うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN774日 】 2016年05月13日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 774 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   社会適合者

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

われも樹もみづのたてがき睡りたれば夢にあふるるゆめのことのは

紆夜曲雪

6 5+1 星

安部圭二安西大樹衣未(みみ)もりのさと桔梗

ひらがなが、全体のやわらかさを出していますね。
安部圭二

ゆめのことのは、平仮名だと、様々な漢字をあてて想像できる余地があり、おもしろい結句だと思いました。

安西大樹

綺麗で和風のメルヘンの世界を思いました。
衣未(みみ)


どの穴をふさげばきれいに鳴るでせうわたくしと云ふ古いたてぶえ

桔梗

5 4+1

紆夜曲雪九乃九作えがぷり萩野聡

上手い、と唸りました。身体を楽器にたとえる歌は既にあるかもしれませんが、ともすればエロティックになりそうな見立てをとてもうつくしく料理されて、なつかしさと不思議さの混ざりあう「大人の童話」のような雰囲気が醸し出されていると思いました。
紆夜曲雪

自らを縦笛に譬えるのは女性らしくていいですね。しばらく吹いて馴れれば綺麗な音が鳴るでせう。
九乃九作


操縦のきかない人が集まって爆竹みたいに暮らしています

遠井海

5 4+1

傘なし根本博基秋子七子西村湯呑

強烈な個性が一つ屋根の下ではあちこちで爆竹も鳴るのでしょうね。面白いです。
九乃九作


今日もまた手をつなげない 縦棒のこないテトリスみたいな恋だ

御殿山みなみ

4 3+1

nu_ko松木秀ナタカ

手を繋ぐ段階からこれでは、この先が...。面白いです。
九乃九作


たて 縦になれてる人はつよいなってずっとベッドでおもってる 立て

多田なの

4 4

御殿山みなみ久哲亀山真実嫉妬林檎

うん 感情がこもっていて💛、あなたのペースでいいからね。
久哲

“たて”の連続が好きです。ベットで横になっている主体が立っている人を眺めている場面ですね。最後の“立て”で最初の“たて”の意味がわかるようになります。そのため、この思考の中でくるくる回っているような印象も受けます。どちらも主体自身に向けた言葉でしょうね。思わずガンバレ!と言いたくなる歌です。
亀山真実

最後の 立て が自分とおなじ発想だったので、びっくり&親近感を持ちました。ベッドっていうのが具体的で、情景が浮かびやすくいいなと、思います。
中山とりこ


縄文の誰かが掘った竪穴の底で見上げるまんまるの月

雀來豆

4 3+1


麦の穂がきちんと縦に並ぶ中ヒメジョオンたちふふふと笑う

遠木音

3 2+1 星


眉間へと深い縦皺刻ませて憂いに沈む阿修羅立像(あしゅらりゅうぞう)

雨宮 司

3 2+1 星

遠井海

阿修羅像のあの表情については色々な表現を聞くのですが、この歌の具合の言い方は素敵です。顔の一部から全体の表情へと流れている所が好きです。


手品師は本気を出して世の中の縦縞すべて横縞にする

もりのさと

3 2+1


泣かれたら五月が迷う見てごらんツバメが空を縦切ってゆく

久哲

3 2+1 星

遠木音静ジャック

横切るのではなく縦切る。確かにツバメがビューンと飛ぶのはそんな感じだと思いました。
遠木音

ツバメや雲雀は縦に飛ぶことがありますね。子どもの泣き声から、五月の変調、ツバメが「縦切って飛ぶ」という流れがいいですね。お子さんがそれを見て泣き止んでくれたらよいのですが。
九乃九作


ハンドルを操縦桿と呼んでみていつかついえた夢の続きを

亀山真実

3 2+1 星

太田青磁五條ひくいち

操縦士へのあこがれが懐かしく伝わってきます。握っているハンドルはおそらくは車なのだと思いますが、空間的な自由への希求は、飛べないからこそ募るものなのかもしれません。
太田青磁


まっすぐに生きていくことできないで縦書きは右へ左へ揺れる

ナタカ

2 1+1


縦笛でダースベーダーテーマ吹く なんか間抜けて とてもかわいい

ぺろちゃん

2 2 葉 はじめて

雨宮 司森雅彦

最近、いろんなBGMに使われていますね。オーケストラバージョンは、正式には「帝国軍のマーチ」なんですが、まあいいでしょう。読み手に通じればいいのですから。あの勇壮で威圧的なマーチがすっかり丸みを帯びて、どこか物悲しげに聞こえるのは、数奇な運命を辿ったアナキン・スカイウォーカーの将来を暗示しているからではないのでしょう。純粋に、曲としてどこか楽しいですね。
雨宮 司

栗コーダーカルテット♫ わたしも大好きです。
秋子七子

ぁ、正式名称を知らなくて、初めて知りました(^_^.)「帝国軍のマーチ」も「栗コーダーカルテット」も。教えていただきありがとうございました♪
あべせつ


「もう終わり」と言う、にべもなくパッキンと縦に割る箸そして僕らの

安部圭二

2 1+1 星

中村ゆい

立て板に水というのですね。この言葉は彼女のものでしょうか。潔い。
九乃九作


またしても縦列駐車ができなくて含み笑いでコースに戻る

太田青磁 家

2 1+1 星

つん

運転自慢の人はよくいますが、こうした苦手なことのあることがあるのも、愛らしくていいですね。
つん


地下鉄にあふれかえった縦長がぞろぞろぞろぞろ降りてゆく朝

nu_ko

2 1+1

たかはしみさお

コミカルなような仲間意識のような誇りのような。ぞろぞろぞろぞろというのがなんだか楽しいです。
衣未(みみ)

ぞろぞろぞろぞろの文字がなんだか地下鉄を降りた人間の列ように見えました。(この題で言うのも何ですが)横書きで見ておもしろい短歌だと思いました。
きつね

上野とか想像しちゃいました。
たかはしみさお


縦にはしる飛行機雲を目で追ってあなたのいない夏が来ていた

文佳

1 1

佐藤博之

飛行機雲がひどく感傷的に見える時ってありますよね。最近は燃焼効率が良くなったのか、もっと別の理由があるのか、飛行機雲が長く残る時がすっかり少なくなって、ちょっとばかり寂しいですね。二物衝迫が上手い具合に効いています。感傷的な気分になったところに別の事実をぶつけ、説得力を持たせる。なぜ「あなた」がいないのかは全く不明ながら、空虚になるであろう夏の訪れを描いています。
雨宮 司


流星のような一瞬 すべて置き去りにしてゆく縦のスライダー

嫉妬林檎 家

1 0+1


私にはない情熱でボール追い縦横無尽に駆け回る君

中村ゆい

1 0+1


こしかたの峰かえりみる縦走路バカだなあオレこんなとこ来て

飴町ゆゆき

1 1


横書きで短歌をつくる癖があり縦書きにしてみて首ひねる

松木秀

1 0+1


マイナスな気分になってしまったら縦一本を足して+に

つん

1 0+1 星

パラダイムシフトされる心理をうまく表現していると思いました。
縦一本とは人それぞれ異なる事象だとは思いますが、その屹立する縦のような何かがあれば、生活も少しは楽になる気がしました。

安西大樹


倒れたら世界が横に見えるだろ もう一度縦に戻すため 立て

中山とりこ

1 0+1 星

ボクシングでしょうか。それとも別の格闘技? いずれにせよ、無様なまでに倒されてしまった相手の様子がはっきりと目に浮かびます。作中主体はセコンドでしょうか? 「世界が横に見える」が簡潔にして要を得た表現で、いつも接している世界が全く違った印象を与える様な錯覚をもたらします。「立て」が力強い。ただ、これを10カウントの間に伝えられるか否かは疑問です。
雨宮 司

自分に発破をかける気持ち、わかります。
七転び八起きでがんばりましょう、そんな気持ちにさせてくれる良歌だと思います。

安西大樹

雨宮さん
評ありがとうございます。きちんと読み込んでいただけて有り難いです。ボクシングというわけではないのですが、立て というと某有名ボクシング漫画が浮かびますよね。具体的な場面描写ではなく、落ち込んだ心で世の中を見ると物事をまっすぐ見れなかったりするので、それを倒れる・立つ という比喩で表現しようとしました。

安西大樹さん
ありがとうございます。良歌といっていただけて嬉しいです!

中山とりこ


食べるたびさけるチーズを縦に切る横から切ったら咎人とがにんだろう

安西大樹

1 0+1 星


縦書きを左から書く癖があるあのこの手紙に暗号探す

傘なし

1 0+1


今はまだできないけれどふり返る日々の縦糸はきっと飴色

西村湯呑

1 0+1

美しく流れる文がいいですね。まだできない事柄は相当に困難なこととお見受けします。縦糸が飴色なのは日々の鍛錬の証なのでしょうか。
九乃九作


試合にて縦パス出せずをりしわが中学時代恋愛もなし

高岡恵 家

1 1

きつね

試合で縦パスを出せなかったことと、恋愛できなかったことに関連性を見出したところが面白いと思いました。
きつね


縦型のビジネスバッグを背負いながら駅から自宅の1キロ走る

えがぷり

1 0+1


『ねえ見て』と縦列駐車キメる彼 なぜかあたしが自慢している

たかはしみさお

1 0+1 星


クローバー咲き乱れる中縦走すひよどりヨチヨチ生まれたての子

麗子

1 0+1


横書きの短歌にももう慣れたけど欲しいフリーの縦書ソフト

樂々

1 0+1 通算50首詠


縱四方固めえ解かざるままに殘り時間の我を締め上ぐ

佐藤博之 家

1 0+1

どんまい!

縦横に幾何学的な巣をつくる美的センスが高めなアイツ

ツナマヨ

0 0


縦向きの力を加え縮めれば五人くらいはケースに入る

Y川 家

0 0


昨日 2016年05月13日(金) 明日

出詠した人選歌した人

つん 高岡恵家 佐藤博之家 安西大樹 紆夜曲雪 もりのさと 樂々 中山とりこ 遠井海 久哲 Y川家 ナタカ 松木秀 御殿山みなみ 安部圭二 nu_ko たかはしみさお 雨宮 司 雀來豆 麗子 嫉妬林檎家 中村ゆい 遠木音 太田青磁家 ツナマヨ 桔梗 傘なし 多田なの ぺろちゃん 西村湯呑 えがぷり 文佳 飴町ゆゆき 亀山真実

つん 御殿山みなみ 遠木音 安部圭二 傘なし 紆夜曲雪 祐鈴 雨宮 司 中村ゆい nu_ko 遠井海 樂々 安西大樹 根本博基 太田青磁家 九乃九作 えがぷり 松木秀 久哲 衣未(みみ) 雀來豆 亀山真実 きつね 五條ひくいち 麗子 中山とりこ 月花 萩野聡 もりのさと ぽつり 嫉妬林檎家 桔梗 佐藤博之家 森雅彦 静ジャック たかはしみさお ナタカ あべせつ 秋子七子 だゆう 西村湯呑

34 人

42 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31