うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN805日 】 2016年06月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 805 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 都会 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

この街でママに言えないことばかりしている次はお盆に帰る

にしだゆい

5 4+1 星


都会には悪いやつらが多いけど良いひともいるプリキュアもいる

三田たたみ 家

5 4+1 星

森雅彦久哲UrbanBluesだゆう

何だろう変な魅力があるなこの歌。ただごと歌の系譜か💛
久哲


大事なものですかそうでもないですか 都会に雪が積もって溶ける

あみー 家

5 4+1


鏡面の高層ビルが向かい合い互いを無限に映し続ける

吉川みほ

4 3+1 星

ルナクササキ アンヨぽつり

都会らしい視点が良い。下句に比喩を盛り込むともっと味わいがでそう。
たかはしみさお

たかはしみさおさま ありがとうございます。凝視して動けない緊迫した感じにしてみたかったのです。またこの景は今後も書きたいです。
吉川みほ


越して来て初めて知ったこの街に天文台も海も無いこと

雀來豆

4 3+1

御泉水木蓮キョースケ

都会では光害がひどくて、天文台を建設するには不向きだと聞いたことがあります。また、土地にもよりますが、自然海岸は滅亡寸前ですね。港湾でもコンビナートでも、埋め立て地に造設するのが前提になっていて、人間が簡単に触れあえる海ではありません。都会だからといって、いいこと尽くめではない、ということですね。田舎の面目躍如です。
雨宮 司


どの星のどの東京のどの雑居ビルの地下にもわたしの匂い

ルナク

4 3+1 星

照屋沙流堂nu_koにしだゆい

このわたしは何だろうか。偏在と不在の話だろうか。それとも収束する因果の話だろうか。確定させる言葉はないが、詩としてうまくつかみとれていると思いました。
照屋沙流堂

格好いいです。意味よりも雰囲気のうたなんだと思いますが、
結句のところだけ、なんで「わたし」なんだろう、とちょっと考えちゃいました。
でも好きなうたです。

nu_ko

「どの星のどの東京の」とは言っても、地球にある東京しかないわけで、これはパラレルワールドのことだろうと思いました。東京のことが好きなのか嫌いなのかは表現されていませんが、何があってもわたしはきっとここに来たのだろうなぁ、と思っているのかと。
上の句の鈍い子音+O音の連なりで、歯切れの悪い感じが出ていて、東京のことが好きでも嫌いでもない感じがします。
都会というものに対する感情は曖昧なのにここにいるというスタンスは揺るぎないという感じで好きです。

にしだゆい

♡も♪もそして深く読み解いていただいた感想まで・・・本当に感謝のきもちでいっぱいです。
このサイトに出会えたことをすごく幸せに思いました。

ルナク


夕暮れに都会の空が錆びていき何処かへ急ぐ人々の群れ

只野変哲

4 3+1 星

遠木音衣未(みみ)たかはしみさお

暮れる、ではなくて錆びる、というのがなんだか淋しげなイメージです。
衣未(みみ)

錆ていき→寂びてゆきとかかってるのかな?←かっこいい!助詞に注意を払うとさらに趣を感じられそう。下句も雰囲気がある。
たかはしみさお


東京のバスターミナル 夢を見る人と覚めたる人すれ違う

葉山はな

3 3

三田たたみ南瑠夏森下裕隆

以前見たNHKのドキュメントを思い出しました。バスターミナルへ来る人に密着して、どこに行くのか淡々と追いかけるという……あの場所にはいろんな人のドラマが詰まってるんですよね。
三田たたみ

都会における理想と現実の対比を景に盛り込む様式美。定型なのに句跨りの連続で散文ぽい趣。好みで分かれそう。
たかはしみさお


八時間時差があるからいまごろはパリで旦那に抱かれているか

ミルトン

3 2+1


都会的装いとして磁気定期券をSuicaに変更する日

Y川 家

3 2+1 通算100首詠


泣かないで自販機も蹴らないでほら、町田市は東京都だって思い出して

森下裕隆

3 2+1

シュンイチミルトン

上句と下句のちぐはぐさが好きです。なぜ、町田が神奈川県ではなく東京都だということをわざわざ思い出さなきゃいけないのかはわかりませんでしたが、何となく、言ってもしょうがない人に言ってもしょうがないことを言い聞かせている感じなのかなあと思いました。
シュンイチ


ドングリは「やっぱりお山が恋しい」って やさしいドジョウを困らせたのか。。

明実

3 2+1


なんかもう都会の人になったねえ、やんわりねてゆくふるき友

照屋沙流堂 家

2 1+1 星

雨宮 司

一読、京都の洛中の人の言葉を連想してしまった。もう京都人ではなくなりましたね、という問いかけが言外に滲み出ている気がします。「撥ねてゆく」がどういうニュアンスかつかみにくいのですが、はねのける、というニュアンスが強い様に感じました。「旧き友」ですから、幼少時には地元で一緒に遊んだ仲なのでしょう。作中主体の軽い疎外感が読み取れます。
雨宮 司

よくわかります(笑) 田舎で標準語は御法度。
只野変哲


ソラマメを都市の地面に蒔きながら海が生まれるのを待っていた

シュンイチ

2 1+1 星

ネネネ

世界観って言葉を簡単に使わないようにしているんですけど、
このうたの「世界観」「空気感」にひきこまれました。
ソラマメを都会に蒔く、海が生まれる。
何かがはじまりそうで、それでいて終わりの余韻もあって、とてもすきです。

ネネネ

歌意は全く読めない(すいません)けど、歌の持つ雰囲気にもってかれる。海が生まれるのを待つってゾクゾクする。
たかはしみさお


窮屈になってしまった革靴を春の都会に脱ぎ捨ててくる

文佳

2 1+1

吉川みほ

都会の中で「靴を脱ぎ捨てる」淡々とした表現。靴を脱ぐ行為で日本人の死生にまつわる儀式や様式への繋がり感じました。「窮屈になってしまった革靴」「春の都会」に再生の予感も。などどわたしの好き勝手に読ませて頂きました。歌意を違っていたらすみません。声に出して呼んでも綺麗で好きな歌です。
吉川みほ

すみません。訂正 呼んでも→読んでも
吉川みほ


ビルの空ゆらゆら揺れる赤い星明日もここでちゃんと生きるよ

南瑠夏

2 1+1


喧騒を離れしばらく寛いでみたいなまずは都会に住んで

葵の助

2 1+1


夜拒みさみしく笑う街の灯に呼ばれるように君は消えゆき

いたいたしい 家

2 1+1 葉 はじめて


朝まだき色づく都会眺むれば取り残されし想ひあらわる

御泉水

2 1+1


都会化を終えた田舎は田舎だと若き力は都会をめざす

雨宮 司

2 1+1 星


この街の角に傷つきしぼんでも東京タワーで昭和が吸える

久哲

2 1+1 星

Y川

スカイツリーに負けない気持ちで。
衣未(みみ)


恐らくは空気の色が違うからこの街で見る月は灰色

森本泉

1 0+1 おとの日

色で都会を表現する美しさ。田舎から出て来たからこそ色の違いがわかるんだなぁ。深読みすれば人の持つ空気感にかかっていて、都会の殺伐とした雰囲気が灰色にみえるってことだとも。
たかはしみさお


都会にも季節はめぐりアスファルトの隙間に咲いた一輪の花

永昌

1 0+1


風の凪ぐ村につーっと立つ我を都会マチからのバスが通り過ぎていく

いっ太郎

1 1

てる

「都会」は、普通に「街」でいいんじゃないかな。市街地のイメージは漢字の文字面から伝わってくるし。また、「つーっと」だけが幼く感じられます。「静かに」等でもいいんじゃないでしょうか。それはともかく。バス停ではない様ですから、停まらないのは当然かな。田舎(失礼!)と都会の接点がバスだけ、という点がひどくリアルに感じられます。村に住む者の憂いが感じられます。
雨宮 司

雨宮 司さま 評、ありがとうございます。一番勉強になります。
バス停、バスについてなのですが上の句は村ののんびりした雰囲気をだしたく思い「村のバス停に立つ」とはしませんでした。下の句の都会からのバスはそのバスの様子についての言及は「都会からの」として敢えて読者に投げました。その点は成功したのかなと思います。「つーっと」が稚拙に映りましたならそれはマズかったと反省しています。最後に発句で「風の凪ぐ」としましたが、そこに都会からのバスが通過します。そこの様子の変化に思いを致していただけましたら幸いです。
ありがとうございました。

いっ太郎


降る雨に濡れた都会で恋しさに途方に暮れた子猫のように

キョースケ

1 0+1


コンビニは午後十時まで開いてるし、イオンがあるし、都会だよ、ここ

あかね

0 0


来ぬ人を待ち続けてるハチ公の隣で笑う都会のネズミ

桜望子

0 0


まっくろのアスファルトからにょきにょきと夜空に伸びるビルのライト

404notF0816

0 0


都会なら盛り場一つ大都会は駅ごとに小都会がありぬ

松木秀

0 0


匿名になろうよマック東京のアイスコーヒーカップを倒す

水沼朔太郎

0 0


夢破れ十三番線で待つ夜行列車は故郷の海色(みいろ)

瀬和璃羽

0 0


大阪を都会だとまだ思ってる大阪人はかわいそうだな

樂々

0 0

どんまい!

昨日 2016年06月13日(月) 明日

出詠した人選歌した人

森本泉 雨宮 司 葉山はな にしだゆい シュンイチ 南瑠夏 吉川みほ 瀬和璃羽 御泉水 照屋沙流堂家 Y川家 いっ太郎 樂々 あみー家 只野変哲 ルナク 404notF0816 水沼朔太郎 松木秀 葵の助 キョースケ ミルトン 桜望子 いたいたしい家 三田たたみ家 久哲 あかね 文佳 雀來豆 明実 永昌 森下裕隆

だっきー 千歳ちと 御泉水 吉川みほ 坊斎 ルナク 照屋沙流堂家 ササキ アンヨ 下弦 森雅彦 いずみ 美帆家 nu_ko 三田たたみ家 久哲 てる シュンイチ 遠木音 森×緑 衣未(みみ) あみー家 いたいたしい 明実 ミルトン 静ジャック ネネネ 南瑠夏 永昌 木蓮 雨宮 司 森下裕隆 只野変哲 桜餅 森本泉 葵の助 UrbanBlues たかはしみさお Y川家 雀來豆 ひの夕雅 にしだゆい 文佳 キョースケ ぽつり けら だゆう

32 人

45 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30