うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN818日 】 2016年06月26日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 818 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

たい焼きをリュックいっぱい詰め込んで逢いにいきます(背中が熱い!)

城ももよ天使きらり祐鈴

溢れ出るワクワク感とテンションの高さが伝わってきました。
金子りさ

熱々すぎるたい焼きをリュックいっぱい、誰にあげるんだろう……お腹を空かせた孤児院の子たちかな?
三田たたみ

この無邪気さが魅力なんでしょうか。と、簡単に騙されてしまった気もしますが。
雀來豆

カッコは過剰かと思いましたが、たい焼き好きに会いに行く心構えが面白い!
こりけケリ子


鉄棒の熱に触れれば逆上がりしてゐたころのわれに還れり

萩野聡

4 3+1

けらルナクしま・しましま

鉄棒の熱さと、鉄の匂いを思い出しました。逆上がり頑張ったなぁ。
けら

夏の鉄棒って熱かったなーと、この歌をみて思い出しました。懐かしさにきゅんとなります。
三田たたみ

鉄棒の「熱」に触れることで心が動く、という捉え方がとても巧みです。もちろん巧みばかりではなく、静かなこころの動きが感じられて、好きな歌です。
雀來豆

歌意はよいと思いますが、「昔」逆上がりの練習を一生懸命してたのを「今」思い出して還ったのでしょうから、「還れり」がもったいないですね。口語・文語混じりなのも気になるので、口語現在形で結ぶのがよいのではないでしょうか。
こりけケリ子

西日の中の鉄棒とか想像するだけで、なにやらきゅんと郷愁に駆られます。
しま・しましま


平熱の人は一人もいなくなりとても楽しい旅が始まる

Y川 家

4 3+1


熱海行きバスで連続射殺魔が夢見るみんなかわいい暮らし

すみちゃん

4 4

植木鉢シュンイチY川宮本背水

「連続射殺魔」という言葉にややくどさを感じるんですが、「熱海行きバス」という場所設定が妙に魅力的だなって思いました。
しま・しましま


熱が出るのも悪くない すりおろしりんごを食べて昼ドラを観る

えんどうけいこ

3 2+1 星


最低なふたりになると決めました放熱できず絡まった指

ハナゾウ

3 2+1


熱量が足りてないので返信は夢をたくさん見てからします

城ももよ

3 2+1


サツキヤミ君が持ちうる熱量と等しいものが私にはない

森本泉

3 2+1 星

えんどうけいこぽつり

「サツキヤミ」とは季語の「五月闇」のことでしょうか。名前みたいに見えておもしろいですね。なんだか惹かれる歌です。
えんどうけいこ

季語の「五月闇」は6月の季語ときいたのですが、漢字で書くと今にマッチしない気がしてカタカナにしてみました。選評ありがとうございます。
森本泉


保健室「オデ、熱、ナイ」とフランケン顔色悪く釘刺さってる

北大路京介

3 2+1 星

姉野もね詩音

発想がすごいです!突然現れたフランケンに心をもっていかれました。いろいろな想像が広がる楽しい一首です。
姉野もね

「オデ」は「オデコ」のこと? フランケンは同級生か? 三十一文字でよく情景を表現している。
詩音

「オデ」は「俺」ってことでした。
北大路京介


すこしだけ融けた氷が気持ちいい星降る夜のインフルエンザ

植木鉢

2 1+1

終栗夢

熱が出たときの、すっといい気持になる瞬間を思い出しました。非日常感、夜の静けさが伝わってきていいと思いました。
金子りさ

インフルエンザはキラキラしてると思います!
こりけケリ子


たまごかけごはんの黄身があつあつのごはんに触れてひびきあう波

しま・しましま

2 1+1 星

こりけケリ子

たまごかけごはん、食べたくなってきた……。あつあつとろ〜ん……。
三田たたみ

先日、冷やご飯に卵かけ派に会ってびっくりしましたが、やっぱりアツアツごはんですよね!
こりけケリ子


覗くほど熱を帯びゆく万華鏡 世界を変える鋭角6度

綿津見

2 2

雀來豆ササキ アンヨ

万華鏡という静かな世界と、「熱」、静かな熱狂を感じたというところなのでしょうか。面白い歌だと思いました。
雀來豆

♡、♪、コメントありがとうございました! 「静かな熱狂」と読み取っていただけてとても嬉しいです。
綿津見


もうすこしだけねつ、さがらないでいて おかあさんとてもこえがやさしい

吉川みほ

2 1+1


幼子のはしゃぐ声聞き「しんどい」と言えずにおりぬ微熱の吾は

天使きらり

2 1+1


脱がせれば西日のような熱放つ 黙って耐えてきた君のシャツ

葉山はな

2 2

ハナゾウ

定年退職したときの歌のように思いましたが、もしかしたら卒業なのかもしれませんね。いずれにせよ、お疲れ様でした……。
三田たたみ

好きです。「脱いだシャツ」ではなく、脱がせたのですね。何を耐えたか、一日のお仕事なのかはたまた違うものなのか。言葉ひとつひとつツボで好きです(二回目)


熱風に干涸びし草の張り付きて溶けてゆく窓溶けてゆく家

もりのさと

2 2

金子りさ坊斎

ものすごい温度を体感しました。下の句のくりかえしの言葉も、だらだらと汗が滴るような感じを表現してていいと思いました。
金子りさ

上句と下句の繋がりがわかるようなわからないような。それでも、下句の繰り返しに、不思議な魅力を感じました。
雀來豆


「まだあるね」ちがうと思うそのオデコ離してごらんすぐ下がるから

nonたん

2 2

萩野聡久哲

うん、それはちがうと思います。でも離してほしいような、離されたくないような……。
三田たたみ

そのまま寝床に引きずり・・・ いやまあ^^ お熱いことで💛
いやまあでも、この情景立て凄いわ。

久哲


熱気球帰ってくると知っていただから笑顔で手を振れたのに

冬桜

2 1+1

木蓮

優しい言葉の羅列ですが、哀しい短歌だなあと思いました。
木蓮


熱が出ない僕にはまぼろしの薬バファリン飲めばやさしくなれる?

金子りさ

2 1+1 星 葉 はじめて


ウタよ カシよんひゃくごじゅういちドにもタえるムキュウのブンガクであれ

宮本背水

2 1+1


さあ熱風のなかで造ろう砂浜に狸も見まがう泥のお舟を

雀來豆

2 1+1 星

太田青磁

カチカチ山をこのテンションで持ってくるのはすばらしいです。
わざわざ余らせてまで初句に、さあと入れているのも、砂浜と響きあっているなと感じました。

太田青磁


またきみが付箋残して帰ってる 微熱まじりの言葉を添えて

UrbanBlues

1 0+1


情熱を座右の銘に置き換える 淡々とした日常を捨て

太田青磁 家

1 0+1 星

淡々としていながら実は熱い歌だなぁと思いました。淡々とこなしてきた努力の成果を発揮する時期なのですね!
三田たたみ


もうずっと淡い微熱が下がらない放っておいても死ぬわけじゃない

終栗夢

1 0+1


すぐに熱上げてはすぐにフラれちゃうヒロイン役になれない宿命さだめ

衣未(みみ)

1 0+1 星


「お熱かな?」おでこをコツンとくっつけてくれた母から香るおしろい

三田たたみ 家

1 0+1 星


ディスカスを書斎で飼っているひとの体温で知る愛のかたちを

シュンイチ

1 0+1

個人的にはディスカスを書斎で飼う人とは仲良くなれない気がしますが、おそらく低体温なひとでしょうね。
こりけケリ子


玄関にぐっちょり濡らしたやんちゃ靴 ドライヤーあてる母の熱量

杏仁豆腐

1 1

衣未(みみ)

丸めて入れた新聞紙も水分が取れて良いです!
衣未(みみ)

衣未さん、2日連続のコメントとハートありがとうございます家ではドライヤー一本だけだったので今度試してみます(^_^)ゞ
杏仁豆腐


熱を持つ額につっと寄り添って37℃ あなたに合わす

1 0+1 星 日デビュー1周年


昔からやさしい子どもは今でも墓石に熱さまシート貼る

佐原 輔

1 0+1


喉もとを過ぎたあなたの熱いキス忘れたいのに忘れられない

いずみ 美帆 家

1 0+1


二人乗りの気球で空へ燃料は互いを思う熱だけだけど

ルナク

1 0+1


体内を出口求めて動く熱 せめて38度はいきたい

祐鈴

1 0+1


まだ少し熱があります夕暮れは 一人いさせて独りにしないで

けら

1 0+1 星

どんまい!

てんぐ熱じゃないし鼻も伸びないしムヒでも塗ればいいと思うよ

こりけケリ子

1 0+1 星

どんまい!

猫加減はいかがですかと尋ねられ向こうが熱くなけりゃこのまま

照屋沙流堂 家

0 0


身を焼きし熱き炎の埋み火は 逢はでやなぎず待つぞかなしき

夕顔 家

0 0


熱っぽい上司の話しを聞きながらクールミントガムくちゃくちゃ

水沼朔太郎

0 0


昨日 2016年06月26日(日) 明日

出詠した人選歌した人

森本泉 冬桜 終栗夢 えんどうけいこ 衣未(みみ) 城ももよ 夕顔家 綿津見 吉川みほ 雀來豆 ルナク Y川家 天使きらり いずみ 美帆家 水沼朔太郎 宮本背水 もりのさと 葉山はな 祐鈴 照屋沙流堂家 けら ハナゾウ 三田たたみ家 nonたん 杏仁豆腐 シュンイチ 北大路京介 太田青磁家 金子りさ UrbanBlues しま・しましま 佐原 輔 森下裕隆 こりけケリ子 植木鉢 すみちゃん 萩野聡

天田銀河 衣未(みみ) 城ももよ UrbanBlues わたぬきそら家 木蓮 萩野聡 けら 佐原 輔 えんどうけいこ 植木鉢 姉野もね ひの夕雅 ぽつり 太田青磁家 シュンイチ 終栗夢 いずみ 美帆家 ルナク 北大路京介 吉川みほ 金子りさ 冬桜 坊斎 天使きらり ハナゾウ 森本泉 詩音 三田たたみ家 雀來豆 久哲 静ジャック こりけケリ子 森下裕隆 ササキ アンヨ 祐鈴 Y川家 しま・しましま 宮本背水

38 人

40 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30