うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN832日 】 2016年07月10日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 832 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 自由詠 』

  •  毎月10日は自由詠の日です。
  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

じゃあきみはカレーパンから掻き出したカレーをご飯にかけて喰いなよ

ハナゾウきつね有櫛由之清水ゆんもりのさと淡海わこ

どんな話をしていたらこんなセリフが出てきたのか想像しちゃいます。
きつね

不思議な雰囲気と破壊力にどきっとさせられました。こう言われたら、私は何も言い返せないと思います。

一度はやっておかないと、と思ってしまいました。
有櫛由之

すごい発想ですね。どんなシーンで発せられた言葉か想像が膨らみました。
清水ゆん


半分のパピコを渡す気軽さで出された好きが手の中にある

矢波多恵

8 7+1

ぽつり中山とりこ久哲衣未(みみ)希和子綴紡

カレーパン歌と迷いましたが、こちらを💛
久哲

しっかりとこぼさないように握りしめていて。
衣未(みみ)

あまりにラフな感じすぎて「お、おう」みたいな感じで受け取ってしまった主体なんでしょうか。「半分のパピコ」がいいなって思います。
しま・しましま


雨降りの晩に猫バス待つように隣にいたいの夜が明けるまで

5 4+1 星

夕顔北大路京介知己凛中牧正太

ずーっと一緒にいたい気持ちが可愛く表現されていて好きです。
知己凛


口中で氷をゆっくり噛みしめてキュウと鳴る音だけ聞いている

淡海わこ

4 3+1

鳴瀬 諒しま・しましま太郎

他に聞きたい音がないんでしょうね。口の中から耳、それだけの世界というのがいいなって思いました。「だけ聞いている」という結句部分が好きです。
しま・しましま

そこはなどない寂しさと倦怠感のようなものを感じます。シンプルで深いいい歌だと思います。
太郎


冷水をガラスコップに注ぐとき遠くの海に沈む客船

もりのさと

3 2+1

梶原一人桔梗

ガラスコップと沈没する客船とのスケールの違う対比がいいです。
有櫛由之

「遠くの海に沈む客船」という不穏なイメージはいいなって思いました。
しま・しましま


ストローをすすむ豆乳きょう雨がふれば行かない理由ができる

しま・しましま

3 2+1 星

静ジャックmis0no

豆乳がストローのなかを進む速度の遅さと、気の進まなさが重なっていて、行きたくない気持ちが伝わる歌だなぁと感じました。
mis0no


草舟にこんぺいとうを積み込んでみんな泣いてた蟻の出港

朝倉洋一

3 2+1

城ももよてんてん

メルヘンチックな様で、なんとなく不安な感じのする世界観が好きです。
しま・しましま


さみしさへ向かふ電車の窓ガラスの張り裂けさうなゆふひの色だ

桔梗

3 2+1

御泉水坊斎

「張り裂けさうなゆふひの色」という主観のこもった表現がステキだなって思いました。
しま・しましま


火を点ける前にもう一度確かめる触れば微かに火薬のふくらみ

希和子

3 2+1

伊波金子りさ

不思議な魅力がある歌でした。
危うげで儚い印象を受けました。


金子りさ


嗚呼月が明るすぎるのこんな夜は隠しきれない想い溢れる

御泉水

3 2+1


夏の日に無敵になれた僕たちのソーダアイスは自由の味だ

守宮やもり

2 2


息継ぎも思い出せずに泳いでるシーツの海は激しく時化る

2 2


君の傘折りつづけてるあきらめてくれるまでずっと折りつづけてる

森下裕隆

外は雨が降っていて、それでも帰ろうとする「君」を引き止めるために傘を折っているのでしょうか。「折りつづけてる」と書くと、無数に傘があって何本も折っているようにも読めます。それはそれで面白いシーンです。
四句でスピードアップする感じがあって、傘を折りつづける主体の気迫が伝わって来るようです。

森下裕隆

ちょっと怖い気もしますが……、一途なのだなぁと感じました。
mis0no

君の存在がそんなにも負担なのですね。「傘を折る」という行為が何を指すのか掴みきれませんが、その心情は理解できる気がします。
太郎


お中元 届くカルピス・素麺は日本の夏が始まる合図

中山とりこ

2 1+1

だゆう

……うち、一度も夏が来たことないみたいです
きつね

ですね!どちらも大好きです。
衣未(みみ)


車窓から見た霊園が煌めいて 永遠なんて信じないのに

金子りさ

2 1+1 星

富井丈生

霊園が煌めいて見えるなんてことがあっただろうか、と自分自身を振り返ってみました。おそらくなかったでしょう。そう見えるのはどのような心境の時なのでしょうか。「死」そして「死者」というのは永遠ですよね。そこに美を見出したのでしょうか。深い思想が感じられるいい歌だと思います。
太郎

丁寧な評をありがとうございます。これは実際に見た風景で、車窓から見えた霊園の墓石が、夏の日差しを受けてキラキラと乱反射してとても綺麗でした。そのとき感じた、ああこの墓石たちはずっとここにあり続けるだろう、という気持ちを歌にしました。もっとあの景の綺麗さを表現したかったのですが、私の力量ではしきれませんでした。
金子りさ


桔梗の膨らみ始めた蕾達プチプチ潰した、ただ面白くて

麗子

2 1+1


星のない夜空があたりまえになりそろそろなにか壊れる予感

嫉妬林檎 家

1 1

不穏な緊張感がいい。
有櫛由之

そこはかとなく怖さを醸し出す歌ですね、これは心象なのか現実の空なのか分かりませんが、空に光るものが見えない夜は何となく寂しい。それが常になることで何かが壊れると感じる感性は素敵です。
太郎


書けど書けど醜き字なり六畳を紙墨の山にうめてしまへり

富井丈生

1 0+1

何度書いてもうまく書けないというか、書けば書くほど「醜き字」と思ってしまう辛さ、
「六畳を紙墨の山にうめてしまへり」というやや大袈裟な表現がハマるなって思いました。

しま・しましま


君を破壊してゆく幾多のアレルゲン通し番号いちばん、あたし

1 0+1

おお、なんとそんなに相性が悪いと感じることがあるなんて、悲しいです。いい表現ではありますが。
太郎


夏休み残された僕の友だちは静かに動く扇風機だけ

知己凛

1 0+1 星

いったい夏休みに何を失ったのでしょうか。寂しいけれど何か説得力がある歌ですね。
太郎


将来の希望の込こもった短冊が 車に轢かれ空に舞う7月10日(きょう)

1 0+1


縄跳びに入れない子どもみたいにあなたの肌が遠い歯がゆい

北大路京介

1 0+1


おとなしく見ているだけじゃつまらない どのパーティーに参加しますか?

mis0no

1 0+1 星


水たまりゆく幼子の長靴のアンパンマンのようになんかだるい

中牧正太

1 0+1

そんなに共感出来ない比喩とだらっとした字余りがよく合っていると思います。
有櫛由之

四句までは整った写実の歌なのですが、結句で主体の感情が入ってきます。
この「なんかだるい」は非凡な表現ではないでしょうか。「なんか」はほとんど意味を含まない、それこそ水のような表現ですが、だからこそ主体の感じる怠さを滲ませることに成功していると思います。
初句と二句の句跨りは上手く処理しておきながら、結句で大幅に字余りするというのも、途中で怠くて面倒になった感が出ていて面白いです。

森下裕隆


恋の供養したことないから教えてよ あたしは一生叶わぬ恋党

綴紡 家

1 0+1


遅刻する僕を叱るなヘルクレス。星を追い越し急ぐ、バイトへ。

蟻男 家

1 1


問題は今日の雨だという人が増えすぎたせいかもしれません

きつね

1 0+1 星


制帽のつば指し示す新天地人生航路浪高けれど

清水ゆん 家

1 0+1 星

どんまい!

指切りをしたのに髪切ることになり即日予約して電話切る

青井 家

0 0


昨日 2016年07月10日(日) 明日

出詠した人選歌した人

きつね 綴紡家 もりのさと 守宮やもり しま・しましま 知己凛 嫉妬林檎家 淡海わこ 御泉水 金子りさ 森下裕隆 蟻男家 青井家 富井丈生 中牧正太 麗子 清水ゆん家 朝倉洋一 mis0no 桔梗 希和子 北大路京介 中山とりこ うにがわえりも 矢波多恵

ぽつり ハナゾウ 遠井海 ササキ アンヨ 麗子 伊波 中山とりこ 久哲 きつね MASH! 御泉水 鳴瀬 諒 夕顔家 衣未(みみ) 家 城ももよ 静ジャック 有櫛由之 富井丈生 清水ゆん家 梶原一人 坊斎 だゆう 森下裕隆 うにがわえりも家 北大路京介 木蓮 希和子 てんてん 金子りさ 朝倉洋一 知己凛 中牧正太 mis0no しま・しましま 桔梗 もりのさと 綴紡家 太郎 矢波多恵 淡海わこ

29 人

43 人



 2016 07 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31