うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1570日 】 2018年07月18日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1570 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 ひの夕雅 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 やめられない恋の言い訳するようにかっぱえびせん食べ続けている

ひの夕雅 心 3 音 9
2017年07月10日『自由詠』

 1/100秒刻む時計して彼女は明日を追いかけている

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年07月09日『『腕時計』または『国境』』

 簡単に心を開かないでくれ君の鎖骨に呪文をかける

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年07月08日『鎖骨』

 病棟のあの子の願い『来年も短冊ちゃんと書けますように』

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年07月07日『七夕』

 陸橋を走って帰る オレンジに染まる工業団地に「おやすみ」

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年07月06日『団地』

 こんなにも硬い大胸筋 きみは私を抱きしめ狂わせ溶かす

ひの夕雅 心 1 音 3
2017年07月05日『筋肉』

 暮れ泥(なず)む校庭ぼくは友達をやめたい君を独占したい

ひの夕雅 心 2 音 10
2017年07月04日『泥』

 賞与って素敵な響きだと思ういちごののったケーキみたいで

ひの夕雅 心 5 音 5
2017年07月03日『与』

 ちかちかに光る水茄子かごいっぱい採りたる母が夏をしらせる

ひの夕雅 心 5 音 6
2017年07月02日『茄子』

 喧嘩して物理的距離5メートル空は私と彼を見ていた

ひの夕雅 心 0 音 4
2017年07月01日『空』

 絢爛な刺繍の緞帳下りきたり私(わたし)とっても幸せでした

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年06月30日『帳』

 千切られた恋の断面オロナイン塗って繋いでから今日は寝る

ひの夕雅 心 0 音 2
2017年06月29日『繋』

 もはや他人とは言い切れぬ仲でしょう小さな部屋で他人丼作る

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年06月28日『丼』

 背の高い彼女は向日葵みたいだな長雨(ながめ)の街で黄色の傘で

ひの夕雅 心 2 音 7
2017年06月27日『長雨』

 あの愛が負荷となったか翌朝に鈍く悦ぶ大腿四等筋

ひの夕雅 心 2 音 7
2017年06月26日『荷』

 青春をすべて誰かの応援に捧げた彼が卒業していく

ひの夕雅 心 6 音 5
2017年06月25日『応援』

 歩くたびかっぽかっぽと音のする陽気なサンダルはいて土曜日

ひの夕雅 心 5 音 9
2017年06月24日『歩』

 昨日まで名前のなかった弁当が愛妻という称号を獲た

ひの夕雅 心 3 音 13
2017年06月23日『当』

 Suddenly,suddenly,,飛び跳ねながら暗記してたらくちづけされた

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年06月22日『突然』

 なめらかに九九を唱えられるようにやすりがわりの苺キャンディー

ひの夕雅 心 5 音 3
2017年06月21日『やすり』

 サンダルの先から父とそっくりな親指覗く夏のデートは

ひの夕雅 心 4 音 8
2017年06月20日『親指』

 鬱蒼とした森さまよい歩くよに空を探している閉架書庫

ひの夕雅 心 1 音 7
2017年06月19日『森』

 乳液をぴたぴたつけている音がいつもと違い謝りたくなる

ひの夕雅 心 0 音 12
2017年06月18日『乳』

 スキップがうまく出来ない人よ、もういいから今日は帰って寝なさい

ひの夕雅 心 2 音 6
2017年06月17日『もういい』

 今日魔女があなたのために持ってきたシチューなんです(紫芋入り)

ひの夕雅 心 4 音 4
2017年06月16日『紫芋』

 和菓子屋のバイト募集のポスターの応募資格を凝視する猫

ひの夕雅 心 8 音 9
2017年06月15日『資格』

 「再来月、引っ越そっか」ときみからの提案 リセットボタンが軽い

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年06月14日『そっか』

 村雨に揺らぎもせずに立つひとを雅やかに見守る芍薬

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年06月13日『雅』

 吾子、きゅうり、ひまわり、初夏はよく伸びる 育ち盛りの庭に夕立

ひの夕雅 心 6 音 11
2017年06月12日『育』

 酔うたびに父は子供のような顔でシュークリームの思い出語る

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年06月11日『父』

 昼と夜は別々の場所にあるんだよ地球がぼくらを運んでくれる

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年06月10日『自由詠』

 口うつしできるのならこのオーガズム味見させたい死ぬのを見たい

ひの夕雅 心 1 音 7
2017年06月09日『SEX』

 隠れ家を部室と呼んだ 旧体育倉庫はこの夏ついになくなる

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年06月08日『部室』

 大丈夫みんなが可哀想になる20秒後のゲリラ豪雨で

ひの夕雅 心 8 音 7
2017年06月07日『ゲリラ豪雨』

 浴槽は子宮 両脚曲げたまままあるくなってぬるいぬるい海

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年06月06日『浴』

 言うとおり庭の桜を処分したこれでほんとによかったのかな

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年06月05日『遺言』

 思いびと双子の兄は弟と違って私に少し優しい

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年06月04日『双子』

 大鍋を亀の子たわしで磨く祖母くぎ煮を待っている人がいて

ひの夕雅 心 1 音 14
2017年06月03日『亀』

 潤いは十分みたいカフェオレとドーナツそして聞き上手なきみ

ひの夕雅 心 3 音 8
2017年06月02日『潤』

 同情はしなくていいよこの雨はきみが降らせてるのカタツムリ

ひの夕雅 心 0 音 1
2017年06月01日『カタツムリ』

 制服のスカート丈の限界に挑むミカ先輩に憧れ

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年05月31日『丈』

 海老蔵かい?あれは二枚目じゃあないよ 祖母から聞き知る八枚看板

ひの夕雅 心 2 音 5
2017年05月30日『枚』

 きみの焼くお好み焼きは美味しくない幸せだけど美味しくはない

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年05月29日『お好み焼き』

 夏の宵漁火にじむ長良川あんな吹聴信じるもんか

ひの夕雅 心 0 音 4
2017年05月28日『火』

 そっぽ向く彼にもきっと大切なものくらいある野球の他に

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年05月27日『野球』

 火のやうな目をしたひとだ鬼龍院花子見つめゐる松竹名画座

ひの夕雅 心 4 音 4
2017年05月26日『ヤクザ』

 実家から届いたレタスとセロリの葉われがわれがと荒ぶっている

ひの夕雅 心 5 音 8
2017年05月25日『レタス』

 できるなら明日の晩も夢に出て私を励まして阿部サダヲ

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年05月24日『出』

 そういえば2月にひいたジョーカーをまだポケットに入れたまんまだ

ひの夕雅 心 9 音 6
2017年05月23日『ジョーカー』

 待合室 肺炎球菌ワクチンのポスターだけがわたしを見ている

ひの夕雅 心 3 音 3
2017年05月22日『肺』

 この一杯のために生きているんだわ吾子がぐりぐりかきまぜるミロ

ひの夕雅 心 1 音 2
2017年05月21日『好きな飲み物』

 鉛筆に名前をつけてひとつずつ顔を見ながら点呼取る吾子

ひの夕雅 心 1 音 7
2017年05月20日『呼』

 教室は競室だった一番を目指す子ばかりで蒸し暑かった

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年05月19日『競』

 抜き稽古のたび叱られていたシーン下手(しもて)の袖から彼女を眺む

ひの夕雅 心 1 音 2
2017年05月18日『下手』

 吾子が読む国語の教科書の中に1985(はちじゅうご)年のわれを見つける

ひの夕雅 心 3 音 2
2017年05月17日『80年代』

 熱湯で煎れた緑茶を差し出してあなたの浮気を嗜めている

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年05月16日『緑茶』

 そろりそろり昨日の嘘を産毛ごと削いでくれるか安全剃刀

ひの夕雅 心 2 音 7
2017年05月15日『刀』

 納得はしてない分母と分子とをひっくり返してかける割り算

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年05月14日『母』

 一昨日のクロワッサンのくたびれた顔がいいのと今朝は三つ目

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年05月13日『好きなパン』

 「Pardon? so,please tell me once more」耳遠くとも祖母は果敢に

ひの夕雅 心 3 音 4
2017年05月12日『もう一度』

 雷が鳴りっぱなしの通夜のあと棺を姉と抱きしめていた

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年05月11日『棺』

 蓮根の穴に挽き肉詰めながらこれも凌辱なのかとおもう

ひの夕雅 心 4 音 10
2017年05月10日『自由詠』

 現実はこんなもんだよぼくたちの野球部に南ちゃんなどいない

ひの夕雅 心 0 音 9
2017年05月09日『充』

 差し出したきみごと食べてしまおうかいちごポッキーみたいな鉛筆

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年05月08日『ポッキー』

 富士山の冠雪のごと純白のシャツ着たる日にカレーうどんは

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年05月07日『富士山』

 靴下をするりとたくしあげている指、ゆうべはゴムつけていた人

ひの夕雅 心 2 音 14
2017年05月06日『ゴムつけて』

 楽園を追われたイヴがにこやかに握りつぶした林檎のパイです

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年05月05日『林檎』

 丸焼きにして食べたなら七色の味がするんだろうかカメレオン

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年05月04日『カメレオン』

 その襟の内側にあるとされているやがて少女をやめるスイッチ

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年05月03日『セーラー服』

 ボンゴレのあさりの殻の聲をきき無口な海藻サラダ微笑む

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年05月02日『藻』

 夕飯の支度しながら思い入るこの鶏肉も生きていたこと

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年05月01日『飯』

 原色が似合う人だしもうあえてあやふやな恋のままにしておく

ひの夕雅 心 0 音 4
2017年04月30日『あやふや』

 そうやって春を忘れてしまってもずっと桜色のロキソニン

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年04月29日『ロキソニン』

 さぁお逃げ改造されぬうちに早くタンデムシートのショウリョウバッタ

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月28日『バッタ』

 何でもっと優しくできなかったのか大島紬を抱きしめる祖父

ひの夕雅 心 3 音 5
2017年04月27日『島』

 あの方は無類の女好きでした棺に入れる美女を探して

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年04月26日『いい夫婦』

 薫風が彼のまなこを細めさせ危うく好きになるかと思う

ひの夕雅 心 1 音 7
2017年04月25日『未遂』

 正義とはちょっぴり孤独なものだろう横断歩道は手をあげて渡る

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年04月24日『渡』

 第45巻の終わり殺された人のいて名探偵が起つ

ひの夕雅 心 0 音 1
2017年04月23日『巻』

 元気出せよ簡単に言う同僚と火曜の昼の平打ち麺は

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月22日『麺』

 吉祥寺タキオンひとり本物の東京23区を眺む

ひの夕雅 心 0 音 1
2017年04月21日『23区』

 雨上がり手書きのポスター「な」の文字はゆうべの涙を皆に悟られ

ひの夕雅 心 3 音 6
2017年04月20日『ポスター』

 襟ぐりが疲れたTシャツ今夜からベッドの中で愛してあげる

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年04月19日『襟』

 とられてはまた出戻ってあの子だけ呼ばれ続ける花一匁(はないちもんめ)

ひの夕雅 心 3 音 8
2017年04月18日『戻』

 焼きそばパン三つ抱えて駆け抜けた新入生をポイントガードに

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月17日『バスケ』

 ああきみの言葉にならない訴えを秘めているのか耳のほくろは

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年04月16日『ほくろ』

 後学のために聞きたいピーマンは野菜炒めの主役なのかと

ひの夕雅 心 1 音 3
2017年04月15日『後』

 18:00今日が始まる自主的にラジオ体操してるホステス

ひの夕雅 心 3 音 3
2017年04月14日『夕方』

 息切らし作業着のまま飛び込んできた男だけが泣いていた通夜

ひの夕雅 心 2 音 10
2017年04月13日『作』

 きっかけはクラシックだった「選んで」と差し出すバッハ、ショパン、JUDY&MARY(ジュディマリ)

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年04月12日『クラシック』

 銀色に輝く日を夢見てますか今日は雪です慈照寺の屋根

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月11日『照』

 パンプスが痛いどうして私には気持ちいい春こないんだろう

ひの夕雅 心 2 音 4
2017年04月10日『自由詠』

 アイロンがぴしりかかって緊張がカッターシャツの上からも透け

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年04月09日『カッター』

 哀愁を漂わせ角の豆腐屋が明日並べるがんもを揚げる

ひの夕雅 心 0 音 2
2017年04月08日『哀』

 永年の酷使に耐えて最後の夜オーブンはシュークリームを焼き上げ

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年04月07日『酷』

 ひろいひろい恋愛市場で今日もまたオセロの相手を探して歩く

ひの夕雅 心 1 音 3
2017年04月06日『市』

 おさな児が命吹き込みリュックから手足が生えてとびはねてゆく

ひの夕雅 心 3 音 4
2017年04月05日『リュック』

 背徳のマドラーきみとかきまぜるいい匂いってこんなに泣ける

ひの夕雅 心 3 音 18
2017年04月04日『いい◯◯』

 身綺麗なあの子を疎ましく思う粗雑なわたし泥つき牛蒡

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年04月03日『綺麗』

 「このお花、ののさまあげて」と子らの手に青紫のオオイヌノフグリ

ひの夕雅 心 0 音 4
2017年04月02日『仏』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 07 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31