うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN799日 】 2016年06月07日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 799 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   紺野なつ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

硝子戸の内にしまうは紙風船あなたの息の標本として

西村曜

6 5+1 星

いずみ 美帆ナタカうにがわえりも寺島奈保子宮嶋いつく

ちょっとザワッとする。標本という言葉がもつチカラをあらためて知りました。
たかはしみさお

もう少し点がついてもいいのではと、そこだけ残念に思いました。
寺島奈保子

いいうたですね。ガラスの質感、紙の質感に息の温かさが伝わってきます
さな


落ち込んでいるのにヘリウム吸わされてひたすら浮いてしまう風船

ナタカ

4 3+1

真篠未成ツナマヨ樂々

「ひたすら」の言葉選びが好きです。浮くこと以外なにもできない風船の憐れな可愛さに少し笑ってしまいました。
指田うまい


ハイボール越しにゆらめく東京へ『おつかれ』と云ふ屋形船から

たかはしみさお

4 3+1 星

ミルトン指田うまい温子

優しいうたですね。「ハイボール越しにゆらめく」のフレーズで、ビルに灯っている残業の光を見事に表していて尊敬します。『おつかれ』が二重カッコになっているのは自分が東京で未だ働いている人に対して言う「おつかれ」と、今日一日働いてきた東京が自分に向かって言う「おつかれ」なのかな、と解釈しました。
指田うまい

うたの中に入りたい。ハイボール飲みたい。屋形船…いいなぁ。と思いました。
「おつかれ」がこの時間に読むと沁みます。今日ハイボール飲みます。

nu_ko

夏らしいというか、情景が浮かびなんだか温かい気持ちになりました
温子


生き延びるために忘れたこととしてたとえば笹船のつくりかた

かざなぎりん

3 2+1


風船にため息あつめ手をはなすどこかへ飛んでいけばいいのに

いずみ 美帆 家

3 2+1 星

ぽつり水上竜平

結句の『〜いいのに』が含みのある表現で好きですね。
たかはしみさお

♡♪コメントありがとうございました
たかはしさん、嬉しいです。風前を飛ばしてもけしてため息の原因は飛ばない…ってのを悔しいなって思っている気持ちを歌いたかったので、コメント本当に、嬉しかったです
ありがとうございました

いずみ 美帆

痛いの 痛いの 飛んでいけ!

風船は、イメージが、出来るぶん
痛いの〜より、すてき!そして、可愛い。
うーん。
風船は、常備品かも。
そうだ、非常持ち出しバックにも
入れといたほうがイイかも。(笑)

ぶりっ子

コメントありがとうございました(*^^)
非常袋!!風船の前に乾パンとか、賞味期限切れそうだし揃えないと💦。思い出したです!ついでにでっかい風船入れますね♪

いずみ 美帆


今しがた割れたばかりの風船のとむらいみたく静かな空気

nu_ko

3 2+1 星

久哲坊斎

要するにこの空気ですね。空間の💛
久哲

一瞬の空白を弔いと表現されていて面白いなあと。
たかはしみさお


はつなつの風が窓から吹いてくる湯船のなかで『白鯨』を読む

ミルトン

3 2+1


ピカピカに光るきれいな泥船に乗ってふたりは旅に出ました

根本博基

3 3

冬桜けら遠木音

すぐに沈んでしまうのに。哀しく美しい歌だと思いました。(光る泥団子くらいピカピカかな?)
けら

何でしょう…心ひかれました。多分、まもなく沈んでしまうのでしょうが、それでも二人は幸せなのですね。
遠木音


「ばか息子しっかりやれよ元気でな」船へと伸びた別れの握手

ツナマヨ

3 2+1


まっくろな夜の船団つれてくるタグボートとして光るシリウス

寺島奈保子 家

3 2+1 星


とろとろと蜜月とけた海わたる満ちた小船またとろとろと

安部圭二

3 2+1


サヨナラを言うなら船の上にして落ちるなら地面より水がいい

秋軸ざきこ。

3 2+1


「またね」ではなく たをやかな「さよなら」を。あなたの船はみえなくなった

だっきー

2 1+1


瓶の中ちっちゃな船の海賊は 世界のはてにガリバーを見た

ひらちゃん

2 1+1

nu_ko

ボトルシップの中から見た光景?でしょうか。ストーリーも素敵ですが、下句の「世界のはてにガリバーを見た」ということばがとても好きです。
nu_ko


舟底にソフトクリームのとけてゆき子ども部屋にはもういないひと

真篠未成

2 1+1


「ゆぶね」って柴の短歌を聞いてから会ったこともない犬を夢見る

2600

2 1+1 星

衣未(みみ)

わたしもです!
衣未(みみ)

岡野大嗣さんの「ゆぶねさよなら」ですね。たしかに、日々のふとした瞬間に、いままで触れてきた短歌がよぎることがあります。そうやってだれかに思い出してもらえるような歌が詠めたらなあとおもいます。
西村曜

そう、ゆぶねさよならです。31文字でびっくりするほど泣いてしまったうたです。誰かの心に突き刺さるうた、いつかよめるといいなと思います。言葉の持つ力って本当にすごいですよね。
2600


風船と名付けたひとが風船を漕いでいこうとした空がこれ

多田なの

2 1+1

西村曜

「風船」って、よくかんがえればふしぎな名前ですよね。その風船から、「風船を漕ぐ」という発想へと広がって、さいごには「空がこれ」と一気に風景がひらけていく展開が、うまいとおもいました。
西村曜

そう言われてみれば、すごくいい歌だと思わされました。
寺島奈保子


港より汽笛聞こえるふるさとの街は白んでやさしくにじむ

温子 家

2 1+1 星


ドライブに行こう大船あたりまでいつかの海の詩だけ持って

シュンイチ

2 1+1

たかはしみさお

個人的思い出とものすごくかぶっていて選ばずにはいられませんでした。
たかはしみさお


バスタブで眠った夜のこと君じゃない人とするキスで目覚める

秋本こゆび

2 1+1


旅立ちの朝を迎えた船上で迎えた朝日希望に満ちて

瀬和璃羽

2 1+1


電器屋でもらった特別な風船息を思いっきり吸い込んで

冬桜

2 1+1


船出まで見送りたいと思ってる 置き去りにされるのだとしても

かなめゆき

1 1


船越が崖っぷちへと近づいてぼくの背後にゃ睡魔が迫る

遠木音

1 0+1 星


船は出た。地球は丸いと言い切れぬので着く先を僕は知らない

ルナク

1 0+1


Friendship(友情)は船のやうなり 海原にすれ違つてはまた進み出す

うにがわえりも 家

1 0+1


船長よ 双眼鏡の先に見る逆巻く海に進路はあるか

宮嶋いつく

1 0+1


煌々と輝く街を見送って 私は母なる海とねむるの

藤原蛍 家

1 1


停泊のクレーン船去る北埠頭。航路行き交ふ燈が浮かび、消ゆ

佐藤博之 家

1 0+1


船は行く瞳に映る海原を 冷たい笑みを 寄せる涙を

けら

1 0+1 星


「最期には船の上で」と笑う祖父 かなえたかった かなえてあげたかったな


昨日 2016年06月07日(火) 明日

出詠した人選歌した人

佐藤博之家 かなめゆき 冬桜 ナタカ 真篠未成 寺島奈保子家 たかはしみさお 根本博基 ひらちゃん 藤原蛍家 ルナク ミルトン シュンイチ 温子家 かざなぎりん nu_ko けら 安部圭二 だっきー 宮本背水 秋本こゆび 秋軸ざきこ。 瀬和璃羽 宮嶋いつく うにがわえりも家 西村曜 多田なの いずみ 美帆家 2600 遠木音 ツナマヨ

いずみ 美帆家 ミルトン ササキ アンヨ だっきー ぽつり ナタカ 2600 かざなぎりん 指田うまい家 平民c 衣未(みみ) nu_ko 久哲 水上竜平 うにがわえりも家 ルナク 冬桜 ひらちゃん 坊斎 安部圭二 けら 遠木音 大月閑 西村曜 寺島奈保子家 真篠未成 ネネネ ツナマヨ 瀬和璃羽 秋軸ざきこ。 静ジャック 樂々 只野変哲 佐藤博之家 多田なの たかはしみさお シュンイチ 早乙女まあり 温子家 宮嶋いつく 秋本こゆび だゆう

31 人

42 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30