うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN812日 】 2016年06月20日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 812 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

妻の名を最期に口にして逝った 体言止めの短歌みたいに

葉山はな

9 8+1

ねむけ真香つんササキ アンヨ@aokikenichi千歳ちとツナマヨ冬桜

圧倒的に最高です。
ねむけ

まさに体言止めというのは、これぐらいインパクトのある場面に使うべきなのかもしれません。倒置法も効いていますね。
真香


荷ほどきの手を止め二人ベランダで涼む未来の方を選んだ

小向大也

6 5+1 星

萩野聡梶原一人葉山はな衣未(みみ)西村湯呑

「未来」というのが少しイメージしにくかったのですが、「荷ほどき=現実的な生活」<「ベランダで涼む=二人の時間や空間を大切にする」という対比だと読みました。ということは「未来」はこの先もずっとそんな時間を大切にしようね、ということでしょうか。現実には色々ありますが、忘れたくない素敵な考え方だと思います。
真香

「未来」という言葉とささやかな選択のギャップが面白く、それでもたしかに「未来」だなあ、と感心しました。伸びていく感じがします。
萩野聡

真香さん、萩野聡さん、評をありがとうございます。

小向大也


雨やまぬ星に生まれた運命を受け止められる傘をください

ルナク

6 5+1


真っ青な空に向かって伸びている「止まれ」はきっとぼくを見ていた

ネネネ

6 5+1 星

薄荷。坊斎一行優香久哲

そうかこうか!感動した。一時停止標識って詩だよねえ。それに気づいて
詠もうとしていたんですが、こうかこう詠むのか^^ 勉強させていただきました💛

久哲

わー!うれしい評をありがとうございます。
ネネネ


「止まれ」には事欠かないこの町にいて「進め」の標識いただけますか?

七緒

5 4+1 星

てる雨宮 司瀬和璃羽静ジャック

めちゃ素敵です。
ねむけ

進行方向の矢印標識はあっても「進め」という標識はないですよね、たしかに。そんな街中の道路標識になぞらえて、自分の生き方に感じる閉塞感のような心情を詠んだのでしょう。答えは出ているのに踏み出せなくて、何かに背中を押して欲しい、という風に読みました。
真香

信号機以外では、「進め」の標識はほとんど見かけませんね。まあ、これは表層的に作品を読んだ場合の感想で、実は恋愛模様を記した短歌であることは説明するまでもないだろう。標識をいただいたからといっても、設置しなければ効力を発揮しないわけで、どこに設置するかは作中主体に委ねられている。上手く設置しなさいよ。相手との将来がかかっているのですから。
雨宮 司

ねむけさん、真香さん、雨宮さん、評をありがとうございます。
丁寧に読みこんでいただいて、とっても嬉しいです。

七緒


正しさの線を越えても良いですか止まれば君を無くしてしまう

つん

5 4+1


「止まれ」ってきみとの間にある標識が小さくささやく「行けよ」

nonたん

4 3+1

天使きらりいずみ 美帆ぽつり

どちらをハートにするか悩んだのだが、やはり短歌における定型のリズムの問題は無視できない。句割れや句跨りを駆使したこの短歌は、その点で不利な立場に立たされている。第3句は定型に留めた方がいいというのはとあるベテランの言だが、短歌を詠めば詠むほど至言だと思えるようになってきた。この短歌はそこが崩れている。語順などを練り直した方がいいかもしれない。
雨宮 司


濡れ縁の身じろぎもせぬ風鈴に独り語りの風待ちの宵

てる

3 2+1

木蓮明実

夏の夜の静かな風景が垣間見えるようで好きです。
木蓮


いっせいに子らの視線はケーキへと沈むナイフに息止めてまつ

天使きらり

2 1+1

太田青磁

わくわくする子らの表情が浮かんでかわいいです
ねむけ

ホールケーキを切る瞬間なのでしょうか。兄弟がいる家なら分かるなあと膝を打つ感じがあります。息止めてまつ、は子らそのものなのでしょうが、臨場感が上まわっているので気にしないことにします。
太田青磁


停止線すこしはみだす つまさきがあなたの影を追ってしまうよ

文佳

2 1+1

ネネネ

追ってしまうのが影、というところに、気持ちを押さえ込んでしまう主体の切なさを感じました。
ネネネ


遠足が中止にならないようにと団結し合うてるてる坊主

ツナマヨ

2 1+1 星

ルナク

可愛らしいお歌です^^主体の願いはたくさん作ったてるてる坊主に委ねられたのですね。もしくは遠足を楽しみにする子供たちが各家庭で吊ったてるてる坊主たちの団結かもしれません。てるてる坊主が団結する、という着想が面白いと思います。
真香

情景の切り取り方が素敵です。どうしても上の句のリズムが気になってしまうので、二句を余らせても三句は5音にしたほうがよいかなと思います。
太田青磁

ありがとうございます。各家庭のてるてる坊主の団結を想像して詠んだのですが、一人でたくさん作ったてるてる坊主の団結も当てはまりますね!リズムに関しては自分でも気になりましたがタイムオーバーでした。。次回に活かします!
ツナマヨ


停止線、いったん止まってみぎひだり。死ぬまでずっと悩みつづける

一行 家

2 1+1 星

小向大也

そうなんですよね。行くべき道を進むために一旦止まるんですよね。下の句はネガティブなように思えますが、前を向いているんだと思いました。諭されました。
小向大也

有難うございます。今まさに、人生の岐路にたっていて、苦しいけれど私のペースでちゃんと進んでいこうという気持ちを込めました。

一行


くるくると白いパラソルまわす君こぼれる笑みに呼吸の止まる

御泉水

2 1+1


夜更けにはリタルダンドが掛かりだしピアニッシモで止まる心音

太田青磁 家

2 1+1 星 通算400首詠

かっちゃん

音楽用語は中途半端にしか知らないのだが、心臓の動きをそれで表すのはアイデアとして秀逸。心音の乱れや止まる様まで表せるのですね。そうすると、人間は一生をかけて一曲の音楽を奏でているのかもしれません。作中主体の感情は排され、カメラアイに徹していますが、この短歌の場合はそれが実に効果的で、非常にいい味を醸し出しています。
雨宮 司


止まらざる時の流れに揺蕩って待つは輝く係留さる日

大椿野渡

2 1+1


永遠の停止にむかうぼくたちは溶けたパピコをわけあっている

nu_ko

1 0+1 おとの日


いつまでも歩き出さないこの僕を今日は見捨てて行ってください

坊斎

1 0+1

あ、この歌、いいですね。「いつまでも」なんて言いながら下句で「今日は」としているのが歩きだそうとする主体の前向きな意志にも取れるし、この「今日は」という言葉の置き方も「今日という日が僕を見捨てる」というような詩的なフレーズにもとれるようになってて、後者は穿ちすぎかもしれませんが、とてもおもしろい歌でした。
宮本背水


停止した人型ロボの肩を抱く君は誰から恋をうばうの

ねむけ

1 0+1 星

ストーリー性のある歌に切なくなりました。
下の句がストレートで、ぐっときます。

ネネネ


誰もいない赤信号に立ち止まるきみの背中に触れてみたくて

梶原一人

1 0+1


ふと足が止まつた先にないものの中で一番おほきいあなた

萩野聡

1 0+1 星


夕焼けの後押しで「止まれ」と背比べをしている負けず嫌いだ

真香 家

1 0+1 星


大理石模様の雲が立ち止まり草の香りを夜に留める

薄荷。

1 0+1


猪のごとく止まらぬ恋心何度も断らせてゴメンね

淡海わこ

1 1


はじめたらやめられないとまらない 涙の塩分気をつけてね

@aokikenichi 家

1 0+1


ガス栓は内側からも止めないとけして安心できはしないよ

雨宮 司

1 0+1 星

どんまい!

止めないで私は強くなりたいの涙が出てもそれさえ糧に

さはらや

0 0


ほととぎす鳴きつる夜はさみだれも もの思ふごと降り止まるらむ

夕顔 家

0 0

後徳大寺左大臣の本歌取りでしょうか。茫漠とした雰囲気は伝わってきます。1字空けはなくてもよかったかなと、止まるらむ、の意味が取りきれなかったのが気になります。
太田青磁


止める間もないほど自然に歩き出しみんなそこから飛び降りていく

Y川 家

0 0


昨日 2016年06月20日(月) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30