うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN952日 】 2016年11月07日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 952 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

こんなにも幸せそうな顔をして噛み砕かれるコアラのマーチ

三田たたみ

8 7+1 星


贅沢と幸福はやや似ていますバウムクーヘン半円にして

スコヲプ

6 5+1

文佳しま・しましま小宮子々塾カレー

結婚式の引き出物のバウムクーヘンを、一人で半分一気に食べちゃう、みたいなシーンが浮かびます。自分はまだそういう種類の幸せは経験してないけど、これはこれで、みたいな面白くてちょっと侘しいイメージがして、いいなって思いました。
しま・しましま

バウムクーヘンは輪の形をしていますが、それを半円にする、つまりは半分も食べてしまうなんて、なんと贅沢な話でしょうか(笑)。贅沢と幸福は「やや」似ていると、ちょっとだけ控えめなところが良いですね。
塾カレー


長ねぎを刻めばいつも背後から幸せなのかと問う父の声

一〇〇八 家

6 5+1

七緒衣未(みみ)三田たたみ東風めかりだゆう

少なくともこの家にはいないはずの父の声、と取りました。
父親が子の幸せを問うっていうのはあると思いますが、「長ねぎを刻めばいつも」というところに、主体と主体の父親だけに通じる何かがあるのかなって気がします。

しま・しましま

お父さまの愛情が伝わってきます。長ねぎというアイテムも昭和のかおりがしていいかんじです。
三田たたみ


おおぜいの人が行き交う街にいてふつうとふこうを見分けられない

中山とりこ

5 4+1

ぽつり西淳子mis0noたかたか

「ふつう」と「ふこう」を平仮名で表記することで、見分けにくくしてあるのが面白いですね。
西淳子

不幸そうな顔をしているけれどもそうでもない人とか、逆に普通の表情をしていても実は不幸な思いをしている人など、確かに一見ではわからないですよね。「ふつう」と「ふこう」、たった一文字の違いでこんなにも意味が変わってしまうところをうまく使った面白い歌。
塾カレー


幸せになれない人生だったからすべてのページに挟む竜胆

4 3+1

一〇〇八雪間さとこ秋軸ざきこ。

例えばよくある厚さの文庫本なら、すべてのページに花を挟むのは難しいでしょう。
その人は、自分が幸せになれなかったと感じているけれど、そのことで誰かに愚痴を言ったり泣きついたりしなさそうだと思いました。

雪間さとこ


黄葉をはつかに残す白樺のさちと云ふ字に似たる寂しさ

塾カレー

3 2+1 星


しあはせな記憶を抱いて煮込まれるロールキヤベツにならうと思ふ

桔梗

3 2+1


幼な子をなくせし父の名の中に十字架クロスのごとき幸の字あるを

梶原一人

3 2+1


幸せにすこし近づく手始めにポップコーンはキャラメル味で

東風めかり

2 1+1

山川翠

言われてみればポップコーンって幸せな感じの食べ物だなぁって思います。今自分の出来る一番近い幸せがポップコーン(キャラメル味)だったんだろうなって思うと、なんかいいなって思います。
しま・しましま


寝坊した!飛び起き気づく日曜の ヒト型毛布に戻るしあわせ

みち

2 1+1 星

あ太郎か

ヒト型毛布がいいですね!
一佇

一番幸せを感じました。はっ!として目覚め、日曜日であることの幸せ、そしてまた元の毛布に戻れる幸せ。至福ですね。
あ太郎か

一佇さんコメントありがとうございます♪体温の残った魅惑のヒト型毛布!肌寒い季節にはたまりません(笑)
みち

あ太郎かさん、ステキなコメントありがとうございます♪コメントを読んでこのお題のように、とても幸せな気持ちになりました!共感していただけてうれしいです!ありがとうございました。
みち


しあわせは摑み獲るもの 福袋売り場に向かうひとは駆け足

永昌

2 1+1


幸いという字のような木が一本冬を迎えた野に立っている

常盤このは

2 1+1 葉 はじめて


おすそ分けされた幸せふわふわと頬にあてがう無撚糸タオル

雪間さとこ

2 1+1 星

ロコン

この一首、「おすそ分けされた幸せふわふわと/頬にあてがう無撚糸タオル」とも読めるし、「おすそ分けされた幸せ/ふわふわと頬にあてがう無撚糸タオル」とも読めると思うんですが、まあどちらか一方にこだわって読まなくとも良いのかなあと思いました。おすそ分けされて嬉しい気持ちと、柔らかなタオルの肌触りという次元の違う二物を、「ふわふわと」という言葉が架橋していてこころよい感触の一首だと思います。
塾カレー


末永くお幸せにと初恋の君に無邪気に突き放される

天田銀河

2 1+1


幸せの作法なのかも知れないと今年も求めるユニセフカード

山川翠

2 1+1


夕暮れの通りただよう幸福な匂い我が家はどうやらカレー

温子

2 1+1


「大根とちくわに玉子」食卓を漂う湯気に声が飛び交う

静ジャック

2 1+1 星

一佇

食卓を囲む何気ない幸せなひとときの風景を、「幸せ」という言葉を使わずさらっと詠んだ素敵なお歌です。例えば、「ただよう」「飛びかう」など、下句の漢字を少な目にした方が幸せのほんわり感が更に滲み出たかもしれません。
一佇


幸せにしてやるなどと言うやつを信用できない 空を仰いで

文佳

2 1+1


幸という字の縦棒を持ったまま布団を叩くもう冬になる

小宮子々

1 0+1 おとの日

普通、布団を叩くときは布団たたきを使うものですが、どうやらこの一首の主体は「幸」という字を使うようです。確かに、(ちょっと柄が短いにせよ)「幸」と云う字は布団を叩くのに丁度よさそうですね。尤も、これは幸せの価値もよく知らぬまま、乱暴に扱ってしまっていることの喩えなのでしょう。幸せな時間は当人達に意識されることも無く過ぎ去ってしまう。「もう冬になる」はやや定型的な表現に思えるが、やがて来るであろうかなしみを予感させて切ない。
塾カレー


戻れない日々なら忘れていたいのに幸せそうなあなたのブログ

ロコン

1 0+1


幸という字は左右対称でとてもきれいに回りだしそう

矢波多恵

1 0+1


君はいま幸せですか逆さまのてるてる坊主が窓辺で揺れる

木蓮

1 0+1 星

「逆さまのてるてる坊主」といえば、雨が降ってほしい時の定番のおまじないですよね。
この一首では、本来は逆さまに吊るされるものではないはずのてるてる坊主に対して、「幸せですか」と問うているのであるが、もっと言えば「逆さまのてるてる坊主」を吊るした当人、即ち降雨を願っている者さえをも射程に収めた言葉であるのだろう。

塾カレー

音符ありがとうございます
塾カレーさん選評もありがとうございました。

木蓮


こーふくろん、こーふくろん、幸せになりたいのなら降伏するな

西淳子

1 0+1 星


幸せは空にあるらし今日もまた階段昇る方を見送る

mis0no

1 0+1 星


コンビニにプリンいろいろ幸いが甘いかどうかは誰も知らない

しま・しましま

1 0+1 星


負け組と不幸せとは似てるけど違うとさとす 勝ち組の友に

一佇

1 0+1 星


さいわいをもたない僕ら 真っ青な踏切の夜のただなかに立つ

七緒

1 0+1


「しあわせになりたいです」と書いてある短冊1つ台風で落ちる


ごめんまだ君の幸せを祈れない(いっそ死んでしまっていてくれ)

秋軸ざきこ。

1 0+1


幸いは山の彼方か疑った上田敏でも分からぬものを

だゆう

1 0+1


しあわせになれないキスと分かっててまぶたを閉じた 幸福の味

ネネネ

1 0+1


幸ならば足をくじきます不幸ならガラスの靴は履いて帰ります

あ太郎か

1 0+1 星

まさに禍福はあざなえる縄の如し、ですね。ガラスの靴を履いたまま無事に家に帰れる方が不幸だなんて。気づきませんでした。
mis0no

misOnoさま
評、ありがとうございます。ですよね!おもしろいですよね!共感してくださる方があってうれしいです。

あ太郎か


孝幸の昔の財布から顔を出す萎びた003(ゼロゼロスリー)のラベル

赤木瞳 家

1 0+1


質問の一つ一つに頷いて幸せではないことを認める

椋鳥

0 0 おとの日


ちょっかいを出したくなったあまりにも幸せそうに眠ってるから

加治小雨

0 0


幸という名前に反し幸せになれずにもがくアラフォーの友

可奈美

0 0


幸せは辛さに一本足して成る早く一本足されないかな

心伝

0 0


白無垢が本坪鈴の奥をゆき境内じゅうを洗い上げてゆく

笠和ささね

0 0


昨日 2016年11月07日(月) 明日

出詠した人選歌した人

赤木瞳家 西淳子 みち 一佇 ロコン 木蓮 天田銀河 椋鳥 おたまじゃくし先生 笠和ささね あ太郎か 加治小雨 mis0no 可奈美 静ジャック 山川翠 秋軸ざきこ。 梶原一人 スコヲプ 桔梗 小宮子々 常盤このは しま・しましま 中山とりこ 心伝 永昌 三田たたみ 一〇〇八家 温子 だゆう ネネネ 文佳 東風めかり 雪間さとこ 塾カレー 矢波多恵 七緒

ぽつり ネネネ ロコン ルナク 天田銀河 七緒 衣未(みみ) スコヲプ 一〇〇八家 一佇 西淳子 雪間さとこ おたまじゃくし先生 mis0no たかたか家 桔梗 矢波多恵 みち えだまめ 赤木瞳家 温子 いずみ 美帆家 秋軸ざきこ。 黒井真砂 あ太郎か 中山とりこ 文佳 山川翠 永昌 常盤このは しま・しましま 梶原一人 三田たたみ 小宮子々 静ジャック 木蓮 東風めかり だゆう 塾カレー

38 人

40 人



 2016 11 
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30