丘ナイル 心 0 音 0
2016年05月11日『引力』

 よいやさと踊る様子の楽しさにもうひとつまみ足す鰹節

月丘ナイル 心 3 音 7
2016年05月10日『自由詠』

 前を向き大丈夫よというほどに花のようなる傷痕が膿む

月丘ナイル 心 1 音 1
2016年05月08日『花』

 スズシロのスズは清(すず)だと知りたれば鈴白という花は消えたり

月丘ナイル 心 3 音 7
2016年05月03日『鈴』

 黒き地に土手はぐるりと輪を描きもちチーズ明太そっと閉じこむ

月丘ナイル 心 0 音 3
2016年05月02日『中』

 世界一綺麗なものを見たくって君という名の万華鏡抱く

月丘ナイル 心 2 音 2
2016年04月26日『世界』

 二次会でカラオケに行く前フリとしての中トロコハダアジ(ヘイラッシャイ!)

月丘ナイル 心 1 音 2
2016年04月25日『カラオケ』

 じいちゃんが釣ったスズキは少しずつ話の中ででかくなってる

月丘ナイル 心 3 音 17
2016年04月22日『思い出』

 泣きながら生中追加する君の明日がいい日になりますように

月丘ナイル 心 3 音 9
2016年04月21日『追加』

 美しく古風な名前を持つがゆえ若と呼ばれし甥っ子ひとり

月丘ナイル 心 4 音 1
2016年04月20日『若』

 この右手離すときには満月と別れるような余韻持たせよ

月丘ナイル 心 1 音 4
2016年04月18日『韻』

 スポンジも光も届かぬ場所ならばきっと静かに眠れるだろう

月丘ナイル 心 1 音 5
2016年04月17日『底』

 くし切りのレモンは底にたどり着き僕を見ているハイボールの海

月丘ナイル 心 1 音 12
2016年04月16日『レモン』

 冒険の旅に出ようと誘いつつマウナケア山は瞳を開く

月丘ナイル 心 1 音 4
2016年04月14日『望遠鏡』

 会えぬではなくて会わぬと決めたからいつもより濃いさよなら告げる

月丘ナイル 心 2 音 5
2016年04月13日『濃い』

 週末はまだまだ遠くまた明日も乗り切るためのとろけるプリン

月丘ナイル 心 1 音 1
2016年04月12日『急』

 人の世の大方を知り先生は百鬼夜行の列に戻りぬ

月丘ナイル 心 3 音 7
2016年04月11日『夜』

 地平線見つめし佐佐木幸綱はさつま司をぐいぐいと干す

月丘ナイル 心 0 音 1
2016年04月10日『自由詠』

 ふふふふんふーんふふふんこんな時世界一幸せそうな君

月丘ナイル 心 1 音 6
2016年04月08日『歌詞』

 人類とおなじ造りの心臓だ 仕事帰りの焼き鳥旨し

月丘ナイル 心 2 音 10
2016年04月06日『類』

 有給は溶けて消えたしイッテQ見つつビールでバカンスとする

月丘ナイル 心 1 音 2
2016年04月01日『バカ』

 何度目の航海だろう軍艦のいくらはきゅうりの帆を張りてゆく

月丘ナイル 心 6 音 13
2016年03月30日『いくら』

 地下街のマクドナルドにたくさんの月があふれる中秋の夜

月丘ナイル 心 2 音 5
2015年08月31日『月見バーガー』

 いつもよりヒールの高い靴をはくそんな勇気もあるんじゃないの

月丘ナイル 心 0 音 2
2015年08月27日『じゃない』

 引き出しの底に眠ったままでいる返せなかったシングルCD

月丘ナイル 心 1 音 3
2015年08月26日『シングル』

 昨日の記憶も持たぬ祖母の手で文語の歌が綴られている

月丘ナイル 心 1 音 6
2015年08月25日『文語』

 幽霊が出るという場に来てみても会いたいひとは現れぬまま

月丘ナイル 心 0 音 5
2015年08月24日『怪談』

 ぐちゃぐちゃに走り回ったクレヨンがだいすきだったあの日のしるし

月丘ナイル 心 3 音 5
2015年08月23日『絵本』

 ネクタイを緩めるあまいゆびさきに解かれている縛られている

月丘ナイル 心 1 音 4
2015年08月14日『縛る』

 思い切り短く切った髪の分私は君を忘れるはずだ

月丘ナイル 心 2 音 6
2015年08月12日『多分』

 晴天の下ではしゃぐ幼子の忘れた靴が泣いていたこと

月丘ナイル 心 1 音 1
2015年08月08日『雨の日に見つけたもの』

 泣かないで少しずつ減る花のように思い出されることもなくなる

月丘ナイル 心 0 音 3
2015年08月07日『事故』

 今ここが行き止まりだというように不治の病を告げられている

月丘ナイル 心 0 音 3
2015年08月06日『不』

 彼女はただのマネキンだったはずレースのパンツを身につけるまで

月丘ナイル 心 2 音 4
2015年08月02日『パンツ』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4 5


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 10 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31