うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN795日 】 2016年06月03日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 795 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   雨田夏夜

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

薬局の前に佇むケロちゃんを揺らすのやめた日から思春期

遠木音

6 5+1 星

冬桜シュンイチ傘なしいずみ 美帆静ジャック

これ、うーんと納得しそうになる歌でした。でも、大人だってゆらしていたから・・・
多香子


紫陽花に小さな小さな雨蛙 合唱できずに空を見ていた

多香子 家

6 5+1 星

照屋沙流堂大月閑暴走鮫特急かっちゃん遠木音

紫陽花とセットになるのはかつてはカタツムリでしたが、カタツムリは減少し、蛙になった、といいたいところですが、蛙も多くは見ませんよねえ。そういう変化の感じが悲劇的過ぎず表現されています。
照屋沙流堂

紫陽花の大きな葉に小さな小さな雨蛙がちょこんといる様子はかわいいですね。小さな小さな雨蛙なら、さわれる私です。
遠木音

本当に私どうしたのでしょう。五月がすごくツイていたのでもう六月は地にもぐっているはずだったのに。私も緑の雨蛙なら触れるけれど、アレ系はホントダメなんです。ありがとうございました。
多香子


生きてればそんな日だってありますよ 網戸を登るかえるが笑う

タカノケイ

5 4+1 星

望(ぼう)朝倉洋一文屋亮下弦

小さいアマガエルを想像しました。
せっせと雨戸を登っているかえるが、ちょうど主体の目の前でふと動きを止めたんでしょうか。やさしいエールと受け取るところがすてきだなって思いました。

しま・しましま


手のひらの浅い窪みに乗せてやる涼しさを呼ぶ青アマガエル

衣未(みみ)多香子しま・しましま

綺麗な色の可愛い小さな蛙が目に浮かびます。涼しげな風が吹いているようです。
衣未(みみ)

緑の蛙は涼しげですね。あんまり掌に載せたくないけれど、カエルの中では可愛いです。
多香子

青いアマガエル、実際に見たことはないんですが、鮮やかでホントにすずしげな可愛らしい姿ですよね。
「手のひらの浅い窪み」に、青アマガエルを発見したうれしさがあるなって思いました。

しま・しましま


ぼくはもう旅客機の窓に付くカエル、あえなく青い空へ落ちゆく

照屋沙流堂 家

4 3+1 星

萩野聡雀來豆Y川

これはもう、実景だろうがなかろうが、「あえなく」という言葉の用例として素晴らしいと思いました・。
雀來豆

これは好きな比喩です。
Y川


蛙って自分勝手で醜いと童話のせいで思い込んでる

えんどうけいこ

4 3+1 星

笠和ささね天使きらりもも

そういう刷り込みみたいな印象ってありますよね。「自分勝手で醜い」と植えつけた童話って何でしょう。親指姫とか想像しました。
しま・しましま


言ひたくて言へぬばかりの人世かな蛙ぽこぽこ三ぽこぽこかな

中牧正太

4 3+1


ほのほのと壁は白さを増してゆく蛙の声のやわらかき夜は

天田銀河

3 2+1

吉川みほだゆう

少し導きが強引だが、納得してしまい💛
久哲

ごめんなさい。投票反映されてませんね。ご容赦くださいませ。
久哲


ぽっかりとまなこ開きて見る浮き世 ケロリケロリとさて事もなし

けら

3 2+1

薄荷。タカノケイ

天下泰平よきかなよきかな♪ けろりとしていて何か悟っているような。気が抜けて楽になる感じが好きです。
タカノケイ


あじさいのすきまにねむるあまがえるにもあさつゆのあまねきことの

しま・しましま

3 2+1 星

宮本背水終栗夢

なんて素敵な韻律なんでしょう。すごい。何度でも何度でも口にして読みたくなる美しさ。また音もさることながら、内容の優しさが心を洗われるようで、わー、わー、本当にすごい! すごい!
宮本背水


蓮の上小さき蛙一心にゲコリゲコリと雨乞いをする

ひぞのゆうこ

3 2+1


走るのがおそいライオン 泳げないカエル 飛べないコウモリ みんな

シュンイチ

3 2+1

早乙女まありえんどうけいこ

うまく書けないんですが、屈折したものを感じます。
Y川

人間のことだと解釈しました。偉そうに見えて、わたしたちは何も出来ないですよね。
えんどうけいこ


一斉に蛙鳴きにし水田に一区画ずつ家が建ちたり

大月閑

2 1+1


子どもらが消えてしまった夕暮れをまだ見送っている遠蛙

雀來豆

2 1+1 星

ネネネ

映像が浮かびました。
なんだか懐かしい空気のする感じがすきです。

ネネネ


目を閉ぢて一度限りのあの夏の夜に還れりかはづ聴きをり

萩野聡

2 1+1


とりあえず生かしてやろう雨の打つ達磨蛙の背中の詩情

朝倉洋一

2 1+1


真夜中の地震が怖い隣人の蛙はプチプチ包まれ眠る

傘なし

2 1+1 星

中牧正太

ハート、音符をありがとうございました。
傘なし


蛙のことビッキと呼んでいた町と違う景色の東京の梅雨

桜望子

1 1


いつか見た絵本の蛙 まだ空に祈りつづけて泣いていますか?

宮本背水

1 0+1 星

情緒ある歌でいいなと思いました。
ただ結句のあとの?は不要ではないかと思うのですが
いかがでしょう。

天使きらり

♪がたくさん♪ 天使きらりさん、評をありがとうございます。なるほど! たしかに「?」いらないですね。もともと小説畑で創作していたので、つい流れでつけてしまいましたが、ここではないほうがいいと指摘を受けて気づかされました。短歌をされるかたの一字一句に対する精度にはいつも驚かされます。ありがとうございます!
ちゃんぷ

すいません、名前が変になってますね。宮本背水です。失礼しました。
宮本背水


降りだした雨に洗われ青蛙てらてら光る体、新し

薄荷。

1 0+1


慟哭の声が聞こえてくる夜道 繁みで土下座をする牛蛙

吉川みほ

1 0+1 星

ちょっと不気味だけど、ウシガエルの鳴き声ですか。
多香子

ありがとうございます。慟哭というか恫喝というふうにも聞こえました。
吉川みほ


雨を呼ぶ 蛙の声音賑やかに 早苗植えたる田んぼの中で

森本泉

1 0+1


ぶたれても僕は王子になれないよ どうしたらいい?抱きしめていい?

ネネネ

1 0+1 星


雨蛙をわざと苛めるピカピカのレインシューズの出番はまぁだ?

淡海わこ

1 1


ケロヨンに似てゐしと云ふわたくしの幼少の顔、なるほど娘は

文屋亮

1 0+1 星


シマヘビに溶かされてゆくヒキガエル見ながら食べる昼飯の味

Y川

1 0+1 星


数億のオタマジャクシに悶々と 娘よ父も男なんだよ

こたきひろし 家

1 0+1


くすり屋のカエルのように愛されてそれでも私 君が好きです

ふたり

1 0+1


週五日蛙の第九が出迎えた帰路を黄色の巨人が潰す

笠和ささね

1 0+1

普通なら蛙の合唱と言いそうなところを、ちょっとひねってあるんですね。しかし個人的な感覚としては、「第九」はあまり適切でないと思いました。
Y川


かえるクン歌が大好きなんだよねボクの手のうえ元気に鳴くよ

衣未(みみ)

1 0+1 星

どんまい!

キスをする勇気もなくて投げ捨てたともだちごめん、ごめんごめんね

秋本こゆび

0 0

どんまい!

蛙にキスをすると魔法が解けて王子様に
という童話を元にしているのでしょう。少しわかりづらいかもしれません。

文屋亮


昨日 2016年06月03日(金) 明日

出詠した人選歌した人

森本泉 えんどうけいこ 笠和ささね 朝倉洋一 吉川みほ こたきひろし家 照屋沙流堂家 遠木音 ひぞのゆうこ シュンイチ Y川 傘なし 雀來豆 ネネネ 天使きらり ふたり 天田銀河 多香子家 しま・しましま 桜望子 秋本こゆび 大月閑 タカノケイ 薄荷。 淡海わこ 萩野聡 文屋亮 中牧正太 衣未(みみ) 宮本背水 けら

けら 早乙女まあり 衣未(みみ) 笠和ささね 萩野聡 望(ぼう) 宮本背水 多香子家 森本泉 終栗夢 冬桜 ネネネ 薄荷。 吉川みほ ひぞのゆうこ シュンイチ 城阪くれあ ぽつり 朝倉洋一 傘なし 照屋沙流堂家 こたきひろし家 文屋亮 ササキ アンヨ えんどうけいこ 大月閑 天使きらり 雀來豆 暴走鮫特急 中牧正太 かっちゃん家 しま・しましま 天田銀河 遠木音 下弦 タカノケイ ふたり もも いずみ 美帆家 Y川家 静ジャック だゆう 黒井真砂

31 人

43 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30