うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN815日 】 2016年06月23日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 815 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   ガイトさん

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

はつなつのプールサイドに二十四の ぺたむと咲いたしりのおしばな

東風めかり

8 7+1 星

瀬和璃羽ひの夕雅ぽつりササキ アンヨ静ジャック中山とりこひらちゃん

お尻を押し花み見立てた、それだけで十分面白いのですが「ぺたむ」という表現がよくその様子を表していていると思います。
太郎

ぺたむと咲いたにやられました。可愛いおしりが水のあとをつけておしばなになる。プール開きの鮮やかな光景。低学年かな?いいですねぇ。
ひらちゃん

ぬれたお尻で座った跡を、おしばなと表現しているところが可愛いです。「ぺたむ」というひらがなもかわいい。
かつらいす


膝に載せ育てた三人それぞれに異なっていたお尻の形

ぽつり

7 6+1


ふるさとの電車が尻をあたためて田んぼはやがて海となりゆく

秋山生糸 家

4 3+1


夕焼けはよく噛みましょう置き所無い尻ふたつ土管に寄せて

久哲

4 3+1


あたたかな染みにお尻を乗せたままプールサイドでホイッスルを待つ

きい

4 3+1

豆打だんすわたぬきそら小宮子々

暑い夏のプールのどきどきした様子が思い浮かびます。
衣未(みみ)

私は泳げないので体育のプールの時間が憂鬱でした。でもあのあたたかな(熱いくらい?)のプールサイドで座って泳いでるクラスメイトを見てるのは楽しかったのです。その時のほんわかした感じを思い出しました。誰にでも経験のあるような一瞬をうまく切り取ったように思います。
わたぬきそら


たましいもお尻から出ていくんかな百合の匂いと静かな布団

豆打だんす

4 3+1

下弦たかはしりおこ姉野もね

人が亡くなった後の話として読みました。考えたこともなかったので衝撃的でしたが、なんだかそんな気がしてきました。「いくんかな」の響きにも惹かれました。
姉野もね


キッチンの彼女の尻を揉むことで超ハッピーな痴漢になれる

宇野なずき 家

4 3+1


ふさふさの尻尾が似合ひさうといふ科白も褒めことばに数へる

桔梗

3 2+1

かつらいすスコヲプ

尻尾が似合うといわれるとなんだかイヤな感じがするかもしれませんね。野生っぽいイメージが付いてきます。でも「ふさふさの」が付いたらちょっといいかな?なんて思ってしまう感じはしますね。言う人と言われる人の関係もあるのでしょう。それを「褒め言葉」とするということでその微妙な関係をうかがわせるいい歌になっているとおもいます。
太郎

上の句を読みながら、柴犬のお尻のようなものを想像していたのですが、下の句まで読むと、似合いそうと言われたのは自分(主体)だったのか!とわかりました。「ふさふさの尻尾が似合いそう」な人というと、やさしくて愛らしくてあたたかい感じでしょうか。おもしろくて、ほほえましいなと思いました。
かつらいす


紅色の目尻よ目尻あなたから落ちてそのまま僕になるみず

小宮子々

3 2+1


これはしりあまいおしりと呟いて風邪の体に桃を押しこむ

衣未(みみ)

風邪をひいて食欲のないところに「あまいおしりの桃」を押し込む。「呟いて」という言葉が自分に納得させようとしてる感じがうまく表現されていると思います。いい歌だと思います。でも桃は美味しく食べたいですね。
太郎


うつくしさは刹那にやどり二羽の軍鶏は尻から火焔を噴くように舞う


「まだ夏になれぬ風です。」利尻島からのメールにクロエリの花

天田銀河

2 1+1


「昆布はね、利尻がいちばん」出汁をとる後ろ姿の丸みを見てる

わたぬきそら 家

2 1+1 星

太郎

面白いシチュエーションですね。眺めるお尻の持ち主にそのセリフを言わせているところも絶妙ですし、「しり」の隠喩もうまいと思います。いい歌ですね。
太郎


オシリウス、オシリウスって言いながらどんけつしてくる理科部のあいつ

姉野もね

2 1+1 星

東風めかり

あとからじわじわと笑いがこみあげてきます。
おそらく結構しつこいキャラですよね理科部のあいつ
でもしつこいの好きです!

東風めかり

東風めかりさん、ハートと評をありがとうございます。
そうなんです、あいつ、しつこくて……
おしりが痛いです(笑)



姉野もね


おしりにもおしりなりの礼儀があるがここはおしりを割って話そう

 家

2 1+1


サドルにはなれないけれど君の尻ひかれてみたい結婚しよう

さはらや

2 1+1


夏の野の青き茂みに隠れたるケンタウロスの尻のふくらみ

雀來豆

1 0+1

お尻だけではケンタウロスなのか馬なのか分からないかもしれませんが、青き茂みに茶色いお尻はよく目立つことでしょう。そんなちょっと抜けてるユーモラスな感じがたまらないです。
太郎


男子千五百メートル自由形くっとしまったおしりが並ぶ

静ジャック

1 0+1


まだ少しやわさ残した弟の尻を踏んだの「コドモでいてよお」

いなにわ

1 1


店員も笑いたくないときがあり駐車エリアに座らせる尻

スコヲプ

1 0+1


犀を見てママに似てると父は言う 今も大きな尻にひかれて

お父さんのセリフはちょっとした日常への仕返しなのでしょうか。お子さんもそのへんの事情が分かっているというのがなんとも哀れな父親像を醸し出していますね。いい歌だと思います。
太郎


ブランコにハンカチを敷くこの人のやさしさを僕の勇気と呼ぼう


発着のベル鳴り響きプリプリとサラリーマンのおケツは進む

下弦

1 0+1


噂では虎の尻尾のしましまはご飯をみつけるセンサーらしい

薄荷。

1 0+1


電車来て尻のリズムがジャズになる置き石などはせぬ老人も

だゆう

1 0+1


何を云う僕は脚派である。という君が撫でてるわたくしの尻

真夜中

1 0+1


父さんの揚げる天ぷら最高ね尻にしいてるつもりはないよ

ひらちゃん

1 0+1 星


君の声は遠くなった目尻より居心地の良いグラスを満たす

カカオ

1 0+1


ボクサーをはみ出す僕の双丘を安産型だと笑つて言ふ君

五條ひくいち

1 0+1


銀ケツに明日10時とメールして一応デートだと思い出す

堂那灼風 家

1 0+1

どんまい!

尻すぼみになって気まずくなりそうでボンキュッボンの嘘でごまかす

植木鉢

0 0 葉 はじめて


ぽよぽよのおしりがふたつ居並びてやめてくれ泡出しすぎの風呂場

文屋亮

0 0


昨日 2016年06月23日(木) 明日

出詠した人選歌した人

いなにわ さはらや わたぬきそら家 久哲 ぽつり 五條ひくいち 真夜中 雀來豆 薄荷。 文屋亮 宇野なずき家 姉野もね 植木鉢 家 静ジャック ひらちゃん たかはしりおこ 天田銀河 桔梗 東風めかり 豆打だんす きい 堂那灼風家 かつらいす 中山とりこ カカオ だゆう スコヲプ 小宮子々 秋山生糸家 西村湯呑 下弦

下弦 かつらいす スコヲプ 瀬和璃羽 ハナゾウ ルナク 衣未(みみ) たかはしりおこ 堂那灼風家 豆打だんす ひの夕雅 ぽつり 森雅彦 秋山生糸家 五條ひくいち さはらや 雀來豆 久哲 ササキ アンヨ 西村湯呑 天田銀河 薄荷。 坊斎 桔梗 太郎 きい 静ジャック 中山とりこ ひらちゃん 宇野なずき家 姉野もね わたぬきそら家 千歳ちと 真夜中 東風めかり 都草 家 小宮子々 カカオ だゆう

32 人

40 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30