うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN813日 】 2016年06月21日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 813 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

たつたいまゆふだちは止み地球からうまれたやうにゐるすべり台

桔梗

9 8+1

西村曜宮木水葉けら井田直スコヲプ桜望子永昌秋本こゆび

空気も、そして滑り台もきれいに洗われた夕立の後の公園ではそのやうに映るかもしれません。地球から生まれたという発想が面白いです。先日から旧仮名遣いに親しんでおりまして、この歌にも親しみを感じます。
太郎


薔薇園に幽霊一人出るという 貴方じゃないかと私も通う

桜望子

6 5+1

五條ひくいちひの夕雅太郎佐藤博之カカオ

夜の薔薇園を徘徊するのがお好きな彼氏なんですね。おもしろい。その彼氏が幽霊と間違われ、噂になっているというシチュエーションは最高だと思います。ストーリーが見えてくるいい歌ですね。
太郎


楽園と呼ぼうあなたのハミングがひとしく僕に降るこの場所を

秋本こゆび

4 3+1

真夜中月丘ナイルY川

雰囲気がたいへん好きです。ハミングが降るというのもすごくわかる感じがします。「ひとしく」はどうなんでしょう……他の対象が明示されていないので、ちょっとぼんやりしすぎている気がしました。
Y川


ほんとうのことを言うのに飽きたなら植物園にでも行きましょう

小宮子々

4 3+1

坊斎綿津見だゆう

なんだか気になるお歌でした。植物園でならば、「ほんとうのこと」でないことが心おきなく言えるのでしょうか。それともたんにデートに誘っているのかなあ……。
西村曜

「植物園ではほんとうのことを言わなくていい」というのは果たしてうそをついてもいいということなのか、それともおし黙っていてもいいということなのか…あるいは、植物には人間の言葉の真偽などどうでもいいということなのかもしれませんね。解釈や想像の幅があって、読み返す度に読み手の心を反映してくれるお歌だと思いました。澄んだ水面のような印象で素敵です。
五條ひくいち


不自由のなかの自由だライオンは動物園の陽に寝ころんで

月丘ナイル

4 3+1

姉野もね静ジャック木蓮

不自由な中の自由、まさにその通りですね。サバンナではきっとのんびりは寝ころべなかったことでしょう。それと引き換えに行動範囲を制限されるのがライオンにとってうれしいこととは思えませんが。視点がいい、いい歌だとおもいます。
太郎

動物園の中のライオンの限られた自由をさらりと詠んだ感じがいいですね。「陽に寝転んで」が特に好きです。
静ジャック


荘園のページあたりで眠くなり幽かなシワを遺す教科書

東風めかり

3 2+1 星

文屋亮ナタカ

「荘園」、なつかしいですねえ……! よくぞこのワードが出てきたなとおもいました。眠くなって、教科書を握ったのか、ひじかなにかでぐしゃっとしてしまったのでしょうか。ただ、わざわざ「遺す」を使われた意図がちょっとわかりませんでした。
西村曜

授業中寝てしまいましたか・・・。午後の歴史は目を開けておくのもツライことってありますよね。それを教科書に寝た証拠を残すというのが面白いです。「荘園のページ」に限定してしまった方が良かったかなと個人的には思います。
太郎


カカオ園の子どもはチョコを相聞を詠むわたくしは恋を知らない

西村曜

3 2+1 星

葉山はなわたぬきそら

カカオ農園で働く子どもたちの中にはチョコレートを知らないことも多いと聞きます。知らないはずのチョコレートや恋を空想し詠むことができるというのは人間すべての能力ですね。
助詞の部分だけ再確認の必要があるかもしれませんが、とても魅力のあるお歌だと思いました。

五條ひくいち


いろいろと苦労したよと言いたくてパンダに会いに動物園へ

スコヲプ

3 2+1


水門の影が親水公園に大きく伸びて子供ら去りぬ

佐藤博之 家

3 2+1

東風めかり都草

夕暮れを使わずにその時間を示した
大きく長く伸びた影と居なくなった子供が巧いです
また親水公園ですから、日中は子供達のはしゃいだ声が響く様子が浮かびます
やがてそれは消えて行くもの哀しさ…
少しむねがきゅっとなるお歌です

東風めかり


幼稚園バスから子らの溢れ出す夏に目を細めることもなく

ナタカ

3 2+1

佐原 輔久哲

いい眼してらっしゃる。ここ切れるかぁ。勉強させていただきました💛
久哲

元気な幼稚園児の溌剌とした感じがうまく捉えられていると思います。
太郎


園庭にひとり残され母を待つ 砂場に埋まるビー玉を想ふ

五條ひくいち

2 1+1 星

ぽつり

心細さを砂場で誰にも発見されずに放置されたビー玉と重ねるなんていいですね。ビー玉の気持ち、それが一つ成長のカギなんだと思います。お子様思いのお母さんのいい歌ですね。
太郎

太郎さん 嬉しいお言葉、ありがとうございます。お迎えを待つとき、どうしてあんなに心細くなるのでしょうね。今振り返っても不思議なものです。
五條ひくいち


公園にサラリーマンがいて鳩とお昼ごはんを一緒に食べる

天野うずめ 家

2 2

衣未(みみ)桔梗

淡々したおかしさがありますね。三句目でちょっとつっかえてしまったので、個人的には語順を入れ替えたほうがスムーズだと思いました。
Y川


実をつけるためだけじゃない果樹園の花は健気に美しく咲く

静ジャック

2 1+1 星


鉄道は吸い込まれゆく揺れながら音も立てずに田園のなか

永昌

2 1+1


薔薇園を逍遥すれば先生が写真を撮りぬ賞を狙って

だゆう

2 1+1


園庭にひみつを忘れ二十年 柵の外からたんぽぽ飛ばす

佐原 輔

2 1+1 葉 はじめて


たくちゃんがゆみせんせいに恋をした神社の横のみどり園です

守宮やもり

1 1 葉 はじめて


皮肉屋のあなたと有刺鉄線と夏薔薇園に日暮れが迫る

文屋亮

1 0+1


緑風のひかる森林公園に「熊と痴漢に注意」との札

冨樫由美子

1 0+1


スナックを通り過ぎてもついてくる 園まりの「逢いたくて逢いたくて」

葉山はな

1 0+1


遊園地 みんなしくじる待ち合わせ、みんなちょっぴり幸せそうだ。

井田直 家

1 0+1


ジャングルジム登ってみたら気がついた 世界の広さ空の高さも

けら

1 0+1


浴衣着て祇園祭を眺めたいテレビ越しならきっと涼しい

真夜中

1 0+1


動物園で生まれたライオン、シマウマが決して踏めないサバンナの土

Y川 家

1 0+1 星


園生なる卵の内の天地に薔薇一輪眠りて残る

宮木水葉

1 0+1


君が園瑞々しきを思い出せ命遠き日如雨露さえなく

カカオ

1 0+1

どんまい!

うつしよに君と僕とは一人ずつ パンダなんぞに負けてたまるか

梶原一人

1 0+1

どんまい!

赤バラの園に隠した秘密をば大人になって独り見つける

心伝

0 0

どんまい!

昨日 2016年06月21日(火) 明日

出詠した人選歌した人

井田直家 Y川家 葉山はな ナタカ 天野うずめ家 西村曜 冨樫由美子 秋本こゆび 真夜中 佐藤博之家 五條ひくいち 守宮やもり けら 静ジャック 永昌 カカオ 心伝 小宮子々 桔梗 文屋亮 東風めかり 梶原一人 桜望子 宮木水葉 だゆう 佐原 輔 スコヲプ 月丘ナイル

西村曜 ぽつり ハナゾウ 佐原 輔 葉山はな 久哲 姉野もね 宮木水葉 坊斎 けら 文屋亮 五條ひくいち ひの夕雅 静ジャック 井田直家 冨樫由美子 蒼井灯 綿津見 スコヲプ 太郎 桜望子 衣未(みみ) 木蓮 ルナク ナタカ 真夜中 永昌 佐藤博之家 桔梗 だゆう 瀬和璃羽 秋本こゆび 東風めかり 月丘ナイル 都草 梶原一人 わたぬきそら家 小宮子々 カカオ Y川家

28 人

40 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30