うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN832日 】 2016年07月10日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 832 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 自由詠 』

  •  毎月10日は自由詠の日です。
  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

自由って憧れだった あなたから「すきにすれば」と言われるまでは

葉山はな

8 7+1

ぽつりツナマヨネネネ冬桜只野変哲木蓮けら

それは切ない自由ですね。とりようによっては「あなた」に逆に縛られてしまうようです。
木蓮

この気持ち、ふいに自由が不安になる気持ち、凄く共感しました。
けら


古い母子手帳にのこる母のメモあすは私がはじめて立った日

nu_ko

8 7+1

ミルトン鳴瀬 諒ホシキョウイチ松木秀豆田麦文乃ひの夕雅

嬉しいですね。
衣未(みみ)

母子手帳にお母様のあふれる愛情が詰まっていますね。暖かい気持ちになれて、ハートとすごく迷いました!
木蓮


百日紅みたいな背骨なでているときだけ夏を好きだと思う

佐原 輔

8 7+1

葉山はな吉川みほ西村湯呑ひぞのゆうこカミハテルナク太田青磁

色っぽい。
衣未(みみ)

百日紅は幹のイメージでしょうか。すべすべとした感触から相聞歌でしょうか。手ざわりをうまく夏のイメージにまとめていていいなと思います。助詞の省略は意見が分かれるのかもしれませんが、少しぶっきらぼうな口調は歌のイメージと合っていると感じました。

太田青磁


いつだって声を殺して歌ってた見えない誰かに気をつかってた

豆打だんす

4 3+1


通り雨ではなかったしどうしようこのままここで立ち読みしてよう

水沼朔太郎

4 3+1


まだ何も知らない僕らの屋上でアウトサイダー飲み干して夏

冬桜

4 3+1 星


花の咲く瞬間だけを切り取って読みかけの週刊誌に挟む

さはらや

3 2+1

ハナゾウあみー

開く瞬間の押し花の栞ですね。一番美しく残してもらえて幸せなのかも…と思いました
いずみ 美帆

すみません、コメントしていて、♪付けるのを忘れてしまいました。ゴメンナサイ
いずみ 美帆


手をつなぐ指きりげんまんするように約束なんて何もないのに

只野変哲 家

3 2+1


GoodBye前に付け足すSo Longさよならまたねまた逢う日まで

薫智大介

3 2+1


思うより早く返事が来てしまい添付の恋が文字化け起こす

カミハテ 家

2 1+1

雨宮 司

いい返事だったのか悪い返事だったのかが気になるところですが、恋が読み取り不能な文字列になったのか、恋と言う文字だけが打ち間違えられていたのか、どっちだったんでしょうか。作中主体にとって好ましい返事であったことを祈るばかりですが、「あのキツい返事全部が文字化けだったんだ、きっと」っていう開き直りだけはやめような。
雨宮 司


自由とは喪失である門限もソファーも希望も失くしてしまった

鳴瀬 諒

2 1+1


思いきり無色な夏でいたいから裸のままであけるプルタブ

つん

2 1+1


亡くなった母だと気づく 腕を吸う蚊よたくさんの子を産んでくれ    

ミルトン

2 1+1


誰からも教えられずに出来たのは泣く事でした今でも得意

いずみ 美帆 家

2 1+1 星


プルトップ祈りのように立ててみた 中でちいさく誰か叫んだ

吉川みほ

2 1+1 星

いずみ 美帆

試してみたくなりやりました!Tanさんがシュワシュワって叫んでくれました…祈りを込めて美味しくいただきました。面白くて少し悲しくて好きです

いずみ 美帆

いずみ 美帆さん ありがとうございます。わわ、実際に試してくださったのですね!プルトップ立てる時のしぐさがちょっとだけお作法めいてて、中身の空気が抜けるときちっちゃい悲鳴するなあ、っていつも思います。
吉川みほ


「カフェオレのコーヒー抜き」を用意して鼻歌のぼく、ねこ、オムライス

あかね

2 1+1

久哲

歌らしい歌が多くて、皆さん無難な詠みの中、これは買う💛
久哲


きみのいない時空をずっと繰り返すなんて過酷なギャグ漫画だろう

あみー 家

2 1+1


ワンルームごろりゆううつ窓辺から突き刺してくる無邪気なひかり

ひぞのゆうこ

2 1+1


携帯に名前をつける妹とつけない姉との板挟み つらい

ヤシロー

2 1+1


18の初体験はあっけなく出口調査は意気揚々と


将棋盤に向かうまなざし鋭くも勝ったと告げる声あどけなく

太田青磁 家

1 0+1 星


風もなくだが細波立つ、見つめ居る、湖面に同じこの心境を

森本泉

1 0+1


ささなみの寄らむ方なきゆふべには つがふ鴨すら浮き寝するかも

夕顔 家

1 1

宇良

うーん、ここまでしっかりした古典調の短歌を詠まれると、入れないわけにはいかないでしょう。「ささなみ」は他人からの恋文でしょう。それが続いている夕刻には、つがいとなっている鴨でさえ浮気をするのかな、というくらいの意味です。鴨は夫婦仲のよい鳥とされていますが、夫婦仲が良くても浮き名を流してしまうのだろうか、という微妙な言葉を用いています。人なら尚更、ということかな。
雨宮 司


しょわしょわと炭酸のごと沸き上がる蛙の声に洗われる夜

文乃

1 0+1


安定という名の石を転がして 少しこちらに傾けてみる

けら

1 0+1 星


夏山に今し過ぎぬる夕立の雲より高き蝉の諸-声[もろごゑ]

樂々

1 1


「一か月遅れれば行けた」その声が背を押して書く投票用紙

宮木水葉

1 0+1


ミニ薔薇のように清楚に生きたくて スイートチャリオット グリーンアイス

衣未(みみ)

1 0+1 星


君からも送られてくる丸い虹スマホの中に笑顔ができた

終栗夢

1 0+1


タブレット割りの得意な空手家が九百九十枚で破産す

松木秀

1 0+1


かすかなる憂ひ抱きつつゆく夏を今年の夏として過ぎゆかむ

萩野聡

1 0+1


古ぼけた時計の針が止まるとき一つの時代 永久(とわ)に流れる

風月

1 0+1 葉 はじめて


この愛をお届けします届いたらお尻をピカッと光らせて

ツナマヨ

1 0+1


風薫るカレーの国から来たスパイ香りの交響へと紛れこむ

雨宮 司

1 0+1 星

どんまい!

スパイはスパイスに掛かっていたのでしょうか。交響という言葉の硬さが気になって選べずにいました。カ行の音の連なりは雰囲気をつくっていると思いました。
太田青磁


ジャラケツヘノカッパという掛け声をナメック語のように聞いた春

西村湯呑

1 0+1

どんまい!

整数論専攻した妻理屈では割り切れないこと苦手だったり

えがぷり

0 0


今日からは呼び捨てにするいいだろと君は青空に宣言をする

瀬戸さやか

0 0


どうすればこちらを向いてくれるかな目を抉りだし四肢切ればいい?

三月海月 家

0 0

それは漢の高祖の正室・呂后の行状でしょう。そんなことをしても恐れられるばかりで誰も振り向いてくれませんよ。でも、つらつら考えるに、そこまでしなければ振り向いてくれない、とまで思い詰めてしまうのも寂しいものですね。その孤独を考えると、なまじ権力を持つよりも信頼できる友人を持っている方が絶対にいいですね。
雨宮 司


二の腕がおっぱいと同じ柔らかさでも二の腕触れば捕まる

 家

0 0


見上げれば とりどりの歌 舞っており 胸いっぱいの 風あじわって

sundy1987

0 0 葉 はじめて


「好きなの」とスライスレモンを頬張った君の笑顔に湧き上がるつば…sa

chari

0 0


瓜言葉に貝言葉してネットでは今日もカラーの図鑑をめくる

照屋沙流堂 家

0 0


失楽の薬を売りに来し侏儒紅き帽子を目深にかぶり

yosioo

0 0 葉 はじめて

どんまい!

ツゴイネルワイゼンダブルチーズバーガーキャバ嬢たちにみんあげてね

種子島鉄男

0 0

どんまい!

昨日 2016年07月10日(日) 明日

出詠した人選歌した人

森本泉 薫智大介 つん 衣未(みみ) 冬桜 文乃 只野変哲家 ヤシロー 葉山はな 佐原 輔 あみー家 yosioo sundy1987 豆打だんす 夕顔家 カミハテ家 吉川みほ 終栗夢 鳴瀬 諒 樂々 ツナマヨ けら 太田青磁家 ミルトン あかね ひぞのゆうこ 家 照屋沙流堂家 さはらや 三月海月家 chari 雨宮 司 風月 たかはしみさお 瀬戸さやか えがぷり 種子島鉄男 いずみ 美帆家 水沼朔太郎 松木秀 西村湯呑 宮木水葉 萩野聡 nu_ko

宇良 葉山はな 森本泉 青井 吉川みほ シュンイチ 終栗夢 ぽつり 西村湯呑 ツナマヨ nu_ko 天坂 水沼朔太郎 佐原 輔 さはらや ミルトン ネネネ 鳴瀬 諒 ホシキョウイチ ひぞのゆうこ 雨宮 司 カミハテ家 萩野聡 冬桜 いずみ 美帆家 ハナゾウ 衣未(みみ) あみー家 只野変哲家 松木秀 久哲 風月 ヤシロー 木蓮 宮木水葉 ルナク 豆田麦家 あかね 豆打だんす けら つん 遠井海 文乃 薫智大介 太田青磁家 てんてん だゆう ささやか家 ひの夕雅

44 人

49 人



 2016 07 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31