うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN784日 】 2016年05月23日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 784 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 コンビニ 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

なんとなくコンビニへ行くなんとなく冷やし中華が始まっている

南瑠夏

8 7+1

根本博基nu_koY川こさきスコヲプホシキョウイチ月花

そうやって毎日が知らないあいだに過ぎていく。都会の恐ろしさを感じます。
シュンイチ


コンビニの明かりをひとつ持ちかへり寝てゐるひとのそばに置きたり

萩野聡

7 6+1 星

久哲ぽつり安部圭二南瑠夏大月閑淡海わこ

やさしさかもしれないし、それ以外にも、この二人の間には深いものがあるような
と誘導するシンプルな詠み💛

久哲

やさしさに満ちあふれた「コンビニの明かり」ですね。文語がマッチしていて素敵です。寝ているご家族もきっとよい夢が見られることでしょう……。
三田たたみ


用なんてなくても許してくれるのはあなたとファミリーマートくらいよ

ネネネ

4 3+1


ありふれた不幸のためにコンビニで不祝儀袋が売られているね

宮本背水

4 3+1 星

多香子シュンイチ亀山真実

コンビニはすぐそばにあるのにあまり利用しないけれど、そういえば買うものと言えばと思ったのではーと。
多香子

「ありふれた不幸」がいいなと思いました。コンビニには小さな幸せがあるというイメージが多かったなかで、「ありふれた不幸」がコンビニにあるというその視点に都会的な便利さを忌避するような主体の思いを感じました。
シュンイチ

個人的にコンビニはどこでも同じ顔をしているので、クローンのように没個性的な印象を抱いています。そこで“ありふれた不幸のために不祝儀袋が売られている”と言われると、亡くなった人が統計上の数字の一つにされる、取り替え可能な記号にされるような気がして漠然とした不安を感じます。
亀山真実

わ、なんだかたくさんハートや音符と評が。ありがとうございます。そういえばボツにした歌もコンビニに批判的だったので、もしかして自分はコンビニが嫌いだったのかも…。その分、他の方の歌にあるコンビニの小さな幸せに癒されて心が浄化されました(笑)
宮本背水


コンビニの跡地にできたコンビニにかわいい人が一人もいない

Y川 家

4 3+1

松木秀石衣キョースケ

なんだってー! これはゆゆしき問題ですぞ! 普通ニューオープンのお店というものは、かわいい子から順に採用するはずではないか! さては店長の趣味が(以下略
三田たたみ

面白いですね。前のコンビニは良かったのに...。落胆しないで。そのうち店員さんも代わります。
九乃


“19歳・男”以外の属性をファミマカードがいま切り捨てた

亀山真実

4 3+1 星


レジ横の豆大福で埋まるほどちいさな空虚。「袋は別で。」

nu_ko

3 2+1 星


蛾のように光に群れるぼくたちを今日も笑顔で飲み込むコンビニ

キョースケ

3 2+1


「コンビニならここにあるべ」と胸を張り源五商店のじじいが笑う

三田たたみ 家

3 2+1 星

タカノケイ九乃

そういうお爺さん店主の気骨がいいですよね。店の雰囲気まで想像できるいい歌だと思います。
九乃


ケンカして飛び出したけど行く場所がファミリーマートくらいしかない

えんどうけいこ

2 1+1

宮本背水

飛び出した少年(?)を、やさしく受け入れてくれるファミマ……なんだかハートフルできゅんときました。たぶんご家族も行く先をわかっていて、しばらくしたら迎えに来てくれるような気がします。
三田たたみ

物語性とキャラクター性があって好きな歌です。主体の幼さとかわいらしさ、それを受け入れるファミリーマートの控えめな優しさがおかしく表現されて、ポップな一首だと思います。なんとなくですが、きっとケンカも他愛もないもので、すぐに相手が向かえに来て、コンビニの甘いものでも買って仲直りしそうな、そんな感じを受けました。
宮本背水

寂しいですが、寄港地があってよかった。さすがコンビニですね。
九乃


おでんから昇る蒸気がコンビニの自動ドアーに追い鰹する

寺島奈保子 家

2 2

三田たたみたちばな

「自動ドアーに追い鰹」の発想が斬新すぎて唸りました。最近だとコーヒーの香りにもヤラれてそうですね、自動ドアさんw
三田たたみ


ふと顔を雑誌で隠すコンビニにぼくしかいない時間になって

スコヲプ

2 1+1

ネネネ

「ふと」ではないんじゃないかな。「ふと」は無意識が含まれる言葉なので、顔を隠すという意識的な言葉にはそぐわないと思います。まあ、それはともかく。この短歌、孤独になって群衆意識が消え去った際の羞恥心がなかなかよく表されていると思います。けっこうエッチな本を読んでいたりして(あくまでも想像です)。まあ、そうでなくてもひとりだけなら恥ずかしいものです。
雨宮 司

あるあるー、と思って納得してしまいました。お客さんと店員が一対一になるときほどいたたまれないことはありません。でも一番苦手なのは、洋服屋で店員が「いかがですかぁ」と寄ってくる瞬間……。
三田たたみ


コンビニの灯りはまるで誘蛾灯 さまよい人が吸い寄せられて

あべせつ

2 1+1


レジを捨てあなたの元へ駆けていく 制服の裾が風に撫でられ

大椿野渡

2 2

ふたり萩野聡

どういうシチュエーションやねん。とつっこみつつ好きです。
nu_ko

いざというとき、いくら仕事といえども放棄しなくてはならないときがくるのだと思いました。「制服の裾が風に撫でられ」にそんな自分を客観視する眼があり、本当に実行にうつした自分に対する驚きやおかしみなど、いろいろな感情が感じられました。
萩野聡

どのような理由でそのようなことになってしまったのか気になります。仕事を放棄して制服のままでさから相当の理由があるのでしょう。結末はお幸せに、と言ってよいのでしょうね。
九乃


誰一人買い手つかずの栗饅頭ポツンとひとつ深夜のコンビニ

知己凛

2 1+1

静ジャック

栗饅頭は人気ないのですかね?
私は栗饅大好きです。あと一時間くらいで半額になりますねきっと。

天使きらり


御宿の春の浜辺で箸がなくペンでコンビニ弁当を食う

ミルトン

2 1+1

照屋沙流堂

のどかな風景のアクセントとして、いい口中の感触です。一人もいいけど、人と食べるとなおいいですね。
照屋沙流堂

何でもない歌なのだけど、御宿と言う固有名詞が「月の砂漠」を思い出させて、のどかだなあとおもっただけです。
多香子

情景が目に浮かぶようで惹かれました
寺島奈保子


何ぞ食う? 腕を捲くりて聞きたるに「コンビニ弁」とはいかなることぞ

タカノケイ

2 1+1

雨宮 司

本来は文語を選ばない傾向が強いのですが、これは底に流れるユーモアを買って選びました。作中主体と相手の認識のずれが楽しいのと、作中主体がどうやら本気で怒っているらしい点がなかなかに味わいがありますね。斎藤茂吉の短歌にも、どうやら真剣に怒っているから余計に可笑しみが増しているものがありますが、それに通じるものがあります。
雨宮 司


コンビニのビニール傘が三本を数えて今日も傘忘れ雨

宮嶋いつく

1 1

天使きらり

わかります。わが家にもビニール傘三本以上あります。
当たり前の歌ですがうなずける感じで好感持てました。

天使きらり

あるあるですね。
九乃


わたしには丁度良いのよコンビニの限定商品くらいなあなた

石衣

1 0+1

私に言われているような...。限定商品だったことに救われました。
九乃


コンビニの明き光とレシートが孤独の影を浮き彫りにする

三月海月 家

1 0+1

心底さみしいです。明るい光を背に、レシートの印字が黒くかすんでしまう……家に帰っても明かりはついていない……そんな独身ライフを想像してしまいました。我が家には猫が待ってますが、それはそれで恐怖だったりして(←外出中に粗相をしている可能性大
三田たたみ


ローカルのコンビニチェーンが便利すぎ離れて気づく不便な都会

瀬和璃羽

1 1

衣未(みみ)

コンビニに地方性、確かにありますね!
衣未(みみ)


コンビニの前で踏まれたレシートの777(なな なな なな)に元気をもらう

天使きらり

1 0+1 星


借りていた君のノートをコピーするために走った中3の夏

冬桜

1 0+1

コピーしないで書き写した方がいいと思います。というのはお兄さんからのアドバイス。もしかしたら書き写すだけじゃなくて、「君」が書いていたノートを手元に残しておきたかったのかもしれませんね。かわいいです。
シュンイチ


挽きたてのコーヒー求めそのついで子らのアイスを二つカゴに入れ

ついつい買っちゃうのです。
衣未(みみ)


交差点を挟んでふたつコンビニのひとつは携帯ショップに食われ

照屋沙流堂 家

1 0+1 星

コンビニの競争が激化して久しいですが、これはその典型例ですね。一方は、どうやら売り上げ不振にあえいでいましたか。携帯ショップも競争が激しい店舗群ですが、まだコンビニよりは落ち着いているかと思われます。都市部では、ちょっと歩けばコンビニに行き当たります。競争相手がいるのはむしろ幸せなのかもしれません。
雨宮 司


どこにでもファミリーマートがある町の憎しみのない風を見ている

シュンイチ

1 0+1 星


コンビニで「近くにあるはずなんですが……」会場までの道を尋ねる

雨宮 司

1 0+1 星


コンビニの袋みたいに透けてるよお菓子だけだねご飯も食べな

久哲

1 0+1 星


「コンビニ」は関西式の略し方なぜ「コンスト」と略さないのか

松木秀

1 0+1


マンションを降りればコンビニ便利だが、便利グッズは百均にある

多香子 家

1 0+1 星


いろいろなドラマが展開される中コンビニの人今日も笑顔だ

衣未(みみ)

1 0+1 星


コンビニに揃っています。デザートやお酒、淋しさ埋める相手も

淡海わこ

1 0+1


午前2時きみとつついたコンビニのプリンの甘さは時々かわる

2600

0 0 おとの日

これは同じ人と何回かつついたのに変わるのか、「きみ」が何人か変わるので味も変わるのかと変な事を考えてしまった。ただ味が変わるだけではおもしろくない・・・
多香子

多香子さま、ありがとうございます。午前2時を削って味の変化を膨らませた方がよかったかな、と思いました。様々なきみと、それぞれのプリンをつついた思い出が幅広く想起できたらと思いましたが欲張りすぎたかもしれません。
2600


コンビニのレジでメモ書き渡してた ドラマの先はなにも知らない

こたきひろし 家

0 0

なんだ、コンビニの店員さんナンパされたんか! ……と、ちょっと興奮してしまいました。この先どんな展開になるのか気になりますが、「ただイケ(ただしイケメンに限る)」じゃないと無理かもしれません……。
三田たたみ


おにぎりもクレンジングも売り切れでキヨシローさえいない、クソッタレ

前田沙耶子 家

0 0


昨日 2016年05月23日(月) 明日

出詠した人選歌した人

こたきひろし家 えんどうけいこ シュンイチ あべせつ 冬桜 寺島奈保子家 南瑠夏 松木秀 知己凛 キョースケ 照屋沙流堂家 宮嶋いつく 石衣 ミルトン 天使きらり 2600 雨宮 司 宮本背水 瀬和璃羽 前田沙耶子家 多香子家 大椿野渡 衣未(みみ) ネネネ 亀山真実 久哲 nu_ko スコヲプ ホシキョウイチ 萩野聡 タカノケイ 淡海わこ 三田たたみ家 Y川家 三月海月家

えんどうけいこ 宮本背水 根本博基 久哲 照屋沙流堂家 多香子家 ミルトン 冬桜 ぽつり ふたり 松木秀 三田たたみ nu_ko 雨宮 司 知己凛 静ジャック あべせつ 衣未(みみ) シュンイチ 三月海月家 西村湯呑 安部圭二 Y川家 石衣 遠井海 南瑠夏 こさき スコヲプ タカノケイ 萩野聡 九乃 キョースケ 天使きらり 亀山真実 桜枝巧 ホシキョウイチ 大月閑 ネネネ 淡海わこ 月花 たちばな だゆう

35 人

43 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31