うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN834日 】 2016年07月12日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 834 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 のの わらび 深原滄 のりば

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 帽子 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

「お洒落だね」なんて言われたクロッシェの中で波打つ朝ねぼうの跡

葵の助

7 6+1 星

宇良衣未(みみ)ひの夕雅多香子永昌冬桜

今日は帽子を脱げませんね。
衣未(みみ)

隠す帽子にクロッシェなんておしゃれな物を持ってきた勝利かな。
多香子

薔薇ありがとうございましたm(__)m
寝坊した時だけでなく、何をどうやっても決まらないことが多い天パーに、帽子は強い味方です(笑)

葵の助


この町を愛していたと云う祖父の棺に納められた制帽

ひの夕雅

5 4+1


それはそれは恒星のように美しい鳩が出てくる帽子をたのむ

中本速

4 3+1


「一度でもとってみたいな夏休み」 麦藁帽子 ぽつねんぼやく

ひらちゃん

4 3+1


迫害を防止するため手に入れた俺のカツラを帽子と呼ぶな

かっちゃん 家

3 2+1


花・うさぎ・星屑などをその中に隠してシルクハットは宇宙

冨樫由美子

3 2+1


かいた汗のぶんだけ君のものになる夏だ 駆けだせ麦わら帽子

七緒

3 2+1 星

ハナゾウ千歳ちと

ひたすら明るくて勢いがあって、好きです。
森下裕隆

森下裕隆さん、評をありがとうございます。
夏の、底抜けに明るいところがときどきどうしようもなく好きになります。

七緒


潮風のいたずら赤い汐まねき麦わら帽子を日傘にしている

多香子 家

3 2+1 星


太陽を一目置かせる黄色さを照り返してる君の代わりに

宇良

3 2+1


帽子の下に自分を隠すああそれはとてもきもちのよいことなのだ

吉川みほ

3 2+1 星

鳴瀬 諒森下裕隆

被るのではなく隠すという逆転(?)の発想が面白いです。
何故帽子で自分を隠すのが「きもちのよいこと」なのかは想像するしかありませんが、自分を偽ったり別の存在になり代わったりするような、後ろ暗い気持ちの良さなのではないかと感じました。

森下裕隆

森下裕隆さん ありがとうございます。帽子をかぶると自分の視界に影ができるというだけで、まるで物陰にかくれて世界をのぞいているような気分になります。
吉川みほ


「お嬢様」帽子を脱いで跪き「ごきげんよう」とそんな遊びを

いたいたしい 家

3 2+1


夏帽の下の冴えない前髪が気になりだして脱げない帽子

永昌

2 1+1


おおきな手にかぶせられた麦わらの角度をただすまでの静寂

みれー

2 1+1


白、黄、橙、青、黒 帽子が濃い色になればなるほど水と友達

清水ゆん

ひねりがあって良かったです。
清水ゆん

これ、スイミングスクールですよね?級が上がるたびに、水泳帽の色が変わるんですよね(買うんですけどね・・・)。うちの子が通っているところがそうなんです。それがなかったら、この歌は何のことなのか分からなかったと思います。分かったことが、なんだか嬉しいです(笑)。
下の級の子の可愛らしさ(小さい子が多いですし)も上の級の子のかっこよく泳ぐ様子も、見てると楽しいです。

葵の助


小6でひょろひょろ背だけのびていき通学路ではキリンの役目

いずみ 美帆 家

2 1+1 星

ひらちゃん

これはいかにもあるあるで、でもうちの息子もそうだったなーと。
多香子

♡♪コメントありがとうございました
多香子さん背の大きなお子さんがみえるのですね、この歌は私自身の思い出です!あの時は背の高さが嫌でしたけど、小さい子たちを見守ったり目印になれてまぁ、良かったかなって感じです♡

いずみ 美帆


油断して思い出したら泣きそうで 深めにかぶった帽子の中で

UrbanBlues

2 1+1


母さんは碓氷峠の麦わらも忘れちゃったが母さんである

だっきー

2 1+1

朝倉洋一

題材はいいのになあ、もう少し西条八十ばりの詩情を詠ってほしかった。
多香子


芋掘りで麦わら帽子伸びた紐 笑顔あふれるそれがうちの子

衣未(みみ)

2 1+1 星


特別に大江戸線は深いから黄色い帽子の後つけて行く

清水ゆん 家

2 1+1 星


いないのがいちばんいやだあのださい帽子残して風になるとか

ハナゾウ

2 1+1


公平に幸福配る奴がいて かぶった帽子妙にヨレヨレ

こたきひろし 家

1 1

吉川みほ

公平に幸福を配る、なんてとても崇高な振る舞いですが、帽子がヨレヨレだし主体からも「奴」呼ばわりされています。配っている「幸福」もそんなに大したものではないのかもしれません。
例えば駅前で10円玉を通行人に配っているひとが居たら、ちょっと避けて通りたくなると思うのですが、このヨレヨレ帽子のひともそういう類いのにんげんなのでしょうか。
あるいはひとの幸福を気遣うあまり自分の身なりなど顧みない聖人なのかもしれませんが、僕はどこか泥臭いような、不器用な人物像をイメージしました。

森下裕隆


飛ばされぬ麦わら帽子新しいサンダルで靴ずれした夏日

冬桜

1 0+1


昼時の現場の影にヘルメット赤白黄色黒萎れてる

ものか

1 0+1


宿願を抱く少女は歳を経て帽子片手に世の陰をゆく

堂那灼風 家

1 0+1


空気ごと被れる帽子ふうわりと多分前世はホットケーキだ

希和子

1 0+1


ゴードンはまず馘首(クビ)にする。もし俺がトップハムハット卿だったなら


風が立ち攫われていく夏帽子「さよなら」という声のみ残し

安部圭二

1 0+1


放課後にYGマークの野球帽かぶった僕は「一番高田」


そよ風に流れる君の黒髪を優しく包む麦わら帽子

風月

0 0


あの頃に夭逝せしは我が友の形見に貰うアポロキャップは

yosioo

0 0


昨日 2016年07月12日(火) 明日

出詠した人選歌した人

風月 冬桜 ハナゾウ 吉川みほ こたきひろし家 宇良 いたいたしい家 yosioo ひらちゃん かっちゃん家 多香子家 ホシキョウイチ みれー 堂那灼風家 葵の助 ひの夕雅 七緒 森下裕隆 中本速 UrbanBlues ものか うにがわえりも 安部圭二 衣未(みみ) 清水ゆん家 だっきー 冨樫由美子 希和子 いずみ 美帆家 永昌

冨樫由美子 だっきー 詩音  宇良 吉川みほ 衣未(みみ) 鳴瀬 諒 かっちゃん家 七緒 木蓮 清水ゆん家 みれー ホシキョウイチ ひの夕雅 いたいたしい ルイドリツコ ハナゾウ ものか 多香子家 中本速 うにがわえりも 森下裕隆 静ジャック テディベア ササキ アンヨ 永昌 ぽつり UrbanBlues 葵の助 千歳ちと 冬桜 安部圭二 久哲 ひらちゃん いずみ 美帆家 堂那灼風家 朝倉洋一 希和子 都草 だゆう

30 人

40 人



 2016 07 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31