うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN864日 】 2016年08月11日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 864 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 宮嶋いつく

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 自由詠 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

超計量折りたたみ傘が飛んで行く いつもなくしたものばかり好き

吉川みほ

5 4+1 星

七緒けら南瑠夏ルナク

投稿後に気がつきました!誤字です。訂正致します。すみません! ×超計量→○超軽量
吉川みほ

タイプミスの失態にも関わらず薔薇を頂ありがとうございます。下記に書き直しておきます。
超軽量折りたたみ傘が飛んでいく いつもなくしたものばかり好き

吉川みほ


バスタブは教会だった順番にバブの指輪に愛を誓って

平岡 淳

4 4

ササキ アンヨシュンイチ柚木ことはだゆう

「バブの指輪」という発想のおもしろさに惹かれました。全体に濁音が多く、声に出して読むと少し不穏な雰囲気を感じるのですが、それと「教会だった」という過去形から、決して簡単ではない男女の関係なのだろうと思いました。
シュンイチ

真ん中から溶けていくバブを指輪に見立てるのが面白いです。
機会があったらやってみたいシチュエーションでもありますね。

柚木ことは


そらいろの絵の具がなくてしかたなく夕焼けにした画用紙の町

nu_ko

3 2+1


クワガタになりそこなった蝉が鳴くカブトムシでもよかったと鳴く

北大路京介

3 2+1

遠木音西村湯呑

まさか、そんな思いであんなに熱く鳴いていたとは!発想がすごいと思いました。
遠木音


人混みを縫いつつ歩くときでさえ君は火星の言葉で話す

南瑠夏

3 2+1


古本をひらけば思い出のにおい 肺のうちより晩夏は来たる

七緒

3 2+1


さよならの合図が聞こえて目を閉じる ここから先はひとりで行くね

ネネネ

3 2+1


朝のバトンを持って走ってくる人よ今日だけぼくを飛ばして行って

遠井海

3 2+1

衣未(みみ)いずみ 美帆

その気持ち、うんと分かります!分かります!
衣未(みみ)

谷川俊太郎さんの「朝のリレー」を踏まえているのでしょう。モチーフとしては類歌もあると思うのですが、違和感のない初句7音や發音を並べて疾走感を表現しているところなど、詠み方に工夫を感じました。
シュンイチ


好きだからなぜか納得してしまう 残業手当のカルピスウォーター

UrbanBlues

3 2+1

静ジャック久哲

あまり派手さはないが、このように生活実感がこもった歌と言うのは・・・
要は好きです💛

久哲


どこまでも泳いでいける円形のビニールプールのアヒル隊長

つん

2 2


夏フェスを開催中の蝉たちがシャウトしまくる隣の神社

柚木ことは

2 1+1 星


何をかを掴みし果てか六本の足天に向けセミの亡骸

ぽつり

2 1+1


この殻を空蝉と呼ぶならば今日わたしはまるで空人(うつひと)である

遠木音

2 1+1 星


「10年後の8月、」そうだあの日から夏はひとつの答えになった

シュンイチ

1 0+1 星


夢の中告白された君に会いついつい返事を言いそうになる

可奈美

1 0+1


呼び止めることも出来ずに見送れば 聞き分けのよい子どものまんま

けら

1 0+1


10キロを走ってすぐ飲むスポドリの旨さよビールまであと5キロ

えがぷり

1 1


もう一人私がいたらどうしよう 化粧する鏡の顔に訊いてみる

こたきひろし 家

1 1


山登りせずして部屋の床の上映画「天井桟敷」を見けり

高岡恵 家

1 0+1

どんまい!

今夜君はさみしさに負けあの店のチーズスフレとキスしてしまう

0 0


僕達は気にもとめずに道ばたのタンポポの花を踏みつけてゆく

都草

0 0


ルナティック・ブルーな息を吹きかけて一緒に静かの海の砂へと

風野瑞人 家

0 0


触れたとき尖った貌の音させてグラスを凶器に変えた木の床

chari

0 0


君のこと見ないと決めた心臓が飛び出してきたら残酷だから


昨日 2016年08月11日(木) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 08 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31