うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1543日 】 2018年06月21日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1543 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 外川菊絵 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 頬の背の手触りつめたくやわらかい鮫肌のこと初めて知った

外川菊絵 心 0 音 1
2017年03月13日『手の思い出』

 引きあげるハンドドリルが吐き出した打ち釘いっぽん分のおが屑

外川菊絵 心 2 音 9
2017年03月12日『屑』

 被災地へ届いたろうかまっすぐな祈りをのせた風吹き抜けて

外川菊絵 心 1 音 2
2017年03月11日『災』

 住む場所をいっしょに決めた約束は行動力まで届かなかった

外川菊絵 心 0 音 3
2017年03月10日『自由詠』

 本日の力任せのぐちゃぐちゃはポテトサラダになってめでたし

外川菊絵 心 4 音 11
2017年03月08日『ぐちゃぐちゃ』

 3人でつとめる主役スカーフのバトンタッチがはやくなったな

外川菊絵 心 0 音 2
2017年03月07日『役』

 式次第ひとつひとつを噛み締めて司会者いちばん立派な背筋

外川菊絵 心 2 音 5
2017年03月06日『第』

 17時上がります午後一息に過ぎます駅の喫茶勤務は

外川菊絵 心 0 音 2
2017年03月01日『17時』

 欄干に両腕かけてのぞきこむ亀が泳げる春よさあ来い

外川菊絵 心 0 音 1
2017年02月25日『泳』

 凛々と冷たい雨がふるなかを作戦たてて足早にゆく

外川菊絵 心 0 音 4
2017年02月24日『凛』

 一歩ずつ進むレジにて買い求む水草そっと差し出すのです

外川菊絵 心 1 音 2
2017年02月22日『そっと』

 妊娠の文字にたたずむ痩せがたのおんなふたりに任されること

外川菊絵 心 1 音 2
2017年02月21日『任』

 背が低いことばっかりを気にかけた抱き寄せるまえには戻れない

外川菊絵 心 0 音 2
2017年02月20日『抱』

 恋人とわかれたクジラ昨日より海が広いと気がつきました

外川菊絵 心 4 音 11
2017年02月19日『くじら』

 からの檻のぞけば脳裏を歩みくる虎のありたりかつての王よ

外川菊絵 心 3 音 0
2017年02月18日『檻』

 靴下の飾りひとつが注意され学生たちは川底の石

外川菊絵 心 1 音 5
2017年02月17日『飾』

 これからの人生ではもうしないかな塞いだピアスの穴に告白

外川菊絵 心 0 音 5
2017年02月16日『告白』

 たたきわる胡桃の殻の鋭さよ愛することは変幻自在

外川菊絵 心 0 音 9
2017年02月14日『からの』

 珍しく髪をおろして過ごす日にあなたを思う時間がふえる

外川菊絵 心 5 音 7
2017年02月13日『珍』

 いつまでも答えを出せないぼくたちにつきあう南の島の夕凪

外川菊絵 心 1 音 9
2017年02月11日『凪』

 気がつけばペットボトルが横になる余裕をいれたはずの鞄に

外川菊絵 心 1 音 2
2017年02月09日『横』

 はくところ見てたら止めた、丁度いいだなんてやめて私のデニム

外川菊絵 心 0 音 1
2017年02月08日『腰』

 コビトカバ小さな柵の向こうがわ自分が小さいことも知らない

外川菊絵 心 1 音 6
2017年02月05日『カバ』

 あいきょうがあるよねきみのはならびははなびらみたいなえがおはらはら

外川菊絵 心 2 音 5
2017年02月03日『は』

 お見舞いをおえてラーメン屋に向かう食べたいひとの身代わりである

外川菊絵 心 5 音 20
2017年02月02日『ラーメン』

 ぼくのこと横目でそろり確めて蟹はベランダ越えたのでしょう

外川菊絵 心 4 音 6
2017年02月01日『蟹』

 どうぶつの勘でぼくらは静止する「火にあたってけ、さあいらっしゃい」

外川菊絵 心 0 音 1
2017年01月28日『いらっしゃい』

 しなやかな歌に姿勢を正されて睦月ウォータープルーフの黒

外川菊絵 心 0 音 7
2017年01月25日『沼』

 ぐちゃぐちゃになった嫉妬を独楽にしてまわせばひとつの色合いを生む

外川菊絵 心 1 音 4
2017年01月24日『独楽』

 衣服からすこしのぞいた肌の罪このまなざしが軌跡を描く

外川菊絵 心 1 音 5
2017年01月23日『萌』

 僕もまた小声で返す防虫剤すこし匂った喪服の列に

外川菊絵 心 0 音 10
2017年01月22日『通夜』

 どうやって答えようかと考えているのに君は泣いては怒る

外川菊絵 心 1 音 0
2017年01月21日『男は女性視点で/女は男性視点で』

 くぐもったチャイムに喉へよみがえる泣いてしゃっくりする塩っぽさ

外川菊絵 心 0 音 2
2017年01月20日『チャイム』

 おにぎりをうまく半分こにできる母に都合の悪い日はない

外川菊絵 心 5 音 10
2017年01月19日『都合』

 手提げカバン回してあるく西の日もおうちにかえる最終下校

外川菊絵 心 2 音 0
2017年01月18日『西』

 靴下の穴をかがった青い糸わたしはここにいるのですから

外川菊絵 心 4 音 5
2017年01月17日『下』

 おにぎりにしておく残りの赤飯のごま塩しあわせ染み入るように

外川菊絵 心 2 音 4
2017年01月16日『赤飯』

 放課後は配色カードを広げあう美術室まだ息が白いね

外川菊絵 心 1 音 5
2017年01月15日『配』

 お母さんみたいに食べたか訊いてくる大好きだった友達なのに

外川菊絵 心 1 音 2
2017年01月14日『昼』

 寄付された毛糸ぐるぐるカラフルな羊の群れが園を賑わす

外川菊絵 心 0 音 3
2017年01月12日『毛糸』

 犯人がかばんを棄てた河川敷まじわってゆく自転車の影

外川菊絵 心 0 音 11
2017年01月11日『かばん』

 好きだって今でもわかる 油っこくないのが売りのキャノーラ油

外川菊絵 心 1 音 3
2017年01月10日『自由詠』

 千代紙のしおり人形べっぴんさん晴れ着のすそをわずかにかえす

外川菊絵 心 4 音 5
2017年01月09日『晴れ着』

 「ここはパリ」狭い国土をいつくしむように処分を決めるジャケット

外川菊絵 心 3 音 4
2017年01月08日『パリ』

 そらんじる七草じゅんにおる指がひらかれてゆくすずなのところ

外川菊絵 心 5 音 11
2017年01月07日『七草』

 職員が両サイドから手を貸して動きつづけて乗る観覧車

外川菊絵 心 0 音 4
2017年01月06日『乗』

 乾燥剤だった最後のひとつだと思って嬉しくなっちゃったのに

外川菊絵 心 7 音 13
2017年01月05日『乾』

 磨かれたガラスのむこうお休みの民芸館に繭玉の酉

外川菊絵 心 2 音 3
2017年01月04日『繭』

 参考書まっさらのまま将来の心変わりを告げる中庭

外川菊絵 心 2 音 5
2017年01月03日『参』

 透明になったからだでしたいこと考えてたらもう浮いていた

外川菊絵 心 1 音 12
2017年01月02日『明』

 心には踏み入れずして片付ける廃墟にあふれる暮らしのかけら

外川菊絵 心 0 音 7
2017年01月01日『平成二九年の抱負』

 今年まだ終わってないのに外される暦いちまいじつに軽やか

外川菊絵 心 9 音 12
2016年12月31日『今年』

 守り神でした10個の懐をもった卵のパックを潰す

外川菊絵 心 0 音 2
2016年12月26日『特』

 気後れのなかに感謝が高ぶって線画のようにあげるひと声

外川菊絵 心 0 音 8
2016年12月25日『せん』

 つけたままだったら後悔するものに暖房、君の足にペディキュア

外川菊絵 心 0 音 3
2016年12月01日『冬』

 恋税ができるまえからあなたって合理的って言葉を使う

外川菊絵 心 0 音 4
2016年11月30日『税』

 しんじつとじじつを語っているらしい瓶ビールしか認めない客

外川菊絵 心 3 音 8
2016年11月25日『真実』

 よばれてたなまえにかんじをあててみるみみできくよりかれはせいねん

外川菊絵 心 1 音 8
2016年11月24日『平仮名だけの歌』

 正面に見据えるときの象に似て困ったような最後の笑顔

外川菊絵 心 1 音 2
2016年11月18日『象』

 レッスンの前の余談で教わったトランプさんの話の続き

外川菊絵 心 0 音 0
2016年11月11日『トランプ』

 深夜2時梱包される新譜よりきれいなからだで寝返りをうつ

外川菊絵 心 2 音 5
2016年11月10日『自由詠』

 自転車をとめて神社の階段を見上げるここから始まるように

外川菊絵 心 4 音 5
2016年11月06日『神社』

 あと何回寝るかでかぞえる楽しみを起きるでかぞえる重たいからだ

外川菊絵 心 0 音 1
2016年10月28日『あと』

 閉じたならリフレインする君の声「風化させましょう」させましょう

外川菊絵 心 0 音 5
2016年10月26日『リフレイン』

 何食べてもおいしい、私の機嫌と体調はどうやら普通に戻りつつある

外川菊絵 心 1 音 3
2016年10月25日『普通』

 砂ぼこり立てずに靴を履けるのがこの子のペース遅れて行こう

外川菊絵 心 0 音 10
2016年10月24日『埃』

 明日には新聞に載る事故だろう 一足さきに噂になった

外川菊絵 心 1 音 1
2016年10月21日『明日』

 干し柿に揉む行程があることの賑やかなさま母の手仕事

外川菊絵 心 2 音 12
2016年10月20日『揉む』

 指先を事故で失う悲しみをたたえる無音の整備工場

外川菊絵 心 3 音 5
2016年10月19日『失』

 平等で生きやすい国いちめんの壁にたとえば方代の歌

外川菊絵 心 2 音 6
2016年09月16日『憲法第900条で定めたいこと』

 この辺じゃみんな知ってる森岡さん。筋肉もりもりお母さんでしょ。

外川菊絵 心 0 音 2
2016年09月12日『駄洒落』

 ラケットでいける独りの君んちで布団たたきのかわりに使う

外川菊絵 心 2 音 4
2016年09月10日『自由詠』

 自らの力で抜け出すすべはあるバールのようなものはある、はず

外川菊絵 心 1 音 2
2016年09月05日『バールのようなもの』

 カラオケに飽きた。女をお前って呼んでる歌詞で耳かゆすぎる

外川菊絵 心 2 音 4
2016年08月24日『お前』

 ヨレ気味のうちの布団でねぇどこを触ってんのと言ういとおしさ

外川菊絵 心 3 音 2
2016年07月21日『どこ』

 細すぎる浴衣の腰を目で追って足に登った蟻ふりはらう

外川菊絵 心 2 音 3
2016年07月19日『蟻』

 うん仕事なれたよ取り出すビー玉が思ってたよりぜんぶ透明

外川菊絵 心 0 音 5
2016年07月14日『ビー玉』

 終わらない喧嘩になっていちにちの最後に上がる噴水をみる

外川菊絵 心 4 音 6
2016年07月07日『噴水』

 ほんとうは違ったけれど学校区地図では寺院の記号を使う

外川菊絵 心 0 音 0
2016年06月29日『院』

 ロールパンの肌を剥がしてこの頃はふわりこぼれてくる干し葡萄

外川菊絵 心 1 音 8
2016年06月28日『肌』

 釣り堀の看板を過ぎ細道をななめに入れ、と手書きの地図は

外川菊絵 心 1 音 3
2016年06月22日『堀』

 点滴の跡をさらしてもてあそぶオイルライター重いほど良い

外川菊絵 心 1 音 7
2016年06月21日『点』

 顔に似たジャガイモまわして笑ってたうちの班だけ指示に遅れる

外川菊絵 心 1 音 10
2016年06月15日『顔』

 笑う膝ささえてくだる初心者の下山の腿に限界がくる

外川菊絵 心 1 音 4
2016年06月14日『腿』

 噛みきった口内炎から火を吹けば一輪車ごと抱きしめられる

外川菊絵 心 1 音 12
2016年06月08日『嘘八百を並べてください』

 番組は私をおいていくのです騒ぎの理由はクイズになって

外川菊絵 心 0 音 1
2016年06月01日『理由』

 脚いっぽん足りないことに気が付いて逃がすべきかを思いとどまる

外川菊絵 心 2 音 7
2016年05月31日『虫』

 歓迎を受けて大きくかぶりつく「味は鶏肉」らしい丸焼き

外川菊絵 心 1 音 5
2016年05月29日『勇気』

 映画化を否定でかたる真後ろのドリンクバーの全部にランプ

外川菊絵 心 1 音 3
2016年05月28日『全部』

 燃えたのは橋の近くの家だった聞いてはだめだとみんな思った

外川菊絵 心 2 音 5
2016年05月26日『橋』

 畳屋の前を通った自転車をい草の香りが後から追って

外川菊絵 心 4 音 15
2016年05月25日『畳』

 叔父さんが帰ったあとの紙ずもう力士のひらき 明るい昼寝

外川菊絵 心 1 音 6
2016年05月13日『相撲』

 靴下のそおっとむれて初夏のモデルルームにひかるあしあと

外川菊絵 心 5 音 4
2016年05月12日『モデル』

 お揃いで何かを買おうとうろついたあのビル綺麗になってしまった

外川菊絵 心 0 音 7
2016年05月10日『自由詠』

 プレゼント受けとることに戸惑えばまっすぐ伸びていかないキュウリ

外川菊絵 心 3 音 4
2016年05月08日『プレゼント』

 幸せな男という名の成り立ちに近い山盛りポテトのお皿

外川菊絵 心 1 音 4
2016年05月07日『皿』

 最強へ一度振りきるガス火とは違う電熱線のジレンマ

外川菊絵 心 2 音 8
2016年04月27日『強』

 最初からかかとを踏んでいい靴が売られて世界がずれていきます

外川菊絵 心 4 音 13
2016年04月26日『世界』

 70%はゆらゆら揺れていた決断ののち雨に降られる

外川菊絵 心 1 音 4
2016年04月21日『%』

 足の爪切ったら眠るまだ冷える部屋にひとりの用事は続く

外川菊絵 心 2 音 4
2016年04月19日『眠』


1 ~ 100件を表示

1 2


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 06 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30