うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN921日 】 2016年10月07日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 921 日め 葉 
第37代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 香水 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

おおかたの予想通りに香水があまり減らないままの六年

小宮子々

6 5+1

内田あまね三田たたみ桔梗静ジャック木蓮

シンパシー感じました。捨てるに捨てられないんですよね、あれ……。
三田たたみ

香水を使ったことがないので「六年」でどの程度減るものなのかわかりませんが、普通のものなら六年はもたないでしょう。しかもそれが「予想通り」というところがいいですね。何気ない事実だけを詠って一人の人物の姿を大きく浮かび上がらせている、いい歌だと思います。
静ジャック


きらめいて並ぶ小瓶のひとつから思い出のない香りをまとう

内田あまね

5 4+1


香水の瓶のごとくに置かれたる東京タワーをふいに淋しむ


手紙にはかすかな移り香があって そういう時間差、ずるいよ、君は

西村湯呑

4 3+1


香水の名前をしらない あのひとの匂ひはアールグレイと呼んでゐた


香水のかおりに部屋を追い出され金木犀の街に安らぐ

静ジャック

3 2+1 星

雨宮 司梶原一人

作中主体が男か女かはっきりしない点はあるんだけれど、この短歌に共感を覚える人は意外と多いのではないかという気がする。強すぎて後に残ってしまう香りは安物のことが多いのだが、安い高いに関係なく、強すぎる香りは好みが激しく分かれる。作中主体は自身に合わない香水が我慢できなくて部屋を飛び出した。金木犀の香りも強いのだが、人工の香りよりは良かったのだろう。心の動きが解かる歌。
雨宮 司


香水が何だったかは知るものか 鼻粘膜だけの記憶で捜す

たかだ牛道

3 2+1

宮木水葉下弦

同じようなことありました。譲ってもらった本に附せられてた香り、まだ探してます。
宮木水葉


樹木にも川にも土にも香りあり香水つけずに登る山道

希和子

2 1+1


香水は苦手なんだと言えるほど近づく頃はもう慣れていて

透明

2 1+1


からつぽの香水壜があらはれてかつての恋がはつか匂ひぬ

桔梗

2 1+1


奥方がアラビアじゅうの香水を買ってマクベス家は没落す

雨宮 司

2 1+1 星


帰したくなくなつたといふひとしずくうつす香りに秋草の充つ

宮木水葉

2 1+1 星


泥水に毎日まみれている人の香りを真似する人の悲しさ

午後

2 1+1


かぐわしい闇に裸身を投げ出して残り香だけのひとを愛しむ

黒井真砂

2 1+1


爪をぬり人さし指でこうすいをつけてるママはもうママじゃない

キョースケ

2 1+1 星


香水をつけないきみが恋しくて匂いを思い出している夜

冬扇鶴

2 1+1


ペルソナとペルソナ香りまで嘘をまとったままに愛しあう部屋

風野瑞人 家

2 1+1


人生の正念場とは少なくて耳たぶにぬるシャネルの№5

ロコン

2 1+1


同じ匂いの香水をつける君と同じ形に生まれたから

桜望子

2 1+1

キョースケ

きっと双子なのでしょう。同じ形に生まれたから同じ香水をつける。なにか双子の絆の強さというか、運命のようなものを感じました。句跨がりがちょっと引っかかって読みにくさはあったかな。
キョースケ


一年に一度の風邪を引いた日に香水を試す 僕らの呼吸

下弦

2 1+1


京からの帰路三人でお揃いの練り香水の匂いを運ぶ

 家

1 0+1


食べること大好きな人好きになり香水はもうつけずにいよう

温子 家

1 0+1

食事の時にけっこう邪魔になるのが香水や煙草の匂い。食事の匂いに混じると、しばしば食い気を削がれてしまうこともある。作中主体はそのことが判っている人。最近は男も香水をつけることがあるけれど、食事の量をあまり考えないのは男性が多いから、それを好きになるのはおそらく女性でしょうね。この心遣いを理解できずに「化粧っ気がない」という男性なら、とっとと別れなさいよ。
雨宮 司


略奪の香に惑はされシトロンの葉を食ひつくす庭の青虫

サリーB

1 0+1

「略奪の香」がどうも解からないんだけれど、レモンにそんな花言葉や香水の言葉があるのでしょうか。まあ、そうでなくても揚羽蝶の幼虫の食欲を表す言葉としては適切だからいいんだけれど。「青虫」は納得いかないなぁ。やっぱりここは芋虫が適切だと思いますよ。「シトロン」はいいね。レモンの香りがダイレクトに伝わってくるし、何よりお洒落な感じがします。フランス語の役得だな。
雨宮 司


香水のきらいな君を待ってます 雨の匂いのファブリーズして

空閑まこと

1 1 葉 はじめて


シャネルとかシェレンベルクの不倫とかどうでもよくて香水眩しい

だゆう

1 0+1


ブラウスの袖にシャネル5番が遺されて母の香りと思ひて吸ひ込む


憧れた先輩の纏う香水の名前を探す頭痛とともに

祐鈴

1 0+1


少しだけお疲れなのね触れられた手首に甘い香りが残る

1 0+1


香水の匂いは虫を惹きつけるどうかあなたはそのままでいて

宇野なずき 家

1 0+1


てのひらに少し多めに注ぐから名前も少し多いコロンヤ

東風めかり

1 0+1


笑顔しか思い出せないけどあの人は香水変えるタイプじゃなかった

薄荷。

1 0+1


香水はやめます。思ったよりずっと赤ちゃんのにおい好きだったので

だっきー

1 0+1


母でない顔をしている母のうなじにひとしずくシャネルの5番

三田たたみ

1 0+1 星


5時過ぎの誰もいない給湯室お局様の残り香が居た!

Holly

0 0


夜の庭匂って来たのはある花が私を摘みに来なと誘うの

心伝

0 0


噎せかえる香水の雨を避けて飛び込んだひさしの下で出会った

椋鳥

0 0


この頭痛、きっと原因は雨じゃなく 貴女の香水、そして、色気だ

どんまい!

昨日 2016年10月07日(金) 明日

出詠した人選歌した人

風野瑞人家 空閑まこと 温子家 椋鳥 五條ひくいち 家 雨宮 司 祐鈴 Holly 宇野なずき家 サリーB 桜望子 薄荷。 心伝 三田たたみ 西村湯呑 透明 ロコン だっきー 妙ヶ瀧くおん 静ジャック 内田あまね 梶原一人 東風めかり 瑠美那しお子 下弦 午後 希和子 桔梗 冬扇鶴 たかだ牛道 宮木水葉 だゆう 小宮子々 キョースケ 黒井真砂

キョースケ たかだ牛道 衣未(みみ) 風野瑞人 黒井真砂 内田あまね 希和子 ロコン 宮木水葉 シズハル家 雨宮 司 祐鈴 三田たたみ 梶原一人 家 温子家 サリーB 薄荷。 桔梗 だっきー ものかげ きい 宇野なずき家 下弦 透明 静ジャック 久哲 冬扇鶴 午後 木蓮 ぽつり 桜望子 東風めかり 小宮子々 西村湯呑 だゆう

37 人

37 人



 2016 10 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31