うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN856日 】 2016年08月03日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 856 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ハレの日の名残のようなひとびとへ売られ続けるベビーカステラ

大渕マコ 家

5 4+1 星


もう何も扱うものが無くなった古道具屋が思い出を売る

加治小雨

5 4+1

木蓮404notF0816いずみ 美帆静ジャック

「扱うものが無くなった」「思い出を売る」店舗はそのまま残っていて、もう営業はしていないのでしょう。「古道具屋」っていうのもいいですね。
静ジャック


売り物の果物たちのうつくしさ誰にも云えず終える一日

みずいろ

4 3+1


青々と外葉を積みし完売のレタスのワゴンが遠ざかりゆく

きい

4 3+1


カーテンと腫れたまぶたをこじ開けて押し売り気味にまた朝がくる

七緒

4 3+1


ゆふがたの鮮魚売り場をとおるときモーゼが割った海を思わん

梶原一人

3 2+1

月丘ナイル木村比呂

新かなの歌の中で、「ゆふがた」だけ旧かなを使用されているのは、何か意味がおありなのでしょうか?
のぅてんき


百円を箱にチャリンと響かせて無人販売所にトマトを求む

希和子

3 2+1


ドラゴンも星も売られる夜市なら始めてもいい冒険の旅

月丘ナイル

3 2+1


青色のカラーひよこは青色の未来を売られているさみしいね

404notF0816

3 2+1

大渕マコ皆川 せつ

簡単な言葉がならべられているのに「寂しさ」がよく表されていると思いました。
大渕マコ


売れ残るすいかサイダー 睦言は日焼けの皮と一緒に剥がす

黒井真砂

3 2+1


半額のシール係を待っている惣菜売り場の僕と唐揚げ

中山とりこ

2 2


海を売るように歌ったきみがいて 届けたそこにまた海がある

木村比呂

2 1+1


焼売をほほばりながら通過するあなたのゐないあなたの街を

桔梗

2 1+1


売れ残る夜のコンビニ弁当の向こうに僕の青春はある

静ジャック

2 1+1 星


あの角の店では虹を売っていて明日は買って帰るつもりだ

小宮子々

1 0+1


半額の札を貼られた焼売が規則正しく並ぶスーパー

遠井海

1 0+1


「売る物があるから女はいいよね」と かくも卑しく男は言いたり

ぽつり

1 0+1


新しい仕事はフルーツ牛乳を10本売れば1本飲める

サリーB

1 1

衣未(みみ)

わたしもその仕事がしたいです!美味しそう!
衣未(みみ)


露店にて君の涙が売っていて僕の体温二度分で買った

さはらや

1 0+1


思い出のあの本だとかCDを売ってしまおう明日は明るい

温子 家

1 0+1


焼売と冷えたビールがコラボする 今日も一日おつかれさまね

のぅてんき

1 0+1 星


エロ本やエロDVD売り払うもうわたしには必要がない

松木秀

1 0+1


焼売のグリーンピースは拾わない きみは赦しをあたえるように

永昌

1 0+1


売買は何時も太陽必要で月を出したら要努力だと

だゆう

1 0+1

どんまい!

誰が知るや街戻る吾に叔母握る大おにぎりの売られしところ

宮木水葉

1 0+1

どんまい!

焼売のグリンピースを丁寧に丁寧に除け緑に埋まる

一〇〇八

0 0


おいくらで売っていますか?ついさっき大きく吐いた君のため息

天野うずめ 家

0 0


「今日僕はロバを一頭買いました」過ぎた日も売ってくれる国にて

東風めかり

0 0


売るために髪を伸ばして切ったって言っても誰も信じてくれない

赤本海

0 0


ふわふわの入道雲で出来ている 夜店のわたあめをもぐもぐ

一行 家

0 0


喧嘩だけ売ってた声を買われても礼は取り寄せ中です待って

ルオ

0 0

どんまい!

昨日 2016年08月03日(水) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 08 
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31