うたの日

誰でも参加できる
短歌投稿サイトです。

【 OPEN763日 】 2016年05月02日 

まいにち歌会やってます。

うたの日
ピンク
 OPEN 763 日め 葉 
第38代総選挙

黒板

 昨日
 葉 今日の予定

明日 

 鉛筆 自由に書き込めます。 



葉 歌会のススメ方 

 

 『  』

  • *短歌をTapから選評を送れます。
  • *筆名をTapからデータを開けます。

中日の中継ぎみたいに起用され縮んでいったセーターごめん

朝倉洋一

5 4+1

北大路京介桔梗@aokikenichi大月閑

中日の中継ぎ!広島ファンなのであまり詳しくはないけど、結構酷使されたのでしょうか。
大橋春人

中日はかんけーないけど中中いいチョイスだと思う
@aokikenichi


つばくらが初夏を届けた軒先にかかげる『冷やし中華あります』

ニキタ・フユ衣未(みみ)温子静ジャック

ちょうど同じ頃なのですね。冷やし中華、そろそろ食べたいです。
衣未(みみ)

つばくらは燕の古語だったと思う。あえて古い言葉を使って冷やし中華あります、につなげたのは定番かもしれないが面白い。初夏の情景。まだそこまで冷やし中華には惹かれない季節だが、もう少ししたら欲しくなるだろう。
大橋春人

つばくらが告げに来てくれた初夏と「冷やし中華」の広告の関連がたまらなくいいです。
九乃九作


チェロケース背負ひしひとのこひびとが中に眠つてゐると思ひき

桔梗

4 3+1


使いかけのチューブしぼれば空洞のできず窒息しそうなきいろ

ぴーたーぱん子 家

4 3+1


水中をじっと見ている魚たち 悲しい気持ちは透明な色

南瑠夏

4 3+1

ネネネあべせつ山本まとも

じっさに魚はとうぜん水中を見ているわけだけど、この歌のなかでの「水中」はすごく静かに張り詰めた、別世界のような空間に感じられました。
山本まとも


玄関でぶにゃと潰れた蛙から中身が少しはみ出している

もりのさと

4 3+1

ぴーたーぱん子松木秀月丘ナイル

思い当たる節があるので笑ってしまいました。悲惨な光景であるはずなのにどこかユーモラスでいいですね。
九乃九作


またしても猫たちが旅立っていく炬燵の中の宇宙空間

Y川

3 2+1

さわい小宮子々

しかも、暖かくなると、猫は抱かれてくれなくなります。炬燵の中の宇宙空間から旅立っていくという表現がかっこよくて楽しいです。
衣未(みみ)

猫が、こたつから宇宙空間へと旅立っていく、となぞのSF風にうけとりました。そういう謎の現象に「またしても」ってちょっと慣れちゃってるのがおもしろい。
(全然違う読みありそう……)

山本まとも


どこかへと繋がっている引き出しの中には空が入っています

小向大也

3 2+1 星


忘れてもいいと言われた夏眩し中ぶらりんに風鈴を聞く

こりけケリ子

3 2+1

西村曜詠子

前後の物語が気になりますね。風鈴の音色が聞こえてきそうです。
詠子

風鈴が揺れている様子、そして恋愛の行く末への気持ちがうまくまとまっていると思います。季節が夏ならば♥にします。
九乃九作


胴上げの輪のなかに入れないままひとりいつまでも万歳をする

うにがわえりも 家

3 2+1

佐藤博之宇野なずき

こういうの、うれしいはずの場面だからこそかなしいですよね。
「いつまでも」が過剰で、ヤバい感あって良いとおもいました。
題が「中」なのでアレだけど、「なか」は使わずに作ったほうがきれいにまとまる気がしてしまった。

山本まとも


森のなか深く分け入る頼りない気持ちになれば樹にふれてみる

雀來豆

3 2+1


ヒール鳴る思い出めぐる七年の指輪を握るポケットの中

詠子

3 2+1 星

麗子飴町ゆゆき

鳴る、めぐる、握る、とおなじかたちで整えているようで、並列ではないのかな。把握に手間取ってしまいました。
「ヒール鳴る思い出」というのはなさそうなのでここは切れる→「鳴る」は終止形
「七年の指輪」は単独だと意味がとれないので「思い出めぐる七年の指輪」とつながりそう→「めぐる」は連体形
ポケットの中で指輪を握っていると理解して、「握る」は終止形で倒置でつながっている
……のかな?

山本まとも


わたくしは西方浄土へ行きたいが途中で中国が邪魔をする

松木秀

3 2+1

大橋春人久哲

表現が少しコミカルなので、コミカルな意味で読んでもいいし、西方浄土イコールチベットと思えばかの国がやっていることを連想させるシリアスな歌としても読める。西方浄土は死のイメージもあるのかもしれない。
大橋春人


まず見た目で選んでから中身を見たのに中身で選んだと言う

たんこぶ

3 2+1

六池宮嶋いつく

男女のおつきあいの話かな。こういうことはとてもありそう。
上の句の句切れがわからず、散文のように感じてしまいました。

山本まとも


胃の中に昨日のハンカチ入れたまま気づかぬふりで交わす約束

かつらいす

3 2+1 星

Y川小向大也

ハンカチの持ち主は約束を交わしている相手でしょうか。返したいのかな。
でも返せずにまた次に会う約束をしたのでしょうか。それまでずっと胃の中にハンカチをしまっていなければいけない。いやいけなくはないんでしょうけど、どんな想いを抱えているよりも拷問な気がします。絶対に苦しいはずだけど、この人はそれすらも楽しんでる気もしました。

小向大也

ハンカチ食べちゃったんですか……? なにゆえ? 気づかぬとは何を?
僕にとっては謎の多い歌でした。

山本まとも


中指を立てた女の首筋でジャムおじさんのタトゥーが笑う


繰り返し転送された封筒は中身がないし知らない地名

傘なし

2 1+1

東風めかり

ミステリアスでかなり気になりました。
連作を読んでみたいです!

東風めかり


ファッキューと立てたあなたの中指にリボンを巻こうか震えない手で

いち

2 2

タオル春巻き九乃九作

緊張感がありそうでユーモラスでちょっと下品で・・・。なんとも言えない雰囲気が好きです。
九乃九作

「震えない手で」は何か下敷きがあるんでしょうか。
実景としてとるかイメージとしてとるかとか難しかったけど、「巻こうか」という口調の軽やかさはいいなあと思った。

山本まとも


幸せは暮らしの中に散らばって 失ってから気づくほどに

温子 家

2 1+1


「夜の運動会は雨天中止だよ」背中を向けて震える彼女

宇野なずき

2 1+1

うにがわえりも

「夜の運動会」が何のことかわからなくて、雨天中止の意味も震えてる意味もわかりませんでした。
山本まとも


中空の月さえぶらんこ漕いでいる夜を吸ってるひとりの楽しさ

五條ひくいち

2 1+1


とりあえず生中と言う口癖を持つ日本人五千万人

大橋春人 家

1 0+1 星

「五千万人」という具体的な数字がいいですね。最近の若い方はビール離れしているそうなので、生中人口もこれからじょじょに減っていくのかもしれません。
西村曜

僕は「とりあえず生。」だなあ。
山本まとも


ぎこちない笑顔の僕とはにかんだ君がセピアの写真の中に

宮嶋いつく

1 0+1


「『御中』の意味もわかってないくせに」その手の罵倒はやめてください

西村曜

1 0+1 星


よく聞けよ。ミッキーマウスを知ってるな? ヤツの中には――ん? 誰か来たな。

宮本背水

1 0+1 星


生中をうたひ焼酎注す店で先輩は「生きろ、生きろ」と泣いた

飴町ゆゆき

1 0+1


中々に美味しいカレーが出来たとき本日すべての幸を感じる

さわい

1 0+1


いさぎよく丸に縦棒つきたてて中の字を書くわたしを愛す

小宮子々

1 0+1


真夜中の食欲の理由はヴァンパイアなのだと言いつつ頬張るトマト

ニキタ・フユ

1 0+1

理由はヴァンパイアなのだ、はちょっと日本語としてはヘンかなー。
でも、「なのだ」も「頬張る」もかわいいですね。

山本まとも

トマトというのがいかにも血を連想させてくれますね。しかし真夜中、食べるのがトマトという選択も理に適っているように思います。トマト万歳!
九乃九作


初夏の光の中より希望という文字浮かんで消えて藤の花

麗子

1 0+1


黒き地に土手はぐるりと輪を描きもちチーズ明太そっと閉じこむ

月丘ナイル

1 0+1


ほぼみんな中肉中背中流で5%にあくせくしてる

@aokikenichi 家

1 0+1 星


通勤の喧騒の中ぽっつりとベンチに座る凛々しき老女

静ジャック

1 0+1


「めでたさもちゅうぐらいなりおらが春」一茶よおまえを極めて見たい

だゆう

1 0+1


ヒーローは歌って踊る短足衣装身に纏い廊下を歩く

六池

1 0+1

初読ではよくわからなかったんだけど、「歌って踊る」は衣装にかかって、ヒーローショーの舞台裏の場面とかそういうことなのかな? 
「廊下を歩く」ってものすごく普通の動詞なんだけど、主語がヒーローになるとめっちゃおもしろいですね。

山本まとも


先週は私都合でアウトドア今日はゆっくりインドアしよう?

タオル春巻き

1 0+1

どんまい!

泳いでも泳いでもまだ夢の中 瑠璃色をしたシロクマがいる

明日香

0 0 葉 はじめて おとの日

「瑠璃色をしたシロクマ」というのが斬新でいいなあとおもいました。シロクマは白いからシロクマなのに、瑠璃色のシロクマ。それってもはやシロクマなのでしょうか……。いかにも夢の中の生き物というかんじで、瑠璃色のシロクマが活きています。
西村曜

シロクマが瑠璃色に見えるぐらい深い海の中、深い深い眠りの中を泳ぐ様子をイメージしました。幻想的で魅力的な光景です。
かつらいす

悪夢でしょうか。先の見えない不安、なぜかシロクマなのに瑠璃色、不思議な感覚に魅かれました。
九乃九作

瑠璃色なのにシロとな!? という気もしつつ夢といわれてしまえば何でもありですね。
なんでかわからないけど、シロクマはあらわれるだけでポエジーを発生させる気がする。

山本まとも


中川家礼二のような声とともにラーメン運ぶ中華料理屋

天野うずめ 家

0 0


センターで輝くアタシ見て欲しい歌とダンスに魂込めて

心伝

0 0


昨日 2016年05月02日(月) 明日

出詠した人選歌した人

五條ひくいち たんこぶ @aokikenichi家 宮嶋いつく 天野うずめ家 傘なし 西村曜 いち 雀來豆 心伝 タオル春巻き 宮本背水 朝倉洋一 南瑠夏 ニキタ・フユ 麗子 六池 小宮子々 Y川 こりけケリ子 明日香 詠子 温子家 月丘ナイル 小向大也 うにがわえりも家 さわい 松木秀 ぴーたーぱん子家 東風めかり 大橋春人家 かつらいす 桔梗 北大路京介 静ジャック もりのさと 宇野なずき だゆう 飴町ゆゆき

ネネネ ニキタ・フユ ぴーたーぱん子家 衣未(みみ) 松木秀 森雅彦 雀來豆 かつらいす 北大路京介 温子家 佐藤博之家 西村曜 宮本背水 うにがわえりも家 傘なし こりけケリ子 南瑠夏 Y川 大橋春人家 たんこぶ 麗子 六池 小向大也 タオル春巻き さわい 宮嶋いつく 五條ひくいち 詠子 宇野なずき 静ジャック 桔梗 久哲 あべせつ 秋本こゆび 東風めかり 小宮子々 @aokikenichi家 もりのさと 九乃九作 朝倉洋一 月丘ナイル 山本まとも 大月閑 飴町ゆゆき だゆう

39 人

45 人



 2016 05 
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31