うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1303日 】 2017年10月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1303 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 中牧正太 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 玄関にスノーボードがある人にわたし勝手にもう負けている

中牧正太 心 11 音 9
2017年01月25日『スキー/スノーボード』

 ハンガーがぴったり足りた朝っぱら鳩はうふふと鳴く鳥である

中牧正太 心 8 音 11
2017年01月24日『うふふ』

 求愛をとんとせぬ間にされぬ間に千円札にもう鶴は無し

中牧正太 心 1 音 8
2017年01月23日『鶴』

 おもひでは青い瞼がおりてきてたちまち顔に仕舞はれたこと

中牧正太 心 0 音 6
2017年01月22日『瞼』

 この身にもわづかばかりの乳房ありて四つ鍵するダツフルコート

中牧正太 心 1 音 6
2017年01月21日『男は女性視点で/女は男性視点で』

 またねではないさよならのさよならのハザードランプ またたく またね

中牧正太 心 3 音 5
2017年01月20日『瞬』

 神さまは愛してほしい野っ原はテニスボールを返してほしい

中牧正太 心 2 音 6
2017年01月19日『野』

 きみの指す恵方の空にあるでしょうホクホク星はほがらかでしょう

中牧正太 心 1 音 3
2017年01月18日『西』

 こんにちはフロアマットの規則性 非常口から逃げていいですか

中牧正太 心 1 音 6
2017年01月17日『出口』

 裾分けのまた裾分けの赤飯のどこかの誰かさまおめでとう

中牧正太 心 3 音 9
2017年01月16日『赤飯』

 波に雪だまっておいてあげるからテトラポッドははしゃいでもよい

中牧正太 心 3 音 6
2017年01月15日『冬の海』

 真昼間の松屋の箸よ別離とはなんと千切れる音なのでしょう

中牧正太 心 7 音 8
2017年01月14日『昼』

 原動機付自転車と自転車のようにかなしい ちりん ちりん

中牧正太 心 0 音 1
2017年01月13日『自転車』

 うれしいな母の話していることが科学的には間違っていて

中牧正太 心 4 音 4
2017年01月12日『科』

 平穏と無事を愛しているのでしょう私の恋は自殺がうまい

中牧正太 心 4 音 11
2017年01月11日『自殺』

 再起動スイッチだとは知らなくて「やあはじめましてぼくドラえもん」

中牧正太 心 0 音 10
2017年01月10日『自由詠』

 人ならば夢の話もするころかポルノビデオの七泊八日

中牧正太 心 1 音 12
2017年01月09日『アダルトビデオ』

 青年のデートプランの終盤の実現性のような雪雲

中牧正太 心 1 音 2
2017年01月08日『デート』

 ビューリホーしかわからない談笑のビューリホーだけわかる幸せ

中牧正太 心 2 音 7
2017年01月07日『外国語』

 わあきみの路上歩行を見たときのハートビートが数限りない

中牧正太 心 0 音 1
2017年01月06日『限』

 初春が何を言おうとわたくしはプラスチックの餅を認める

中牧正太 心 2 音 8
2017年01月05日『認』

 しゃがんだらもうこれ以上しゃがめないどうしたもんかねえ黒い蟻

中牧正太 心 1 音 4
2017年01月04日『しゃがむ』

 正月の火事かなしむや三毛猫は手話の女を引つ掻いてをり

中牧正太 心 1 音 8
2017年01月03日『話』

 夜半ひとりボールをすつと入れたうて入れたうて入れたうてバスケす

中牧正太 心 4 音 8
2017年01月02日『文語』

 去年より少ない人がわたくしを少しきらいになりますように

中牧正太 心 2 音 8
2017年01月01日『平成二九年の抱負』

 かなしみはおやなんといふことでせう歌へばるるるそのうちららら

中牧正太 心 1 音 6
2016年12月31日『歌』

 とてもよくお似合いですと言うときの吾に似ているゲルニカの牛

中牧正太 心 3 音 9
2016年12月30日『ピカソ』

 焼肉派プラス一名腹にゐて多数決ではもう敵(かな)はない

中牧正太 心 3 音 5
2016年12月29日『多』

 おんぼろのからすが風に負けてゐる老いた老いたとおもしろさうに

中牧正太 心 6 音 7
2016年12月28日『おんぼろ』

 氷柱らのせっせせっせと水をまくタンポポ開花予定地付近

中牧正太 心 1 音 9
2016年12月27日『つらら』

 これで行くこのまま行くと決めている君の感情的アイシャドウ

中牧正太 心 2 音 5
2016年12月26日『感』

 手放した風船たちよ元気ですか四十三歳になりました

中牧正太 心 0 音 27
2016年12月25日『せん』

 ノーサンキューだけどサンキュー十二月二十四日の熱風邪の菌

中牧正太 心 0 音 4
2016年12月24日『サンキュー』

 よくわらふ蒲鉾である妻の目を墓標になつたつもりで見れば

中牧正太 心 3 音 2
2016年12月23日『標』

 デート中これを読むもの愚者なりと書いてませんかニーチェの本に

中牧正太 心 2 音 3
2016年12月22日『哲学』

 ばかになったわたしは青い服を着て青いVW(フォルクスワーゲン)を待つ

中牧正太 心 1 音 2
2016年12月21日『W』

 どうすれば世界は平和なのだろう テーブル 座敷 どちらでもよい

中牧正太 心 2 音 3
2016年12月20日『どっちでもいい』

 薄月夜ふいいふいいと泣いているやかんばかりが正直である

中牧正太 心 6 音 6
2016年12月19日『正直』

 ひっこ抜いたワインコルクに言っておく愛の件なら反省しない

中牧正太 心 0 音 1
2016年12月18日『反省』

 下腹部を強打している大人たちもうちんちんをぶつけられない

中牧正太 心 1 音 0
2016年12月17日『股』

 送るよと言ってほんとに送るひとまったくもって白い車で

中牧正太 心 4 音 7
2016年12月16日『白』

 わたくしでごめんなさいねこんなにも派手な魚と暮らしてるひと

中牧正太 心 3 音 5
2016年12月15日『派』

 クラリス・ド・カリオストロは盗まれるわたしは煎餅を食べている

中牧正太 心 5 音 7
2016年12月14日『姫』

 なにもない真冬になると思うけど残念ながらこのひとがすき

中牧正太 心 3 音 6
2016年12月13日『残念』

 初恋のハートのやうに初雪の朝のダイヤは乱されてをり

中牧正太 心 5 音 3
2016年12月12日『乱』

 ほにゃらった夜はあなたがこわくなるほにゃららないと夜がこわくなる

中牧正太 心 3 音 0
2016年12月11日『ほにゃらら』

 縦笛のころにうすうすわかってた僕はラブソングを間違える

中牧正太 心 5 音 5
2016年12月10日『自由詠』

 きれいだな私の上に真っ青な誰かの空がひろがっている

中牧正太 心 3 音 4
2016年12月09日『誰か』

 逃げ道できみを待ってる黄緑の光みたいになりたい未来

中牧正太 心 2 音 4
2016年12月08日『韻を踏んでいる歌』

 ぺっこんをぴてくだぱいと言ってみて言いまちがえるまで言ってみて

中牧正太 心 0 音 5
2016年12月07日『半濁音』

 ぱつたりと核の電池の切れたればふつつりしづかなる核家族

中牧正太 心 3 音 2
2016年12月06日『三人』

 航空機ぼくには誰もいないのだ空を二つに切り分けたって

中牧正太 心 1 音 3
2016年12月05日『飛行機雲』

 虚構から西虚構まで夕焼けはふいに見えたり見えなかったり

中牧正太 心 5 音 5
2016年12月04日『虚構』

 わたしまだ��を知ってはいないのに��が足りないことを知ってる

中牧正太 心 5 音 8
2016年12月03日『』

 真夜中のバイトを望む履歴書の僕はそれでも青空にいる

中牧正太 心 0 音 6
2016年12月02日『写真』

 やがてその黒いコートを脱ぐ場所で白いコートを脱ぎたいのです

中牧正太 心 1 音 3
2016年12月01日『コート』

 水玉のはづむカルピスウオーター隠れ飲むなり四十代は

中牧正太 心 2 音 6
2016年11月30日『水玉』

 きみ去りし1DKに有ればまた有るでかなしき放屁の自由

中牧正太 心 4 音 7
2016年11月29日『自由』

 急行の風がばちんと頬を打つここもどうやら落涙禁止

中牧正太 心 3 音 6
2016年11月28日『頬』

 きよらかなスカイツリーが空(くう)を突くああ東京も童貞である

中牧正太 心 4 音 4
2016年11月27日『童貞』

 真裸の女子高生の年頃の犬が待ってるから帰ります

中牧正太 心 1 音 6
2016年11月26日『女子高生』

 悲劇的のぞみ414号ノンフィクションが巻き戻せない

中牧正太 心 0 音 4
2016年11月25日『真実』

 だんごむす僕にさよなら一度くらいだいおうぐそくむしてやるんだ

中牧正太 心 1 音 5
2016年11月24日『ダイオウグソクムシ』

 左手をサスペンションのお話のあとでいいから右手にほしい

中牧正太 心 1 音 2
2016年11月23日『ばね』

 申し上げにくいのですがご配偶たまわりましていつもありがとう

中牧正太 心 4 音 8
2016年11月22日『夫婦』

 濡れ髪のほのり絵の具の匂いするもしやカンヴァスより生(あ)れしひと

中牧正太 心 1 音 4
2016年11月21日『絵の具』

 一度だけ君がぽつりと褒めてから清潔感に縛られている

中牧正太 心 3 音 5
2016年11月20日『清』

 迷っている小一時間は着々と蜘蛛が巣を編む四十五分

中牧正太 心 0 音 5
2016年11月19日『編』

 背を曲げて帰り来たれば画用紙の夜空ごうごうロケットの飛ぶ

中牧正太 心 1 音 5
2016年11月18日『ロケット』

 アスファルトがぼくを見るたび語りだす若者たちのスキップ離れ

中牧正太 心 1 音 8
2016年11月17日『アスファルト』

 アスフアルトの塗装作業に追はれをる銀杏銀杏やさう急くなかれ

中牧正太 心 0 音 1
2016年11月16日『銀杏』

 知らなくて君にたずねた千のことウインドウズがあらわれるまで

中牧正太 心 2 音 7
2016年11月15日『90年代』

 ぼくらより大事なものがふくらんでひばり先生やめてしまった

中牧正太 心 5 音 4
2016年11月14日『先生』

 なるようになるわと笑う顔色のわるいマリリンモンローたちが

中牧正太 心 1 音 5
2016年11月13日『美人』

 うらがえる靴が奇跡の筋書きを待っているけど週末は晴れ

中牧正太 心 1 音 8
2016年11月12日『週末』

 ガムを踏めり漫画だったら美男子に抱(いだ)かれそうな銀杏の道で

中牧正太 心 3 音 3
2016年11月11日『漫画』

 木枯らしが違う違うとうるさくて上手にプリウスに気づけない

中牧正太 心 1 音 9
2016年11月10日『自由詠』

 死なないでほしいと思う中央道あまた羽虫をはね殺しつつ

中牧正太 心 2 音 8
2016年11月09日『殺』

 懇(ねんご)ろにしてくれるひと気をつけて私は空を紺色で描く

中牧正太 心 2 音 5
2016年11月08日『描く』

 求婚がシンプルすぎた問題を再燃させるたびあたたかい

中牧正太 心 2 音 7
2016年11月07日『シンプル』

 父と来てひとりで帰る病院の最寄り神社をカーナビに訊く

中牧正太 心 7 音 11
2016年11月06日『神社』

 わかちあふサニーエツグの独眼のπとはおよそ六だとおもふ

中牧正太 心 0 音 1
2016年11月05日『π』

 花の色はうつりゆくからおとうさん私に息子さんをください

中牧正太 心 4 音 8
2016年11月04日『死ぬまでに一度は言ってみたいセリフ』

 クリープを舐めてみたけどロマンスの片付け方はまだわからない

中牧正太 心 2 音 7
2016年11月03日『舐める』

 どこにいても土星くらいのポジションのわたしの頬にわたしのほくろ

中牧正太 心 3 音 6
2016年11月02日『土星』

 忘れません最後にここで会えたこと銀杏並木が臭かったこと

中牧正太 心 1 音 9
2016年11月01日『臭』

 少年が「うんちもれる」と叫びゆく 私たち戦争をやめましょう

中牧正太 心 3 音 0
2016年10月31日『漏』

 互い互いきっと少しの無理をしてつがい蜻蛉はハートのかたち

中牧正太 心 5 音 6
2016年10月30日『トンボ』

 広島の一点負けてゐることの特に変はらぬ接吻前後

中牧正太 心 5 音 6
2016年10月29日『キス』

 男だっていろいろあってシャンプーの爽快感じゃ解決しない

中牧正太 心 2 音 11
2016年10月28日『爽』

 「帰ろうか」「帰りますか」の行間をさぐりあってる中古車車内

中牧正太 心 4 音 8
2016年10月27日『探』

 たづねれば教へてくれた あれは何 あれは何何 ばかりおもひで

中牧正太 心 3 音 6
2016年10月26日『リフレイン』

 あなたかと語りかければ蜘蛛もまた壁を登っていて忙しい

中牧正太 心 5 音 6
2016年10月25日『登』

 枯れすすきと共通点が多い日のホットココアは死なないくすり

中牧正太 心 0 音 4
2016年10月24日『ココア』

 寒いのに寒くないかもしれないと思うことだと思うよ愛は

中牧正太 心 3 音 5
2016年10月23日『きむろみさんの絵』

 守れないことを約束できそうな夕凪だからガムをください

中牧正太 心 3 音 5
2016年10月22日『知己凛さんの写真』

 あてはまる言葉がわからないことを叫ぼう明日オルガンならば

中牧正太 心 0 音 4
2016年10月21日『明日』

 初恋をつらぬくように腰痛の母はタイガーバームを信じる

中牧正太 心 5 音 10
2016年10月20日『虎』

 今日までは人を殺していない指コスモ石油の引き金をひく

中牧正太 心 4 音 4
2016年10月19日『石』

 一つずつ持って帰るとしましょうかあなたは「はなれ」私は「ばなれ」

中牧正太 心 6 音 7
2016年10月18日『離』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4 ... 11


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2017 10 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31