うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN827日 】 2016年07月05日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 827 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 民生 澪那本気子

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ピーマン 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

空っぽと思いこんでたピーマンの中に小さな海を見つけた

ぽつり萩野聡久哲桜枝巧宮本背水森下裕隆

からっぽ多いだろうなと思ったら、肉詰めが多かった^^
この歌が好き💛

久哲

凝縮された物語のような一首です。
森下裕隆

これは「海の恵み」という花言葉が関係しているのでしょうか。ピーマンの海・・・おそろしい・・・!
きつね


ピーマンの中だ 昼夜もわからない緑のがらんどうだ あかるい

吉川みほ

6 5+1 星

西村曜ハナゾウ金子りさ豆田麦藤井光涙

ピーマンの中が空洞であることを上手く活用した、ちょっぴりシュールな作風の短歌です。言うなれば虫の視点でしょうか。ピーマンの中は空洞であり、昼夜が俄かには判らない緑色でありますが、「あかるい」は咄嗟に出てこない。陽光が透けるのかとも思いましたが、それだと「昼夜もわからない」と矛盾する。厄介ですね。
雨宮 司

中を想像するとは!楽しいですね!
衣未(みみ)

ありがとうございます。なにも侵入できないピーマンの空洞の中になぜかいて、外からなにかがパキッと割ったのを中から見てみたいなんておかしな願望ですね。
吉川みほ


ピーマンもそのうち好きになればいい 今は笑顔でいるだけでいい

えんどうけいこ

6 5+1 星

たくあん雨宮 司秋子七子衣未(みみ)木蓮

おそらくは、作中主体が子供か孫に向けて詠んだ短歌と思われます。ピーマンの青臭さは下処理次第で軽減できるのですが、子供にとっては嫌な臭いです。作中主体はそれがささやかな通過儀礼であることを充分に承知しており、そんな些細なことよりもこの世界で生きていく楽しみを謳歌するのが重要と考えているようです。
雨宮 司

スッと入ってくる歌で、やさしさにあふれているなあと思いました。
そのうち、の使い方が見守っている様子を強くしている気がします。

ネネネ

大きくなれば大丈夫です。焦らないことです。
衣未(みみ)

優しいです。
木蓮

自分は絶っ対にピーマンは好きになりません!
きつね


麻薬犬ばりにピーマン嗅ぎわける息子よ母が挫けそうだぞ

たかはしみさお

4 3+1

青井えんどうけいこ葉山はな

お父さんの視点でしょうか。「挫けそうだぞ」という言葉遣いがユーモラスですね。
ピーマン嫌いの子どもって、ものすごく細かく刻んでハンバーグやチャーハンに入れても絶対に気づきますよね。「ピーマン入ってる!」と言ってせっかくのお料理を残す子どもと、肩をおとすお母さんの姿が目に浮かびます。

えんどうけいこ

呼ばれた気がしました。
きつね


ピーマンに「海のめぐみ」の花言葉与えた人よ、海が見えるよ

西村曜

3 2+1 星

ネネネササキ アンヨ

はじめて知りました!ピーマンの見方が変わる気がします(笑)
結句の「海が見えるよ」がすきです。一気に広いところに連れてこられた気分になりました。

ネネネ

この花言葉、はじめて知りました! どうして海なのでしょうね。
えんどうけいこ


空洞に闇を湛えてピーマンは中から徐々に傷むのである

たくあん

3 2+1


ピーマンを炒めて食べる真昼間の真空管のやうなひととき

萩野聡

3 2+1

吉川みほ森本泉

「真空管のやうなひととき」というフレーズがとても気になりました。
白に近いくらい明るくて静かな部屋の様子が思い浮かびました。

金子りさ


将来の夢を訊かれてピーマンと答える子供 まぶしくて夏

金子りさ

3 2+1 星


ふるさとが『宮崎ピーマン』その箱にあって艶めくほんの片隅

久哲

3 2+1 星


肉詰めの肉だけ食べて残されてしぼんでいますママとピーマン

いずみ 美帆 家

2 1+1


投げられた物をとっさにグローブでキャッチしたあとピーマンと知る

ミルトン

2 1+1

三糸梢

なぜ主体がグローブをはめている状況でなぜピーマンを投げられたのか、状況が意味不明で、そこがとても面白いです。戸惑っている主体の様子も思い浮かんで来ます。
三糸梢

どんな状況なのでしょう…? しかし楽しそうな雰囲気は伝わってきました。ぽかんとした顔が浮かびます。
桜枝巧


抱きしめて離さないでと小麦粉でつなぐもピーマン肉を手放す

豆打だんす

2 2

ミルトン都草

せつない、、
役まわり的に小麦粉がいちばん不憫ですよね。みんなおいしくなれ。

ネネネ


けだるさと夏の太陽押し込んで一気に焦がす肉詰めピーマン

桜枝巧

2 1+1 星

だゆう

けだるさ、がいいです!夏の太陽に負けてないかんじ!
それにしてもすごくおいしそう、、

ネネネ


夕食の青椒肉絲作り終えいくら待っても君は帰らず

早乙女まあり

冷めた青椒肉絲ほど悲しいものはありません(TT)

金子りさ

自分もピーマンのにおいがするうちは絶対帰りません!
きつね


スーパーでピーマンは嫌だと泣く子らに爆発しないよとささやく係

傘なし 家

2 1+1

ひの夕雅

不思議なおもしろさがある歌です。まずそういう係があるのも可笑しいですが、ピーマンを嫌がる子らにささやく「爆発しないよ」というセリフも可笑しくて、クスッとしました。子らはピーマンが爆発するかもしれないから嫌がっているわけではないとおもいますが、そのピントのずれのようなものが、この歌をおもしろくしているのでしょうかね。
西村曜

スーパーの時点で泣く子ってなかなかな気がします(イメージですが)。絶対にピーマンは嫌だ!
きつね


ピーマンの苦手な君も好きだよと言いましたっけ新婚の頃

天使きらり

2 1+1


熱帯夜むぉんむぉんとピーマンの空洞(うつろ)が増えてゆく音がする

森下裕隆

2 1+1 星

さはらや

「むぉんむぉん」のオノマトペがおもしろいです。「熱帯夜」というのも、「ピーマンの空洞(うつろ)が増えてゆく」という不思議な現象に、妙にマッチしているとおもいました。寝苦しい夜に、増えてゆくピーマンの空洞(うつろ)、悪夢的ですね。
西村曜


子供なら仕方ないよと父さんに言われ悔しく食べた夕食

森本泉

2 1+1

いずとみ 美帆

森本さんへ
なぜか「いずとみ美帆」になってしまいました。いずみ美帆です。この歌大好きです!ガンバって苦いピーマンを飲み込んでいる負けず嫌いな純粋な子供が想像できます!

いずみ 美帆


ピーマンと呼ばれてたと君に言ったら「今はピーマンの肉詰めだね!」

UrbanBlues

1 0+1

なぜピーマンと呼ばれていたかは不明だが、「今はピーマンの肉詰めだね!」には明るい毒がある。おそらくは作中主体が付き合っている(もしくは結婚した)相手に言われたのだろう。その発言の根底には、今の作中主体の体型に対する軽いからかいの気持ちがある。作中主体、昔は今よりもスリムだったんでしょうね。肉詰めも美味。違う味わいも楽しんでもらいましょう。
雨宮 司


ピーマンを残さぬ女になれたのは母のおかげと知るレシピ帖

葉山はな

1 0+1

ピーマンを嫌われものという視点で詠んだ歌の中で1番良いと思いました。このレシピ帖はお母様が遺したもの、と読むのは深読みのしすぎでしょうか。良い歌だと思います。
三糸梢


ピーマンは悪魔お好みのフルーツで夜な夜な食べては皮だけにする

太郎っと

1 1

きつね

どうやって皮だけ残すのだろう。そもそもなんでピーマンなのだろう。色々と疑問がわいてくる面白い歌です。もしかして悪魔って、ピーマンの中に入ってる青虫のことだろうか。そうではなく、悪魔が夜な夜な冷蔵庫を開けて中身だけ食べている様子を想像した方が楽しい。中身のないピーマンを引いたらこの歌を思い出してしまいそうです。
三糸梢

おもしろい発想だと思いました。空っぽなのは悪魔が食べているんですね!でも悪魔にお願いなんですけど、人間が食べることがなくなるくらいに皮の皮まで食べきってもらいたいです!
きつね


鮮やかな緑に詰めるひき肉もはみだし加減 子供シェフたち

衣未(みみ)

1 0+1 星


たくさんのケチャップかけて呑み込んだ肉詰めピーマン今はしお味

青井

1 0+1


ピーマンをふたつに割いて種をとるミンチをいれる器ができた

たかだ牛道

1 0+1

乱暴なかんじなのにかわいくて、思わず笑ってしまいました。
ネネネ


肉詰めで誤魔化しているその苦味子供の頃を思い出すのか?

ササキ アンヨ

1 0+1


今日もまた火に焼かれたるくたれたるピーマンの皮の透明のところ

照屋沙流堂 家

0 0


昨日 2016年07月05日(火) 明日

出詠した人選歌した人

えんどうけいこ 森本泉 ササキ アンヨ 青井 豆打だんす シュンイチ 吉川みほ たかはしみさお 照屋沙流堂家 たかだ牛道 UrbanBlues 傘なし家 ミルトン 葉山はな 天使きらり 衣未(みみ) 雨宮 司 桜枝巧 西村曜 森下裕隆 太郎っと いずみ 美帆家 久哲 たくあん 萩野聡 金子りさ

天使きらり ミルトン 三糸梢 西村曜 たくあん 吉川みほ UrbanBlues ハナゾウ ネネネ 森本泉 ぽつり 早乙女まあり 雨宮 司 ひの夕雅 いずとみ 美帆家 さはらや 静ジャック 傘なし家 萩野聡 金子りさ 秋子七子 青井 衣未(みみ) 木蓮 豆田麦家 たかはしみさお ササキ アンヨ 久哲 桜枝巧 都草 ルナク えんどうけいこ 藤井光涙 たかだ牛道 宮本背水 だゆう 葉山はな 森下裕隆 シュンイチ きつね

26 人

40 人



 2016 07 
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31