うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1571日 】 2018年07月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1571 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   える

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 きい 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 語らいの声を隠してしまうほどオレンジに染む車窓が広い

きい 心 2 音 3
2016年01月07日『広』

 曇天にヘリコプターの音だけが旋回してる冬の昼下がり

きい 心 1 音 6
2016年01月06日『音』

 読み返す『あすなろ白書』に泣かされていつまで経っても片付かぬ部屋

きい 心 2 音 6
2016年01月04日『漫画』

 冬晴れにたわわに実る財宝を差し出すように南天が立つ

きい 心 5 音 6
2016年01月02日『宝』

 雑草が大きな足を見上げつつうんと背伸びをしようと思う

きい 心 0 音 4
2016年01月01日『平成二八年の抱負』

 大晦日 連なる歌の隙間からのぞいた記憶のほこりをはらう

きい 心 1 音 6
2015年12月31日『歌』

 邪魔になる猫や人間どかしつつサイレン鳴らして掃除機が行く

きい 心 0 音 3
2015年12月28日『魔』

 たっぷりとレースの付いた葉ボタンでドレスアップする冬の花時計

きい 心 0 音 3
2015年12月27日『ドレス』

 華やいだ街の喧騒あとにして降りたつ駅の静かな夜道

きい 心 1 音 2
2015年12月23日『静』

 くるぶしで椅子をつついて本を読むきみの猫背はバリケードだね

きい 心 0 音 5
2015年12月21日『椅子』

 『サザエさん』みたいな家など無いなんて言ってた弟 よき父になる

きい 心 1 音 6
2015年12月20日『など』

 デザートと噂話がいつまでも舌に残って席を立てない

きい 心 1 音 10
2015年12月19日『噂』

 祭りあと片付けられた広場にはカラスの群れが騒いでおりぬ

きい 心 0 音 3
2015年12月15日『後』

 走り出すバスの背中を追いかけてダンスしている落ち葉の匂い

きい 心 3 音 11
2015年12月14日『ダンス』

 北向きの窓を拭く朝いつもとは違う景色を期待している

きい 心 0 音 10
2015年12月13日『北』

 劇的に勝つ日もあればぼろぼろに負ける日もある ゲームなんてさ

きい 心 0 音 4
2015年12月11日『劇』

 やっとこさ君を海まで連れ出すと季節はずれの大雨になる

きい 心 0 音 6
2015年12月10日『デート』

 向かい合うことの無かった父の爪切りつつ同じ遺伝子と思う

きい 心 1 音 6
2015年12月09日『DNA』

 傘の柄の少し剥がれたビニールが振り向く事ををためらわせてる

きい 心 0 音 5
2015年12月08日『柄』

 カフェラテのぬるい甘さを持て余し不機嫌になるきみの横顔

きい 心 0 音 0
2015年12月07日『既視感』

 好きだった本のページをめくるとき景色は少し違って見える

きい 心 1 音 0
2015年12月06日『ページ』

 吊り革に伸ばす左手長くなるうっかり時計を忘れた朝は

きい 心 2 音 7
2015年12月05日『時計』

 湯気立ちぬうどん屋に来て品書きを味わうように選ぶしあわせ

きい 心 1 音 3
2015年12月04日『選』

 風邪ひきのちいさな散歩天井のへりを辿ってまた降りて来る

きい 心 5 音 8
2015年12月03日『天井』

 腫れた目で見上げる空に飛行機がきりりと白い線を引く朝

きい 心 0 音 2
2015年12月01日『線』

 「内緒よ」と首をかしげて飛び立った小鳥のさえずり枝から枝へ

きい 心 0 音 1
2015年11月30日『「 」』

 ポケットの中の切符に触れながらハッピーエンドをループしている

きい 心 2 音 4
2015年11月28日『半濁音』

 空き瓶のすぼめた唇ふれながら幾度もポーと呼びかけた日々

きい 心 3 音 4
2015年11月26日『瓶』

 なにげなく内ポケットに手を入れた俺を一斉に狙う銃口

きい 心 2 音 4
2015年11月25日『凶器』

 君のいない座席の向こうに灰色の雲をまとったビルばかり建つ

きい 心 3 音 3
2015年11月24日『席』

 どれほどの海を渡ってきたのだろう浜で手に取るまあるいガラス

きい 心 0 音 5
2015年11月23日『謎』

 理想的な父親である君といて独り占めしている結婚である

きい 心 0 音 3
2015年11月22日『結婚』

 たかくたかく入道雲が散らばった思いを集め輝いている

きい 心 0 音 2
2015年11月21日『全校生徒600名の前で一首』

 ゆるやかな坂道上がる自転車に短パンの足くいくい伸びる

きい 心 3 音 2
2015年11月19日『短』

 母の観るホームドラマにわたくしが小さな娘で出演するらし

きい 心 1 音 1
2015年11月18日『出』

 濃紺のボディはますます光りおり愛車と最後のドライブへ行く

きい 心 2 音 3
2015年11月16日『紺』

 穏やかな水面に泳ぐうろこ雲ひしめきあってどこに向かうの

きい 心 2 音 0
2015年11月15日『雲』

 色褪せた旧札挟みやわらかな財布は祖母の匂いを残す

きい 心 1 音 4
2015年11月14日『はさみ』

 新しい服を着た日は街中に鏡があふれ私を讃える

きい 心 3 音 7
2015年11月13日『ナルシスト』

 宿題をしながらコピーロボットが空に並んだマントを眺む

きい 心 0 音 4
2015年11月11日『藤子不二雄』

 真夜中の吉野家にいる 丼とひとりひとりを窓に見ながら

きい 心 2 音 7
2015年11月10日『丼』

 週末の酒の匂いを滲ませてマシンに汗を流してる人

きい 心 0 音 2
2015年11月09日『酒』

 暗い海にときおり浮かぶ漁り火が映画観る目の端にちらつく

きい 心 0 音 7
2015年11月08日『端』

 百均の棚より来たるガジュマルが足を踏ん張り大きく育つ

きい 心 3 音 9
2015年11月06日『百』

 信号のタイミングさえついてない占い通りの朝が始まる

きい 心 0 音 9
2015年11月05日『占』

 大きな目の君が小首をかしげてるうちのチワワと同じ角度で

きい 心 0 音 3
2015年11月04日『首』

 後ろからベル鳴らしつつ補助輪を付けた自転車が近づいて来る

きい 心 1 音 5
2015年11月02日『助』

 出入り口だけを見つめて犬が待つスーパーの灯に照らされながら                 

きい 心 4 音 10
2015年11月01日『犬』

 秋の陽と共に来たりしカメムシの命をひとつ窓から放つ

きい 心 2 音 4
2015年10月28日『命』

 つまらない喧嘩のあとの傘ひとつ くるぶしあたりの泥はねを見る

きい 心 0 音 6
2015年10月27日『くるぶし』

 澄みわたる秋の夕暮れうす紅に空と海とが溶けあいながら

きい 心 1 音 1
2015年10月26日『溶ける』

 なぜだろう何度も見てる『あまちゃん』の同じところでやっぱり笑う

きい 心 2 音 3
2015年10月25日『笑』

 信号の伸びる灯りを追うように街角に立つ『レイニーブルー』

きい 心 0 音 4
2015年10月24日『思い出の一曲』

 めくる手に未来を告げるカレンダー部屋に夕陽が長く差し込む

きい 心 0 音 1
2015年10月23日『カレンダー』

 つまらないジョークの後で反応を窺がう顔に笑ってしまう

きい 心 0 音 4
2015年10月22日『つまらない』

 母と飲む紅茶が渋くならぬよう話題をそっとテレビに変える

きい 心 2 音 8
2015年10月20日『テレビ』

 「なんきんのたいたん」という柔らかな甘いおかずが苦手でしたね

きい 心 1 音 3
2015年10月19日『かぼちゃ』

 指先と脇に力を込めながら儀式のように栗と向き合う

きい 心 3 音 5
2015年10月16日『栗』

 書き溜めた手紙をずっと置いたまま液晶ですぐ繋がる僕ら

きい 心 0 音 5
2015年10月15日『書』

 少しだけ遠回りする堤防に千切れた雲を幾つも見送る

きい 心 0 音 4
2015年10月14日『回』

 外は雨 夢から覚めて真夜中のテレビが映るリビングルーム

きい 心 1 音 0
2015年10月13日『外』

 ホームランボールのように手で触れて確かめられる自信が欲しい

きい 心 0 音 8
2015年10月12日『ホームラン』

 磨かれた夜の線路が信号の光を乗せてまっすぐ伸びる

きい 心 0 音 5
2015年10月11日『信号』

 カーナビの画面は時に見にくくて優しい声の案内を待つ

きい 心 0 音 3
2015年10月09日『画面』

 素晴らしい比喩なんて無い 目玉焼きひとつだけしか焼かない朝は

きい 心 1 音 3
2015年10月08日『比喩』

 声援の響くグランド子供らが金平糖のように散らばる

きい 心 0 音 9
2015年10月06日『声』

 父母(ちちはは)の待つ家のなきふるさとのバスいつまでも見送っている

きい 心 1 音 4
2015年10月05日『でも』

 厳めしく黒いピアノの鍵盤に触れたらポンと楽し気な音

きい 心 0 音 3
2015年10月03日『ピアノ』

 新しい自転車だろう泥はねをジョウロのシャワーで洗っておりぬ

きい 心 2 音 4
2015年10月02日『泥』

 浴槽に手足伸ばせば後ろから湿布クラゲがゆらり現る

きい 心 0 音 9
2015年10月01日『最近いちばん笑ったこと』

 初めての会合に来てひとりきり迷子のように落ち着かぬまま

きい 心 1 音 1
2015年09月29日『迷子』

 ガムを噛むたびに折ってた銀の鶴 暖かな手の祖母に教わる

きい 心 1 音 3
2015年09月28日『ガム』

 高層のビルはガラスで囲まれて街に互いの姿を競う

きい 心 0 音 3
2015年09月27日『ガラス』

 歓声を受けてだんじり豪快に岸和田の町を駆け抜ける秋

きい 心 3 音 4
2015年09月20日『岸』

 じゃあねって別れたあとで加速する後ろ姿を見送っている

きい 心 1 音 7
2015年09月19日『速』

 この次は頑張ろうねと言い合って負けてばかりのチームにいます

きい 心 1 音 4
2015年09月18日『負け』

 どしゃ降りに煽られるよう叫んだら告白はいま台風の目だ

きい 心 0 音 2
2015年09月17日『風』

 ナイフから滴り落ちるまろやかな梨の甘味が手首を伝う

きい 心 3 音 6
2015年09月14日『味』

 知る店がひとつも無くて商店街ほんとにここは故郷だろうか

きい 心 0 音 7
2015年09月12日『商店街』

 二時限目終わるといつも食べていた焼きそばパンは自由の匂い

きい 心 2 音 6
2015年09月11日『自由』

 山並みは枕のような雲浮かべ泣き濡れたまま静かに眠る

きい 心 0 音 5
2015年09月10日『枕』

 舌を噛んだ痛みは闇をひた走り胸の奥底揺さぶっている

きい 心 0 音 0
2015年09月09日『痛』

 空腹で通るデパ地下くるくると木の葉のように軽く廻りぬ

きい 心 3 音 4
2015年09月07日『腹』

 染まりゆく装い乗せて地下鉄は秋の暦をくぐって走る

きい 心 1 音 2
2015年09月05日『装』

 稼働する室外機から熱い風そこに蕎麦屋のあることを知る

きい 心 1 音 6
2015年09月04日『働』

 デニッシュが華やかに咲く棚の上迷っていつもの食パンを買う

きい 心 3 音 3
2015年09月03日『買』

 混沌と配線コードの渦巻いた部屋の片隅 ゴムの木を置く

きい 心 0 音 4
2015年09月02日『配』

 転校は三度目になり(仮)という付箋を付けて挨拶をする

きい 心 3 音 4
2015年09月01日『(仮)』

 それぞれの過去形が寄る同窓会 時間を越えてヒグラシは鳴く

きい 心 0 音 5
2015年08月31日『過去形』

 トースターの窓に夕焼け置いたまま昨日の二人が色づいてゆく

きい 心 0 音 5
2015年08月30日『夕』

 缶ビールのおまけのグラスでカルピスも麦茶も乾杯 家族で乾杯

きい 心 3 音 5
2015年08月28日『おまけ』

 友達と思った蜂に刺された日そうじゃないって涙が落ちた

きい 心 1 音 5
2015年08月27日『じゃない』

 宍道湖の方にうさぎは連なってパラパラ漫画みたいに跳ねる

きい 心 1 音 5
2015年08月26日『うさぎ』

 ミーちゃんと呼ばれてなつく野良猫は筋向いではタマかも知れぬ

きい 心 1 音 6
2015年08月25日『名前』

 真夜中にラジオの語る怪談はどこかの闇を引きずって来る

きい 心 2 音 5
2015年08月24日『怪談』

 ひそやかに子供は絵本に貼りついてバムと夜通し遊ぶのだろう

きい 心 0 音 5
2015年08月23日『絵本』

 ベランダの手すりに小さく跳ねながら天気予報をさえずる雀

きい 心 0 音 5
2015年08月22日『雀』

 飼い猫は上手に撮れた写真より変顔の方が可愛くて、もう

きい 心 0 音 8
2015年08月21日『方』

 そっと抱く紙袋から焼きたてのパンの香りをこぼして歩く

きい 心 5 音 11
2015年08月20日『抱』

 煮卵を絡めた糸で半分に切るなんて技どこで覚えたの

きい 心 0 音 2
2015年08月19日『糸』


301 ~ 400件を表示

1 2 3 4 5 6 7


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 07 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31