うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN969日 】 2016年11月24日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 969 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   ホシキョウイチ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

大人ってあんがい自由 ジャムパンをどっさり買って飽きるまで食う

七緒

8 7+1

WPP終栗夢堀口万理奈スコヲプ柚木緑静ジャック小宮子々

ですよね、大人って案外自由。そして案外コドモ。そしてジャムパンは案外飽きないものでして。読んで嬉しくなりました。
WPP


好きになるきっかけだったジョークにも飽きてしまって冬がはじまる

堀口万理奈

4 3+1

ものかげ可奈美中山とりこ

結句がちょっとありきたりな気がしますが、それまでは好きです。同じジョークを何度も繰り返したんでしょうか。そりゃあ飽きられてしまいますよね。
きつね


飽きるほど遺影眺めているけれど まだ現実と結びつかない

可奈美

4 3+1


夢に飽ひた松から色を薄くする さふいふ秋に君はゐるのだ

踏霞

3 3

小泉夜雨須磨蛍桜望子

初句「夢に飽いた」がとても好きです。常緑樹の松が色を薄くするのは、夢を追いかけるのに飽きたからなのですね。下の句への跳躍は歌意をとるのは正直難しいのですが、何故か心地よく伝わりました。
須磨蛍


飽きるまで鳥を見ていた十八のわたしの上に雪降り積もる

小宮子々

3 2+1


人間が飽和している電車からただただひろい空を眺める

中山とりこ

3 2+1


ひたすらに封筒を貼るバイトあり飽きないためにリズムをつける

ロコン

3 2+1


スリッパを飽きがくるまで弄び満足そうにあくびする犬

小川けいと

2 1+1


飽きるほど浴びせてほしいこともある その場限りの言葉としても

真香 家

2 1+1


聞き飽きて売ってしまったアルバムの最後の曲の挿し絵の小鳥

杏野カヨ

2 1+1

ぽつり

物悲しい歌意なはずなのに、初句の「き」の連続、2句目の促音、3句目からの「の」の繰り返しで、テンポよく最後まで読み切れてしまって何となく楽しく感じてしまうお歌でした。
須磨蛍


何回も飽和に飽和を繰り返しわたしたちには何が残るの

小泉夜雨

2 1+1


前の世で悪いことでもした? 飽和水溶液に入れられる塩

ものかげ

2 1+1


もろもろを食べ飽きたとは言いながら富有柿なら三つを食べる

たかだ牛道

2 1+1

きつね

三つ食べるのかわいいですよね。
きつね


人生に飽いてしまつて電脳のライフゲームを眺めてゐます


飽きたからもういらないと思われてコーヒーもすぐ冷めてしまった

天野うずめ 家

1 1


いいねって承認されるたび飽和する砂糖水、ただざらついて

須磨蛍

1 0+1 星


ホウショクの時代だという人々がわすれたライオン印のビスク


飽きたとは口にすれどもまた会うさ闇にぽつりとラーメン屋台

スコヲプ

1 0+1


飽きたって言ってもいいよさよならはいつも上手にできているから

きつね

1 0+1 星


飽きるほど歩いた道だ飽きるほど見てきた海だ、空だ、たこ焼きだ

静ジャック

1 0+1


飽和した心のようにざわついて炭酸水が喉につかえる

文佳

1 0+1


あきあきさおなじ毎日おなじ空おんなじ君とおんなじ関係

桜望子

1 0+1


おいかけていたものから目をそらしてぐるぐる笑って、飽きたと言おう

ヤシロー

1 0+1


飽き果てて早く弾丸取り除けわたしは珈琲すすって居ます

だゆう

1 0+1


老いた柿の木と話しているのにも飽きてきた 鹿、ときどき曇り

雀來豆

1 0+1

どんまい!

子守歌に飽きたころのオフトンが ザブトンとして結局ふまれる

シズハル 家

0 0


飽きるまでTVゲームで戦った今じゃ僕らが作る番だね

心伝

0 0


「ねぇ、何か私たちって飽和水溶液みたいな関係だね。」

たかたか 家

0 0

どんまい!

昨日 2016年11月24日(木) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 11 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30