うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN784日 】 2016年05月23日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 784 日め 葉 
第36代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
 ツナマヨ

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

物語はじまる前にいそいそと魔女が焼いてるビスケットのかべ

五條ひくいち

6 5+1 星

たちばな久哲桜望子あべせつ小川けいと

リアルな物語は観客もいない、大道具さん、小道具さんいない。この世界を詠んだあなたへ💛
久哲

魔法で造ったお家ではなかった!?という新解釈が楽しいです。いそいそと巨大ビスケットを焼いている魔女さんかわいいですね。
たちばな

「物語が始まる前」という枠外の時間がすごく好きです。
大きなオーブンなんだろうなぁなど、夢が広がる歌です。

小川けいと

久哲さん、たちばなさん、小川けいとさん 評をありがとうございます!気に入って頂けて大変嬉しく思います。♡や♪を下さいました皆様ありがとうございました!
五條ひくいち


この壁はいい壁だ日がさしていて背中をそっと支えてくれる

小宮子々

5 4+1

紆夜曲雪北大路京介ナタカだゆう

冬の風景でしょうか? ぽかぽかと背中を暖めながら支えてくれる壁。もしかしたら誰か大切な人の象徴なのかも知れないですね。
たちばな


やっと目が合う おとうとが十四のときぶちあけた壁の穴とも

西村曜

5 4+1

大月閑きい萩野聡小宮子々

長い間壁の穴と目が合わなかったのはどうしてだろう。

村田馨

良かったですね(T_T)。
萩野聡


(これ以上踏み込まないでね)誰にでも優しい笑顔はあの人の壁

葵の助

3 2+1

阿坂れい

( )が効いていると思いました。
小川窓子

みんなに優しい人。それ自体がバリアになって、本当は孤独な人なのかも知れないですね。
たちばな

パーレンをうまく使っている。
村田馨


うすっぺらな齟齬の一枚一枚が積み重なって高くなる壁

阿坂れい

3 2+1

月花村田馨

初めはちょっとした行き違いから。少しずつ積み重なって相手がどんどん遠くなる感じが切ないです。
たちばな

ボタンの掛け違いが結局うまらない溝となる。会社でも家庭でも。時間をかけて取り除くほかなし。
村田馨


絹ごしと木綿の壁に挟まれて今かつてなく醤油が欲しい

かーむら月丘ナイル

「今かつてなく醤油が欲しい」のインパクトよ!
紆夜曲雪

自分が豆腐に挟まれたらどんな感想をもつか、という歌なんだろうか。
村田馨

紆夜曲雪さん
村田馨さん
ありがとうございます。

森下裕隆


ひんやりと校舎の裏の壁に触れ私の体温確かめていた

希和子

3 2+1


がりがりと壁を登ってゆく者がわたしか誰か、というだけのこと

藤田美香

3 2+1

小川窓子もりのさと

神様の眼で見たら、わたしでも誰でもよいのでしょうね。
がりがりとで必死さが伝わりますが、というだけのことと突き放した感じが好きです。

小川窓子


君はもう壁画のようになりましたわずかな色を残して去った

ナタカ

3 2+1

安部圭二麗子

高松塚古墳の壁画を思い出しました。ほんのりとなごりの色を残すのみの壁画と去ってしまった人を重ね合わせたのが面白いです。消えつつある思いがよく伝わってきます。
たちばな


教室の壁に画鋲で留められた希望溢れる文字の数々

もりのさと

2 1+1


暁にまだ起きている羊らとしりとりをする壁に向かいて

いっ太郎

2 2


もうだめだ越えられないと泣いているパントマイムの壁の前でさ

たちばな

2 1+1 星

希和子

「でさ」がいかにも軽薄に感じられる。いっときの加藤治郎さんのよう。
村田馨

評をくださった村田馨さん、♥をくださった希和子さん、♪をくださった倉井香矛哉さん、月花さん、希和子さん、北大路京介さん、葵の助さん、阿坂れいさん、きいさん、静ジャックさん、萩野聡さん、ありがとうございます!
たちばな


もう春を着ることもなき五月晴れ洋間の壁の絵を掛けかえる

静ジャック

2 1+1

飴町ゆゆき

もう春を着ることもなき、は衣替えでしょうか。季節によってインテリアを変えていくという発想は、僕には無かったので、なんか良いなと思いました。
森下裕隆

季節の変わり目。壁の絵も夏らしいものになるのだろう。
村田馨


ドラム式のように回ればバリウムが胃壁のかたち描き出しおり

月丘ナイル

2 1+1

森下裕隆

バリウムは飲んだことがないのですが、体制をとるのが大変だそうですね。
ドラム式(洗濯機)に例えたところがおもしろいし
読んでいて胃が浮き上がってくる様子が良く伝わってきました。

小川窓子

これは、実際に経験されたことを詠まれたのだろうなと思わせる歌です。からっぽの胃の中を伝うバリウムの感触も想像できます。人間の身体の中にも「壁」があるのだと気付かされました。
森下裕隆


汚れたら上から塗ればいいじゃない隣家の白い壁が囁く

小川けいと

2 1+1 星

真夜中

家の壁だけにとどまらないような少しぞくりとする歌だなと思いました。
真夜中

失敗を悔いるより未来に目を向けて!と囁いているぴっかぴかの白壁。気持ちが晴れ晴れしてきますね。
たちばな

壁が囁くの擬人法がいい。
村田馨

評ありがとうございます。
私は真夜中さまの評の取りようのほうで詠んだのですが、
たちばなさまのさわやかな評もとてもうれしいです。
村田さま、ありがとうございます。

小川けいと


どうしても壁をつくってしまうのだ大皿に盛るサラダは苦手

永昌

2 1+1


あの頃に描いた夢が将来は壁になるって知りたくなかった

たんこぶ

2 1+1


宴会の席の端っこちんまりと壁にもたれて消しているRe:りー

真夜中

2 1+1 星


大空の果てのおほきな壁に合ふ日はあらむかとIKEAへ神は

紆夜曲雪

2 1+1 星

朝倉洋一

神様が日を探しているのですね。
大空の、おほきなという語でとても解放感がありました。

小川窓子

IKEAは家具売ってるあのIKEAですか。
村田馨

IKEA、広いですよね。神様が来ても不思議じゃありません。スケール感の大きさに❤︎
朝倉洋一

小川窓子さん、村田馨さん、朝倉洋一さん、評ありがとうございました! 「神はIKEAへ」の方が音感はいいかなーっていま思っています。太陽をIKEAで探している系神様。
紆夜曲雪


壁じゅうに御札が貼られてる部屋で君の裸を念写している

北大路京介

2 1+1

永昌

裸、なんですか…
村田馨

いいの?その状況で、裸念写してて大丈夫?妖怪とか…来るんじゃないの…と突っ込みを入れたくなります。楽しいです!
朝倉洋一


「小1の壁」高けれど母強し笑みを絶やさず職続けたり

村田馨

2 1+1 星


異国の地嘆きの壁に歴史ありユダヤの民は彷徨ひ続け

だゆう

1 0+1 おとの日

上句も下句も知識の説明になってしまっているのが作品として勿体無いです。魅力的な上句を活かされて、下句を彼の地の市場の様子でも街路の様子でもなんでもよいのでなにか具体的な様子を描写されたら、一首がもっともっと立ち上がってくるかもしれません。
かーむら

社会詠の一種ではあるのだが、どうにも他人事のように感じてしまう。大づかみすぎるせいだろうか。
村田馨


外壁を覆うベールの中にいて更にカーテンを閉じる日々なり

きい

1 0+1


エジプトの壁画を読んだ気になって明日の晩のレシピを決めます

慇懃無己

1 1 葉 はじめて

五條ひくいち

小さい子供からの献立のリクエストをイメージしました。想像の世界と現実の生活が交じり合う心地でとても楽しいお歌だと思いました。
五條ひくいち


憧れのグリーンモンスターという壁を眺めてみたしフェンウェイパーク

ぽつり

1 0+1

メジャーリーグ。レッドソックスの本拠地でしたっけ。淡々を綴るなかに思いの強さを感じた。
村田馨


飛び出した言葉は二度と戻らない二人の間に塗り固められ

もも

1 0+1


父さんと母さんの子でよかったよ壁に掛かった写真を見つつ

ツナマヨ

1 1  Birthday

衣未(みみ)

美しい親子の関係。いいことです。
村田馨


高い壁落ちて怪我することもある泣いても良いから今は登ろう

桜望子

1 0+1

がんばれー!って応援したくなる歌です。
たちばな


大人ふたり壁高すぎて友人と言うしかなかった 月、見えてると。


この壁はそう簡単に崩れない何と言おうか彼女の親へ

麗子

1 0+1


いろがみで装われたる壁面は写メを見せくる保母の手による


お城庭の壁奥にひつそり小屋はあり〈青の騎士団〉裔なる男の

かーむら

1 0+1 星


いつまでも越えられないの、君の壁。項垂うなだれる僕を支へる此の壁。

倉井香矛哉 家

1 0+1

どんまい!

壁は物理的な意味だけではなかろう。
村田馨


壁一面モーちゃん笑みて見晴るかす万世ビルは要石なり

宮木水葉

1 0+1

どんまい!

コンクリート打ちっぱなしのビル壁に浮き出た黴も俺と同じか

chari

0 0


とろとろと唯のひとつに溶けたきと抱き締めるたび際立つ素肌

てる

0 0 葉 はじめて

壁はどこにあるのだろう。溶けるのは何だろう。「唯のひとつ」という言い回しにも引っかかる。
村田馨


構うなと言葉で責めてみたけれど本音の壁は彼には透けてる

安西大樹

0 0

「構うな」と言ったのは彼か。
村田馨

村田さん、そうです。彼です。
つまり自分のことなんですけどね。
コメントありがとうございます。

安西大樹


背の高い君に壁ドンしてもさあ優勢なのは君の気がする

心伝

0 0

「さあ」が優勢に勢いを増しているように感じます。

小川窓子

流行ったのは一瞬だったような気がする。壁ドン。
村田馨


井戸に菊天守に忍壁姫路城これがわれらの世界遺産か

樂々

0 0

結句の「か」は疑問、それとも反語。
村田馨

「か」は詠嘆です(^O^)
樂々


昨日 2016年05月23日(月) 明日

出詠した人選歌した人

慇懃無己 安西大樹 紆夜曲雪 小川窓子 五條ひくいち 西村曜 ぽつり 小川けいと 樂々 いっ太郎 月丘ナイル 静ジャック 桜望子 ナタカ もも 村田馨 森下裕隆 かーむら 希和子 心伝 葵の助 chari 倉井香矛哉家 麗子 てる もりのさと 飴町ゆゆき 藤田美香 たんこぶ きい 宮木水葉 たちばな ツナマヨ だゆう 小宮子々 北大路京介 永昌 真夜中 阿坂れい

ぽつり 衣未(みみ) 大月閑 飴町ゆゆき 藤田美香 倉井香矛哉家 たんこぶ 月花 小川窓子 紆夜曲雪 たちばな 久哲 希和子 もも 真夜中 安部圭二 西村曜 宮木水葉 北大路京介 麗子 かーむら 桜望子 月丘ナイル 葵の助 ナタカ 五條ひくいち あべせつ 阿坂れい きい 永昌 静ジャック 小川けいと 森下裕隆 萩野聡 もりのさと 小宮子々 朝倉洋一 村田馨 だゆう

39 人

40 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31