うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN794日 】 2016年06月02日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 794 日め 葉 
第37代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   さかさ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 ルビ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

立ち尽くすわたしにルビをふるやうにただ六月の雨は降りをり

桔梗

7 6+1

ルナクさわい月丘ナイル深影コトハ須磨蛍富井丈生

しとしとと降り続く雨のなかに立ち尽くすシーンが思い浮かび、大変美しいです。ルビをふると雨が降るが掛かっています。どのようなルビが振られているのか想像しますが、優しいものが多いといいなと思いました。
絹更ミハル


やさしさは人を見下す事に似てルビを振らうとしてやめてゐる

富井丈生

6 5+1

ササキ アンヨきつね温子2600しろもこ

これは「本気」に「マジ」と振るようなタイプのルビではなくて、例えば「躊躇う」とかに振るルビだと思いました。(文字通りでも比喩的な意味でも)どこまでルビを振るかというのは難しいですね。
きつね


元カノに「ともだち」というルビをふる優しいところが好きで、別れた。

だっきー

5 4+1


なつかしいページひらけばふりがながまぶされていておやつのにおい

秋山生糸 家

5 5

冨樫由美子下弦五條ひくいち絹更ミハルだっきー

ふりがなをふることを「まぶす」と表現することで、読むときに注目が行くのでひらがなばかりでも読みやすい工夫がされています。また、まぶすというのは手作りのおやつのイメージ、そしてその手で絵本をめくっているので、臭いやシミがついたりしているかもしれません。かなり年月が経っているとしたら、おやつの記憶がにおいとしてよみがえったかも。
絹更ミハル

ルビがまぶされるというのが面白い。
村田馨


児童向世界文学全集のルビのかすれも懐かしきかな

冨樫由美子

5 4+1

衣未(みみ)雀來豆桔梗静ジャック

雰囲気はよくでているが、結句の懐かしきかながダメを押してしまった。懐かしいと言わずに懐かしいことを伝えるのが短歌。と、よくありがちな評をしてしまう。
村田馨


木曜の夜は誰もが老けていて目を覚まさない片隅の席シルバーシート

といじま

4 3+1 星


青春黄緑青春盲目だった青春きらきら青春失敗ぜんぶ青春成功だった

中牧正太

3 2+1

坊斎あみー

実験作として一石を投じたかに思えるが、そうまでして強引なルビを振る必要があるのかと問われたときに作者はどう答えるだろうか。もちろん、本歌会では題詠ルビだから、奇抜なものを選択したことは理解できるが、この場以外でこの歌を発表することにためらいはないか。
村田馨


ひとまわりち小さなからだでよりそってあなたと補いあっていきたい

きつね

3 2+1 星

冬可といじま

ルビの気持ちと本文との関係を想像して楽しくなりました。
といじま


珈琲にふるルビはきみ、アイスティにふるのはわたし、午後のカフェにて

2 2


彼の言う未来がいつも軽いのは漢字ではなくルビを読むから

永昌

2 1+1


私は怒っています。この歌は「わたし」ではなく「わたくし」なのです

下弦

2 1+1

永昌

「私」は「わたくし」と読む「わたし」は正規な読み方ではない。高校時代、現国の先生にたびたび叱られたことを思い出す。
ところで、短歌の場合、音数の異なる複数の読み方がある場合、定型になる方を選ぶという暗黙の了解がある。例えば「朝」が「あさ」なのか「あした」なのか。「腕」が「うで」なのか「かいな」なのか。「音」が「おと」なのか「ね」なのか。「夜」が「よる」なのか「よ」なのか。などなど。であるから、もし「わたし」と読んだら定型になるような作り方をしていたなら、ルビを振らなかった作者に非があると言われてもやむを得ない。

村田馨


あの花は散らしていったはずだろう雨は緑が好きなんだろうそれとわかぬうちにみどりのいろふかみときもながめもふるものとしる

小宮子々

2 1+1

桜枝巧

なるほど、その手がありましたか……ルビの方も作りこまれていて、美しいと思います。
桜枝巧


ルビのふれない思い出があり帰り道そっと渡してくれた傘とか

さわい

2 1+1

いずみ 美帆

わかるような、わからないような。作者のこころにそっと残っている思い出なのでしょう。
村田馨


ぴょこりんと小さなアイツがいるせいで肩が凝るけど読みは正しい

知己凛

2 1+1


テキストのカタカナルビはあてにせず世界で聞いてくるよハロー

温子 家

2 1+1


ルビが無きゃ分からない名をつけないで?うまれてくるのうれしくないの?

ササキ アンヨ

2 1+1


読み仮名のない原文を手にしてる訊ける時間が長引くように

スコヲプ

2 1+1

かっちゃん

どんな場面を想像したらいいのか。
村田馨


常用いつものでないひらがなをルビにする理由おはなしひとつそれぞれにある

坊斎

2 1+1

瀬和璃羽

理由におはなしというルビは強引だろう。
村田馨


天の字に「あめ」とルビふる君の手が全ての音をあめに変えてく

五條ひくいち

1 0+1 おとの日


「おはよう」の上に置きたい「すきです」は生憎家に忘れてきました

桜枝巧

1 0+1 星

「忘れてきました」という表現に、読者には隠したいドキドキ感が伝わってくる気がします。素敵な一首。
森雅彦


がんごうと読んでしまった「元号」の上にちいさく書いたげんごう

北咲あす佳(明るい) 家

1 1 葉 はじめて


うずくまるわずかな未練 舌先で角砂糖なぶるような”そうあれかし”ア ー メ ン

深影コトハ

1 0+1


「本日」に「てんし」と心でルビを振りいつものメニューを特別にする

絹更ミハル 家

1 0+1 星


いつまでも一緒にいようと言う君に「運命のひと」とルビを振りたい

月丘ナイル

1 0+1


文字にさえ宝石の名がつくのなら僕もポチからダイヤになろう

雀來豆

1 0+1


その昔漢字にやたらとカタカナのルビふりました。黒歴史です。

2600

1 0+1 星

みんなそうやって漢字を覚えていくのです。
村田馨

ありがとうございます。そうですね、混沌とか黎明とか漆黒とか終焉とか、そんな文字を書けるようになっていくんですよね。
2600


カルビ大将が先月出来ました行列眺めて寿司屋に向かう

真夜中

1 0+1


おしゃれと賢そうとか文章のコーディネートにルビをあしらう

冬可

1 0+1


上ロース、タン塩、カルビが覇を競う金網バーニングデスマッチ

須磨蛍

1 0+1

ルビの使い方が面白い。加えて結句の大げささに思わず笑った。
村田馨


「あの人はいま」でも遂に現れぬルビー・モレノの消息いかに

村田馨

1 0+1

どんまい!

ルビふってないからそれっぽく読んでた頃もいまもおもしろい本

はだし

0 0


織りをなすあなたの文字の読みを解くやさしくルビは背中のくぼみで

いっ太郎

0 0


つまらない男に恋をして返し損ねたルビーが妙に光る夜

麗子

0 0


ルビー嵌め漢字に読み仮名付け居れば何か不思議に我を欺く

だゆう

0 0

誰が「我を欺」いているのでしょう。
村田馨


昨日 2016年06月02日(木) 明日

出詠した人選歌した人

坊斎 ササキ アンヨ 中牧正太 知己凛 五條ひくいち 桜枝巧 絹更ミハル家 冨樫由美子 2600 雀來豆 さわい 麗子 だっきー いっ太郎 温子家 村田馨 スコヲプ 桔梗 下弦 真夜中 富井丈生 永昌 小宮子々 北咲あす佳(明るい)家 深影コトハ といじま だゆう きつね 冬可 月丘ナイル 秋山生糸家 須磨蛍 はだし

冨樫由美子 スコヲプ 瀬和璃羽 冬可 終栗夢 森雅彦 衣未(みみ) 知己凛 ササキ アンヨ 下弦 桜枝巧 ルナク といじま 坊斎 ぽつり 月花 大月閑 五條ひくいち 絹更ミハル家 早乙女まあり 雀來豆 さわい きつね 月丘ナイル だっきー 遠井海 温子家 深影コトハ 真夜中 2600 久哲 永昌 小宮子々 あみー家 かっちゃん家 桔梗 須磨蛍 静ジャック 中牧正太 いずみ 美帆家 只野変哲 しろもこ 富井丈生

34 人

43 人



 2016 06 
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30