うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1303日 】 2017年10月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1303 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 ひの夕雅 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 そういえば2月にひいたジョーカーをまだポケットに入れたまんまだ

ひの夕雅 心 9 音 6
2017年05月23日『ジョーカー』

 待合室 肺炎球菌ワクチンのポスターだけがわたしを見ている

ひの夕雅 心 3 音 3
2017年05月22日『肺』

 この一杯のために生きているんだわ吾子がぐりぐりかきまぜるミロ

ひの夕雅 心 1 音 2
2017年05月21日『好きな飲み物』

 鉛筆に名前をつけてひとつずつ顔を見ながら点呼取る吾子

ひの夕雅 心 1 音 7
2017年05月20日『呼』

 教室は競室だった一番を目指す子ばかりで蒸し暑かった

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年05月19日『競』

 抜き稽古のたび叱られていたシーン下手(しもて)の袖から彼女を眺む

ひの夕雅 心 1 音 2
2017年05月18日『下手』

 吾子が読む国語の教科書の中に1985(はちじゅうご)年のわれを見つける

ひの夕雅 心 3 音 2
2017年05月17日『80年代』

 熱湯で煎れた緑茶を差し出してあなたの浮気を嗜めている

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年05月16日『緑茶』

 そろりそろり昨日の嘘を産毛ごと削いでくれるか安全剃刀

ひの夕雅 心 2 音 7
2017年05月15日『刀』

 納得はしてない分母と分子とをひっくり返してかける割り算

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年05月14日『母』

 一昨日のクロワッサンのくたびれた顔がいいのと今朝は三つ目

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年05月13日『好きなパン』

 「Pardon? so,please tell me once more」耳遠くとも祖母は果敢に

ひの夕雅 心 3 音 4
2017年05月12日『もう一度』

 雷が鳴りっぱなしの通夜のあと棺を姉と抱きしめていた

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年05月11日『棺』

 蓮根の穴に挽き肉詰めながらこれも凌辱なのかとおもう

ひの夕雅 心 4 音 10
2017年05月10日『自由詠』

 現実はこんなもんだよぼくたちの野球部に南ちゃんなどいない

ひの夕雅 心 0 音 9
2017年05月09日『充』

 差し出したきみごと食べてしまおうかいちごポッキーみたいな鉛筆

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年05月08日『ポッキー』

 富士山の冠雪のごと純白のシャツ着たる日にカレーうどんは

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年05月07日『富士山』

 靴下をするりとたくしあげている指、ゆうべはゴムつけていた人

ひの夕雅 心 2 音 14
2017年05月06日『ゴムつけて』

 楽園を追われたイヴがにこやかに握りつぶした林檎のパイです

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年05月05日『林檎』

 丸焼きにして食べたなら七色の味がするんだろうかカメレオン

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年05月04日『カメレオン』

 その襟の内側にあるとされているやがて少女をやめるスイッチ

ひの夕雅 心 2 音 8
2017年05月03日『セーラー服』

 ボンゴレのあさりの殻の聲をきき無口な海藻サラダ微笑む

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年05月02日『藻』

 夕飯の支度しながら思い入るこの鶏肉も生きていたこと

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年05月01日『飯』

 原色が似合う人だしもうあえてあやふやな恋のままにしておく

ひの夕雅 心 0 音 4
2017年04月30日『あやふや』

 そうやって春を忘れてしまってもずっと桜色のロキソニン

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年04月29日『ロキソニン』

 さぁお逃げ改造されぬうちに早くタンデムシートのショウリョウバッタ

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月28日『バッタ』

 何でもっと優しくできなかったのか大島紬を抱きしめる祖父

ひの夕雅 心 3 音 5
2017年04月27日『島』

 あの方は無類の女好きでした棺に入れる美女を探して

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年04月26日『いい夫婦』

 薫風が彼のまなこを細めさせ危うく好きになるかと思う

ひの夕雅 心 1 音 7
2017年04月25日『未遂』

 正義とはちょっぴり孤独なものだろう横断歩道は手をあげて渡る

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年04月24日『渡』

 第45巻の終わり殺された人のいて名探偵が起つ

ひの夕雅 心 0 音 1
2017年04月23日『巻』

 元気出せよ簡単に言う同僚と火曜の昼の平打ち麺は

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月22日『麺』

 吉祥寺タキオンひとり本物の東京23区を眺む

ひの夕雅 心 0 音 1
2017年04月21日『23区』

 雨上がり手書きのポスター「な」の文字はゆうべの涙を皆に悟られ

ひの夕雅 心 3 音 6
2017年04月20日『ポスター』

 襟ぐりが疲れたTシャツ今夜からベッドの中で愛してあげる

ひの夕雅 心 0 音 6
2017年04月19日『襟』

 とられてはまた出戻ってあの子だけ呼ばれ続ける花一匁(はないちもんめ)

ひの夕雅 心 3 音 8
2017年04月18日『戻』

 焼きそばパン三つ抱えて駆け抜けた新入生をポイントガードに

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月17日『バスケ』

 ああきみの言葉にならない訴えを秘めているのか耳のほくろは

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年04月16日『ほくろ』

 後学のために聞きたいピーマンは野菜炒めの主役なのかと

ひの夕雅 心 1 音 3
2017年04月15日『後』

 18:00今日が始まる自主的にラジオ体操してるホステス

ひの夕雅 心 3 音 3
2017年04月14日『夕方』

 息切らし作業着のまま飛び込んできた男だけが泣いていた通夜

ひの夕雅 心 2 音 10
2017年04月13日『作』

 きっかけはクラシックだった「選んで」と差し出すバッハ、ショパン、JUDY&MARY(ジュディマリ)

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年04月12日『クラシック』

 銀色に輝く日を夢見てますか今日は雪です慈照寺の屋根

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年04月11日『照』

 パンプスが痛いどうして私には気持ちいい春こないんだろう

ひの夕雅 心 2 音 4
2017年04月10日『自由詠』

 アイロンがぴしりかかって緊張がカッターシャツの上からも透け

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年04月09日『カッター』

 哀愁を漂わせ角の豆腐屋が明日並べるがんもを揚げる

ひの夕雅 心 0 音 2
2017年04月08日『哀』

 永年の酷使に耐えて最後の夜オーブンはシュークリームを焼き上げ

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年04月07日『酷』

 ひろいひろい恋愛市場で今日もまたオセロの相手を探して歩く

ひの夕雅 心 1 音 3
2017年04月06日『市』

 おさな児が命吹き込みリュックから手足が生えてとびはねてゆく

ひの夕雅 心 3 音 4
2017年04月05日『リュック』

 背徳のマドラーきみとかきまぜるいい匂いってこんなに泣ける

ひの夕雅 心 3 音 18
2017年04月04日『いい◯◯』

 身綺麗なあの子を疎ましく思う粗雑なわたし泥つき牛蒡

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年04月03日『綺麗』

 「このお花、ののさまあげて」と子らの手に青紫のオオイヌノフグリ

ひの夕雅 心 0 音 4
2017年04月02日『仏』

 疲弊した嘘つきたちに歌舞伎町の烏は挨拶がわりの哄笑

ひの夕雅 心 1 音 2
2017年04月01日『嘘』

 あいつとは気が合うわけじゃないけれどクラス一(いち)いいサボテンができる

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年03月31日『組』

 もうここに来られないのと僕じゃなく人体模型に彼女は囁き

ひの夕雅 心 2 音 7
2017年03月30日『人』

 白き夜わたしも桜も散ったあと賢者タイムが長めにあるの

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年03月29日『賢』

 祖母の描く絵手紙からはこの春も菜種の黄色がこぼれおちたり

ひの夕雅 心 3 音 12
2017年03月28日『絵』

 トルアキと赤字だらけのゲラ刷りに迷いがなくていいなと云われ

ひの夕雅 心 0 音 1
2017年03月27日『一字空け』

 極厚の3段重ねパンケーキ私はなぐさめられているのだ

ひの夕雅 心 4 音 13
2017年03月26日『パン』

 ねえ男子、春は退屈過ぎるから箒野球に私も入れてよ

ひの夕雅 心 1 音 2
2017年03月25日『掃除』

 最初から別れはわかっていたことで交響曲第五番ハ短調

ひの夕雅 心 2 音 4
2017年03月24日『交』

 きみのため割れないしゃぼん玉を作る理系の彼が語るメルヘン

ひの夕雅 心 3 音 14
2017年03月23日『しゃぼん玉』

 あの子たち無理だとわかってても好きで野球をやってるんだな、いいなぁ

ひの夕雅 心 2 音 3
2017年03月22日『甲子園』

 この人が善い人だろうがなかろうが乳酸菌は悪と戦う

ひの夕雅 心 2 音 12
2017年03月21日『善』

 この国の小さき庭に寝そべりて雀侍らす牧羊犬かな

ひの夕雅 心 0 音 8
2017年03月20日『羊』

 あなたより上手にカレーが作れない おかわりするのが屈辱である

ひの夕雅 心 1 音 11
2017年03月19日『屈』

 「おかえり」と云う人がなくリビングでひとり味付海苔をかじった

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年03月18日『海苔』

 春になり需要に応えようとして堤防の脇よもぎほほえむ

ひの夕雅 心 2 音 6
2017年03月17日『要』

 菜種梅雨ぬるい雫にうたれつつ揺蕩う私を甘えさせてね

ひの夕雅 心 2 音 4
2017年03月16日『梅』

 脳みそが粘粘(ねばねば)するの おしまいにするべきだろうこの片想い

ひの夕雅 心 1 音 3
2017年03月15日『粘』

 手を繋ぐ鼓動をもてあまして歩く 許して 私、どうちゃっちゃうの

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年03月14日『わからない』

 愛を知る誤飲防止につけられたリカちゃん人形の靴の味

ひの夕雅 心 0 音 8
2017年03月13日『誤』

 まずは今日八宝菜になるだろう土間で胡座をかく白菜は

ひの夕雅 心 6 音 14
2017年03月12日『間』

 空白みあなたが私を抱いたこと喉元過ぎても忘れるもんか

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年03月11日『忘』

 コンビニの天丼の中にある春は偽物ですかとたらの芽に問う

ひの夕雅 心 1 音 9
2017年03月10日『自由詠』

 入院を経て久々の登校で62個の好奇のまなこ

ひの夕雅 心 0 音 5
2017年03月09日『個』

 掛け布団カバーをかけるのが下手でひつじがこける私の寝床

ひの夕雅 心 3 音 8
2017年03月08日『掛』

 ニューヨーク・チーズケーキを食べている田舎の平屋のこたつの中で

ひの夕雅 心 1 音 12
2017年03月07日『7音以上の名詞』

 鼻先をあなたの首にこすりつけ留(とど)めておいた「すき」を逃がそう

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年03月06日『留』

 この次はきみが交換するんだとLED電球を託す父

ひの夕雅 心 1 音 4
2017年03月05日『電』

 遠足に招待されたその昔高気圧ガールと呼ばれた母は

ひの夕雅 心 1 音 1
2017年03月04日『圧』

 右耳に補聴器つけて左には大きなピアスの祖母、今日デート

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年03月03日『耳』

 庭先で箒片手に鼻唄をキャンディーズにする母なりの春

ひの夕雅 心 3 音 9
2017年03月02日『春一番』

 今日はまだ来てない15時の鐘と共に塩パン1つ買う客

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年03月01日『15時』

 冬支度コートと手袋出した日は予防接種もイベントとなる

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年02月28日『インフルエンザ』

 血統書つきといわれるわたくしにペディグリー・チャムより愛をくれ

ひの夕雅 心 0 音 3
2017年02月27日『血』

 てのひらに豆腐を載せて切るしぐさ恐々やるのが母に似た姉

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年02月26日『仕草』

 正しさを背中に抱え彼なりの全力疾走する蝸牛

ひの夕雅 心 3 音 15
2017年02月25日『牛』

 ミルクプリンくらいで、と言われ心には今鮮やかに火柱の立つ

ひの夕雅 心 1 音 11
2017年02月24日『柱』

 教科書に赤字で「出る!」と書かれたり兄の時代は古今和歌集

ひの夕雅 心 3 音 11
2017年02月23日『古』

 叱られる覚悟はあってそっと押すいつも正しく鳴る非常ボタン

ひの夕雅 心 1 音 8
2017年02月22日『そっと』

 松任谷由実が流れるアーケードひとりで食べる惣菜を買う

ひの夕雅 心 5 音 14
2017年02月21日『任』

 えりちゃんってどう書くのと聞く祖母に「恵利です」と答える。祖母は書く「ゑり」

ひの夕雅 心 1 音 1
2017年02月20日『ゑ』

 うちだけの慣習だったひきかけの風邪対策にチョコレートムース

ひの夕雅 心 1 音 5
2017年02月19日『慣』

 北風が吹きつけ街に小刻みなビートを刻む人々の群れ

ひの夕雅 心 2 音 7
2017年02月18日『ダンス』

 神様の大抜擢の命(めい)を承(う)けここにきたぞとあげる産声

ひの夕雅 心 3 音 8
2017年02月17日『抜』

 本当の気持ちを彼に伝えたら独りでパピコ食べずにすむかな

ひの夕雅 心 3 音 9
2017年02月16日『告白』

 ドレッシングなしでサラダを頬張った 野菜全員すっぴんの味

ひの夕雅 心 3 音 12
2017年02月15日『すっぴん』

 世の中にこんなにだらしない味があるって知らなかったよ、好きよ

ひの夕雅 心 6 音 5
2017年02月14日『キス』

 まっすぐに目指す私と迂回路を探す彼との違いはわずか

ひの夕雅 心 1 音 6
2017年02月13日『違』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2017 10 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31