うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN911日 】 2016年09月27日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 911 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

背の高いあのひととは別れたのだらう姉の歩幅はちひさくなりぬ

森下裕隆

7 6+1 星


幅跳びのフォームを確かめあいながら3センチずつ伸びていく影

シュンイチ

7 6+1


リア充が幅を利かせるキャンパスでノート係として生きている


幅員の員ってなんやわからへんわからへんまま減少してく

西村湯呑

4 3+1

えんどうけいこ堂那灼風ぽつり

そういやわたしもわからへん……と思って思わず調べました。
「わからへん」まま減少していくのが道幅にも人生の時間にもかかっているように読めて好きです。

黒井真砂


揺れ幅の違う振り子がぶつかってお互い事故の顔して取る手

透明

4 3+1

ものかげ多香子かんぬきたくみ

「お互い事故の顔して」が、ずるいって言いそうになる、上手い手ですね。
多香子


感情の振れ幅が違うそれだけだ私もあなたもちゃんと生きてる

今村風子

3 2+1


やはらかに霧雨の降る秋の街振りかへらない肩幅のゆく

太田宣子

3 2+1

シズハル木蓮

『幅』部、出さなくて良かった。いい歌ばかりで勝てない^^
それはさておき。この情景立てはお見事!💛

久哲


幅広の帽子のつばで視線さえさえぎる君の赤いくちびる

多香子 家

3 2+1 星

いずみ 美帆だゆう

恥じらいや恋心。見つめていたい、でも見つめられない…あまりにも魅力的な、赤い唇。いいなぁ、31文字とは思えないほど、伝わりました。素敵ですね
いずみ 美帆

美帆さん、「良く」読んでくださってありがとうございます。伝わらないんじゃと思ってました。♡♪ありがとうございます。
多香子


肩幅があんがい狭いあずけてる頭が少しずり落ちそうで

花代

2 1+1


健全に絶望するんだ幅ひろく夜に伝わる鈴虫の声

風野瑞人 家

2 1+1


条幅を今にも飛び出してきそうな『かぶと虫』『かぶと虫』『かぶと虫』

ひの夕雅

2 1+1

森下裕隆

小学生の習字作品が所狭しと壁に並んでいるさまがありありと浮かびます。『かぶと虫』にもそれぞれの子の個性が表れるのでしょう。二ヶ所ある句跨りが一首のなかに勢いを持たせているように思います。
森下裕隆


幅広の剣を殴って手が折れるそれも良かろう悪くなかろう

堂那灼風 家

2 1+1


振れ幅の大きいひとだわたくしのおもたい泉もざわざわ揺らぐ

2 1+1


肩幅の厚みが増して責任を背負った父は今日も猫背だ

いずみ 美帆 家

1 0+1 星

お父さん、ご苦労様です。
多香子

♪ありがとうございます
多香子さんへ。子供の頃父の背中にそんなことを感じていたな、と思い出して詠んでみました。
ありがとうございました🌿

いずみ 美帆


不審者と見られたようだ両腕を広げた程の幅があいてて

 家

1 0+1


狭くなってゆく一本の青い道、遠近法でも比喩でもなくて

照屋沙流堂 家

1 1


略地図が増幅回路に見えてきて記号に満ちた都市で迷えば

吉川みほ

1 0+1


振り幅が小さくなっていくようにあなたのことが好きになってく

ツナマヨ

1 0+1


猫一匹やっと通れる幅の溝の網にめり込む誰かのつむじ


気づかずに振り幅広い人になり大人よりに猫にとモテる

衣未(みみ)

1 0+1 星

それって、ふり幅が広くなっているのだろうか。
多香子

多香子さんへ。わたしも意味が少し変だなあと後で思いました。謙遜せずに、大人にも、とした方が良かったですね。ありがとうございます。
衣未(みみ)


君といて私は弱くなったのか「辛い」「幸せ」行ったり来たり

冬桜

1 0+1


この川の幅程もない我が心飛び越すものなら飛び越してみよ

yosioo

0 0


肩幅も肩身も狭いアラホーの女している冬への手編み

こたきひろし 家

0 0


さようなら すれ違うにも狭いなら並んで歩くことなんてもう

瀬多えてる 家

0 0


縦幅の感じ変わらず横幅のやたらと痩せてきておかしくて

松木秀

0 0

どんまい!

昨日 2016年09月27日(火) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 09 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30