うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN915日 】 2016年10月01日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 915 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   ぽるかどっとみずたま みや子 ごじたん@べのむ!

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

何も無い、と云うたびすこし歳を経る気がして今日も我に降る雨

8 7+1


体内を移動してゆく出来立てのまだ何ものかになるまえの愛

雀來豆

6 5+1


何事もなかったように過ぎ去って道端に折れた傘だけ残る

さはらや

4 3+1

多香子静ジャック

♡入れるだけ分って読んでいるわけではないけれど、交通事故か、恋の事故かとても気になって・・・
多香子

台風を詠んだ歌に思えました。来週も台風が日本に近づきそうで、心配です。
おたまじゃくし先生


海抜は何メートルか 短めのスカート沈むネオンの街に

ゆかり

4 3+1

西村湯呑ササキ アンヨ塩飽

このお歌も♡迷ったのですが、海抜がどこまでの高さか(スカートか)よく分からなくて♪になりました。
多香子


もみじなるその手は何かを掴まんときみは無心に宇宙をさぐる

矢車草

3 2+1


この世にて何もせずとも手のひらは汚れゆくなり汗に埃に

一佇

3 3


「何度でもやり直せるし大丈夫」お守りのよういだく言の葉

衣未(みみ)

3 2+1 星

むうこ藤 かづえ

前を向いてもう一度歩き出せる気持ちになる、素敵な歌ですね。
むうこ


ごくたまに僕より先に分かっててもワトソン君は何イィと言う

西村湯呑

3 2+1


思い出の辻々にある君が咲く樹みたいだよね僕は何だか

久哲

3 2+1 星

吉川みほかんぬきたくみ

何処か整理されていない言葉の列が、思いあぐねている主体を表してこれでいいのかなと思ったりした。(この文章も少しおかしい)
多香子


「これ何?」と質問連発する娘 どこか昔の妻に似ている

久哲白鳥

何気なのだが、安心できる。💛
久哲


ひとつづつ消える灯を見る 幾何学に王道がない事は救ひだ

富井丈生

3 2+1


何ほどの成果も出せぬ日の空を夕陽に染まり凍て鶴が飛ぶ

多香子 家

3 2+1 星

えんどうけいこ萩野聡

「凍て鶴」という言葉を初めて知りました。冬の寒いなかの動かない鶴という意味ですね。そんな鶴が飛んでいるのを観るのは何か深い感慨が伴うような気がしました。それが上の句にやわくつながるのかな、と。
萩野聡

ありがとうございました。
多香子


飽きもせず毎日子どもがする質問『今日の夕ごはんはなぁに?』

むうこ

2 1+1 星


なんだろうあれなんだろうと考えているうちバスは目的地に着く

吉川みほ

2 1+1


「何処だろう」くんくんきょろきょろ背伸びして金木犀の姿を探す

藤 かづえ

1 0+1 星 おとの日

今ちょうどシーズンですね。昨日咲いての見ました。
蝶番

蝶番さん、評をありがとうございます。今の季節、どこを歩いても金木犀の香りがしますよね。そして、香りを感じると必ず周りを見回してしまいます(笑)
藤 かづえ


何もかも言い換えられるこの世界の人と言葉は孤独を知ってる

翠歌

1 0+1


クエスチョンマシンのような「何何何」質問攻めの君に疲れる

花代

1 0+1


五線譜のト音記号の代わりには成るべくもなく幾何学模様

塩飽

1 0+1


あと何度裏切られたら人間を信用しなくなるのだろうか


いま何を言おうとしたの終奏のフェイクみたいに泣いているけど

皆川 せつ

1 0+1


巨大なる水槽に両の手をついて「これは何?」と言うひとの面影

萩野聡

1 0+1 星


何故なのか理由を書いて答えなさいピンクの象が実在すること

yosioo

1 0+1

アルコールの影響?
「ダンボ」のワンシーンを想起しました。

蝶番


お風呂場の鏡にうつる何もないはずの自室に鳥居と地蔵


拝啓 秋ですね。如何お過ごしですか? わたしは虹蛇飼い始めました。

蝶番

1 0+1 星


何一つ不自由無いのに足は冷えおんなの体 機微は繊細

こたきひろし 家

0 0


昨日 2016年10月01日(土) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 10 
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31