うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1353日 】 2017年12月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1353 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   篠宮 ファイト 藤 哲也

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 


明日の短歌
も募集中!!

 

『 きつね 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 お前から春になれよと三日月が僕のコートを引っかけていく

きつね 心 10 音 10
2017年03月03日『三』

 春一番に背中を押されスカートとスカートと触れる「センパイ、わたし……

きつね 心 3 音 4
2017年03月02日『春一番』

 19時にさよならをしてコンビニの肉まんばかりがこんなにやさしい

きつね 心 3 音 7
2017年03月01日『19時』

 春風がほどいてしまう包帯のひらりひらりと不安な心

きつね 心 2 音 4
2017年02月28日『帯』

 タタタンタタンタンバリン叩く手に見とれていれば跳ねる心臓

きつね 心 1 音 6
2017年02月27日『タンバリン』

 君の仕草が春を招いてうたかたの夢を泳いだ桜散るまで

きつね 心 2 音 2
2017年02月26日『仕草』

 アリバイを証明すればまた別の浮気がばれてしまうレシート

きつね 心 1 音 8
2017年02月24日『アリバイ』

 三滴のうちの二滴は頬に落ち目薬としての役目を終える

きつね 心 2 音 9
2017年02月22日『滴』

 「そういえばしし座流星群今日だね」と電話したまま空を眺める

きつね 心 0 音 5
2017年02月21日『群』

 自撮りする少女の後ろに俺がいて俺の顔にも犬の鼻とか

きつね 心 0 音 12
2017年02月20日『自』

 改札を抜けて正しく歩行する 恋人たちのエキストラとして

きつね 心 4 音 8
2017年02月19日『改』

 カルビーのポテトチップスうすしおに人魚の頃を思い出します

きつね 心 4 音 9
2017年02月17日『ルビ』

 スケジュール書き込めば書き込むほどにあなた一人分の空白

きつね 心 1 音 8
2017年02月16日『空白』

 何も知らないあんたのLINEに既読つけ渡せなかったチョコを見ている

きつね 心 1 音 0
2017年02月15日『見』

 つづきはwebでとお願いしたい先輩の自慢話をスクロールする

きつね 心 2 音 6
2017年02月14日『つづきはWEBで』

 縁石の隙間に咲いたオヒシバの風に吹かれて柔軟体操

きつね 心 3 音 5
2017年02月13日『操』

 柄にもないと笑うでしょうかひっそりと左手にするピンキーリング

きつね 心 1 音 2
2017年02月12日『柄』

 国民的アイドルのセンターよりも立ちたい場所に立つためのチョコ

きつね 心 1 音 6
2017年02月10日『自由詠』

 心臓は僕にもひとつありまして、これが意外にかわいいのです

きつね 心 3 音 9
2017年02月09日『心臓』

 少女の死でアクセス数を競い合い5765のいいね

きつね 心 0 音 3
2017年02月08日『少』

 方程式を解いている手に春は来てロイヤルミルクティーをホットで

きつね 心 2 音 4
2017年02月07日『解』

 この部屋に脱け殻だけが残されてあなたは飛ぶ姿を見せない

きつね 心 4 音 5
2017年02月06日『サナギ』

 君が持つ影に触れたがるこの手を切り落としてはくれないだろうか

きつね 心 0 音 2
2017年02月05日『影』

 一晩を寄り添い合った黒猫がシュヴァルツ・カッツのラベルに消える

きつね 心 11 音 6
2017年02月04日『ドイツ』

 秘密ひとつを二人でかかえ花ひらく日に弾くボレロ

きつね 心 1 音 11
2017年02月03日『都々逸』

 寂しさは誕生日にもやってきて一人齧っている茎わかめ

きつね 心 2 音 12
2017年02月02日『茎』

 ら(ら)り(り)ぱ(ぱ)っ(っ)ぱ(ぱ)ら(ら)り(り)ぱ(ぱ)っ(っ)ぱ(ぱ)ってしろたえのごんぐるまにあの行列が行く

きつね 心 2 音 1
2017年02月01日『造語』

 隕石と証明をする術もなく日本人として生きてます

きつね 心 0 音 6
2017年01月31日『隕石』

 今日のニュースは見ないで寝よう幸せなままの二人の夢を見させて

きつね 心 2 音 5
2017年01月30日『今日のニュース』

 ツナマヨと言ったら岡くんなんだけど今年で先生辞めるらしいよ

きつね 心 3 音 3
2017年01月29日『ツナマヨ』

 あなたとのボーダーラインはここですと「寒いね」にただ「うん」と頷く

きつね 心 4 音 8
2017年01月27日『寒』

 唇は思考をコピーできなくて思った通りに言えない言葉

きつね 心 1 音 10
2017年01月26日『コピー』

 春の紙袋が破けてこたつから猫が出てきて昼寝をします

きつね 心 2 音 9
2017年01月25日『破』

 大丈夫まだ大丈夫とアラサーの女三人チューハイを飲む

きつね 心 1 音 12
2017年01月24日『アラサー』

 折り鶴を開いてみれば一枚の正方形とあなたの祈り

きつね 心 6 音 15
2017年01月23日『鶴』

 夏の日の欠片のごとき砂粒を抱えたままのビーチサンダル

きつね 心 5 音 13
2017年01月22日『サンダル』

 母親に容赦をされている冬の蝿いつまでも手をすっている

きつね 心 2 音 9
2017年01月21日『蝿』

 きっかけはバナナで釘を打つ姿 今でもバナナで釘打ちますか

きつね 心 2 音 4
2017年01月20日『きっかけ』

 都合よく登場するヒーローはなくグローランプを自分で替える

きつね 心 1 音 9
2017年01月19日『都合』

 とりあえず西日が眩しげなふりで凌げたピンチがいくつかあった

きつね 心 4 音 8
2017年01月18日『西』

 普段より高いワインで酔っている今夜の月を言い訳にして

きつね 心 0 音 11
2017年01月17日『言い訳』

 恋愛に自信がなくてどの道も赤信号だと思ってしまう

きつね 心 0 音 10
2017年01月16日『赤信号』

 俺よりも先にこの部屋に馴染んだ醤油の染みを睨んで過ごす

きつね 心 5 音 7
2017年01月15日『醤油』

 あなたにも夜が訪れますように(そしてわたしを見つけてください)

きつね 心 1 音 5
2017年01月14日『そして』

 宇宙船めいた深夜の自転車でひとつ遠くのコンビニへ行く

きつね 心 1 音 13
2017年01月13日『自転車』

 筋肉痛を起こした僕の表情筋 可笑しいねってまた笑い合う

きつね 心 0 音 3
2017年01月12日『表』

 緊張を隠しきれない弟のかばんからはみ出してる期待

きつね 心 0 音 5
2017年01月11日『かばん』

 騙されているわけじゃない手作り風おにぎり手作りだったら買わない

きつね 心 2 音 8
2017年01月10日『自由詠』

 友人におすすめされたAVのここぞというとき浮かぶ友人

きつね 心 5 音 17
2017年01月09日『アダルトビデオ』

 デートっていったら少し味気ないけれどたしかにきみは笑った

きつね 心 0 音 5
2017年01月08日『デート』

 くちづけを許してしまう帰り道 月のきれいな晩だったから

きつね 心 3 音 9
2017年01月07日『晩』

 自販機にわたしがわずかに反射してわたしはわたしと指差し確認

きつね 心 3 音 5
2017年01月05日『認』

 日本語で上がる歓声日本人選手がチャンピオンを殴れば

きつね 心 1 音 4
2017年01月04日『日本人』

 普段着の言葉で君と話したい ブレーキ間に合わなかったねとか

きつね 心 0 音 5
2017年01月03日『話』

 履歴書をファイルするため一人ずつ二穴パンチで開けていく穴

きつね 心 3 音 3
2017年01月02日『パンチ』

 生きること生活すること笑うこと 上から順にできることだけ

きつね 心 1 音 10
2017年01月01日『平成二九年の抱負』

 タイトルを知らない歌を口ずさむ逃げたくなったときはいつでも

きつね 心 0 音 11
2016年12月31日『歌』

 パブロって言い始めてから恋をしてクリスピーンのあたりで終わる

きつね 心 0 音 8
2016年12月30日『ピカソ』

 つまらないことであなたを思い出す多少は恋もしたんだけれど

きつね 心 2 音 7
2016年12月29日『多』

 おんぼろのギターで下手なラブソング君と結婚してもいいかな

きつね 心 0 音 4
2016年12月28日『おんぼろ』

 二百円の価格差の理由がわからずにわからずにいて高いのを買う

きつね 心 5 音 8
2016年12月27日『差』

 我慢してばかりだったと振り返る恋の終わりの特上カルビ

きつね 心 2 音 14
2016年12月26日『特』

 冬服のポケットにある幸せはきつねがくれたどんぐりだった

きつね 心 3 音 6
2016年12月24日『うたの日の参加者さん詠み込み』

 とりあえずビールみたいに僕を呼ぶあれ好きだからもっかいやって

きつね 心 2 音 3
2016年12月23日『とりあえず』

 雨粒のすべてが俺に命中し濡れて帰れば笑う風使い

きつね 心 0 音 0
2016年12月22日『粒』

 君のシナリオにはないセリフでしょう?この結末は私が決める

きつね 心 0 音 2
2016年12月21日『結』

 どっちでもいいのだけれど一応は君の話を最後まで聞く

きつね 心 1 音 5
2016年12月20日『どっちでもいい』

 生意気な奴だ俺が街灯をくぐれば俺を追い越す影め

きつね 心 1 音 4
2016年12月19日『灯』

 にんにくのにおいと酒のにおいとが混ざった息で述べる反省

きつね 心 0 音 4
2016年12月18日『反省』

 知らぬ間に君の癖字がわたしにも移って七度に傾く名前

きつね 心 2 音 11
2016年12月17日『字』

 約束は守ったからなと叔父さんは銀歯を光らせながら笑った

きつね 心 3 音 2
2016年12月16日『銀』

 分身の術をするのはやめましたわたしはわたしを独り占めする

きつね 心 1 音 7
2016年12月15日『分身の術』

 わたしより年上の本棚がありわたしの知らない父を知ってる

きつね 心 8 音 10
2016年12月14日『年上』

 神様に残念賞をいただいて残念なまま一日生きた

きつね 心 2 音 4
2016年12月13日『残念』

 今駅に着いたっていう中島をほっといたまま二軒目へ行く

きつね 心 0 音 6
2016年12月12日『今』

 僕からのLINEは鳴らない設定にしてあると知る深夜のファミレス

きつね 心 6 音 10
2016年12月11日『鳴』

 ラーメンの麺にたどり着くまでのひたすらもやしを食べてる時間

きつね 心 5 音 4
2016年12月10日『自由詠』

 日曜の気だるい朝の戯れにきみのチョップを額で受ける

きつね 心 2 音 3
2016年12月09日『チョップ』

 いつまでも仲良くなれない猫がいて仲良くなれないままのさよなら

きつね 心 2 音 6
2016年12月08日『失恋』

 あんなにも笑っていたのに「 会いたい 」が小さな胸に残ったままだ

きつね 心 0 音 1
2016年12月07日『まだ』

 三人の子供を育てた母親の腕が細くて、とても細くて

きつね 心 2 音 3
2016年12月06日『三人』

 優しさと言えればいいね青空の飛行機雲は風に散らばる

きつね 心 2 音 4
2016年12月05日『飛行機雲』

 徳川の埋蔵金をしめすまでどこまでも伸びろ田中のもみあげ

きつね 心 1 音 2
2016年12月04日『もみあげ』

 ごはんでもおしめでもなく抱っこする 君の言葉がまだわからない

きつね 心 5 音 7
2016年12月03日『』

 旅先のコンビニでもやしを買って写真を撮るとは思わなかった

きつね 心 1 音 2
2016年12月02日『写真』

 てっぺんを白くしながらやってくるこの黒猫はチョコのともだち

きつね 心 0 音 5
2016年12月01日『雪』

 一頁漢字練習する度に娘が表に増やす水玉

きつね 心 0 音 3
2016年11月30日『水玉』

 真っ白いスニーカーが自転車をこいで春の一日を泳ぎ始める

きつね 心 0 音 5
2016年11月29日『スニーカー』

 君の手に引力があるつなぐ手が引き寄せているわたしの心

きつね 心 0 音 4
2016年11月28日『引』

 僕たちを取り残して建つビルがまた取り残される日の来ることの

きつね 心 1 音 2
2016年11月26日『けいとさんの写真』

 悲しいと思いませんか女の勘はこんな僕にも備わっている

きつね 心 3 音 5
2016年11月25日『勘』

 飽きたって言ってもいいよさよならはいつも上手にできているから

きつね 心 0 音 2
2016年11月24日『飽』

 宛先も知らないけれど君の名を美しく書けるペンを探した

きつね 心 2 音 11
2016年11月23日『「恋」の字を使わない恋の歌』

 キックダウンかまして過ぎていく日々に一瞬お前の横顔を見た

きつね 心 0 音 0
2016年11月22日『キック』

 転校生の絵の具かばんを持ったまま生きてしまった僕であります

きつね 心 1 音 6
2016年11月21日『絵の具』

 君の名に似ている駅を過ぎるときたった一度の夢を見たこと

きつね 心 1 音 2
2016年11月20日『似ている言葉』

 母親は六十五になる今日もまた病院へ行くバスを待ってる

きつね 心 0 音 5
2016年11月19日『待つ』

 君の背がいよいよ丸みを帯びてきてまたひとつ猫に近づいていく

きつね 心 1 音 8
2016年11月18日『近』

 母親のカメラロールに真っ黒い塊として写る黒猫

きつね 心 0 音 2
2016年11月16日『黒猫』

 玉手箱めいたMD 自分では買わないTDKのブランド

きつね 心 1 音 0
2016年11月15日『90年代』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4 5 6 7 8


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2017 12 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31