うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN804日 】 2016年06月12日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 804 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   しちみとう

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

水に浮き逆さに空を眺めてる雲のグレイと余白の青を

ぽつり坊斎指田うまいたかはしみさおササキ アンヨ

青は余白なんですね……水に浮けるほどの気温なのにグレイの雲とは、初夏でしょうか
指田うまい

プールで大きい浮き輪に乗っかって揺られている景を想像しました。夏って感じがします。
たかはしみさお

青は余白なんですね……水に浮けるほどの気温なのにグレイの雲とは、初夏でしょうか
指田うまい


Tシャツの前後を逆に着ているとそこはかとなく息が苦しい

三田たたみ 家

5 4+1 星

けら只野変哲荻森美帆もりのさと

そこはかとなく、で笑ってしまいました
ぽつり

「そこはかとなく」のトボけた調子がほのぼのとした可笑し味を湛えています。窒息することはありませんが、着直しを推奨いたします。
のぅてんき

素敵な着眼点の歌だなと思いました。Tシャツの前と後ろの首元の開き具合って違いますよね、後ろのほうがあまり開いてないものが多いからそれが首元を圧迫しているのかなと想像しました。それか、Tシャツを逆に着ているのに気付いたけれどもうすでに人前に出てしまっていて、しまった! と思う気持ちから息が苦しくなったのかなとも想像しました。
荻森美帆

この人は意図的にTシャツを前後逆に着ているってことなんでしょうか。ちょっと不安になります。あと「そこはかとなく」という言い回しが個人的に好きです。
Y川

「そこはかとなく」の使い方がおもしろくって、思わず笑ってしまいました。一見なんていうことのない一場面なんだけど、そこがまたよかった。
かざなぎりん

ぽつりさん、のぅてんきさん、萩森さん、Y川さん、かざなぎさん、評ありがとうございます! 「そこはかとなく」はこの微妙すぎる息苦しさにぴったりだと思ったのですが、共感いただけたようでうれしいですw
三田たたみ


口癖が「逆に言えば」の人がする話がさほど逆でないこと

中本速

4 4

のぅてんき久哲ツナマヨ樂々

あるあるー。わざわざ逆にしなくてもいいのにね。
のぅてんき

逆に言えばそれが真理じゃね💛
久哲

そうやって反論から入りたがる人って、なんかそれだけで会話なりたたないフラグ立ててますよね……もう「その話のどこが逆なの?」とツッコミを入れてあげた方が早い気がします。
三田たたみ

これは確かに、とうなずく感じがあります。一首のなかに逆がふたつ入っているのは、工夫できたのかもしれないと思いました。
太田青磁


鉄棒に脚掛け逆さに見る街は空へ向かって落ちそうになる

只野変哲

4 3+1 星

冬桜きつねいずみ 美帆

幼少期、鉄棒にぶらーんと逆さまにぶらさがったときの光景が浮かんできました。なんとなく夕焼け空が似合いそうな歌ですね。
三田たたみ

ありがとうございます。その通りです。街と夕焼け空うぃイメージしてました。
只野変哲


ゆいいつの勇者のやうに逆立ちのきみが地球をささへてゐたり

桔梗

4 3+1

nonたんだゆう五條ひくいち

逆立ちを軽々とやってのける人って、すごいなーと思います。もし逆立ちの人を見かけたら、心の中で「勇者様ふぁいと!」と呼び掛けてみますねw
三田たたみ

逆立ちで地球を支えるという表現は他の歌でも出て来るかなと思っていたのですが、この二句目までの比喩がすごく面白く、作者ならではの見立てだなと感じました。
かざなぎりん

韻律も整っており、旧仮名づかいもうまく歌を引き立てています。アニメのようなイメージはできるのですが、きみと地球を俯瞰する視点を主体が同時に持ちうるのだろうか、と思えてしまい採りきれませんでした。
太田青磁

先に採りきれないと書きましたが、子どもが「はじめて逆立ちができた瞬間」を切り取っているのだとしたら、とてもよい歌に思えてきました。読み過ぎかもしれませんが。
太田青磁


この砂が落ちきる頃に怪獣はやられて砂はまた落ちてゆく

Y川瀬和璃羽太郎

何も具体的に言っていないのに、なんのことだかはっきりわかりますね。上手いと思いました。やられる怪獣のはかなさと砂時計のイメージも重なって感じられます。
Y川

砂時計をひっくり返すと、あと三分戦えるのでしょうか。
題との距離は少し遠いかなと思いますが「怪獣を三分で倒す」という構造の繰り返しが面白いです。

太田青磁

ありがとうございます。砂が落ちきるまでに怪獣を倒さないといけないウルトラマンも大変だなと思いました。確かにお題と少し距離はありますよねσ(^_^;)
ツナマヨ


逆上がりできていたから逆上がりできない人の輪に入れない

きつね

3 2+1

三田たたみ秋軸ざきこ。

つれーなー、みんなができないこと一人だけできちゃうオレ、つれーなー(ミサワ)ですねw でもだんだんできる人が増えてくれば、立場は逆転して多数派の筆頭になれてしまうという……そういう意味でも「逆」というお題がマッチしてるのではないかと。
三田たたみ


死ぬまでの時間を逆算したけれど今急いでも意味ないようだ

荻森美帆

3 2+1 星

大橋春人ものか

誰にとっても死ぬまでの時間は有限だという哲学的なテーマをユーモラスにまとめています。
逆説のけれど、と推量のようだ、は少し放り投げているような印象も受けました。

太田青磁


逆立ちで眺めた街は丸くってまるで僕らもいないようだね

大橋春人 家

3 2+1

ルナクかざなぎりん

逆立ちをするとほんとうに街が丸く見えるのかという疑問は残りますが、
口語のやわらかい響きで、街は、丸く、まるで、と続くリズムが気持ちのよい歌です。

太田青磁


さかさまの都市 垂れこめる氷柱から落ちた滴の数はしらない

かざなぎりん

3 2+1 星


逆上がりできない君も好きだった校庭の隅でずっと見ていた

冬桜

2 1+1


両の手で地球を担ぎ上げてみる ひどく重くて血の味がする

真香 家

2 1+1


逆さまに放り出されたメロンパン 近ごろ地球はがんばりすぎだ

嫉妬林檎 家

2 1+1


逆さまのテレビに映る甲子園青い空へと落ちていく球

Y川 家

2 1+1 星

かっちゃん

寝転んで下からテレビの画面を見ているのでしょう。
高く上がったフライを落ちていく球と言うのはユニークでいいです。
三句で切って、結句を体言止めにすると、要素がばらけてしまうかなと思いました。

太田青磁


「ほら出来た」逆上がりする僕のそば見つめるペスはだらしない舌

たかはしみさお

2 1+1 星


にこにことヤッタって顔してやがる手袋だよなその靴下は

nonたん

2 1+1

桜餅

子供の頃必ず一度はやりますね!わたしもやりました!
衣未(みみ)


止まらない止めようとしてこみ上げるもう耐えられないの この吃逆が

のぅてんき

2 1+1 星

太田青磁

しゃっくりなのですね。大げさな言い方が面白いなと思いました。
太田青磁


猫のように怯える気持ちがデカいほど逆毛を立てて挑む合コン

淡海わこ

1 1

静ジャック

どんだけ気合入ってるんだ、と思わず読み返してしまいました。
怯える気持ちは、大小ではなく多寡で測るではないかなと思います。

太田青磁


逆上がりできないわたしと鉄棒は多分一生仲良くなれない

藤原頼良

1 0+1

「多分」と言いつつ確信しています。まぁ一生つきあう相手でもないし。
のぅてんき


『ミュウツーの逆襲』を観て分裂のバグ技をためらう子供たち

もりのさと

1 0+1


廃線の地下鉄線路を逆走してゆく王党派〈メロン〉の青色の貨車

かーむら

1 1

こりけケリ子

やばい武器を運んどる!
こりけケリ子


世の中を逆さに見れば明らかにでんぐり返ってもう歳である

ものか

1 0+1


ドッジボールカースト上位のあの人と逆上がりすらできないわたし

指田うまい 家

1 0+1 星

逆上がりもそれなりに難易度が高いことだと思うので、あまりうまい対比にはなっていないのではないでしょうか。
Y川


出し抜けに逆さ幽霊見た人は上を下への大騒ぎなり

樂々

1 0+1


異端派が見いだしたわが帰納法の木が私だ意味が反対

こりけケリ子

1 0+1 星

回文ですね・・・
のぅてんき


逆上がりだけが得意な子でしたがいまだにトトトン、綺麗な助走

桜望子

0 0

よくわかります。たったらーなスキップの勢いないと不安です。
たかはしみさお


昨日 2016年06月12日(日) 明日

出詠した人選歌した人

樂々 冬桜 中本速 ものか Y川家 桔梗 藤原頼良 もりのさと 嫉妬林檎家 こりけケリ子 只野変哲 たかはしみさお nonたん 真香家 きつね かーむら 太田青磁家 かざなぎりん 淡海わこ 大橋春人家 桜望子 荻森美帆 ツナマヨ のぅてんき 三田たたみ家 指田うまい家

ぽつり 坊斎 けら のぅてんき 冬桜 桜餅 nonたん 只野変哲 荻森美帆 かっちゃん家 久哲 Y川家 こりけケリ子 瀬和璃羽 指田うまい家 ひの夕雅 藤原頼良 嫉妬林檎家 ルナク きつね 衣未(みみ) 三田たたみ家 真香家 太田青磁家 秋軸ざきこ。 かざなぎりん 大橋春人家 たかはしみさお ツナマヨ 静ジャック いずみ 美帆家 桔梗 太郎 ササキ アンヨ ものか もりのさと だゆう 樂々 五條ひくいち

26 人

39 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30