うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN804日 】 2016年06月12日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 804 日め 葉 
第37代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

「好きだ!」って吹きつけられて「私も!」と裏返る傘 こらこら行くな

下弦

6 5+1

衣未(みみ)亜梨都草あかね土屋タオル

嵐のような恋! 勢いがあっていい! と思ったのですが、「こらこら行くな」なんですね。行ってしまえばいいのにー。
…という恋愛を嵐に例えたうたとも、風で傘がとばされたのを恋愛になぞらえただけとも読めて、「こらこら行くな」でちょっと脱力して、面白いなと思いました。

亜梨

そんなラブストーリーがあったとは!
衣未(みみ)

かわいい!!
ネネネ

いい意味でさむいです この詠み手のさむさが歌全体いうなれば歌のどの部分をとっても伝わってくるのでいい歌だとおもいます
「こらこら行くな」はほんとになかなか出てくる言葉ぢゃないですよね いったん躊躇うぢゃないですか歌に入れようとおもっても

白黒つけたいカフェオーレ


君の目に宿る嵐の激しさに見惚れたままで息ができない

月丘ナイル

4 3+1


切符買う列は駅舎の外に伸び嵐山へは人を見に来た

天野うずめ

3 3

五條ひくいち白黒つけたいカフェオーレ千歳ちと

自分の詠みくちに似てるからいいなて思っちゃうのかもしれない
嵐山て京都のなかでも野趣ある郊外の観光スポットてかんじですけどいまはめちゃくちゃ人多いですよね そこをとらえながらもそこからさらにすごい人出に対する主体の目 わたしはほかのなにものともまじわれずまた分かりあえないというような内面までも感じさせます
上の句の描写もけっこうすき

白黒つけたいカフェオーレ


コンビニのコロッケひとつ頬張って出会う人を待つあらしのよるだ

亜梨

3 2+1 星


台風がブランコ乗りに身をやつし引っ越し以上プリキュア未満


青嵐 あなたは風のふりをしてつよくわたしの頬を撫ぜてく

文佳

2 1+1


日時計の針を嵐で閉じこめて駅舎は凍る ふたりきりだね

あかね

2 1+1


すらすらと嵐6人全員の名前を言ってぽかんとされる

あみー 家

2 1+1

東風めかり

6人目教えてください!!
亜梨


嵐過ぎみずと光に満たされた世界へとまた這い出す蟻ら

土屋タオル

2 1+1


よく撫でた坊主頭をやめちゃったイガラシなんてイガラシじゃない

東風めかり

2 1+1


嵐吹く予兆の風の池の面(も)に二匹の鯉の顔出しゐたり

大月閑

2 1+1


僕じゃない誰かが砕いたガラス器を胸に抱いたようなくちづけ

chari

2 2


まっすぐに青い嵐が来る頃だシャツに空気をはらませながら

小宮子々

2 1+1


触れられて切れずに伸びた黒髪を風が乱して心も乱れた

いろせ

1 0+1


穏やかな寝息を立てている君の嵐が去ったあとの静けさ

静ジャック

1 0+1


吹くからに心騒がす山風を遮るものなき夏のくさはら

五條ひくいち

1 0+1


もういっそ散ってしまえば花嵐あなたの首にロープが見える

ゆら

1 0+1

上の句と下の句がすこし近いというか短絡的な印象はあるんですけどでもちょっと惹かれます
このロープは実際に見えてる存在するものなんですかね この主体の喩えかもしれませんけどその実景と比喩との境界のような言葉が花嵐ていうそのもの(風)自体は見えないけれども花の散るさまでありありと風がそこに存在することを物語っているというような言葉と呼応するような気がするんですよね
上の句の投げやりな語調もあいまっていい歌だなておもいます

白黒つけたいカフェオーレ


青嵐に持ち去られにし木蔭にはねこが愛した恋歌もあり

いっ太郎

0 0


銃弾の嵐の中で輝いて負傷した兵助ける天使

心伝

0 0

これは結句になってるから天使のほうが言いたいんですかね そしたら初句から4句までがとてももったいなくないですか短歌は5句31音しかないからその構成のしかたもけっこう大事になるとおもいますけど読み手は丁寧に説明されてきた兵隊さんがいきなり天使に視点を変えられてその天使のこともほぼ言及されない展開だとちょっと歌意を汲みにくくなるとおもいます
白黒つけたいカフェオーレ

成程。ありがとうございます
心伝


昨日 2016年06月12日(日) 明日

出詠した人選歌した人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30