うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN1638日 】 2018年09月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 1638 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



 

『 かんぬきたくみ 』の検索結果

 範囲指定: 筆名
 該当件数: 

→ 歌会形式で表示 リスト形式で表示 ←


 国境を越えた刹那の左手の時針が告げる半日遅刻

かんぬきたくみ 心 0 音 5
2017年07月11日『『腕時計』または『国境』』

 ゴミ箱のショートカットの中のゴミ箱のショートカットの中のゴミ

かんぬきたくみ 心 1 音 4
2017年07月10日『自由詠』

 雑炊をストローで飲む裏切りの日々は必ず体に響く

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年07月09日『『炊』または『ストロー』』

 役所前を片耳豚(かたきらうわ)が奔りおり我は回避の逆立ちに挑む

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年07月08日『豚』

 フルカスの馬の青さが気になって星の講話が入って来ない

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年07月07日『星』

 服部家の灯りが消えて刀ごと姿の見えぬ大塚団地

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年07月06日『団地』

 夜明け前の人形峠の暗闇を子供の靴が追い掛けてくる

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年07月05日『靴』

 アンドロマリウスが曰く血税の大泥棒は官邸に在り

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年07月04日『泥』

 ブネ侯爵から知恵を得た本来は死者に付与されるものと識りつつ

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年07月03日『与』

 魔法陣から足の出たフラウロスが我まで焼きたそうに綻ぶ

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年07月02日『焼』

 ルミエールの丘で落ち武者待ち伏せる我の目の前を横切る狸

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年07月01日『丘』

 開聞トンネルをくぐると助手席に翌朝必ずある水たまり

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年06月30日『水たまり』

 境内に昔からある鉄の弾がお供え物に見えぬ暮合い

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年06月29日『弾』

 引き裂かれた親鳥と卵の眩い金色の再会のBol de Riz(ボル ドゥ リ)

かんぬきたくみ 心 1 音 0
2017年06月28日『丼』

 ズッコケた赤レンジャーが戻らない光と爆音だけのステージ

かんぬきたくみ 心 1 音 6
2017年06月27日『ヒーロー』

 微苦(ほろにが)き皆の黒歴史と永久(とわ)に封印されし前略プロフ

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年06月26日『前略』

 丈夫だが薄くて軽く中の絵によって色柄変わる額縁

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年06月25日『粋』

 社長から救急箱が香る日はラッパのマークを歯に詰めている

かんぬきたくみ 心 0 音 6
2017年06月24日『丸』

 煩悩を一字ならしめる苦平惡意舌耳女子身鼻眼浄染(クヘイアクイゼツジジョシシンビガンジョウセン)

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年06月23日『難』

 日が沈むと正丸峠の階段を這い下りてくる黒衣の老婆

かんぬきたくみ 心 1 音 2
2017年06月22日『正』

 置き引きやすりの楽園サンパウロのトレンドは遠隔スキミング

かんぬきたくみ 心 1 音 1
2017年06月21日『やすり』

 八王子絹の道から読経が聞こえた夜に消えたお地蔵

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年06月20日『絹』

 真夜中に江古田の森を通るたび首筋につく何かの歯型

かんぬきたくみ 心 1 音 7
2017年06月19日『森』

 日原鍾乳洞へ向く道傍で繰り返し会う緑の雨着

かんぬきたくみ 心 1 音 2
2017年06月18日『乳』

 妖精に会えると聞いて待ってたら青いジャージのおっさんだった

かんぬきたくみ 心 2 音 5
2017年06月17日『ジャージ』

 紫芋ソフトと言われ口にした巨峰ソフトに泣いてたあいつ

かんぬきたくみ 心 1 音 2
2017年06月16日『紫芋』

 始発を待つ籠原駅の朝焼けを背に立ち尽くす首の無い影

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年06月15日『始発』

 言葉攻めマスター名乗ってきましたが殺し文句の誤りでした

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年06月14日『殺し文句』

 パスワード手帳に光るダイヤル錠 モニタの付箋の3桁の数

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年06月13日『パスワード』

 「時間よ!」と女が叫びその隣の男を連れて降りた板橋

かんぬきたくみ 心 1 音 3
2017年06月12日『時間』

 信じるとか信じないとか関係なく名も無きものの見える父島

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年06月11日『父』

 URL朗読会を開きますページの色が分かると5点

かんぬきたくみ 心 1 音 1
2017年06月10日『自由詠』

 施錠した部屋に籠って爆音の中でごろごろロックンロール

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年06月09日『ROCK』

 雨の予報ひっくり返して夢の初デートに出向くでれでれ坊主

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年06月08日『てるてる坊主』

 鏡張りの部屋で私を指差すと私がそっと手を組み笑う

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年06月07日『鏡』

 浅貞公園中央の木に架かる風に揺れない鈍色の紐

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年06月06日『浅』

 ヘミシンクで幽体離脱決め込んで今宵寝ぐせの精と語らう

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年06月05日『精』

 車庫にあるローカル線の窓辺から茫と見下ろす着物の女

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年06月04日『ローカル』

 青年誌の束が隣家の門前に亀甲縛りで放置されたり

かんぬきたくみ 心 0 音 10
2017年06月03日『亀』

 浸水した間瀬隧道の深奥で壁に張り付く濡れ髪の束

かんぬきたくみ 心 0 音 5
2017年06月02日『浸』

 一年中カビの絶えない旧校舎の窓で夜な夜な揺れる白影

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年06月01日『カビ』

 さんご園近くの橋の対岸の陰で手招きする赤い影

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年05月31日『珊瑚』

 草加市は瀬崎角田公園でブランコに乗るふたつの鬼火

かんぬきたくみ 心 1 音 4
2017年05月30日『加』

 平賀源内が文案家の位地で遺した惹句土用の鰻

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年05月29日『用』

 非通知でショートメールが届きます事故を見てから「お前のせいだ」と

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年05月28日『せい』

 千葉の山奥で全てが懐かしく二度と行けない地図に無い村

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年05月27日『地図』

 法の番人と呼ばれて四半世紀見えて来たのは人間の情

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年05月26日『法』

 密やかな丑三つ時に黒鏡を眺めて綴る明日の日記

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年05月25日『日記』

 まだ夜中の白んだような伊予灘よ虚無を漂うブラフマンダよ

かんぬきたくみ 心 2 音 3
2017年05月24日『だよ』

 幽霊を見たくなったらシナモンを多めに摂ってラーメンを断て

かんぬきたくみ 心 3 音 3
2017年05月23日『断』

 相模原グリーンホールでホンモノに憑かれつつ観る稲川淳二

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年05月22日『相』

 届出をせず飛来するヒーローは登場前に撃墜される

かんぬきたくみ 心 1 音 3
2017年05月21日『飛』

 子の刻に呼び鈴が鳴る入院で不在の筈の祖父の寝間から

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年05月20日『呼』

 さまざまな記憶を抱いて音もなく森に飲まれるホテル藤川

かんぬきたくみ 心 1 音 6
2017年05月19日『藤』

 いつも中に顔の見えてた窓が割れどこか明るい向かいの廃墟

かんぬきたくみ 心 1 音 5
2017年05月18日『いつも』

 安かった新居廊下の中程に毎夜置かれる赤いクレヨン

かんぬきたくみ 心 1 音 3
2017年05月17日『クレヨン』

 日本の国石は去年翡翠だと卒爾決まったオルタナファクト

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年05月16日『翡翠』

 入鹿池ボート乗り場で明け方にトランペットを吹く白い影

かんぬきたくみ 心 2 音 1
2017年05月15日『ボート』

 馬場駅に近い廃ビルの窓から毎夜流れる『メリーさんの羊♪』

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年05月14日『馬場』

 百間川(ひゃっけんがわ)土手のネジ屋の寮の跡地を浮遊する朱い泡沫

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年05月13日『ネジ』

 旭町矢部マンションの1階の床に散らばる爛れたお札

かんぬきたくみ 心 1 音 1
2017年05月12日『矢』

 上弦の月に照らされ湖面から覗く浴衣と絡む黒髪

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年05月11日『弦』

 明日の私へメッセージ:18時までの選歌を忘れてないか?

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年05月10日『自由詠』

 木漏れ日に光る源氏の滝の水音を貫く苦悶の呻き

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年05月09日『木漏れ日』

 檜原村神戸岩(ひのはらむら かのといわ)隧道で圏外のスマホを震う非通知

かんぬきたくみ 心 1 音 3
2017年05月08日『村』

 白金トンネルの鬱悒き側道を廻る無人の赤いママチャリ

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年05月07日『ママチャリ』

 わかったから、わかったからと繰り返す利口な大人への不信感

かんぬきたくみ 心 0 音 6
2017年05月06日『わかった』

 休憩のたび客が減り2時に我ひとりを乗せて駆る夜行バス

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年05月05日『行』

 面に念込めて投げれば出るライン教授のサイコロジーが曰く

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年05月04日『サイコロ』

 火点しごろ打越橋の中ほどでフェンスの外に消ゆセーラー服

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年05月03日『セーラー服』

 山の神トンネル先の廃キャンプ場を夜な夜な駆る三輪車

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年05月02日『場』

 顔年齢診断カメラをトンネルに向け左から50、18…

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年05月01日『顔』

 水槽でみんなの餌を食べ尽くし主(ぬし)に育った生物兵器

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年04月30日『水槽』

 不自然にリフォームされた角部屋で毎夜窓外を堕つ黒い影

かんぬきたくみ 心 1 音 1
2017年04月29日『角』

 水難が不思議と多発する市営プールの底に沈んだテディ

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年04月28日『底』

 薄暮れの白山島へ伸びる赤い橋に絡まる人型の波

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年04月27日『島』

 OR6A2の陥穽に落ちパクチーは石鹸の味

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年04月26日『パクチー』

 レンジへと駆ける温玉任された子を召し捕って爆発未遂

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年04月25日『未遂』

 凪の月夜に忌垣越し宝篋印塔(ほうきょういんとう)から漏れる男女の欷泣

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年04月24日『泣』

 巻町ホワイトハウスの鉄格子に絡む無数の赤黒い指

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年04月23日『巻』

 夕焼けで血色に染まる万座毛の崖で小風に揺れる花束

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年04月22日『花束』

 ニューヨークの仲間のタイムラインにて踊るステーキランチの呪い

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年04月21日『深夜』

 夕焼けの注ぐ白亜の廃校で行きは無かった濡れた足跡

かんぬきたくみ 心 2 音 7
2017年04月20日『亜』

 手の甲で刻む拍手に乗せ夜の浜を彷徨う死者の行列

かんぬきたくみ 心 0 音 2
2017年04月19日『拍』

 金持ちで優しくて家事もしてくれて博学な独身のイケメン

かんぬきたくみ 心 0 音 6
2017年04月18日『想像上の生物』

 わたくしは怪しい者ではございません「もしもし」と二度申したでしょう?

かんぬきたくみ 心 1 音 2
2017年04月17日『もし』

 壁側の押入れ奥のどこかから日曜2時に鳴る黒電話

かんぬきたくみ 心 0 音 3
2017年04月16日『黒電話』

 他人(ひと)ん家(ち)に勝手に上がり飯(めし)出させ過食の末に不法滞在

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年04月15日『熊』

 雨の夜の投げ込み寺の本堂の裏で揺らめく碧いともし火

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年04月14日『投』

 作業着の男が浮いたり沈んだり夜の八郎潟の遠浅

かんぬきたくみ 心 0 音 6
2017年04月13日『作』

 滝畑ダム首なし地蔵に首があり我の背中をじっと見ている

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年04月12日『ダム』

 皆瀬村さるこ沼での観桜の隅に彳むずぶ濡れの影

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年04月11日『皆』

 すみません!自転車のカギ見かけませんでしたか!?(ゴソゴソ)こんなカギです!

かんぬきたくみ 心 1 音 2
2017年04月10日『自由詠』

 彼が消える前日に届いた写メの不自然過ぎる首の傾き

かんぬきたくみ 心 0 音 4
2017年04月09日『傾』

 真夜中の支笏湖畔で焚き火して囲んだ写真は3人多い

かんぬきたくみ 心 0 音 1
2017年04月08日『支』

 ご近所の廃墟を侵すゴロツキを地獄へ送る即時通報

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年04月07日『近所』

 亀有五丁目で朽ちる廃屋の屋根から生える無数の手首

かんぬきたくみ 心 2 音 2
2017年04月06日『有』

 春の新生活に備え内検で撮った風呂場に写る篝火(かがりび)

かんぬきたくみ 心 0 音 0
2017年04月05日『春』

 いいかげんショートドッキリやめてくれ5分進んだ職場の時計

かんぬきたくみ 心 0 音 11
2017年04月04日『いい◯◯』

 屋根ないし物は落ちるし鳥来るし畳んで仕舞うと変な声する

かんぬきたくみ 心 1 音 3
2017年04月03日『絨毯』


1 ~ 100件を表示

1 2 3 4


ブログRSS

葉RSS希望はなんでも伝言板へ


 2018 09 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30