うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1660日 】 2018年10月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1660 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 下弦 ネネネ 資料請求

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 中牧正太 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 めんつゆに映る男がほんとうのことを今にも言い出しそうだ

中牧正太 心 6 音 3
2017年04月22日『麺』

 〈いらない〉を〈ありがとう〉へと書き直す連れてゆけない物たちの箱

中牧正太 心 7 音 11
2017年04月21日『いらない』

 きみと似るような気もする仏像に「京都、行こう」と誘われている

中牧正太 心 2 音 9
2017年04月20日『ポスター』

 「やや弱い」と記されているWi-Fiが泣きたいときに泣けますように

中牧正太 心 6 音 4
2017年04月19日『Wi-Fi』

 ルービックキューブは元に戻らない 男はどこで眠るのだろう

中牧正太 心 1 音 5
2017年04月18日『戻』

 少年はいつまで遊ぶことでしょう折茂武彦四十六歳

中牧正太 心 0 音 1
2017年04月17日『バスケ』

 鼻に生えてくださるならばクローバーうつむくたびに見えますように

中牧正太 心 0 音 3
2017年04月16日『クローバー』

 中年がさあ泣きますよ大空はできる範囲で晴れてください

中牧正太 心 2 音 11
2017年04月15日『晴』

 湯船にておもへば父よそれはそれは大きなおちんちんでありけり

中牧正太 心 5 音 1
2017年04月14日『三句六音』

 この人と私はうまくやれますか途中でやめたデアゴスティーニ

中牧正太 心 2 音 7
2017年04月13日『挫折』

 よく負ける男のために焼いているクロワッサンは翼のかたち

中牧正太 心 4 音 9
2017年04月12日『翼』

 四年目の男のような二日目のピザがレンジに照らされている

中牧正太 心 0 音 10
2017年04月11日『照』

 駅駅及び及び車内への車内へのとうとうわたし割れてしまった

中牧正太 心 1 音 7
2017年04月10日『自由詠』

 ひとつずつ僕を弊社に変えてゆくシャツのボタンの無色透明

中牧正太 心 4 音 10
2017年04月09日『カッター』

 ゆく道のすべては君のいない道マリオカートをどうすればいい

中牧正太 心 4 音 2
2017年04月08日『どうしよう』

 あたたかくなると咲きだすチューリップひどいじゃないかずるいじゃないか

中牧正太 心 0 音 5
2017年04月07日『酷』

 木の幹のようなうんこが木の幹に寄り添っていて会いたいぞ君

中牧正太 心 2 音 8
2017年04月06日『うんこ』

 きれいだな悪い男のたくらみのやうに山葵の透けてゐる烏賊

中牧正太 心 6 音 7
2017年04月05日『山葵』

 情愛を尽くすこととは何でしょういいブラジャーをしてゆくほかに

中牧正太 心 2 音 31
2017年04月04日『いい◯◯』

 愛知県の愛をきれいに書く人を返してくれないか東京都

中牧正太 心 9 音 14
2017年04月03日『綺麗』

 草取りを仰せつかればなんてことたんぽぽを抜く仕事であるよ

中牧正太 心 0 音 8
2017年04月02日『事』

 二つある手のひらきみに二つ振る四つあったら四つとも振る

中牧正太 心 7 音 6
2017年04月01日『四』

 いるのですBCGよBCGノースリーブで会いたい人が

中牧正太 心 2 音 6
2017年03月31日『B』

 新しいほうがいいのは畳だけ果てなく妻であれ妻であれ

中牧正太 心 1 音 6
2017年03月30日『新』

 大空や、たなびく雲や、飛ぶ鳥や、昨日の風呂でする洗濯や

中牧正太 心 2 音 10
2017年03月29日『昨』

 親切な人から順に死んでゆく光線びびび鉄砲だだだ

中牧正太 心 1 音 4
2017年03月28日『「だ」で終わる歌』

 七人の席に六人座りおりモハメド アリは元気だろうか

中牧正太 心 2 音 4
2017年03月27日『一字空け』

 ジャムパンと書かれたパンを買ってみる信じることの練習として

中牧正太 心 2 音 9
2017年03月26日『パン』

 この正義捨ててしまえばいいのにね瞼が濡れて力が出ない

中牧正太 心 2 音 7
2017年03月25日『濡』

 やさしさが分からないから分からないおすぎも泣いたフランス映画

中牧正太 心 0 音 3
2017年03月24日『杉』

 要するに結婚してはくれぬ人プリン食べてもよろしいですか

中牧正太 心 3 音 11
2017年03月23日『プリン』

 かねのことはそのうち悩むこととしてひねもす春の高校野球

中牧正太 心 6 音 4
2017年03月22日『甲子園』

 不具合の改善されぬテレビジョン父は打(ぶ)ちたり母は撫でたり

中牧正太 心 7 音 13
2017年03月21日『善』

 ふた月も前のふられた日のことをぞぞんぞぞんとしつこいな海

中牧正太 心 5 音 6
2017年03月20日『しつこい』

 しりとりはラムレーズンで終わらせるさあここからは男が決めよ

中牧正太 心 2 音 7
2017年03月19日『レーズン』

 尋ねればこうでこうでと書いてくれる薔薇という字を覚えたくない

中牧正太 心 2 音 6
2017年03月18日『覚』

 あるのですばっかみたいな愛ならばそこの鳩にも負けず劣らず

中牧正太 心 2 音 5
2017年03月17日『劣』

 咲かずとも折れずにあれと青春の梅を見にゆくストリートビュー

中牧正太 心 3 音 5
2017年03月16日『梅』

 巨悪にも負けぬ父よと見込まれて粘土のわれはビルより高し

中牧正太 心 3 音 0
2017年03月15日『粘』

 人びとはぎうと言ふけど私にはまだわからない抱擁の音

中牧正太 心 2 音 11
2017年03月14日『わからない』

 それで良いやがてあなたが消すはずの夜景はうまく撮れなくて良い

中牧正太 心 0 音 11
2017年03月13日『夜景』

 夫々(それぞれ)のごにょごにょごにょを託されてカーネーションははっきりと咲く

中牧正太 心 2 音 5
2017年03月12日『はっきり』

 炎神(ほむらがみ)すやりすやりと眠りたし消防団員酒盛りにつき

中牧正太 心 3 音 4
2017年03月11日『防』

 そのたびに想う男のイニシアルS字フックをどうしたものか

中牧正太 心 6 音 9
2017年03月10日『自由詠』

 時間切れの三月ですねこれからは個々に幸あれあなたとわたし

中牧正太 心 2 音 8
2017年03月09日『個』

 エクセルの檻の一升どなたかの一億円がけらけら笑う

中牧正太 心 0 音 3
2017年03月08日『罫線』

 何いろのどんなかたちの花だろう私は膝をかかえて蕾む

中牧正太 心 1 音 11
2017年03月07日『蕾』

 第一があるのであればありそうな第二生命 ああめんどくさ

中牧正太 心 1 音 1
2017年03月06日『第』

 来たるべきその日去りゆく喉ぼとけ春を断る権利はないか

中牧正太 心 2 音 4
2017年03月05日『権利』

 蠢くなまだ飛び出すなポケットの中の圧倒的アイラビュー

中牧正太 心 3 音 5
2017年03月04日『圧』

 ああ僕じゃだめな理由が端的で耳のかたちが芸術的だ

中牧正太 心 2 音 13
2017年03月03日『耳』

 がはははと書いてないけど書いてある公正証書遺言(いごん)正本

中牧正太 心 0 音 5
2017年03月02日『公』

 はればれと「離婚できた」と言ふ友の箸よくうごく十九時のバル

中牧正太 心 4 音 9
2017年03月01日『19時』

 カインズの鎖売場のくさりくさり僕はここまでまあまあですか

中牧正太 心 2 音 6
2017年02月28日『ここ』

 日帰りの実家は寒く天井のかとうれいこはまだ色っぽい

中牧正太 心 6 音 10
2017年02月27日『っぽい』

 しあわせをくれと頼んだわけじゃない次に描くのはたぶん雨の絵

中牧正太 心 5 音 2
2017年02月26日『多分』

 この胸を撃つのだろうかこの男もう少しだけ泳がせてみる

中牧正太 心 2 音 7
2017年02月25日『泳』

 五割きみ五割わたしの少年に「おとなしく」とは可笑しな話

中牧正太 心 1 音 9
2017年02月24日『50%』

 蒼天のとんぼにジャンプするひとの影は放たれまた戻りたり

中牧正太 心 2 音 2
2017年02月23日『ジャンパー』

 今後とも配偶しない人の家 鏡をみがく私をみがく

中牧正太 心 1 音 3
2017年02月22日『磨』

 伝えてよアイミスユーをあの人にノーサンキューを流星群に

中牧正太 心 2 音 1
2017年02月21日『群』

 大丈夫だってこんなによく光る自分で換えた蛍光灯は

中牧正太 心 2 音 9
2017年02月20日『自』

 頑張れといまは言はないことにして一切れもらふ証明写真

中牧正太 心 1 音 6
2017年02月19日『証』

 運命の男がきみであるやうによく逢ふ猫よ偶然であれ

中牧正太 心 1 音 6
2017年02月18日『偶然』

 ペンですかあなた(わたし)が持っているものは いいえパンですあなた(わたし)のための

中牧正太 心 0 音 2
2017年02月17日『ルビ』

 臼井家のみんながみんなふさふさで新郎新婦入場である

中牧正太 心 1 音 4
2017年02月16日『臼』

 住むならば都会がいいと告げられて恋愛観がふと忙しい

中牧正太 心 1 音 5
2017年02月15日『忙』

 砂孕むその東京都千代田区の風を私のくちづけと識れ

中牧正太 心 2 音 8
2017年02月14日『キス』

 そのかはり蟻や鳥やに愚痴りたりコンピユーターの珍しきころ

中牧正太 心 4 音 4
2017年02月13日『珍』

 だって広い世界だからと恋人はモスバーガーを背景にして

中牧正太 心 0 音 4
2017年02月12日『ハンバーガー』

 いつか来い何もないけどビリジアン多めに持ってはつ夏に来い

中牧正太 心 11 音 2
2017年02月11日『お国自慢』

 ぼくたちは不自由ゲームに飽きるまで影絵の鳩は日が沈むまで

中牧正太 心 3 音 6
2017年02月10日『自由詠』

 九十度右回転の富士山(ふじやま)は何もこぼさず横を向きたり

中牧正太 心 0 音 2
2017年02月09日『横』

 死んぢやつて終はる小説だつたとは窓をあければ夜空の背中

中牧正太 心 12 音 2
2017年02月08日『メタファー』

 このキャラでずっと行きますそのキャラでずっと行くのと尋ねる私

中牧正太 心 1 音 3
2017年02月07日『その』

 こんなにもJとRが親密な電車でどこへ連れ去るつもり

中牧正太 心 5 音 6
2017年02月06日『密』

 河馬がいてわたくしがいて河馬の勝ち背中に鳥をのせているから

中牧正太 心 5 音 6
2017年02月05日『カバ』

 きみがいてとてもうれしいこれからも七福神を教えてほしい

中牧正太 心 0 音 4
2017年02月04日『教』

 恋の女神と私の父はちゃんと仕事をしてほしい

中牧正太 心 5 音 30
2017年02月03日『都々逸』

 みぞれ夜の立ちつぱなしの花水木わたしも人を待つてをります

中牧正太 心 4 音 8
2017年02月02日『も』

 さういへば花をくれない人と行くリラといふ名の愛情旅館

中牧正太 心 5 音 4
2017年02月01日『造語』

 突として昔の恥がくやまれてエスカレーター一段とばし

中牧正太 心 4 音 12
2017年01月31日『段』

 ふるさとの山へと曲がるわだち道いくなプリウス烏になるぞ

中牧正太 心 0 音 4
2017年01月30日『轍』

 遠ざかるものは見ているだけでいいさっき酒場のジャズから聞いた

中牧正太 心 3 音 4
2017年01月29日『ジャズ』

 冬銀座だれかのものになる前のすべての靴はわたくしを向く

中牧正太 心 7 音 11
2017年01月28日『全』

 私ではない人の名を呼ぶやうに朝のあなたがさみいなと言ふ

中牧正太 心 8 音 7
2017年01月27日『寒』

 たんぽぽのことを思って歩く日のイオンモールは広くて固い

中牧正太 心 7 音 5
2017年01月26日『広』

 玄関にスノーボードがある人にわたし勝手にもう負けている

中牧正太 心 11 音 9
2017年01月25日『スキー/スノーボード』

 ハンガーがぴったり足りた朝っぱら鳩はうふふと鳴く鳥である

中牧正太 心 8 音 11
2017年01月24日『うふふ』

 求愛をとんとせぬ間にされぬ間に千円札にもう鶴は無し

中牧正太 心 1 音 8
2017年01月23日『鶴』

 おもひでは青い瞼がおりてきてたちまち顔に仕舞はれたこと

中牧正太 心 0 音 6
2017年01月22日『瞼』

 この身にもわづかばかりの乳房ありて四つ鍵するダツフルコート

中牧正太 心 1 音 6
2017年01月21日『男は女性視点で/女は男性視点で』

 またねではないさよならのさよならのハザードランプ またたく またね

中牧正太 心 3 音 5
2017年01月20日『瞬』

 神さまは愛してほしい野っ原はテニスボールを返してほしい

中牧正太 心 2 音 6
2017年01月19日『野』

 きみの指す恵方の空にあるでしょうホクホク星はほがらかでしょう

中牧正太 心 1 音 3
2017年01月18日『西』

 こんにちはフロアマットの規則性 非常口から逃げていいですか

中牧正太 心 1 音 6
2017年01月17日『出口』

 裾分けのまた裾分けの赤飯のどこかの誰かさまおめでとう

中牧正太 心 3 音 9
2017年01月16日『赤飯』

 波に雪だまっておいてあげるからテトラポッドははしゃいでもよい

中牧正太 心 3 音 6
2017年01月15日『冬の海』

 真昼間の松屋の箸よ別離とはなんと千切れる音なのでしょう

中牧正太 心 7 音 8
2017年01月14日『昼』

 原動機付自転車と自転車のようにかなしい ちりん ちりん

中牧正太 心 0 音 1
2017年01月13日『自転車』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4 ... 12


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 10 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31