うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN772日 】 2016年05月11日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 772 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

 Happy Birthday 
   守宮やもり パンと緑茶

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『 引力 』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

雨もまた引き寄せられてこの傘に星の鼓動を知らせています

ニキタ・フユ

5 4+1

タカノケイ中山とりこ朝倉洋一ホシキョウイチ

はーと1個じゃ足りないくらい好きですー。傘におちる雨音が星の鼓動でリズムなんですね。これからの季節にぴったりの、せつなくて情緒豊かな一首ですね。
朝倉洋一


りんごほどストンと落ちたりしないけど 赤くはなってた、かもしれない

こさき

5 4+1

ニキタ・フユnu_ko久哲きつね

ひとめでストンと来ました💛
久哲

好みの問題かもしれないんですけど、上の句と下の句の間の半角スペースとか気になるところはあるんですけど、これ好きです。読点がいい味を出していると思います。
きつね

赤くなっちゃうところ、かわいいですw もうストンと落ちちゃうのも時間の問題なのかも……。
三田たたみ

読点があるので、下句は8・6で読むのでしょうか。可愛らしい破調です。
森下裕隆


真夜中の孤独を流しきるように排水口の渦はこぽりと。

ふたり

4 4

ぽつり安部圭二知己凛キョースケ

こぽり、が好きです。
安部圭二

結句のこぽりにやられました。
知己凛

よく真夜中にお風呂入るので、情景が浮かびました。あの「こぽり」は孤独が流れていってるんだなぁと思うと、ちょっと切ないですね。
三田たたみ


旅に出よう 吸引力の変わらないダイソンにあとふたり乗れるよ

森下裕隆

4 3+1 星

月丘ナイル焼きみかん三田たたみ

ダイソンの強力掃除機を旅の乗り物と見立てた点が本当に見事。今回の詠草では吸引力ネタが思いの外多かったのですが、皆さん、そんなにTVショッピングを観ておられるのですか? 何だか寝不足になりそうですが。乗り物自体が嘘なんですが、この場合は作品を豊穣にする嘘だから、気にするにはあたりません。「あとふたり」がもっともらしくて味があるなぁ。
雨宮 司

ワタシもダイソンで旅に出てみたいですw しかし、あとふたりは誰を乗せよう……ひとりじゃなく皆で和気藹々なところがいい感じ。
三田たたみ

雨宮 司さん
三田たたみさん
ありがとうございます。
ダイソンは頑張れば5人くらいは乗れます。

森下裕隆


月からの光と引力浴びながら毎月満ちて引いていく家

中山とりこ

4 3+1 星

萩野聡吉川みほY川

引力を浴びるという表現は微妙かなあ…と思ったんですが、こういうSFめいたのは好きです。
Y川

Y川さん
評ありがとうございます。引力は浴びる、ではないですよね。光と合わせて無理矢理入れてしまったのですが、推敲不足でした。好きと言っていただけて嬉しいです。

中山とりこ


人間(じんかん)にラグランジュ点求めつつ今日いちにちの勤め終はれり

宮木水葉

4 3+1


今宵はやけに月の引力トロトロにひかりて木々に絡まつてゆく

かーむら

3 3

衣未(みみ)サリーB森下裕隆

なんとなく、ゴッホの『糸杉と星の見える道』を思い出しました。
初句七音の少し不安定な韻律、トロトロというオノマトペ、絡まってゆくというどこか生々しい表現…。不安感をかき立てられるようです。

森下裕隆


引力でわたしを繋ぐ青い星 今夜も猫と宇宙遊泳

衣未(みみ)

3 2+1 星

あべせつ多香子

どうしようかと思ったが、やっぱり猫歌に付けてしまった。
多香子

もしも、みみさんだったら、猫の歌集を作りましたので、もらってください。(ブログにご案内が)
多香子

わあ!多香子さんにはどうしてわたしの歌だとばれてしまうのだろう。ありがとうございます、あとでブログ拝見させていただきますね。今酔っ払いなので明日ー。(ごめんなさい
衣未(みみ)


月からの引力ゆえに海は満ちわたしの目からあふれゆく水

温子 家

2 1+1

遠木音

ハート迷いましたが、猫に負けました。きれいなお歌です。
多香子


引力があれば誰にも届くという便箋を少しふたしかに折る

赤本 海

2 2 葉 はじめて

雨宮 司月花

引力があれば届く便箋。……う~ん、表現をぼやかしている気がしますが、便箋で折った紙飛行機のことでしょうか。便箋の本来の折り方には、さほど決まった形式はないはずです(作法はありますが、絶対ではありません)。引力を喩と考えれば便箋、引力をそのまま素直に捉えれば紙飛行機。けっこう素直じゃない気がしますが、まあ、それもありかな。
雨宮 司


変わらない物のたとえとして挙げるダイソンあるいは月の引力

永昌

2 1+1


夕暮れをわたしの中の部屋は待つそれはしずかな性欲だった

井田直 家

2 1+1


定型の引力と吊り合ふだけの詩的遠心力を持たなむ

焼きみかん

2 1+1


こんなにも見つめてるのに気づかないきみの頭にりんごよ落ちろ

三田たたみ 家

2 1+1 星

宮本背水

引力=りんごの歌想は自分もふくめていくつかありましたが、この歌がいちばん『かわいらしい』ものであったように感じました。視線を引く力という意味合いが含まれているのも、題詠として見事だったと思います。あー、わたしの頭にもりんごが落ちてこないかな(笑)
宮本背水


ニュートンの林檎は木には戻らない それでも君は優しい嘘つく

九乃九作

2 2

桜枝巧永昌

九乃九作さん!!
メッセージに気がついていなくてごめんなさい!怖くなんかないです!!
むしろ、またもらえてる、うれしい〜〜!ていつもニヤニヤしてました、、!
だからそんな気に病まないでください(;_;)ほんとにごめんなさい(;_;)

ネネネ


りんご落ちるように涙も落ちてゆくああ父もまた人間なのか

五條イクミ

2 1+1 葉 はじめて

井田直

切ないです。りんごのようにボタッと涙が落ちるなんて、お父さんにいったい何が起きたんでしょうか……。
三田たたみ


東京と神戸に暮らす僕たちを引き合わせたのは恋の引力

あべせつ

2 1+1 星

秋軸ざきこ。

恋の引力の表現がポップで好きです! 運命はこんな風に表現できるんですね!!
秋軸ざきこ。

票と評をありがとうございます(^O^)うれしいです♪
あべせつ


輝けるあなたに引かれ回る僕 交わることはないと知りつつ

タカノケイ

2 1+1


引力を喰らい尽くして浮き上がるイルカの背びれで星が瞬く

Y川 家

2 1+1 星

薄荷。

イルカがざばっと海上に飛び出すシーンが浮かびました。夜の海にイルカというシチュエーションがすでにロマンチックなのに、星まで瞬いてしまうとはステキすぎます。
三田たたみ


ただひとり吸引力の変わらない女の子、それが君だよ、ハニー。

秋軸ざきこ。

2 1+1 星

温子

ださすぎて好いですね。
富井丈生

こんなことを言われたら自らの電源を切りたくなりますね(笑)
きつね

この漫画的なクサさにウケましたw ジョジョあたりにこういう台詞を吐くキャラが出てきそうw
三田たたみ


「あきらめることもただしさでせうから」リンゴが墜ちて少女は嗤ふ

宮本背水

2 1+1 星

えんどうけいこ

少女は何をあきらめるんだろう? ミステリアスな魅力を感じる歌です。
えんどうけいこ


あなたにも僕にも引力あるのだが小柄な君の強い引力


引力に逆らう赤いランドセル「りょうあしじゃんぷ!」水溜まりの青

桜枝巧

1 0+1 おとの日

雨上がりにはしゃいじゃう小学生(美幼女)萌え! 赤と青の色の対比もいい感じです。しかし、じゃんぷの後はお約束で水溜まりにドボンでしょうか。そこもまた萌え☆
三田たたみ


昔より引力が弱まっているから天国に近づきやすい

えんどうけいこ

1 0+1 星


クレーン作業時重大労働災害事例まなびきて 吊り荷は落ちるものと心得こころう

富井丈生

1 0+1 星

分るのですが、「クレーン・・・・事例」と括弧で囲んですっきりした方がいいのでは。
多香子

大切ですね!そして頭の字余りがクレーンの吊り荷のようです。
きつね

字余りしまくりの上の句を一生懸命読んでいるうちに、クレーン事故の教訓がしっかり刷り込まれました。吊り荷は落ちる、と……メモメモ。
三田たたみ


引かれあい反発しあいぐるぐると周って終わる我らの一生

亜梨

1 1


大抵は林檎の下で考える万有引力と夕餉のおかず

多香子 家

1 0+1 星


引力から解き放たれるよろこびを唄い上昇してゆく雲雀ひばり

吉川みほ

1 0+1


歌舞伎町 金とタマシイ吸い尽くす孤独な夜のブラックホール

たんこぶ

1 0+1


真紅の林檎が落ちるのを見てないで「食べごろだよ」ともいでください

遠木音

1 0+1

こうして冷静に命じられると「あっ、はい」と頷いてしまいたくなります。
三田たたみ


引力に負けるほっぺたつっついてホットココアにマシュマロひとつ

星野ぐりこ

1 1


強力な引力をもつ君の声わたしの耳はひきつけられる

薄荷。

1 0+1


惹かれてる でもそれは(愛ではなくて)きみが作った偽の引力

サリーB

1 0+1


触れてみてピンクのくちに引力があることを知る一年生の春

萩野聡

1 0+1


海にある月の引力知ったからもっとあなたを愛したくなる

知己凛

1 0+1 星

潮の干満は潮汐力(だったっけ? うろ覚えです)によって変化します。つまるところは月の引力が作用していて、引力が大きく作用すれば引き潮、小さく作用すれば満ち潮になります(大潮・小潮だったかな? 随分前に学んだもので)。これは引力が愛情に作用しているわけではない。「あなた」に教えてもらったわけでもなかろう。純粋に感覚的なものだ。月経周期を持ち出すのは野暮かもね。
雨宮 司


ぼくたちを支配している引力に逆らえば鳴る革命の鐘

キョースケ

1 0+1


引力の強い異性がたまにいる自滅か自琢かは己れ次第

雨宮 司

1 0+1 星


人間が滅びた後の祭りでは 引かれる山車に雨は降るなよ

こたきひろし 家

1 0+1


ラーメンはその身のうちを晒しおり万有引力届かぬ場所で

月丘ナイル

1 0+1

どんまい!

てんごくの吸引力は変わらない重力なんて無視してきみは

多田なの

0 0

上の句がいいと思いました。しかし下の句との関連が今ひとつ理解しきれず…。つまり下の句で急に「きみ」に対する呼びかけに変わっているところがよくわかりません。「きみ」が天国に吸引される=死んでしまったということなのでしょうか。
Y川


おお孫よブラックホールがなぜ怖い 別の世界に続く道じゃぞ

大椿野渡

0 0 葉 はじめて

発想がおもしろいです。
きっとおじいちゃんも、お孫さんの歳のときはこわかったのでは?

ネネネ


瞳孔を覗く。へんだな宝石が詰まっていると思ってたのに

0 0 葉 はじめて

お題と少し遠いような気がしますが、惹かれました。
仮に瞳孔の奥に宝石があったら、手を突っ込んで取ってしまいそうな危うさがあります。

森下裕隆


人間も引力を持つらしと云ひ隣を歩く君の手に触る

高岡恵 家

0 0


解決でないのは知ってると言った、引力のようなものだと言った

照屋沙流堂 家

0 0


いっせいのせえであなたへ落ちてゆき君は僕から飛びたってゆくた

chari

0 0


昨日 2016年05月11日(水) 明日

出詠した人選歌した人

こさき 高岡恵家 えんどうけいこ 雨宮 司 知己凛 星野ぐりこ 赤本 海 たんこぶ Y川家 九乃九作 吉川みほ 亜梨 照屋沙流堂家 こたきひろし家 chari 中山とりこ 多田なの 大椿野渡 温子家 宮本背水 五條イクミ 多香子家 あべせつ サリーB 衣未(みみ) ふたり 井田直家 森下裕隆 富井丈生 タカノケイ 薄荷。 ホシキョウイチ 秋軸ざきこ。 キョースケ 月丘ナイル かーむら 桜枝巧 ニキタ・フユ 宮木水葉 三田たたみ家 遠木音 焼きみかん 萩野聡 永昌

あべせつ こさき ぽつり ネネネ ニキタ・フユ 多香子家 萩野聡 安西大樹 温子家 雨宮 司 タカノケイ 衣未(みみ) えんどうけいこ こたきひろし家 桜枝巧 秋軸ざきこ。 月丘ナイル nu_ko 富井丈生 宮本背水 安部圭二 たんこぶ 吉川みほ 中山とりこ 遠木音 五條イクミ サリーB 朝倉洋一 宮木水葉 知己凛 井田直家 久哲 焼きみかん ホシキョウイチ きつね Y川家 三田たたみ家 たちばな 森下裕隆 月花 永昌 薄荷。 だゆう キョースケ

45 人

44 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31