うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN776日 】 2016年05月15日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 776 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 蜘蛛 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

ひび割れてゐる冬空か蜘蛛の巣かどちらにしてもその下をゆく

紆夜曲雪

9 8+1

下弦三月海月しま・しましま月花太田青磁といじま宮木水葉亜梨

蜘蛛の巣をひび割れてゐる冬空に見立てているのでしょう。どちらにしてもの口調が明るくていいなと思います。
太田青磁

確かに、蜘蛛の巣はひび割れているようにも見えますね。「ひび割れている冬空」という表現が素敵だなと思いましたが、どんな感じなんだろう…とよくわからず、乾燥した感じかな?とかいろいろ想像しています。
亜梨


頁へと舞い落ちてきたささがにの蜘蛛よ生まれて何日になる

小宮子々

6 5+1


悠々と助けた蝶は飛び去って次の日蜘蛛は動かなかった

亜梨

5 4+1 星

たちばなネネネ須磨蛍中牧正太

今まで気がつかなかったことに気づかされるお歌だと思いました。淡々としていながらも憐れみ深さを感じられる気がします。
五條ひくいち


まだ知らぬ言葉の多きおさなごが傘の内より指した蜘蛛の巣

といじま

4 3+1 星

久哲ぽつり安部圭二

「知らぬ」としたなら「指した」ではなく「指しし」かな、と。
和也

家族詠として、この場面と色使い。秀逸💛
久哲


蜘蛛ひとつ君の麦藁帽にいる記念写真も笑顔だったね

和也 家

4 3+1 星


散らされた蜘蛛の子供が当て処なくエントロピーを増大させる

須磨蛍

3 2+1

有櫛由之麗子

エントロピーという言葉、好きなのです。
小川窓子


身をよじる蝶に近づく蜘蛛の背をまじろぎもせず見る白い猫

小川けいと

3 2+1


罪のなき蜘蛛を殺せばテーブルに足をぶつけるのも仕方なし

中牧正太

3 2+1

傘なし三田たたみ

蜘蛛さんは益虫ですよ! それは小指を思いっきりぶつけても仕方なしですぞ!(←蜘蛛派
三田たたみ


蜘蛛の巣は写真におさめられなくてあなたと紡ぐ言葉に似ている

木原ねこ

2 1+1 星


首都に棲む女郎蜘蛛が地下深く張り巡らせた七色の網

太田青磁 家

2 1+1 星


蜘蛛の子はチョコの味だと聞いたから 好奇心には勝てない子でした

傘なし

2 1+1


合歓の木の枝間に黙ってあやとりす蜘蛛のまなこを数えている朝

五條ひくいち

2 1+1 星


蜘蛛の子が旅する夜風の入り来る窓を閉めたら落ちこむ心

萩野聡

2 1+1

七波

「蜘蛛の子が旅する」の部分がかわいらしいですね。わたしは蜘蛛が嫌いですが、好感を持てました。ただ、「落ちこむ心」が主体と蜘蛛の子のどちらに掛かっているのか判断がつきませんでした。
七波


「それが絡新婦じょろうぐもことわりですもの」と決め台詞吐きプリンを盗む

三田たたみ 家

2 1+1 星


夜の蜘蛛は死んだ誰かの化身だと教えてくれたばあちゃんが蜘蛛

小川窓子

1 0+1 星


蜘蛛の糸を地獄の底でゆずり合う とっつぁん俺ぁ自力で行くぜ

西村湯呑

1 0+1

上句と下句のギャップを狙ったお歌だと思うのですが、成功しているかどうか個人的には判断が難しいです。「地獄の底」とルパン(ですよね?)のイメージがどうも結びつかないのと、意図が見え見えなところが引っ掛かりました。
七波


きのうより確かに広げた足場にて蜘蛛はしんねりその時を待つ

藤 かづえ

1 0+1


蓮花が水面を覆い尽くすころ「かんだた」登って来れたら良いに

麗子

1 0+1


そのむかし文化のあった集落に白い繊維の都栄える


誅するを知る虫ながら誅されることばかりだな床に手を伸ぶ

飴町ゆゆき

1 1


雨露を一人集める女郎蜘蛛囚われたのは君か私か

さくらいく

1 0+1


アラクネの裔の織りたるべべ纏ひ小さきものの夏の輪踊り

宮木水葉

1 0+1


「きゃあ、蜘蛛」と厭がっている君だけど寝ている間は叩きつぶしてる

三月海月 家

1 0+1 星

光景が面白いなと思いました。間を「ま」で読めば字数ジャストですが結句が少し読みにくかったです。
といじま

といじまさん、評をありがとうございます。確かに読みづらいです。
’「きゃあ、蜘蛛」と嫌がっている君だけど寝てるあいだは叩きつぶして’
と変更してみました。少しは読みやすくなったでしょうか。

三月海月


蜘蛛の張る巣に一人きり溺れゆく手練手管が通じぬ空へ


夜半過ぎ 涎を垂らす蜘蛛女 人は喰わねど魂を喰う

九乃九作

1 1

だゆう

映像が恐ろしいです…。
人は喰わねど、と言っていますが、魂を喰われてしまったひとはつまり…?と
考えるとゾワッとしますね。

コメントとハート、ありがとうございます(;_;)
とてもうれしかったです!!

ネネネ


こんなにも残酷だからそこの蜘蛛はやく私の目から逃げてよ

下弦

1 0+1


蜘蛛がいる 巣の真ん中に身構えて悲鳴を聞けばきっと飛び立つ

静ジャック

1 0+1


落ちた恋を引き上げてゆく蜘蛛の糸ぷつんと切りて君にあげるわ

桜枝巧

1 1

木原ねこ

口語か文語か統一されてるとスッキリ読めるかな、と。
和也

「切りて」は「切って」と口語にした方が、歌の雰囲気に合っているように思いましたが、テーマと発想の広げ方が好きです。
木原ねこ


蜘蛛の巣の縦糸つたい辿りつく派手めな君のやすらぎの場所

nonたん

0 0


いつの間に絡め取られた君の巣に 藻掻き藻掻いて逃げる手もなく

藤原頼良

0 0


今朝がたに一匹またいで通ったことだし これで老後のその後も安心 

絹谷田貫

0 0


縛られて絡み取られてはいパクリ蜘蛛のようだねジゴロの君は

心伝

0 0

どんまい!

昨日 2016年05月15日(日) 明日

出詠した人選歌した人

ササキ アンヨ 傘なし 五條ひくいち 小川窓子 藤原頼良 西村湯呑 麗子 中牧正太 小川けいと さくらいく 九乃九作 といじま 太田青磁家 nonたん 宮木水葉 紆夜曲雪 絹谷田貫 三月海月家 三田たたみ家 亜梨 飴町ゆゆき 堂那灼風家 桜枝巧 心伝 小宮子々 和也家 静ジャック 萩野聡 藤 かづえ 須磨蛍 木原ねこ 下弦

下弦 小川窓子 フジワラ 萩野聡 三月海月家 あべせつ 和也家 しま・しましま 月花 太田青磁家 といじま 有櫛由之 久哲 衣未(みみ) ぽつり 宮木水葉 藤 かづえ 秋子七子 木原ねこ 堂那灼風家 安部圭二 さくらいく家 五條ひくいち たちばな 傘なし 紆夜曲雪 西村湯呑 三田たたみ家 ネネネ 麗子 須磨蛍 小川けいと 静ジャック 寺島奈保子家 だゆう 中牧正太 亜梨 七波 小宮子々

32 人

39 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31