うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN778日 】 2016年05月17日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 778 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

もう降りることのない駅過ぎて行く キーケースには合鍵をつけ

きつね

5 4+1 星

タカノケイぽつり九乃九作寺島奈保子

俯いてポケットの中のキーケースを指でいじる絵がぱっと浮かびました。
タカノケイ

鍵をまだ持っているのは心に残っているということなのだと思います。しかしもう駅には降りない。降りられないのでしょうか。心の機微が垣間見える素敵な歌だと思います。
九乃九作

合鍵をつけるというのは、再び来ることを暗示させているんですよね。
村田馨


廃線の朽ちた駅舎に置き去りの思い出たちが花を咲かせる

たかはしみさお

4 3+1 星

阿坂れいさくらいく久哲

情景が浮かびます。たくさんの思い出がある駅舎、寂しいですね。
衣未(みみ)

味わいがある。小池光の名歌「廃駅をくさあぢさゐの花占めてただ歳月はまぶしかりけり 」が思いだされる。
村田馨


今日駅で初めて見かけた人なのにあなたの写真の彼女(ひと)だとわかる

ぽつり

4 3+1

衣未(みみ)中山とりこナタカ

切ない。
衣未(みみ)

鋭い女性の鑑識眼には恐れ入ります。ツラい恋愛なんですね。同じ駅を利用しているなんて...。
九乃九作

強烈な瞬間をさらりと詠まれていて好きです。
ナタカ

彼女に「ひと」というルビを振るのはいささか強引。
村田馨


上野駅「じゃあな」と一人帰る父 わがまま娘だよねごめんね

タカノケイ

4 3+1 星

五條ひくいち樂々森下裕隆

お父様の前では素直になれないものなのでしょうね。でも気持ちはきっと通じてると思いたいですね。
九乃九作

東京に住む娘を尋ねた父親。心のなかで詫びている娘の心境を察していることだろう。上野駅ということで東北の出身らしい。
村田馨


行っちゃえと行っちゃ駄目だの境界線 発車しますと車掌が叫ぶ

文月りか

3 2+1 星


しづかなる有刺鉄線あしたからただの秘境となりし駅舎に

大野惠未

3 2+1


統合の新しい名に馴染めずに駅の名だけがぷかりと浮かぶ

秋子七子

3 2+1

たかはしみさおきつね

慣れ親しんだ市の名前がなくなるのはすごく寂しいです。駅名だったり橋の名前とかに残ったりしますよね…切ない。
たかはしみさお


改札でさよなら言えず抱き締めた 君の温度を忘れられない

藤原頼良

3 3


列車降り深呼吸して見上げれば泣けとささやくなつかしき青

さくらいく 家

3 2+1 星


駅前で誰か私を待っていて眠そうにしてる鳩でも良いよ

ナタカ

3 2+1 星

文月りかnu_ko

眠そうにしてる鳩という妥協?が好きです。私は何か寂しいものを抱えて帰るのかなぁと感じました。
文月りか

誰かが待っていてくれるというのは嬉しいことですよね。たとえ鳩でもwひとの何気ない気持ちを代弁したいい歌だと思います。
九乃九作


暁に前照灯が輝けり始発電車は駅を離れる


みんなみんなペンギンなんだと環状線あさのホームの混雑をゆく

森下裕隆

3 2+1

つん西村湯呑

確かに、ペンギンのようによたよたとホームを歩く姿が目に浮かびます。ちなみに、電車内での痴漢冤罪を避けるためには、必ずつり革をつかむか両手を挙げて乗ることだそうです。
つん

ペンギンの見たて。ありそうでなかったような。
村田馨


駅前のくすのきが伐られたちこめる母の箪笥の着物の匂い

吉川みほ

2 1+1


何本の電車を見過ごし続けたらその手を離すときか知らない

小和田サリ

2 2 葉 はじめて


ホームには孤独がたくさん落ちていてたぶんあの子もこんな気持ちで

ネネネ

2 1+1

桜望子

駅というところはそういう所なのかもしれませんね。自分がその身になってあの子の気持ちを思いやることができるというのは素敵なことだと思います。
九乃九作

先日はコメントありがとうございました。ネネネさんは蜘蛛女とは一番遠そうな感じですね。ホラーもいいかなって思ったんですけどね。またそんなお題が出たら書きたいと思ってます。今日もいい歌でした。
九乃九作


口腔をスッキリさせる任務終えホームで黒く殉死するガム

寺島奈保子 家

2 1+1


カタ コトと一両列車定刻の無人駅にて冷気を降ろす

六池

2 2

サリーB桜枝巧

カタ コト という擬音と、一両列車、無人駅という単語が続くことで、寂しさが強調されているように感じました。雰囲気があって好きなうたです。
中山とりこ

なんて静かに動いていく歌なのだろう、と思いました。「カタ コト」と少し間を入れたこと、「冷気を降ろす」という言葉の使い方…尊敬します。
桜枝巧


ゆるく降る雨の匂ひに沈みたる地下鐵驛の階段くだる

佐藤博之 家

2 1+1 星


雑草が唯にのびゆく跨線橋いまは記憶の遊び場となる

嫉妬林檎 家

2 1+1


駅で待つ次の電車に君がもし乗っていたなら好きと言おうか

桜望子

2 1+1

天使きらり

君は次の電車に乗ってましたか?
胸がキュンとしました。

天使きらり


真夜中の山あいの駅通過する電車は鳴らす謎のメロディ

遠木音

2 1+1


地下鉄をケーキ抱えて 待つホーム 働きアリも悪くはないな

中山とりこ

2 1+1 星

たんこぶ

地下鉄をケーキを抱えて待つ、というとヘンな感じがする。実際は二番目の「を」はなく抱えてのあとに一字空いているのだが、口に出すと違和感がある。こんな時はパーレンで「地下鉄を(ケーキ抱えて)待つホーム」と捌くとすっきりする。
村田馨


綿毛舞う無人駅から旅立った貴方を待っています。今でも。

安部圭二

2 1+1 星

遠木音

ふたつの句点はくどくないか。
村田馨

村田さん。評、ありがとうございます。ふむふむ、勉強になります。次回もお願いいたします。
鈴木さん、ハート、ありがとう☆中山さん、ナカタさん、森さん、♪ありがとう☆

安部圭二


道の駅 野菜売り場で我が妻は大根二本差してもののふ

久哲

1 0+1 おとの日


つまらない駅で電車で空ですが 異国の人が楽しげに撮る

小川けいと

1 0+1

なんだか照れくさいながら嬉しい地元愛が素敵です。
タカノケイ


今はもう伝言板は撤去され無人駅舎に響く電子音

温子 家

1 0+1 星

伝言板が撤去されたのは有人の駅でも同じ。どこにノスタルジーを感じさせようとしているのか。つまり、駅が無人化されたことか、伝言板が電子音にとってかわられたことのどちらかに主眼を置いているのか。
村田馨

村田馨さん
伝言板も撤去され、自動改札によって駅員もいなくなった無人駅
便利になれば駅も賑わうわけではないのだということを歌にしました。
もう少し伝わるように推敲が必要ですね。
ご指摘ありがとうございます。

温子

無人駅というからには駅員が常駐していないローカル線のひなびた駅のことを想定していました。自動改札があるような大きな駅とは思いませんでした。
村田馨

そこですね、無人=さびれたではないところに照準を絞るほうが、
グッとよくなる気がしてきました。
携帯が普及して伝言板がなくなり、自動改札ができ駅員がいなくなり、
改作にチャレンジしてみようと思います。

温子


駅までのいつもの道も早足で歩けば春の風澄みわたる

サリーB

1 0+1


駅で借り駅で返したたましひはいつかあなたとみた海の色

西村湯呑

1 0+1

駅で出会ったお二人は、いつしか心が冷めてしまったのでしょうか。
三月海月


演歌では今でも汽車が走ってて女が一人降りる北の駅

樂々

1 0+1


ガタと鳴り掠め取られし風景よ音だけ置いてきやがって特急

飴町ゆゆき

1 0+1


大阪の駅で見送る深い夜 せつなさ募る遠距離恋愛

あべせつ

1 0+1

遠距離恋愛の見送りで、新大阪ではなく敢へて大阪といふと、金沢方面か鳥取方面か和歌山方面か…。
「深い」「せつなさ募る」といふのが自身の心情を直接的に表現してしまふ言葉なので、詩情を託す仕草なり小道具なりで表現できればもっと深く切ない歌にできると思ひます。

佐藤博之

せつなさ募るが説明になってしまった。そう思わせるような会話とか場面とかを使って説明しない方がいい。
村田馨


駅前でチラシを配るおばさんのチームは揃いのサンバイザー被る

天使きらり

1 0+1 星

その様子が目に浮かびます
きつね


さみだれの無人駅へと降りる者俺のほかにはひとりもいない

雨宮 司

1 1

小川窓子

さみだれ、無人駅、ひとりもいない。ちょっとつきすぎか。
村田馨


駅前のよく待ち合わせしたカフェはどうしてこんなにあの頃のまま

阿坂れい

1 0+1

気持ちはわかるのだが、何をみて「あの頃のまま」と思ったのかを伝えられればもっとよくなる。

村田馨


年老いた今でも少し信じてる ホーム下にはオバケが住んでる

傘なし

1 0+1


駅伝の沿道に立ち叫んだ日 大学20年生となった

たんこぶ

1 0+1

母校の駅伝を応募する。大学20年生が面白い。
村田馨


老人が繋がるために吸殻を拾ってあるく都下の駅前

chari

1 1

嫉妬林檎

具体的な駅名の方が効果的。
村田馨


東京はまるで回廊いつまでもたどり着けない新南口

つん

1 0+1 星


ミッキーと舞浜駅で握手する 着ぐるみの手に力こもらず

雀來豆

1 0+1

ミッキーと舞浜駅はつきすぎでしょう。
村田馨


今日の日に新宿駅が見おくった三百万の人の横顔

nu_ko

1 0+1

「今日の日」は、屋上屋を重ねるよう。「今日一日」くらいならまだしも。
村田馨


あの人を忘れたくなくてこの駅で電車を何本見送ったろう?

綴紡 家

1 0+1

忘れたくなくて見送る電車はなんともやり切れないと思います。出会ってなんとかなるものなら...。実は私にも同じ経験が。
九乃九作


いつからか最寄りの駅には顔がない 売店なくなり暖房は効いて

小川窓子

1 0+1

個性的な駅が減ったことは事実。しかし、下句が上句を受け切れているだろうか。
村田馨


駅地下にカピバラショップがあったので期間限定マグカップ買い

えがぷり

1 0+1


駅売りの花屋でしかめっ面してるあなたをビックリさせたくて、わっ!

三月海月 家

1 1


終電はあとまだ五年 物件の大きい駅へ賽を振る夜

きい

1 0+1

どんまい!

駅からは歩いて5分で君の家遠回りして帰る月の夜

0 0


白黒のまばたきしてる瞬間に風吹くメトロさらわれたひと

海野

0 0


粉末に似た愛交わす僕と君 待合室で終電逃す

終電が行ったら駅から出されますのでご注意を。
村田馨


昨日 2016年05月17日(火) 明日

出詠した人選歌した人

つん 雨宮 司 樂々 ササキ アンヨ 吉川みほ 小川窓子 ナタカ 海野 佐藤博之家 ぽつり 綴紡家 遠木音 さくらいく家 藤原頼良 あべせつ 天使きらり nu_ko ネネネ 温子家 chari 寺島奈保子家 大野惠未 安部圭二 六池 三月海月家 たかはしみさお 嫉妬林檎家 雀來豆 サリーB 小川けいと えがぷり 森下裕隆 傘なし 飴町ゆゆき 中山とりこ 小和田サリ 桜望子 村田馨 文月りか 西村湯呑 タカノケイ たんこぶ 久哲 阿坂れい 秋子七子 きつね きい

衣未(みみ) ネネネ 文月りか 阿坂れい 天使きらり 小川窓子 つん 五條ひくいち 中山とりこ タカノケイ 温子家 あべせつ 雀來豆 大野惠未 さくらいく サリーB 秋子七子 えがぷり 傘なし nu_ko たかはしみさお ぽつり 佐藤博之家 遠木音 安部圭二 樂々 月花 たんこぶ 九乃九作 寺島奈保子家 吉川みほ 静ジャック 小川けいと 久哲 桜望子 ナタカ 嫉妬林檎家 西村湯呑 きつね きい 綴紡家 森下裕隆 だゆう 飴町ゆゆき 桜枝巧 森雅彦

48 人

46 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31