うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN903日 】 2016年09月19日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 903 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   小宮いち ムラサキセロリ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

くもりの日は多めに笑うあのひとの(できれば不要な)傘でありたい

西村湯呑

7 6+1

ハナゾウ冬桜終栗夢風野瑞人しま・しましまだゆう

なんとなく健気な「あのひと」を想像しました。()内がやさしくていいなって思いました。
しま・しましま


曇天をゆくドラゴンが淋しさに(あるいは恋に)耐えて雷鳴

宮本背水

5 4+1


鈍色にびいろ虹色にじいろと聞き間違えてきみは希望を探そうとする

森下裕隆

4 3+1 星

シズハル翠歌ひの夕雅

素敵な聞き間違いですね。曇り空でも虹を探す君の純粋さもいいと思います。
終栗夢

聞き間違えを「希望」と取る主体がステキだなって思いました。
しま・しましま


黒鍵の戻りが遅い雨曇り譜面めくれば香った檸檬

北大路京介

4 4

宮本背水ミシシッピアカガメ西村湯呑

黒鍵の戻りが遅いという細かなところを歌に詠まれることに感心しました。下の句はイメージがつかみづらかったです。
終栗夢

ピアノとかにあまり詳しくないんですが、天候によってそういう微妙な手ごたえの違いがあるのか、心情がそう思わせるのか、どちらかでしょうか。下の句の「めくれば」の動のフレーズからの爽やかな展開がいいなって思いました。
しま・しましま

「黒鍵の戻りが遅い」というディティールに惹かれました。
森下裕隆


意気込みのあらわれなんです鼻息も顔を寄せれば曇る鏡も

しま・しましま

3 2+1 星


老いた眼にかかるフィルター 少しずつ優しくなった世界とわたし

白鳥

3 2+1 星

えだまめむうこ

老いることで、肉体の強さや鋭敏な感覚は失われても、そのぶん自分自身や世界に対して優しくなれる。素敵な発想だと思います。
体言止めが二回使われているのはちょっと気になりました。

森下裕隆

コメントありがとうございます!
最近、本当に眼がダメで…でも、無理に見ようとしないことで、許容範囲と想像力が広がった気がします。
体言止め、多用しないよう気をつけたいと思います。

白鳥


帰り道曇りガラスに押し付けた指先みたいな月が貼り付く


掻き曇る天も仰がずひたすらに今日三度目のアリエール注ぐ

ひの夕雅

2 1+1

森下裕隆

くもりでも雨でも関係無く洗濯物は溜まっていきます。さりげない日常詠ですが、三度目というところに力強さを感じました。
森下裕隆

とにかく今日洗ってしまわなきゃいけない物がたくさんあるって感じでしょうか。目の端で捕らえた急な曇り空も無視しちゃうところに大量の洗濯物に対する苛立ちがあるのかなって気がしました。
しま・しましま


クーラーのリモコン握りしめたまま降り立つ駅は曇天だった

冬桜

2 1+1


花曇り彩度の低い公園に雨の代わりの花びらが降る

終栗夢

2 1+1 星


曇り空ひとりぼっちの日曜日うっかりつくる御飯ふたりぶん

茉莉

2 2


曇天の中でも傘を差し出しているような君をいつか愛する

2 1+1


掃除する彼の姿を窓越しにハァーと曇らせスキとなぞった

お淋し博多

2 2 葉 はじめて


神様がゴルフするとき人々にバレないように用意する雲

ものかげ

2 1+1


廃屋で曇り続けていたカメラレンズを覆う無数の指紋


朝起きて眼鏡をかけるくもってる きれいに磨く今日は曇りだ

たかだ牛道

2 1+1


月が笠かぶった日には夜空を見て 箒に乗った魔女が通るよ

千葉ちゃん

2 1+1


首の折れた人形あらわる 曇ってたきみの世界が開かれたとき

詩音

2 1+1


アスファルト空に溶けてく瞬間を遅れるバスを待ちながら見た

お寂し博多

曇り空のグラデーションがゆっくりと暗くなる夕刻のぼんやりした時間は、ほんの一瞬かも知れないし少し長い時間だったかも知れないけれど雰囲気あります。主体になにか嫌なことがあり、その乱れた心が整理されていくような、そんなイメージで読みました。
お寂し博多


壜詰めの手紙が岸に漂着し分からぬ文字に異国を想う

yosioo

1 0+1


曇天を「どんてん」と読むと決めた日はこういう重いだるい空かな

松岡拓司

1 1

静ジャック

他の読み方を知らないのですが、他にあるのでしょうか。今日の天気を自分の中で曇りと決めるというように読みました。
終栗夢


曇天をあたまに乗せて走るバス夏は終わったのに帰れない

ハナゾウ

1 0+1


曇天の雲間から差す日の光 真下にいたら空へ行けそう

むうこ

1 0+1


生まれ出て操縦桿を手にすれば曇天を行くフライトだった

きつね

1 0+1


はっきりと白黒付けず泣きそうな曇りの空よ泣いてもいいよ

杏野カヨ

1 1


どんよりと曇れる空の彼方から降ってきそうな空挺部隊

松木秀

1 0+1


アオとシロかき混ぜて作るミズイロを空に振りまけ曇り蹴散らせ

えだまめ

1 0+1 星

「振りまけ」「蹴散らせ」の勢いがいいなって思いました。
しま・しましま

しま・しましまさま♩
優しく嬉しい選評をありがとうございます。しょぼい自分に向けて、でした(笑

えだまめ


いつまでも晴れない脳のままでいるあいだに人が去っていきます

風野瑞人 家

1 0+1


お月様どんなにうまく隠れても雲間に透けるまん丸い顔

いずみ 美帆 家

1 0+1


曇る日の三日も続けば顔までも曇るが今宵は目黒の秋刀魚

1 0+1


「日が雲で隠れちゃうから曇りなん?すごいね漢字すごい」ってキミ

木蓮

1 0+1 通算100首詠


告白し初めてのキスでも今日はここでオシマイ晴れのち曇り

サリーB

1 0+1


曇天に鬱々とした黒い雨 それを浴びればたぶん死ぬよね

ササキ アンヨ

1 0+1

どんまい!

水蒸気こそ温暖化要因だ曇りの日ほど大汗をかく

宮嶋いつく

1 0+1

どんまい!

昨日 2016年09月19日(月) 明日

出詠した人選歌した人

風野瑞人家 かんぬきたくみ 冬桜 千葉ちゃん yosioo 木蓮 えだまめ 茉莉 宮本背水 ミシシッピアカガメ 白鳥 ものかげ きつね ハナゾウ ササキ アンヨ サリーB 西村湯呑 ひの夕雅 むうこ 終栗夢 松木秀 一〇〇八家 詩音 しま・しましま いずみ 美帆家 お淋し博多 たかだ牛道 松岡拓司 宮嶋いつく 森下裕隆 杏野カヨ 北大路京介

ぽつり 宮本背水 ハナゾウ いずみ 美帆家 一〇〇八家 詩音 衣未(みみ) たかだ牛道 えだまめ 松木秀 家 ミシシッピアカガメ 白鳥 静ジャック 冬桜 けら 終栗夢 風野瑞人 サリーB むうこ シズハル家 千葉ちゃん ものかげ 木蓮 翠歌 かんぬきたくみ 森下裕隆 西村湯呑 yosioo ひの夕雅 宮嶋いつく しま・しましま 萩野聡 ササキ アンヨ お寂し博多 きつね だゆう

34 人

39 人



 2016 09 
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30