うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN920日 】 2016年10月06日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 920 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   安曇 轟車自転車

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

暗がりに目が慣れるまでの道しるべ 金木犀の香りは濃くて

音叉

4 3+1


町中を流れる暗渠 まだだめと言っても夜は進んでしまう

4 3+1


丸椅子がひとつだけ用意されている夜の自販機コーナー  座る

森下裕隆

4 3+1 星

西村曜もりのさとぶ太郎す

「  座る」は二字あけでしょうか。夜の自販機コーナーに丸椅子をみとめて座るまでの、ためらい?のようなものを表しているのかなあとおもいました。「ひとつだけ」用意されている椅子というのも、なんだか不思議な光景ですね。
西村曜

なんの変哲もない光景を描きつつ、「ひとつだけ」「夜」という連なりで、なにかあるんじゃないか、という微妙な違和感を出していておもしろいと思いました。狙った感のある「座る」は、むしろ蛇足ではないでしょうか。
もりのさと

こんなにも孤独で寂しい情景があるだろうか。疲れ果てた身体を癒すために温かいコーヒーでも飲んでいるのだろうか。
ぶ太郎す


写真部の特権として暗室は自分になれる結界だった

宮嶋いつく

3 2+1


暗がりで触れたあなたのくるぶしを秋の果実と思ったことも

西村曜

3 2+1 星


写真部の暗室の中で触れあった指先はいつもモノクロームで

えだまめ

3 2+1


人生が暗転しました僕は今「転」から「結」の間にいます


足音はカロリーメイト二本分重く響いて暗殺前夜


暗き海はるか国後択捉の灯りは見えず波立ちさわぐ

矢車草

3 2+1

おたまじゃくし先生森下裕隆

北方領土は、日本固有の領土ですね。粘り強く返還を求めていきましょう。
おたまじゃくし先生

国後、択捉、歯舞、色丹。強い政治的磁場の渦中にある島々ですが、同時にその土地の名は古いアイヌ語のうつくしい響きを感じさせてくれます。
森下裕隆


暗闇にただ聞いている 象牙色の能記所記の撫であう音を

シズハル 家

3 2+1


暗がりを恐れぬきみと階段をふみはずしてもぼくは知らない

大渕マコ

3 2+1 星


暗闇にうごめいている物体はきっとわたしの醜い部分

ロコン

3 2+1

大渕マコ

するっと読めるのに印象に残る、良い歌です。
大渕マコ


午後三時商店街のどこかにある暗いところを探して歩く

冬桜

2 1+1


たたかひにゆくのだらうかあのひとは暗紅色をくちびるに塗り

桔梗

2 1+1


許される準備をしていた 暗闇にあの日のわたしを置き去りにして

ネネネ

2 1+1


愛すべき暗がりじゃないか フクロウが首をかしげる秋の夜長に

ぶ太郎す

2 1+1 星


大切な箱に入れられた指輪はおのが輝き見ることできず

ひでり

2 1+1


抜き書きに勤しむ暗き机上にも付箋色づく山よそう秋

神保茂 家

1 0+1


暗がりで君が怖がらないように星を数粒光らせませう

桜望子

1 0+1

歴史的仮名遣ひなら「ように」→「やうに」ですね。
もりのさと


悲しみや曇りガラスの明暗の向こうに宿るまるみの肢体

蝶番

1 0+1 星


夜行性克服すると薄暗い明け方の空飛ぶ吸血鬼

瀬和璃羽

1 1


暗幕のゆらめくごとき微笑みを残してわれを去る人のあり

もりのさと

1 0+1 星


彼岸なほ遠くせめては印画紙を竟のすまひと暗室に待つ


暗闇で掘られる夢を見てしまい目が覚めました トイレに行こう


「暗闇」というキーワードも不確かなミスチルの歌を探して四十路

祐鈴

1 0+1

どんまい!

暗闇に焦がれる者を嘲るな彼らの居場所はそれより暗い

終栗夢

0 0


一日の仕事を終えて歩くみち薄暗闇に木犀咲けり

永昌

0 0


目を閉じて あたし気分はヘレン・ケラー 何も見えないくらやみが好き

藤井光涙

0 0

どんまい!

目を瞑る、人生が徐々に暗転し生まれ変わるのをそっと待ってる

りー

0 0 葉 はじめて

どんまい!

境など最初はなから設けておりません暗順応は役に立たない

坊斎

0 0

どんまい!

昨日 2016年10月06日(木) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 10 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31