うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1570日 】 2018年07月18日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1570 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 多香子 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 海へ行く一家の大きなバスケット、バナナではないおやつが詰まって

多香子 心 1 音 3
2016年07月13日『おやつ』

 潮風のいたずら赤い汐まねき麦わら帽子を日傘にしている

多香子 心 2 音 5
2016年07月12日『帽子』

 きみたちに口語短歌はあたりまえ『サラダ記念日』知らなくっても

多香子 心 1 音 5
2016年07月11日『口語』

 リクルートスーツの夏よ乙女らが少し大人び街を横切る

多香子 心 1 音 5
2016年07月10日『自由詠』

 紫の朝顔三つ開く朝あなたに逢いに行こうと決めた

多香子 心 4 音 5
2016年07月09日『あなた』

 きみがもし僕のこころを測るならいったいどんな単位があるの

多香子 心 1 音 2
2016年07月08日『単位』

 噴水の突然とび散る水あびて泡くってにげる縞の大猫

多香子 心 0 音 3
2016年07月07日『噴水』

 いつまでも心の底にある調べ若き日の母のゆりかごの歌

多香子 心 1 音 7
2016年07月06日『カゴ』

 唇を真一文字に引き結び風に向かって立つタチアオイ

多香子 心 1 音 3
2016年07月05日『向』

 かぐや姫もし現代に暮らしたら月の迎えはUFOかしら

多香子 心 0 音 6
2016年07月04日『UFO』

 夏の恋勝ちや負けではないものをもう掲げている白いハンカチ

多香子 心 1 音 6
2016年07月03日『ハンカチ』

 あこがれはあこがれのまま消えてゆき損益計算できない私

多香子 心 2 音 6
2016年07月01日『益』

 くちびるは私の方が紅いのね、セーラー服の似合う姉さま

多香子 心 1 音 2
2016年06月30日『同性愛』

 いいわ私、負けを認めるあきらめる罠にかかったウサギみたいに

多香子 心 0 音 5
2016年06月29日『あきらめ』

 腕を上げ胸の奥まで深呼吸 朝の潮風肌に感じて

多香子 心 0 音 5
2016年06月28日『肌』

 紫陽花の陰より白蛇するとでて神のお使い急ぎて通る

多香子 心 0 音 8
2016年06月27日『蛇』

 無意識に寝言を言ってしま猫はしっぽのさきを揺らして眠る

多香子 心 4 音 6
2016年06月26日『意識』

 名作の主人公たち最後には幸せになるがネロは天国へ

多香子 心 0 音 0
2016年06月25日『主』

 緑なき国立競技場跡をつまらなそうに犬散歩する

多香子 心 3 音 5
2016年06月24日『国』

 花散る日寺山修二を思い出し本をしまいて街に出てみる

多香子 心 3 音 6
2016年06月23日『人名』

 日曜は猫と一緒のブランチでチーズケーキも60度に切る

多香子 心 0 音 6
2016年06月22日『チーズケーキ』

 「点と線」鉄道トリックありしかの東京駅も新装なりぬ

多香子 心 0 音 6
2016年06月21日『点』

 角砂糖かじればほろほろ歯が痛く禁止事項の守れぬ私

多香子 心 0 音 4
2016年06月20日『禁』

 塗り箸の若狭はゆかし恋に泣く山川登美子が眠れる地ゆえ

多香子 心 1 音 2
2016年06月19日『箸』

 このごろは暗殺なども流行らない 八幡様宮の大銀杏(いちょう)倒れ

多香子 心 1 音 2
2016年06月18日『神社』

 一眼レフ覗いてだんだん近づけば、きみの瞳の奥まで撮れる

多香子 心 0 音 5
2016年06月17日『ズーム』

 遠い雲忘れてしまった思い出の代りに買うの水色の傘

多香子 心 0 音 6
2016年06月16日『水』

 夕風が他人の空似とあざわらう駅前であ、とふり返れども

多香子 心 4 音 4
2016年06月15日『他』

 青葡萄ひとくち含む幼さよ その唇は誰のものかは

多香子 心 0 音 5
2016年06月14日『含む』

 草原にシロツメクサの冠を編んだその日は淡雪と消え

多香子 心 1 音 5
2016年06月13日『冠』

 むくげ咲く、きみを待てどもきみは来ず笛吹川に水は少なし

多香子 心 2 音 8
2016年06月12日『川』

 純白を誓いはしない、あなたには最高の色のわたしで嫁ぐ

多香子 心 4 音 8
2016年06月11日『結婚』

 卯の花の白き花房かきわけて追いつ追われつ子猫が走る

多香子 心 1 音 4
2016年06月10日『自由詠』

 溺るると思うばかりの愛の果て記憶の湖(うみ)に緋牡丹の散る

多香子 心 0 音 5
2016年06月09日『SEX』

 降りだした雨にも気づかず揚羽蝶サンラン、サンランとからたちに舞う

多香子 心 0 音 4
2016年06月07日『舞』

 パフという魔法のドラゴン霧の海に今もひとりで泣いているのか

多香子 心 1 音 5
2016年06月06日『ドラゴン』

 もう一歩、もう一歩だけ進みたい あなたの張った夏のバリアに

多香子 心 0 音 1
2016年06月05日『進』

 水無月は何とつまらぬ夢だろう 首かすかに振る薔薇の葬列

多香子 心 1 音 6
2016年06月04日『列』

 紫陽花に小さな小さな雨蛙 合唱できずに空を見ていた

多香子 心 5 音 5
2016年06月03日『蛙』

 風が吹く記憶の中の一頁 愛したことも愛されたことも

多香子 心 0 音 3
2016年06月02日『記憶』

 春の日が眠たい理由、夏の陽がまぶしい理由を実はしらない

多香子 心 4 音 12
2016年06月01日『理由』

 夕暮れがコードを引いて通るから、とても輝く夜の東京

多香子 心 4 音 5
2016年05月31日『とても』

 子猫しか可愛くないと言う君よ、やっぱり猫はでぶ猫でしょう

多香子 心 1 音 3
2016年05月30日『やっぱり』

 「勇気ある撤退」などは出来ないで、夕顔の恋に絡まれている

多香子 心 2 音 2
2016年05月29日『勇気』

 君去りて窓辺に残るベゴニアを全部嘘だとひきぬいてみる

多香子 心 5 音 5
2016年05月28日『全部』

 信号のない山道をとことこと雉の親子が横断中です

多香子 心 0 音 2
2016年05月27日『山』

 君知るや勝鬨橋(かちどきばし)は開きゆき斜めに止まる橋でありしを

多香子 心 0 音 3
2016年05月26日『橋』

 リビングのほんの二枚の畳には先回りした猫が寝ている

多香子 心 1 音 6
2016年05月25日『畳』

 新しいほうへ一歩を進めたい カメリアの影すこし明るく

多香子 心 0 音 5
2016年05月24日『歩』

 マンションを降りればコンビニ便利だが、便利グッズは百均にある

多香子 心 0 音 1
2016年05月23日『コンビニ』

 欠席の白ヤギさん家の連絡帳、黒ヤギ先生おもわず食べた

多香子 心 4 音 5
2016年05月22日『席』

 四足に白靴はいた黒猫が必死な顔して車道をわたる

多香子 心 1 音 5
2016年05月21日『必』

 浴室の窓の向こうが焚口で祖父が湯かげんたずねたりした

多香子 心 2 音 3
2016年05月20日『風呂』

 午後六時、夕焼け空も薄れゆく 口づけしましょう明日も晴れる

多香子 心 0 音 1
2016年05月19日『18時』

 白牡丹はらりとひとひら花びらは元禄袖のゆたかな丸み

多香子 心 1 音 8
2016年05月18日『元』

 テーマ曲分刻むように流れれば私も気分は「科捜研の女」

多香子 心 0 音 2
2016年05月17日『ドラマ』

 この恋に賭ける気持ちでひた走り、明日私はジューンブライド

多香子 心 1 音 2
2016年05月16日『賭』

 垣根にはクリーム色の薔薇が咲き「日が伸びたね」と隣家からの声

多香子 心 0 音 1
2016年05月15日『声』

 紫陽花の陰で遊んだおさない日お相手はいつもウサギとくまさん

多香子 心 0 音 5
2016年05月14日『遊』

 夏近く「サツキ床屋」の奥さんがゴーヤのカーテン仕立てはじめる

多香子 心 1 音 8
2016年05月13日『床』

 透明な自棄にさびしい日の暮れに友の大事な猫の死を聞く

多香子 心 3 音 6
2016年05月12日『自棄』

 大抵は林檎の下で考える万有引力と夕餉のおかず

多香子 心 0 音 5
2016年05月11日『引力』

 山吹の実らぬ恋といわれても君を両手で抱き続けたい

多香子 心 0 音 6
2016年05月10日『自由詠』

 雀でもメダカでもない子供らが楽しく通える学校はどこ

多香子 心 0 音 3
2016年05月09日『学校』

 人もない大海原に春は逝き 母よ母よと浜千鳥呼ぶ

多香子 心 0 音 4
2016年05月08日『母』

 やぶでまり白いお皿が咲く様でヤマザキ春のパンまつり終わり

多香子 心 2 音 2
2016年05月07日『皿』

 飲みかけのキャロットジュースを置いたまま「ちょっと」と行って帰らない人

多香子 心 2 音 4
2016年05月06日『ジュース』

 「ブス」と呼び黄色の帽子が逃げて行く、あれは確かに私の息子

多香子 心 2 音 4
2016年05月05日『子』

 はつなつのカフェに人を待つ真昼 抹茶に添いて葛ざくら涼し

多香子 心 1 音 2
2016年05月04日『カフェ』

 飲んだくれ昨日の恋を投げ捨てる 白い月出るゴミ集積所

多香子 心 1 音 2
2016年05月03日『ゴミ』

 卯の花が咲く駅にきて耳すます もう忘れそうなあなたの訛り

多香子 心 0 音 6
2016年05月02日『訛り』

 難破船しずかに眠っている浜よ 今もこどもは蟹と遊ぶか

多香子 心 4 音 6
2016年05月01日『難』

 猫ならば球種はとわない全身でつかまえ、ころがり、噛んでは遊ぶ

多香子 心 0 音 4
2016年04月30日『球』

 恋衣着るあてもない青山で三割引きのワゴンにくぎづけ

多香子 心 0 音 2
2016年04月29日『割』

 花のとき過ぎれば身体ガタガタで「雀百まで踊り」たくない

多香子 心 1 音 1
2016年04月28日『ことわざ』

 どうせならスパニッシュオムレツになりたいと美貌自慢のメイクイーンが言う

多香子 心 0 音 2
2016年04月27日『メイク』

 気持ちだけコロコロ転がる月曜日ルンバではない掃除機をかける

多香子 心 0 音 2
2016年04月26日『掃除』

 こうなれば「かわいらしさ」で対決だアジアの虎と家の猫とは

多香子 心 0 音 1
2016年04月25日『アジア』

 さみどりの晴れ間にカフェで待ち合わせフルーツパフェの好きなあなたと

多香子 心 1 音 2
2016年04月24日『パフェ』

 はつなつの笹山青く茂りゆきパンダの顔もはつかほころぶ

多香子 心 0 音 1
2016年04月23日『パンダ』

 お客様お忘れ物はと声かけるネコバスの車掌もやはり猫

多香子 心 1 音 1
2016年04月22日『客』

 あのひととあなたと彼とわたくしとロンドは続く仮面舞踏会

多香子 心 0 音 2
2016年04月21日『仮』

 そのかみの妹の描く漫画には@(あっとまーく)の瞳の少女

多香子 心 1 音 6
2016年04月20日『@』

 中指で口紅なおしもう一度鏡にむかって「わたしは綺麗」

多香子 心 0 音 3
2016年04月19日『鏡』

 斜め前、爆睡中のおじさんと私を乗せたローカル電車

多香子 心 2 音 7
2016年04月18日『爆』

 菜種梅雨 いつしかボタンの掛け違い今朝のけんかを悔やむひるすぎ

多香子 心 1 音 3
2016年04月17日『ボタン』

 紫のえにしに結ぶ武蔵野の欅に刻んだふたりの名前

多香子 心 0 音 3
2016年04月16日『紫』

 春が来てちょっとウィンクした後で私の右を通って行った

多香子 心 1 音 7
2016年04月15日『右』

 ビデオ無く朝は起きられない私、いつも火曜日「短歌de胸キュン」

多香子 心 0 音 4
2016年04月14日『Eテレの番組』

 草原に野焼きの煙ただよえば揺れるだれかの黄色いリボン

多香子 心 0 音 3
2016年04月13日『リボン』

 あの山を越えた向こうの町に居るあなたに飛ばす春の折鶴

多香子 心 2 音 5
2016年04月12日『距離』

 晩春の波打ちぎわにつと切れたサンダル靴の紐の恋かは

多香子 心 0 音 0
2016年04月11日『サンダル』

 朝焼けは午後には雨とお布団で猫に聞かせる天気予報よ

多香子 心 0 音 4
2016年04月09日『朝焼け』

 キャラクター弁当箱は役目終え食器戸棚のすみに眠れる

多香子 心 1 音 6
2016年04月08日『器』

 対戦を明日に控えて居酒屋で「勝つと思うな~」ひばりが歌う

多香子 心 0 音 2
2016年04月07日『負』

 その胸に十字架握りほほえみて天使の告知待つかあなたは

多香子 心 1 音 2
2016年04月06日『十字架』

 この桜散りゆくまでにベーゼ給(た)べ光あふれる春の恋人

多香子 心 0 音 1
2016年04月05日『桜』

 三越のライオンの上に乗せられて泣いてる写真の幼いわたし

多香子 心 2 音 8
2016年04月03日『ライオン』

 花曇り、水色の空をみたいから植木市にて買うフリージア

多香子 心 1 音 4
2016年04月02日『市』

 四月には新しい眼鏡買いなおし夕焼け空をよく見てみよう

多香子 心 1 音 4
2016年04月01日『新』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4 5 6 7


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 07 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31