うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN808日 】 2016年06月16日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 808 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 嫉妬林檎 真夜中 聖徳太子

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

たまねぎの甘みを知って弟が少し大きく描く淡路島

東風めかり

8 7+1 星


きみの描く街はいつでも淡い色消えそうなビル(どこにいますか)

冬桜

5 4+1

坊斎堀口万理奈太郎いろせ

たとえ消え入りそうな存在に見えても本人は棟方志功ほどに強く生きているってことありますよね。そんな淡い存在に目を向ける優しさを感じます。我が師の作風に似ている。独り言ですが
いっ太郎


明石焼きやんわり出汁に広がって家族の淡き思い出が咲く

きい

4 3+1


駆け抜けた最期の夏のセイレーン淡い塩素を香水にして

だっきー

4 3+1

ぽつりルナク朝倉洋一

「セイレーン」が恰好良いです。「最期の夏」が劇的すぎる気がしました。「塩素を香水に」するという表現はベタかなとも思いましたが、嗅覚を刺激する歌はとても好きです。
那須ジョン

上句が神秘的ですてきです。水泳部員の最後の夏でしょうか。うつくしく纏まっていると思います。
朝倉洋一


ずいぶんととほくまできたはつなつの淡雪羹をゆつくり溶かす

桔梗

4 3+1

麗子薄荷。ナタカ

ひらがなの使い方がこの上なくゆっくりとした感じで上手いなーと思いました。
まとか珈琲

時間がどこかしらゆったり流れている、そんなイメージが湧きます。淡雪羹が溶けていく速さではつなつは通り過ぎていくのでしょう。いい歌ですね。
太郎


淡々と人間業をはなれゆき四千二百五十七本

朝倉洋一

4 3+1 星

中山とりこ堂那灼風ねむけ

イチロー、凄いですよね。
時事ネタを当日のうたの日で詠むのって難しいと思います。題もありますし。
このうたは、淡々という題の入れ方と、イチローがマッチしていていいなと思いました。

中山とりこ


北極星探しぽつんと浮かびおる淡水でしか生きれぬアザラシ

天野うずめ 家

3 3

ふたり希和子久哲

バイカルアザラシでしょうか? いい絵で💛
久哲

バイカルアザラシでしょうか。広大な情景に相対し焦点が絞られるところがいいですね。夜、一頭のアザラシのつぶらな瞳と北極星、想像力を掻き立てられます。「淡水でしか生きれぬ」も意味の広がり、深さをこの歌にプラスして効果的だと思いました。
希和子

アザラシは詠者本人なのでしょうか。孤独感がよく表れているいい歌だと思います。
太郎


淡水魚売り場で君は地平から離れたように息を忘れる

ねむけ

3 2+1


がんばってみたけど私、淡墨で描かれた程度の存在だった

淡海わこ

3 2+1 星

藤原頼良桜枝巧

悲しい結末に終わった恋を淡墨の絵として捉える感覚がよくわかります。淡墨でも美しく生きていけます。次はいい恋を
太郎


淡月に浸してひらく鍋底に落ちてたいつかの督促状を

那須ジョン

3 2+1 星

傘なし荻森美帆

描かれている状況を掴めた自信はありませんが、特殊と思える言葉の選び方にありふれていない詩情を感じました。
希和子


初恋の終わりの香りをまとうのは淡藤色のあじさいと知る

桜枝巧

3 2+1


薄桃に暮れゆく空をひろびろと映して棚田は淡くかがやく

文乃

2 1+1


ああただの淡い記憶にしたくない高速道路が崩れたあの日

中山とりこ

2 1+1 星


淡々と蟻を潰している子らが楽しみにするアイスクリーム

ナタカ

2 1+1


こんもりと聴色ゆるしいろに咲く紫陽花は天の涙に淡く輝く

薄荷。

2 1+1


無理してもあなたの水ではいきれない わたしはきっと淡水魚だから

藤原頼良

2 1+1


竹生島目指して進む淡海の雲も泳ぐよ夏山河

麗子

2 1+1

東風めかり

淡海は琵琶湖の古称。元滋賀県民としては真っ先に反応してしまいました。
竹生島の舟廊下懐かしいです!

東風めかり


シモネタをフル装備してラスボスの淡谷のり子を成仏させる

北大路京介

2 1+1

淡海わこ

淡谷のり子懐かしすぎて♥
清水アキラ氏とのやりとり好きでした。

淡海わこ


海に出た淡水魚のよう思い立つ人のすべてに祝福の雨

ニキタ・フユ

2 1+1


嫁ぎ行く娘に金糸銀糸取り淡路の渦に祝いを結ぶ

傘なし 家

2 1+1 星

いずみ 美帆

ありがとうございました。
傘なし


ゆっくりと躰をはなす口づけの淡い淡い色散らして君は

ふたり

2 1+1


淡白なふたりいつものカフェに来て思い思いに本ひらき居り

永昌

1 0+1 おとの日


墨を磨る手が遅いので仕方なく淡い灰色グレーを好くことにした

坊斎

1 0+1

穏やかな自然体を愛するようないい歌ですね。薄墨を好く理由の設定が面白いです。
太郎


紫陽花のこの色好きと君の指した花房ゆるりと淡い日を過ぐ

希和子

1 0+1 星


五月雨の夜に瞬けばちゃぶ台の向こうに淡き影は揺らいで

まとか珈琲

1 0+1 星


単純な恋です 淡い筋雲が風といっしょに流れるような

伝田ちひろ

1 0+1


淡路島何個分で言うんはやめて東京ドームもおんなじやけど

西村湯呑

1 0+1


可もあれば不可もあるひと愛告げるときは小声でごく淡々と

堀口万理奈

1 0+1


淡色で始まった恋 いつの間にこんなどす黒くなってしまったの

いろせ

1 0+1


べっとりと血飛沫の跡は黒ずんで虹の淡さが今は眩しい

堂那灼風 家

1 0+1


貧乳に淡い乳首は美しく今夜は梅雨にさらしているよ

荻森美帆

1 0+1


あめの夜のきみのよこ顔ほのめいて ほたる火淡いたま水の音

夕顔 家

0 0 葉 はじめて


天才でイケメンだった 性格は悪かったけど初恋の人

0 0

どんまい!

もういっそ ヤフオクで買おう最安を 顔で選ぶは 淡き夢だし

蛍火

0 0

どんまい!

昨日 2016年06月16日(木) 明日

出詠した人選歌した人

冬桜 文乃 だっきー 伝田ちひろ 夕顔家 蛍火 傘なし家 ねむけ ナタカ 天野うずめ家 中山とりこ 薄荷。 桜枝巧 堂那灼風家 まとか珈琲 ニキタ・フユ 麗子 那須ジョン 朝倉洋一 荻森美帆 坊斎 藤原頼良 桔梗 堀口万理奈 いろせ 北大路京介 ふたり 西村湯呑 淡海わこ 永昌 きい 希和子 東風めかり

だっきー ハナゾウ 坊斎 あみー家 ぽつり ふたり 那須ジョン 瀬和璃羽 衣未(みみ) nu_ko 傘なし家 中山とりこ ルナク 藤原頼良 麗子 希和子 桜枝巧 ニキタ・フユ 千歳ちと 荻森美帆 まとか珈琲 きい 冬桜 文乃 伝田ちひろ 堂那灼風家 ねむけ 堀口万理奈 薄荷。 北大路京介 いずみ 美帆家 桔梗 太郎 東風めかり 淡海わこ 木蓮 久哲 いろせ 西村湯呑 ナタカ 都草 静ジャック 朝倉洋一 永昌

34 人

44 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30